コンテントヘッダー

2018年月例セミナー一括予約開始

*** 2018年月例セミナー一括予約開始 ***
2018年セミナー情報UP
一括予約開始…早期の全回受講予約で最大50%OFF!
1ヶ月毎の申し込みも勿論OKです。

2017年月例セミナー1ヶ月毎の申し込みも勿論OKです。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

連絡専用ブログ「游心流武術健身法 インフォメーション」

セミナーや稽古会の予定、DVD、商品関連等の情報については、こちらのブログをご覧ください。
最新情報も掲載してます!)

游心流武術健身法 インフォメーション

このページのトップへ
コンテントヘッダー

15日のホビット村はDVDと小説の発売記念講座

+++ほびっと村講座+++
日時:2017/10/15(日) 13:00 - 15:00
場所:JR中央線西荻窪駅南口下車 徒歩2分
 〒167-0053 東京都杉並区西荻南3-15-3 ほびっと村
講師:長野峻也
参加費:3,000円
※予約不要
+++++++++++++++++++++++

 今度の日曜のホビット村游心流合気道は、DVD『セーラー服忍者』と、そのノベライズ小説『御先祖さまは忍者ガール』の発売記念講習会です!
20171011_003.jpg 20171011_004.jpg 20171011_005.jpg

 いつも発売日が間に合わなかったんですが、今回は間に合いましたよぉ~!

 最近、阿佐ケ谷の隔週でやっている游心流合気道がなかなか盛況で、たった一時間なのに充実した練習ができています。

 この分だと来年から毎週できるかも?という感じです。

 こちらの練習は月曜しか休みが取れないIさんに合わせて始めたんですが、ワケ有りで合気道から離れたものの、当時は三段もらっていたそうなのでIさんの合気道の実力は確かです。

 だから、游心流合気道の基本体系をIさんを実験体?にして形作っているのです。

 あのですね~? 既に完成された体系をそのままなぞるよりも、ああかな~? こうかな~?と試行錯誤を繰り返しながら構築していくのって、非常に楽しいんですよね?

 私が研究家だからかもしれませんが、合気道をベースに様々な流儀の技や戦術を組み込んでいったり無駄をそぎ落としてシンプルにしていく作業というのは、実にエキサイティングなDIY精神を刺激してくれます!

 游心流武術健身法は一応、体系を組み上げているので細かい改良をするくらいしか手を加える余地が無くなっているのですが、游心流合気道は0から作り上げていく最中なので、本当に面白いんですよ。

 日本古武術、琉球古武術、中国武術、フィリピン武術、インドネシア武術、アメリカン武術、ロシアン武術、ブラジリアン武術・・・等々、ありとあらゆる武術の知識を組み込んで、剣やナイフ、銃にも対抗できるものを作ろうとしています。

 私独りではできなくとも、いろんな流儀を体験している会員が集まって知恵を出し合ってみたり、DVDや動画で未知の流儀を研究したり・・・今の時代だからこそできる!

 そしてまた、その研究成果をDVDで発表する!

 ワケ有りで発表できないことは小説というフィクションの中に、そっと挟み込む・・・。

 陽明学研究家の林田明大先生から『評伝・中江藤樹』(三五館)を贈っていただいたのですが、最後の作品になるかもしれないという覚悟で書かれた力作で、研究家の生き様を教えてもらう想いでした。

 私だって、明治時代の平均寿命は越えてしまっていますし、この先、いつどうなるか解らない。与えられた仕事は精一杯やらなければなるまい!と思っています。

 いい年したオッサンがガールズアクション書くのだって、ロリコン趣味じゃなくて「肉体的に弱い筈の女の子でも武術を体得すれば超絶の戦闘能力を発揮できるのだ!」という真実を伝えたいからなんですよっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 男が強いのって当たり前じゃん? それに男の肉体って美しくない!

 華奢な美少女がメチャクチャ強い!というのが武術の理想像なんですよっ!

 合気道は、その中でも最も理想像に近いかもね?

 15日、宜しくねっ!


追伸;19日の相模原メイプルホールの稽古は、私が原稿執筆で多忙のためお休みしますので、間違って来られないようにお願いします。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

新体道50周年パーティー

 8日の武器術セミナーは異常に参加人数が少なくて、いつもの稽古会みたいになりましたが、北海道からFさんが駆けつけてくれたりしたのと、会員のNさんが自作ナイフ(RE:BORNのカランビット改造ナイフを木製で再現!)やガスガン(M1911系二丁)を持ってきてくれていたので、なかなか楽しい内容になりました。

 最近、凝ってるのが、“銃で撃たれそうなのを察知して避ける”という銃への対処法なんですが、ガスガンで実験していていろいろ解ってきましたよ。そのうち研究成果を発表できると思います。

 9日は新体道の50周年パーティーで、私は来賓挨拶をするハメになっていたので、前々日にスラックス買って、ジャケット着用で行きましたよ。
20171011_001.jpg 20171011_002.jpg

 でもノーネクタイでポロシャツ着ていったので、どうかな?と思ったんですが、私の前に来賓挨拶された先生もノーネクタイだったので、ちょっと安心・・・流石、新体道!

 とはいえ、30周年、40周年と参加している身からすると、50周年が開けたのは奇跡的だったんじゃなかろうか?と思えてなりません。

 だから、気づいた人がいたかどうか判りませんが、私、祝辞話している時に結構、ウルルッて来そうになったんですよね~?

 無理やりギャグ言ってごまかしたけど。

 30周年の時は、気楽会の中村晴一先生の御紹介でした。

 その後、新体道との縁が深まり、直接、青木宏之先生と接する機会が増えていってからは、新体道の組織的な内部事情を好むと好まざるに関係なく知ることになっていきました。
 そして思ったのは、青木先生の孤独ですよ。

 直接の弟子で青木先生の気持ちをきちんと理解していたのは岡田満先生くらいなんじゃないかな~?と私は想像します。

 その次の世代が中心になった新体道40周年は、近藤等則さんが音頭をとられていましたが、実態としては分裂危機的状況だったのを近藤さんが「何とかしなければ・・・」と男気でもり立てたという事情がありました。

 この辺りの裏事情は書けませんが、今となっては私が一番知っていると言えるかもしれません。書けないけど・・・。

 それから十年。

 青木先生は剣武天真流を興して武道家復帰されました。

 ずうっと、見守らせてもらってきた身で言わせてもらえば、新体道の“新”とは“革新の新”なんですよ。

 常に革新されていくべきものであり、50年前に生まれたものをそのまま保存継承しようとするのは“形つくって魂入れず”なんですよ。

 50年前は確かに前衛だった。時代を先取りした未来的武道だった。

 しかし、50年も経過すれば世の中は変わります。

 他流だって躍進し新しい流儀も生まれます。

 武術は、結局、最新の技術、最新の戦略戦術を採り入れていかなければ通用しなくなります。

 余談ながら、ある人が戦略戦術なんか必要ないというようなことを書かれているのを読みましたが、「所詮、武術とは縁のない人だったか?」と思いました。

 武術は綺麗事ではありません。戦って勝つためには善悪も強弱も関係なく勝てる武器を用意して敵対者を倒す・・・それだけのことです。

 私は、どんな優れた技の持ち主を見ても、「この人ともし戦わなくてはならなくなったら、どうすれば勝てるかな?」と、まず考えます。

 これは、憧れたり尊敬したりする感情とは別の一種の職業病のようなものです。

 どうしてか?というと、勝つことを考えることをやめてしまったら自分を向上させようとする意欲が失われてしまうからです。

 無論のこと、青木先生に対しても、私はどうやったら勝てるか?と考えています。

 当然、先生も気づいていますよ。時々、挑発的なこと言ってくるし・・・(笑)。

 でも、そういう面もないとダメなんですよ。崇めてしまったらオシマイ!

 それに、不思議なもので、崇め奉ったりする人間に限って、ある日、突然、「こんな人だと思わなかった」って反感剥き出しにして攻撃してきたりするから面白いですよね?

 それはつまり、先生を崇めることによって、「こんな凄い先生に習っている自分はやっぱり凄い」みたいな自己崇拝願望なんですよ。

 だから、本音は「自分が威張りたいだけ」なんですよ。

 外部の人に謙虚に振る舞う人が、身内にパワハラしてたりすることって多いじゃないですか? そういう情けないのが人間の本性に近いんだと思いますね。

 掛け値無しに、私は武術の世界で青木先生を最も尊敬していますが、それは、自分のダメな部分を隠さないでさらけ出してしまえる“強さ”ですよ。

 黙っていれば周囲は聖人君子扱いしてくれる立場なのに、相手と同じ目線まで降りてきてくれる。

 それを勘違いして馬鹿にするような人達は、それこそ愚か者です。

 それに、青木先生は武術家ではないんですね。戦略戦術の研究はしてもそれを使いこなしていこうとはしない。策士、策に溺れることを理解しているからでしょうが、かと言って、青木先生の立派なところは、戦略戦術を馬鹿にしない点で、自分の知らないことは何でも勉強されるんですよね。今でも・・・。

 それでも、達観しているから、ある一線を超えるとどうでもよくなるみたい。何度も裏切られても、それでも恨まないで愛情を持ち続けられるのは、本当に頭が下がります。

 そこを教われる先生は、もう青木先生しかいないと思いますね。

 能力じゃなくて、時代に求められる人間っているんですよ。

 古武術ブームを作った甲野氏がまさしくそうでした。が、能力が足りないから今は表舞台に出てこなくなったように思えます。

 甲野氏に続け!といろんな人が出てきましたが、結局、続かなかった。

 芸能界や政治家の世界も同じでしょうね? 小池フィーバーも息切れしてきてるし。

 今回の新体道パーティーではREBORNをテーマにしていましたが、本当に新しいシン体道がこれから広がっていくんだろうと思います。

 日々、進化していくのが革新ですから・・・。

 私はそれを見守っていきたいと思っています。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

十月セミナーは武器術

 さてさて、十月の月例セミナーは、「武器術」です!

剣体一致の原理』を見ていただいた方には御理解戴けると思いますが、私の考える武術理論は素手でも武器を持っても原理的に同じだという点に最大の特徴があります。

 というか、私が長年研究してきた結論として、武術とは武器術が主体であり、素手の拳法体術は副次的に発達したと考えます。

 それでは、何故、「空手や柔道や少林寺拳法や合気道は素手なのか?」とか、「ボクシングやレスリングやムエタイやカポエィラやシラットはどうして素手なんだ?」とか言いたくなる人も多いでしょうし、私が教えた人達の中にも、どうしても武器術には抵抗を感じるとしてやらなかった人もいます。

 しかし、これらの考えは近代のスポーツ化された武道や格闘技を前提に考えているだけで、はっきり言って“間違い”、あるいは“無知”と言い換えることもできます。

 要するに、本来の武術を骨抜きにするために間違いをわざと広めて、皆を騙してしまっている訳ですよ。

 誰がそんなことをしたのか?

 まずは権力者であり、その影響を恐れた当事者が権力者の目をくらますために、わざと安全なスポーツであるという具合に改編して広めて見せた訳です。

 知らない人のために書きますと、空手には棒・ヌンチャク・トンファー・釵・スルジン・ティンベー・ローチン・鉄拳・櫂(ウェーク)などの武器術がありますし、柔道の源流の柔術は刀剣を使います。

 少林寺拳法にも如意棒というのがありますし、合気道も剣・杖・短刀を使います。

 ボクシングも昔はナックルダスターみたいな武器を装着したようですし、ムエタイも昔は武器術とセットでした。

 カポエィラも足指にナイフを装着する暗器を使うし、シラットはカランビットナイフやターバンを使う術なんかもあります。

 システマにもシャシュカという剣術や鞭があるし、カラリパヤットも多彩な武器術が知られます。

 無論、中国武術は刀・剣・棍・槍の外にも多くの武器術があります。

 まあ、相撲やレスリングは素手で戦いますが、これらは訓練法であったり儀礼的なものだからであって、武術である以上は武器術がメインなんですね。

 私はもうスポーツ化された武道には興味が無くなりつつありますが、その大きな理由が、武器に対する備えの意識が無くて、強いの弱いのと論議するような連中の呑気さに辟易させられるからなのです。

 現代に生きて戦闘について少しでも真剣に考えれば、素手の格闘の強さを論じることがいかに虚構にしかならないか?と気づきそうなものなのに、何故か、武道格闘技の愛好家ほど気づかないのです・・・。

 早い話、ナイフや包丁持った通り魔や、銃で武装したテロリストに遭遇した時に、何もできずに殺されるしかできない者に武を語って欲しくないな~?と思う訳です。

 現に海外のマーシャルアーティストは必ず考えてますでしょう?

 日本だけですよ。素手を前提に強いの弱いのとほざいているのって・・・。

 だから、今回の武器術セミナーは、ナイフや銃に対することをやります。

 相手の武器の奪い方。

 こっちも武器を使うやり方。

 武器のメカニズムと使い方。特に銃については知識が無いと対応は難しくなります。

 ちなみに武器というものは、使い方を知らないと自分を傷つけてしまいます。

 私もヌンチャクや刀で自分でつけた疵があります。

 だからこそ“怖さ”がわかります。

 わかるからこそ、武器術の錬磨の必要性を痛感するのです・・・。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

游心流合気道 稽古会情報

游心流合気道の稽古は毎月第二第四月曜の夜8時半から9時半に、阿佐ヶ谷オルタナスタジオです!

詳細はこちら
このページのトップへ
コンテントヘッダー

剣武天真流演武会2017

 毎年、年末に開催される剣武天真流の演武会ですが、今年は11月に青木先生が国連!に行くので大変だということで、早めに開催されました。

 毎年、見ていますが、今年は本当にビックリしましたね~。

 今の剣武天真流の師範勢の力量は、かつての新体道の師範勢を完全に超えていると思いましたよ。

「何じゃ、こりゃあ?」というしかありません。

 私は青木先生の指導力というのを改めて再認識させられましたね~。

 人間の潜在能力を引き出す指導体系というのは、新体道の専売特許みたいなものでしたが、それが今は剣武天真流によってさらに進化発展させられているようです。

 10年前に青木先生は、「日本刀が身体の能力を引き出してくれる」と言われていました。

 ちょうど、私も直感的に剣術の研究を始めた時期でしたから、大いに励まされました。

 日本武術の本質は、やはり日本刀の操法と戦闘法と無関係ではない・・・と、益々、確信できました。

 何故なら、居合術を嫌ってやらなかった会員と、熱心に練習した人間では雲泥の差ができているからです。

 剣武天真流の凄さは、まさに居合の数稽古(千も万も抜く)によって心身が新しい次元に踏み込んだからだと思います。

 重要なのは目先の“実戦的”な技に囚われてはいけないということです。

“非実戦的”に見える所作の奥にある理合を洞察し、それを会得することによって次元が変わるのです。

 特に居合は構えないので、より心法が重要になりますし、骨盤から動くので丹田力が養成できます。

 幕末の侍が国難に際して活躍できたのも剣の修練をしていたからではないか?と私は思います。

 とにかく、今年の演武は一番驚かされましたよ!

 そして、「武道人生は去年の演武で終わった」と言う青木先生のアドリブでの組手は、かつて到達できなかった次元を気づいたら通り過ぎてしまっていた?のではないかな~と思うくらい素晴らしく、私の目がおかしくなっていなければ、青木先生の実力は生涯で最高の頂点に達していると思いました。

 久々に遠当ても拝見しましたが、これまでとレベルが違うんですよ。

 往々にして、「強くなりたい」「もっとレベルを上げたい」「実力が衰えないように」と考えているうちはできなかったことが、すっかり諦めてしまったら“できるようになってしまった”ということが起こります。

 もしかして、そういうことなのかな~?と思ったりしています。

 10月9日には、新体道の50周年記念パーティーが開催されますが、まさか自分がこれほど深く関わることになろうとは夢にも思いませんでしたけれど、青木先生に『魂のルフラン』とか歌っていただきたいですね~?


このページのトップへ
コンテントヘッダー

セミナー報告

型の分解

 忙し過ぎて遅れに遅れてしまいましたが、10日の“型の分解”は、非常に濃密な内容にできたと思います!

 以上!

 翌日は合気道ですが、今回は無刀取りをやりました。が、これに関しては合気道のやり方より私が独己九剣の応用でやるやり方の方が簡単で安全なので、これをやってもらいました。

 というのも、木刀でやると気づかないでしょうが、もし、真剣でやったら、大きく回してもぎ取るのでは刃先がかすって怪我をする可能性があると思ったからです。

 で、形式的に「できる」と誤解してしまうと実際にやった時に致命傷を負いかねませんから、ここは敢えて全面的に変えました。

 もちろん、合気の原理を使っているので手法が変わっても問題ないのですね。



大阪セミナー

 さて、大阪セミナーは、50年に一度の大形台風が列島縦断!ということで延期するかどうか?と悩みましたが、様子を見て大丈夫そうだったので、当日朝に出発!

 新大阪駅で大阪支部長と待ち合わせて江坂の会場に向かいました。

 10年ぶりくらいですからね~。ハッスルしていっぱいやりましたよ~。

 合気に発勁、交叉法・・・スタンダードなところを指導させてもらいました。

 しかし、今回は久しぶりなので、他で教えていない秘伝的な内容もいくつか公開しました。

 これは威力がどうこうというより、確実に致命傷を負わせるやり方なのですが、まあ、悪用する人はいないだろうと思ってお教えしました。

 セミナー後は会食会。

 一番驚いたのは、参加者の一人がビールをぐんぐん呑んだこと! 水でもあんな具合には呑めないよっ! 人間かっ?

 いろんな流儀を学んでいる人と話すと、いろいろな発見があって楽しいです。

 でも、武術は自分が学んで自分がどれだけ向上できるか?が大切なので、信仰に陥ってはいけないと私は思います。

 どんな流儀も水平に見て、良いものは取り入れ、悪いものは反面教師にすることで自分の成長に繋げられます。

 信仰はしばしば独善を招いて思考の硬直化に陥ります。それでは自分の成長を止めるだけですからね。

 大阪支部兵庫支部の発展を祈ります!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

大阪セミナー2017/09/18 指導項目追加

大阪セミナー指導項目

1,合気技法
座捕り合気揚げ(大東流式・脱力技法・円天流道術式・指合気・片手合気・多数捕り)
立ち技合気崩し(波の原理・斬りの原理・胸倉掴み崩し・突き腕崩し・蹴り脚崩し)

2,発勁技法
重心力ミット打ち(縦拳・横拳・双拳・掌・双掌・重掌・前腕・肘・肩・足裏・ロー)
発勁打法の秘訣(剛体打法・柔体打法・打撃訣・十字勁・沈墜勁・纏絲勁・抽絲勁・波浪勁・螺旋勁・爆発呼吸・震脚・意念・コン歩・チン歩・第三段蛟龍歩)

3,交叉技法
各流儀技法分析(那覇手・首里手・太極拳・形意拳・意拳・詠春拳・八極拳・八卦掌・蟷螂拳・酔八仙拳)
暗腿技法の応用

4,読みの技法
目付けと聴勁(口伝にて解説します)


+++ 事務局注 +++

日時:2017/09/18(月・祝)11時~14時

場所:江坂公園前スタジオアズール5F(御堂筋線江坂駅から徒歩3分)

参加費:一般10000円 会員5000円

参加申込み等の詳細はこちら
このページのトップへ
コンテントヘッダー

大阪セミナー2017/09/18(月・祝)

游心流大阪セミナー

日時:2017/09/18(月・祝)11時~14時

場所:江坂公園前スタジオアズール5F(御堂筋線江坂駅から徒歩3分)

参加費:一般10000円 会員5000円

参加申込み等の詳細はこちら
このページのトップへ
コンテントヘッダー

九月セミナー“型の分解”

 九月の月例セミナーは、「型の分解」です。

 ここ最近、いろんな流派のDVDやユーチューブの動画も見たりしているんですが、武術の型の分解応用組手に関しては、どうも定型的な解釈が多いような気がします。

 つまり、基本型は基本的な使い方をするもので応用型が大切だ?みたいな解釈をどうもされているみたいに思えます。

 でも、恐らく、そうではないと思います。

 型の分解応用というのは、基本型こそ応用自在な筈で、応用型と言われる型は使い方が限定的になる筈なんですよ。

 何故なら、突発的に起こる攻撃に対しては、瞬間的な対応しかできないので、複雑な動作をやる余裕はない筈なのです。

 コンビネーションで不意打ちする人間はいないでしょう? 不意打ちは、単純な突きや蹴りを相手が臨戦態勢になる以前に食らわすもので、とにかく初撃のスピードが命。余計なことはしない筈です。

 この点、やはり空手家は速いっ!

 伝統空手の選手なんか速いですし、動画で川保天骨さんが体験レポートされていた無門會の富樫先生の突きなんかメチャ速いですね~。予備動作がなくて、ビシュッて出るから、あれは受けるのは至難でしょうね~。ブラックマンバみたいですよ・・・。

 中国武術も通背拳や翻子拳や詠春拳なんかは速いんですが、連打の回転の速さが特徴で、一発の速さでは伝統空手の突きのスピードは最速かもしれません。

 スナイパーライフルみたいな感じですかね?

 しかし、剣道の試合なんか見てると、素人にはどっちが勝ったのか判らないくらい神のごとき速度で打ち合ってますよ。

 余談ですが、水曜の東京支部の稽古に入会希望の人が来るので私も行ったんですが、この人は私と同じ熊本の人で剣道をやっているそうでした。

 剣道家だからか、対錬の時の突きのスピードが異様に速くて、小塚師範もヒヤッとした顔をしていました。気を入れていないと食らってしまいそうでしたね・・・。

 熊本は武道が盛んで、剣道・柔道・空手道・合気道と、いずれも日本トップクラスの県ですし、宮本武蔵(二天一流)・丸目蔵人佐(タイ捨流)・松山主水(二階堂流平法)・井鳥景雲(雲弘流)といった有名剣客が知られています。

 親の土地を相続しているので、将来、ここにも道場建てて熊本県にも游心流を定着させたいな~?と思ってます。


 え~、型の話に戻しますと、空手(那覇手、首里手)、合気道、柔道、中国武術、剣道、居合道・・・等の型や構えの所作には想像もつかない秘訣が隠されていたりするのです。

 ほんのちょっとした手の形や足の踏み方に凄い秘訣が隠れていたりするんです! こういうのは教えを受けない限り、自分で気づくのは相当に難しいと思いますね。

 今回はそういう秘訣について解説していこうと思います。

 予定内容は、空手はサンチンとナイファンチ、合気道と無刀取り、柔道の隠し技、中国武術の応用技、剣道の封じ技、居合道の変化技・・・等々。


 それと、その次の週(18日・祝日)には大阪セミナーを行います。

 こちらは10年ぶりくらいですかね~? 前の大阪支部を解散してからやっていませんでしたが、今年は新体制で支部が復活したので、要望も以前からちょこちょことあったので、久しぶりにやってみます。

 ただし、10年前と同じだと思ってもらっては困ります。

 同じだったら進歩がないってことでしょう? 私はそういうのが一番、嫌いなんです。

「な~んだ。昔と変わってないじゃん?」と思われたくありませんからね。

 より一層、効率よく強力で迅い技をお見せしたいと思っています。

 内容は、基礎錬体(とその応用)・歩法・各種発勁打法(拳・掌・前腕・肘・肩)・蹴り技(蹴りの発勁・暗腿)・合気揚げ(大東流式・脱力・指・多人数捕り)・交叉法対錬(読み・差し手)等です。

 何か、会場の関係で人数を先に申告しないといけないそうなので、申し訳ありませんが、限定20名としたいと思います。

 予約はお早めにお願い致します。

 
このページのトップへ
コンテントヘッダー

新DVD『剣体一致の原理』

 早くも新作DVDを製作中です!

 前回、前々回が実用的な内容と続いたので、今回は基本原理的な剣の理合が素手の体術とどう繋がるのか?について解説してみようと思いました。

 最近は、いろんな人が「剣の理合」が基になっていると解いているようです。

 が、具体的に「剣の理合」というのはどういうものなのか?について理解している人は少ないように思いますし、中には、言っている本人も剣について全然解っていない場合すらあるように思えます。

 つまり、実際に剣を遣って戦う時代ではない現代に於いて、「剣とは何か?」ということを追求しようとするリアリティーが無い訳で、観念的にならざるを得ないのです。

 例えば、剣道の経験者はざらにいますが、剣道を長年やっていても日本刀を一度も持ったことがない人のほうが圧倒的に大多数ですから、日本刀を持たせてマキワラや竹を斬らせてもできなかったりします。

 理由は、剣道では手の内を瞬間に絞める“茶巾絞り”が大切だとして教えるのですが、これはインパクトの瞬間の衝撃力を高めるものの、真剣での試し斬りでは刃筋を狂わせてしまうからです。

 真剣の操作法は「刃筋を狂わせない」というのが大原則なのです。

 つまり、剣道は「竹刀で強く打つ」ものであり、「日本刀で斬る」ものではなくなっているのです。

 ただし、例外もあります。

 突きと叩き斬りです。

 これは剣道でも古流剣術でも共通しています。

 が、具体的に遣うには、やはり違いがあります。

 剣道の突きは喉しか狙いませんが、剣術だと刃を寝かせて肋骨の隙間に突き刺す“平突き”や、刃を返して刃が上にくるようにして腹を突くのが基本となります。

 叩き斬りは、真剣でやるには刀に負担が大き過ぎて折れる可能性があるので、あまり遣われませんが、“鉢割り”と称して分厚い前頭部の頭蓋骨を一撃で叩き割るのに遣ったりされたようです(鉢というのは頭蓋骨のこと)。

 私が寸勁斬り、零勁斬りという超至近距離から刀を振らずに斬る研究をしたのは、刀への負担を減らす意味もありました。

 ビュンビュン振り回して刀同士がぶつかれば刃毀れは免れませんし、折れたり曲がったりしたら使えなくなりますからね。

 私が拳で殴るより掌を多用するのも同じ理由ですよ。拳で殴り合えば、関節部の皮膚がズル剥けしたり手首を捻って、すぐに打ちあえなくなります。

 多数と戦う場合に拳打は不利なのです。

 ヘビー級世界チャンピオンのマイク・タイソンですら裸拳で殴って骨折してしまったりしているのです。

 素人の場合だと一回殴っただけで怪我してしまう危険性もあります。

 空手がマキワラ突きをして拳ダコ作ったり手首を鍛えるのも一理ある訳です。

 しかし、寸勁の類いの至近距離から突く技は、実は拳よりも掌、前腕、肘、肩や指先を多用します。中国武術の手型が蟷螂手や鶴嘴や鷹の爪や一本拳なんかが多いのも、寸勁打法を基本にしているからだと私は考えています。

 掌打を多用する八卦掌、劈掛掌、通背拳、通臂拳、太極拳、心会掌など、中国武術に掌打が多いのも、打法に秘訣があるのと、掌は打つだけでなくいろいろな拳型に変化したり、掴む・引っ掻く・巻き取るといった攻防自在に遣うことができるからなのです。

 拳を握ってしまうと基本的に殴ることしかできなくなります。変化に乏しくなる。

 最近、研究している八斬刀(バッチャンダオ)は、刃で斬るだけでなく、護拳で殴る・鉤を引っかけるの機能がありますが、実は幅広のブレイドで“ひっぱたく”という遣い方もされるようです。

 沖縄空手は中国南方の武術の影響を濃厚に受けていますから、手型のバリエーションが多くあります。その形そのものに戦闘理論が内蔵されている訳です。

 日本の古流柔術も当て身を秘伝にしていたので、あまり知られてはいませんが、実に多彩な手技の変化技法が伝承しています。

 ところが、これらの柔術の秘伝技は対剣術を想定して考案されたフシがあるのです!

 これは沖縄空手の技(特に首里手)が対示現流を想定していたフシがあるのと同様なのです。


・・・とまあ、今回のDVDは、剣術の理合と体術がどう関連しているのか?を明確にするのが目的です。

 論より証拠で、体術にもすぐに応用できる片手持ちの脇差での零勁斬りも披露しております。

 いや~、最初に寸勁斬りを体得するのにえらい苦労したのが嘘のように、今では接触したところから斬るほうが簡単に思えてきましたよ~。

 つまり、それだけ浸透勁の発勁が身体に馴染んでいる証明でしょう。

 勁力の発生のやり方には、十字勁・纏絲勁・抽絲勁・沈墜勁・弾勁・波浪勁・螺旋勁・抖勁といったいろんなやり方がありますが、発勁(発力)は身体操作を様々に組み合わせたり意念を用いたり、呼吸法による腹圧を遣うことで変幻自在に遣えるようにならねば本物とは言えないでしょう。

 銃で言えば、火薬が爆発して弾頭を弾き飛ばすのを銃身で方向を定める時に螺旋状の溝(ライフリング)で弾頭に回転を与えて弾道を安定させる・・・。

 が、火薬量が威力に繋がるので、中国武術では錬精化気、錬気化神の過程を重視し、それが功夫(クンフーあるいはゴンフーなどと発音)、いわゆるKUNG-FU(カンフー)となる訳です。

 つまり、錬功と呼ばれる日々の地道な鍛練のことですね?

 剣術の場合は直心影流の振り棒鍛練や居合術の数抜きがそれに当たります。

 そもそも、剣の素振り自体が丹田呼吸(腹式呼吸法)鍛練になります。大東流の合気揚げ下げも素振りの応用なのですね。

 見た目で解らなくとも、身体内部の操作は同じ原理である?という場合もあります。

 そういう意味でも今回のDVDは日本武術の原理解明となる内容にしたいと思います。

 例によって、いつものごとく、八月中の予約注文に限り、定価20000円(税込み)のところ、15000円とさせて戴きます。

 ちょっと、いつもと変わってますが、価値が理解されるに従ってプレミアがつくんじゃないかな~?と、密かに思ったりしつつ鋭意、製作中でございます・・・。

 タイトルは、『剣体一致の原理』です!

+++事務担当注+++
新作DVDタイトル:『剣体一致の原理』
価格:20,000円 →2017年8月31日23:59:59までの申込みの場合、15,000円
内容:ブログ(上記)参照
申込み方法:こちらの下方参照
+++++++++++
このページのトップへ
コンテントヘッダー

構えから戦法が解析できる

 日曜日の稽古会では研究会としての游心流の特色を活かして、会員からの質問に答える形でいろいろ実演解説しているんですが、27日は、ちょっと面白いことがありました。

「駒川改心流の八相の構えはどういう意味があるんでしょうか?」との質問・・・。

 ご承知の人もいるかもしれませんが、駒川改心流を創始した駒川太郎左衛門は、新陰流開祖の上泉伊勢守の直弟子です。

 つまり、駒川改心流の技の理合は新陰流から紐解くことができる筈です。

 新陰流の撥草(八相)の構えと駒川改心流の八相の構えは相当な違いがあります。

 が、半身から半身に体転換するのに併せて斬っていくことに関しては違いはありませんし、改心流の太刀構えは柄尻を相手に向けるように刀を寝かせて肩に担ぐようにし、上体を斜めに倒して低く滑るように無足で間合を詰めていきます。

 何故、こうするのか?

 これは、相手から刀身が見えないようにして間合を詰めていくためであり、剣尖が届く間境を相手に悟らせない意味があると考えられます。

 それと、恐らくは下から切り上げる刀法も隠していると思われます。

 どうしてか?というと、刀身を相手に見えないようにしているからです。袈裟にくるか斬り上げにくるか? これが判らなければ、相手は対応にとまどうことになります。

 これはクエストから出ている渡辺忠成先生(新陰流転會)のクエストのDVDに、下段からのそのような刀法が紹介解説されています。

 改心流はそれを八相からおこなっているのであろうと推測できますから、同様の太刀遣いを隠していると推測できる次第です。

 以上は、私が型から解析して導き出した戦法ですから、現に改心流を修練されている方々からすれば「間違いだ」と言われるかもしれません。

 しかしながら、武術は実際に遣えるかどうか?が大前提であり、実用できれば間違いとは言えません。

 そもそも、新陰流を正統と見做す人から見れば、駒川改心流は亜流に過ぎないと認識するでしょう?

 ですが、駒川改心流が長い年月を経由して現代まで伝わってきている事実からすれば、新陰流とはまた一味も二味も違った神妙の技を伝えているからこそ残ったと言えるでしょう。

 これは、タイ捨流、直心影流、疋田陰流などについても同様に言えるでしょう。

 ですから、「正統」「間違い」とは、「優れた人材を輩出して後世に残るかどうか?」でしか判断できないのではないか?と思います。

 私は武術研究家を僭越ながら自称しておりますが、何も名前を残すことには価値をおいておりません。

 形骸化した武術では意味がないと思っているのです。

 例えば、現代武道や格闘技にまったく太刀打ちできない武術を、誰が学びたいと考えるでしょうか?

 よほどのフェチシズムを持った変人でなければ学ばないでしょう?

 昔、「戦えない武術ではいけないんでしょうか?」と言った方がいらっしゃいましたが、戦えなくていいのなら武術と名乗らなくていいではありませんか?

 そもそも、戦えない武術はそのほとんどが歴史の中で消滅していきました。

 現代まで残った流派はそれだけ勢力を広げて評価されていた流派か、あるいは優れた価値があると有志が必死で伝承した流派です。

 だから、その本質は想像以上に実戦的であると私は考えます。

 私は駒川改心流を、その昔、黒田鉄山先生が初めて一般向け講習会を開催された時に参加したのみですが、実に得るものが多い充実した体験であったと今でも思っています。

 あの講習会の時は、参加者人数分のお弁当まで配られていて、非常にアットホームな良い雰囲気の講習会だったと記憶しています。

 黒田先生は、一貫して「型こそすべて」という姿勢を崩さず、世間一般に名を売ろうとかされていないところが立派だな~?と思いますね。

 そういえば、その講習会の時に同じ会場の一階で南郷継正さんの空手道の大会をやっていたのですが、黒田先生がボソッと「ああいうのとは(うちは)違うので・・・」と言われて、「何か、空手とか他流をバカにしているな~?」と、内心、嫌な印象を受けたんですが、その後の黒田先生の終始一貫した“我が道を行く姿勢”を見ると、別に自惚れて言われたのではなくて、本当に、「よそ様とうちは違いますから」という気持ちで言っただけで悪気はなかったのかもしれないな~?と思いましたね。

 そんな次第で、後に、新陰流の初歩を学ぶ機会を得た時に、その価値を改めて再認識しましたよ。

 やはり、それぞれの流派に優れた術理が育まれているのだと思います。

 ですから、自分の知識で良いの悪いのと安直に判断することは慎まねばならないと思いますし、より多くの流儀を知ることが個々の流儀の特色ある長所を確認することに繋がると私は思っています。

 優劣論争をする人達は総じて、自分の学んでいる流派の考え方に埋没していて広く客観的な視野と理解力、洞察力、分析力を持っていないのです。

 やったことがないから良さが解らない。単にそれだけの話ですよ。

 無論、かじった程度では解らないし、いくら学んでも価値が解らない人もいます。

 ところが、そんな人に限って、「自分は悟った」とか、「自分がやっているのこそ本物だ」とか言うのですね。

 私なんて、やればやるほど、「これこそが本物だ」とは言えなくなりますよ。どんな優れた理論をとなえていても武術は手合わせして負ければ間違いですからね~。

 それでも、「俺が未熟なだけで理論は正しいのだ」と言った人もいますが、それは「お前は黙っていろ!」という話なんですよ。


 翌日28日は、阿佐ケ谷のオルタナスタジオ游心流合気道三回目の稽古会でした。

 合気道三段のIさんを主将にして進めていますが、昔の技量が蘇ってきてますよ!

 自信が出てきたからでしょうか? ナイフ捌きも実に堂々とやっていて、水を得た魚のようです。

 昔は「合気道は本当に遣えるんだろうか?」と不安に襲われて止めてしまったそうでしたが、今は違います。ちゃんと遣える!と確信すれば、使えない武道なんかないんです!

 質問があったので心眼流の掌底重ね打ちを実演しました。加減したんですが、予想以上の威力だったらしくて、ビックリ目になってました・・・。

 游心流のお家芸は発勁ですからね~・・・。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

見取り稽古やりました

 スマホでググッてるといろいろユーチューブの動画を見れるので、面白そうだな~と思うのを、ちょこちょこ見るんですが、「空手をバカにする合気道家?に思いっきり蹴り入れてやった」というテンマツを書いた動画を見ました。

「これって甲野さんなんじゃないかな~?」と個人的に思ったんですが(このようなことを数限りなくやっている人だから・・・)、誰とは書かれていません。

 まあ、こういう合気道家や大東流合気武術家は結構いるのですが、私が心当たりがあるのは甲野さんが一番、可能性高そうですけどね。

 それはまあ、いいんですけど・・・私が嫌だな~と思ったのは、コメントしている人達が、この人に対して否定的なことばっかり書いていることですよ。

 何、スカしてるんでしょう? 上から目線で・・・。

 卑怯だって言うのなら、人前でデモンストレーションするのに他流の人を利用して一方的に技をかけて見せて自流を誇るような真似をする人間の品性は愚劣じゃないですか?

 そして、「空手をナメるんじゃねえっ!」と、少なくない人が見ている前で意地を示してみせたこの人の気骨を称賛するのが当たり前ですよ。

 他流をダシにしようとした揚げ句に蹴り倒されて醜態さらすのは、「士道不覚悟」の極みです!

 全面的に、この人物がクソですよ!

 そのクソ人間をスカした顔で上から目線で傍観している連中に武術の武の字も語る資格無し!

 私も昔、自惚れる度にガツーンと鼻っ柱を叩き折られて、ハッと現実を知る・・・という機会が何回もありましたけど、だからこそ、成長することができるんだと思います。

 武道や格闘技の良さって、現実に手合わせすれば嘘がつけないところにある。

 型稽古だけしかしない武術では嘘やごまかしがいくらでもできる。

 現実に試し合うことを「レベルが低い」と見下す人が伝統武術家には多いんですが、そういう低いレベルのことを経験しないままスカした優越意識に捕らわれてしまうと、この合気道家?みたいな悲しくも滑稽な姿をいずれさらすことになるんですよ。

 で、自分の現実の姿を隠して虚栄心で理論武装するように虚飾に塗れて屁理屈ばっかりしゃべくるような気持ちの悪~い人間になるんですよ・・・。

 武術や武道に憧れる人間は基本的に劣等感が強い! だから、逆転した優越感に浸りたがるので、御大層な美辞麗句で飾り立てるんですよね~。

 名のある人でもそうだったりするんですよ。

 そういう斯界の体質を熟知している者から言わせてもらえば、この人は非常に立派だし、勘違いした自惚れ武道家に真実を教えてあげたんだから、素晴らしく優しい人だと私は思いますよ。

 だって、相手の名前を明かしていないじゃないですか?

 最後のメンツだけは保ってあげようという武士の情けを弁えているんですからね?

 私だったらキッツイお灸を据えてあげようと相手の名前、書いちゃいますけどね?

 いやはや、それにしても、このコメント書いてる人達の存在からは、日本がインチキ詐欺師にかくも寛容な理由が納得できる気がしましたね?

 私は、こんな“スカした連中”には武術教えたりしたくないです。

「本当に強くなりたい!」

「今の自分から脱却したい!」

「もうイジメられるのはたくさんだっ!」

「年とっても衰えないで成長したい!」

「自分が知らない武術をたくさん知りたい!」

・・・といった向上心を持った人でないと教えたくありませんよ。

 ヒマ潰ししたいなら武術なんかより楽しいこといくらでもあるでしょうし、ちょっと他人と違った高尚な趣味をひけらかしたいみたいな人は他所に行ってもらいたいです。

 嘘つきや自惚れ屋は大っ嫌い!

 ブランド信仰の人も嫌ですね~。

 ちょっとメディアに採り上げられると殺到する連中なんて、ファッション感覚でしょう? 価値も解らず名前だけ欲しがるような連中には教えたくありませんよ。無駄だし。

 武術は単なるスポーツではないですよ。生きるか死ぬかの戦闘をくぐり抜けるサバイバルの知恵と技術です。

 だから、“生きる”ということへの執着心が無いとダメだし、対象的に生きることを捨てて無心になることを追究するのが極意という生き方の逆説的哲学なんですよね。

 当然、学ぶ内容は“ありとあらゆる人の殺し方”なんですよ。綺麗事並べたがる人間には縁のないものです。

 非日常、ファンタジーですよ。やってることは・・・。

 でも、日常に隠された非日常というものが在る!ということを知るのが真のリアルなんですよ。

 今、現時点の日本ではリアルに感じられないでしょうが、戦争を体験していた世代だったら戦闘のなんたるかは理解していたでしょう。

 なんだかんだと言ったところで、人間も極限まで追い詰められれば動物としての本性が出ますよ。

 理性的な人間ばかりと思うのは甘いか鈍感かのどっちかでしょう。

 私は、小学校は別に暴力的ではなかったですが、中学校は暴力教室状態でしたから、子供心に非常に魂消ましたね~? 不良に理屈は通じません。悪いと判っていて愉快にやる人間というのはいるのですよ。

 高校に進学したら、小学校と同じで平和になりましたが、大学生の頃はレイプ自慢するような同級生もいましたね? 「うわ~、危ないヤツだな~?」と思いましたけど、早稲田や慶応の学生もそういう事件起こしてましたしね。

 倫理観なんて人それぞれですよね?

 自分を基準に考えてはいかんのですよ。

 世の中、何が起こるか判らない。だから、突発的危機に備えて自分の身は護れるようになっておきたい・・・というのは常識的考え方だと思いますよ。

 昔、あまりにも嫌がらせが酷いので地元警察に相談にいった時、「あのね~。警察は貴方が殺されてからでないと動けないんですよ」と言われて、ハッと気づきましたよ。

「なるほど、そりゃあそうだ。警察が市民一人一人をガードするなんて不可能だよな」と悟りましたよね?

 以来、いざとなったら決死の覚悟で戦う!と決めています。

 そういう覚悟を決めてしまうと、案外、危なくなる前に相手が気づいて逃げてくれるようになりましたね。やっぱ、殺気が出るみたいだから・・・。

 ことのついでに、何度も人を救けたこともありました。戦う覚悟とスキルがあるから、救いに行く勇気が出せる訳ですよ。

「そんな危ない状況なんて滅多にないよ」と、何回言われたか判りません。が、そう言っていた本人から「実は最近、こういうことがあったんだけど・・・どうしたらいいでしょう?」と暴力への対処法を相談されたりすることもあります。

 他人事だと思っている人は、大抵は鈍感なだけです。

 学校で、職場で、路上で、旅先で、サークルで、電車の中で、居酒屋で・・・どこでも不意に暴力にさらされる危険性はあります。

 自分になくとも家族や友人がさらされることも少なくありません。

 ネットのイジメもひどいもんでしょう?

 私も経験ありますけど、イジメをやっている人に注意すると、今度は示し合わせてイジメてきたりするでしょう? だから、さらわぬ神に祟り無しを決め込んで見て見ぬフリをするじゃないですか?

 こういう傍観者も同罪ですよ。スカした態度とっても本当は自分が巻き込まれるのが怖いだけなんですよ。

 このスカしたコメント書いてる人達は、自惚れ合気道家?と同種の人間なんだと思いますよ。自分が無様な醜態をさらすことを恐れているから、口先非難しているんでしょう。

 私は逆! そんな自惚れ詐欺野郎は武術文化を汚すクソなんだから、パンチパンチパーンチ!してやるべきです。


続きを読む

このページのトップへ
コンテントヘッダー

游心流合気道は九月から月二回

 割りと順調になってきた游心流合気道ですが、八月は28日の夜8:30~9:30に阿佐ケ谷オルタナスタジオで実施します。

 また、集合は夜8:00に阿佐ケ谷駅改札前に集合です(場所がわかっている人は直接おいでください)。

 中央線・総武線・地下鉄東西線が通る駅なので、都内にお住まいの方は都合が良いでしょう?

 また、時間が一時間しかないので謝礼も半分の千円になっております。

 游心流会員だったら、どなたでも参加できますよ。

 慣れてきたので九月からは月二回に増やします。来年からは毎週一回できればいいな~と思っております。

 現在のところ、私が直接指導しておりますので、聞けば何でも教えますよ~?

このページのトップへ
コンテントヘッダー

推手感想

 や~っ、えらいこってすわ~?

 今月のセミナーは一見、地味な“推手”・・・参加者もまた少なかったんですが、それだけ期待値が低かったんではないか?と思うんですよ。

 やっぱり、発勁や合気に比べると推手は地味だし、“これを練習して何になるの?感”がヒシヒシと感じられますでしょう?

 ほら、爺さん婆さんが手首を合わせてユル~リ・・・と触れ合ってる社交ダンスっぽさが、ガシガシ殴り合い蹴り合い投げ合い組み合いをしている人達からすると、「ありゃ、なんじゃい?」と失笑を誘うような練習法のイメージしかないでしょう?

 でも、こういう時に限って、内容が充実するというジンクスがうちはありまして、正直、今回はここまで教えちゃってよかったのか?と思ったりしております。

 そもそも、「推手って何?」と問われるのならば、太極拳が少林拳などの激しく速く攻撃する拳法を打ち破るために開発された“秘伝の戦闘法”なんですよね?

 即ち、激しさや速さを繰り出すための力を生み出すメカニズムを分析し、筋肉の収縮から爆発的な攻撃力を生み出すための身体操作を根本から封殺してしまう戦術「接近密着戦法」を体得するための訓練法として“推手”が編み出されたのです!

 しかしながら、私も最初は推手がそんなに有効な技法だとは期待していませんでした。

 どうしてか?と申しますと、こちらが接近して密着するまで黙って待っててくれるようなお人好しはおらんでしょう?と思っていたからですよ。

 近づく時に鋭いパンチやキックが猛スピードで襲撃してくる訳で、まずはそれを何とか捌いたり防いだりできなければ密着なんかできない訳ですよね?

 だから、少なくない中国武術修行者が空手やキックボクシングに挑んで無残なまでな滑稽な負け方をして、「ちきしょお~っ! 中国武術なんかクソだぁ~っ!」と小梅太夫みたいに涙目で叫んでキックボクシングや極真空手に転向する・・・か、スッパリ武道や格闘技から足を洗うかする訳ですね?

 また、実際に空手やキックに対抗できる中国武術家は非常に限られていて、いないことはないんだけども、巡り会える機会は非常に少ない。

 私だって30になるまでインチキ古武術やインチキ中国武術の先生に騙されて、「武術なんか山師の巣窟やんけ~っ!」と呪ってましたもんね~。

 でも、私は非常に運が良かったんですよね~。

 実際にメチャクチャ強~い武術家に次々に出会って教えを受けられましたからね?

 あ~、本当に諦めなくて良かった!

 ネット掲示板で人の悪口書いて自己陶酔してるような人達って、結局、本当に強い武術家に出会って教えを受ける機会がなかったんじゃないか?と思う訳ですよ。

 だから、かつての私みたいに斯界全体を呪うことで自己満足を得ようとしているんじゃないでしょうか?

 もしも、こういう人達も運命的な良い出会いがあったら、現実に希望を持って楽しく修行できて理想の自己実現に向かっていけているのではないか?と思う訳です。

 私は恵まれ過ぎているから、普通に学んでいたら一生、知らないままであろう秘伝も随分と学べました。

 そういうのを一つ理解できると、不思議なもので、他の秘訣も次から次に解けていったりするんですよね~?

 敢えて、私は自分が発見した秘訣を真実だとは申しません。が、私は発見した秘訣を会員や受講生と一緒に試して具体的な有効性を実験してきました。

 だからこそ、「この技はこういう具合に遣えば有効だけれど、コツを知らないとまるで遣えなくなったりする」という具合に細かく長所と短所を解説できる訳です。

 実験検証してきた技だからこそ、日々、完成度が上がり、技も進化できる訳です。

 従って、自信をもって、「これはこうやればいいんですよ!」と断言できる訳で、実験検証していない伝聞だけの技だと高い金取って教えたりできませんよ。

 とにかく、習ったことは全て実験検証してきていますから、「発勁って本当に効くんですか?」とか「合気を掛けるって何ですか?」と聞かれても、はいはいはい~っと実演解説できる訳ですよ。

 頭の中で考えている段階の技は、稽古や講習会の時にもちゃんとそう話しています。その場で試して成功すれば善し。そうでなければ問題点を検討し直すだけ。

 研究会だから許されるやり方でしょうね?

 これも一回や二回やったくらいでは実験検証の精度が低い訳で、繰り返し繰り返し何度も何度も相手を代えてやり続けていかなくてはならないし、それを年単位でやることが修行に繋がる訳ですよ。

 そうやって体得できたのが零勁斬りだったりする訳ですね。

 最近、初参加の人が一番、驚かれるのが、「合気揚げがこんなに簡単にできるのか?」ということでしたが、私はこれ、30年くらい研究していますから、30秒で教えられる訳ですよ。しかも何種類も・・・。

 結果、万能にかかる技じゃなくて、欠点もあると解った訳で、そうでなければキムタツ先生に対抗策を考えつくまでもなく手玉に取られてしまっていたでしょう?

 佐川先生が偉いところは、合気が万能にかかる技ではなく、ちゃんと欠点も解っていて、頑なに映像記録を残すことを拒否し続けていたというところです。

 つまり、私みたいな人間に見られたら、封じ手を考案されてしまうと警戒されていた訳ですよ。

 キムタツ先生が佐川先生に遠く及ばないのは、“そこ”ですよ。安易にやって見せたりする考えの甘さが決定的な越えられない差を生むのです・・・。

 習わなきゃできない人と、自分で創造できる人との差は決定的なのです。

 その決定的な差とは何か?というと、考え方の違いなんですよね。

 私が武術を教えたりDVD作ったりしているのはなぜか?というと、生活のためです。

 金を稼ぐ手段が今のところ、これしかないからです。

 昔は趣味でしたが、今は生活のための仕事ですから本気度が違いますよね?

 で、不思議なもので、本気度が違うためなのか、最近の研究進度は異常ですよ。昔は、とうていできるようになれないだろうと思っていたことが、今はあっさりできるようになっていますからね?

「スゲ~ッ? 俺って天才かも?」と思って教えてみたら、すぐ体得してしまう・・・。

「あ~、空しい・・・あんだけ努力した俺の立場は?」と思うと、会員がなかなかできないと、フフフ~ンッて内心、嬉しかったりしますよ。生活かかってなかったら教えてないですよ?

 推手も、以前は化勁で崩すための技法と考えていましたが、今は攻撃技に含んで遣っていますよ。

 つまり、発勁を確実に極めるための攻撃の手段として遣うようになりました。

 接近密着するための相手の攻撃を捌く技法にも応用できるようになりました。

 それが、空手でいうところの“受け技”であり、うちの場合は捌き・いなし・流し・封じの技法として遣うようになりました。

 今回のセミナーではある先生の沖縄空手のセミナーDVDを分析して教えて欲しいと大阪支部長から事前にDVDを送ってもらって見ていたんですが、改めて空手は難しいな~?と思いました。

 難しいと言うのは、普通の人間に教えてすぐに体得できるようなやり方ではないということです。

 言葉を換えると(失礼ながら)、「もっと効率よく安全にやれる技はある」ということなんですよ。

 私の基本コンセプトとして、「教えれば誰でもすぐに実用できるべき」というものがあります。

 武術はもともと圧倒的な体格や体力、戦闘力の差を戦略的に覆すことを目指して考案研究されてきたものですから、無闇に鍛えないと遣えない武術では意味がないと考えている訳です。

 しかし、不思議なことに武術武道の実践者は、超人的な鍛練を積まねばならないと言い張ります。実用性より訓練する日々の行為が目的となって、論理が転倒してしまっているのです。

 身体を鍛えることは手段に過ぎなかったのに、いつのまにか“目的”に刷り変わってしまっているのです。

 これではボディビルと変わらない訳ですよ。

 多分、ボディビルも本来は筋肉の鍛練のために工夫されていたのに、見せることに目的が移ってしまったのではないでしょうか?

 日本刀も斬れることより美しさに価値が転移していますよね?

 私は剣や銃も大好きなので、肉体を鍛えることにあまり意味を見いだせません。素手で殴り合うことしか考えていないような武術では話にならんだろう?と思うからです。

 昔は人並み以上に鍛えましたが(壁に踵を着けてだけど両手の親指一本で倒立して腕立てまでできたよ)、あんまり意味があったとは思えないんですよね?

 だから仁平師範がやたら「筋トレしろ!」と言ってることには「何のため?」と聞いてみたいところなんですけどぉ~(苦笑)。根性論かな?


 さて、セミナーは、単推手、双推手、脚の推手(暗腿)から始めて、推手破りの打拳・関節技、相手の構えを利用した推手、剣術(馬庭念流の“続飯付け”から香取神道流の“橋懸かる”)、牙突0式?、空手の上段揚げ受け・外受け・内受け・下段払いの交叉捻り突き、零勁斬りの応用・・・と、予定していたより大幅に多彩な内容になりました。

 御承知の人も多いと思いますが、私は質問しないと自分から積極的に教えたりしませんので、遠慮して聞かない人には延々と教えなかったりします。

 何で、そうするか?というと、「自分から求めないと与えられないんだよ」ということをまず理解してもらいたいから、敢えてそうしてるのです。

 金払えば自動的に教えてもらえると思ってる人もいますが、自動販売機じゃあるまいし、人間対人間なんだから、質疑応答がいかに大切か?ということですね?

 この様子は新作DVD『剣体一致の原理』に収録しますが、結果論ですが、何か物凄い作品になりそうですよ!

 個人的にはマジで5万円に値上げしようかな~?と思うくらい秘伝テンコ盛りです(実際、値上げするかもしれませんので、安く欲しい方は今月中の予約割引セールを御利用ください)。


 セミナー後はいつもお食事会で長々とダベるのが恒例なんですが、この日は夕方から銀座で日野美歌さんの35周年記念の朗読劇とライブのお誘いを受けていたので、私はそのまま帰らせてもらいました。

 この朗読劇には『セーラー服忍者』に主演した鶴巻星奈さんが出演されているのを事務所の社長さんに聞いていたので、うかがった次第です。

 しかし、私、銀座は過去に数回しか来たことなくって、夜だったこともあって道に迷い、開始時間に間に合わなくて焦りました~っ?

 まっ、ちょっと遅れたけど鶴巻さんの朗読劇のお芝居もちゃんと見れましたよ!

 この朗読劇の原作は、何と? ミラーマンの鏡京太郎を演じていた石田信之さんなんですね~。癌闘病中と聞いていましたが、お元気だそうですよ?

 石田さんはアクションが上手いな~?と思っていましたが、柔道黒帯で体気道という武道の会長でもあるんですね?

 ちなみに『セーラー服忍者』DVDの予告編映像、非常に評判がいいです。特典映像も使ってますから、何だか膨大に見た印象があります。他の劇場映画の予告編にも負けてませんよっ! 10月6日の発売の時はイベントやる予定ですから、お楽しみに~!

 途中休憩の時間に社長さんが呼んでくれたので鶴巻さんとちょっと話せました。今、立ち回りの稽古もやっているそうですよ! 今後の活躍に期待大です!

 後半は日野美歌さんのライブでしたが、生歌で聴くと物凄い上手い! 圧倒されましたよ。スゲ~ッ!としか感想が言えません。

 本当に素晴らしかったです!


 え~、それから、復活した大阪セミナーの場所と日時が決まりました!

 解散した後も、「また関西でセミナーやってください」とメールくださる方もいらしたのですが、随分とお待たせしました!

 進化した游心流武術をお目にかけますよ!

 久しぶりの方も始めましての方も、どうぞ、お気軽にお越しくださいませ!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

直前でゴメン! 8月は推手!

 忙しくて、スッカリ忘れておりましたが、今週日曜(13日の日曜日~!)は、月例セミナーの日でございまする!

 で、8月は暑いので、あんまり動きたくない。

 だから、あんまり動かなくてもいい技をやる!・・・というコンセプトで“推手”をやることにしております。

“推手”というのは太極拳の戦闘法なんですが、実は沖縄の那覇手にもカキエー(掛け手)という類似の稽古法があります。

 戦闘法と書かずに稽古法と書いたのは、このカキエーを戦闘法として遣うものだと理解している空手家が異常に少ないからです。

 つまり、二人でおこなう鍛練法だと考えられている訳です。

 よって、別名、“小手鍛え”(派閥による)とも呼ばれていたりする訳ですが、これは手首周辺をガンガンぶつけて鍛える鍛練法で、まあ、マキワラ突きや中国武術の拝打功みたいなもんですよ。

 詠春拳の錬功道具として有名な木人椿も、遣い方を知らない人はガンガン打って鍛えるものだと勘違いしていたりしますが、堅い木をガンガン殴って鍛えれば、毛細血管を潰し、神経を痛めるばかりですから、やめた方がいいですよ。

 柔らか~いサンドバッグとかを殴った方がいいです。

 さて、カキエーですが、これは本来は鍛練法というより逆技、中国式に言えば擒拿(チンナ)術の練習法だったのではないか?と私は推測しています。

 分筋錯骨法や點穴法も含まれているように感じます。

 どうして、そう考えるかと申しますと、太極拳の推手がそうだからです。

 ただし、太極拳の推手の主な目的は“化勁”です。

 相手の攻撃してくる力を受け流すこと。

 これが上手くできなければ、力に力で対抗することになり、高度な武術の技を駆使することは不可能になります。

 つまり、弱者が強者に勝つことは夢物語になってしまう訳です。

 では、化勁ができれば弱者が強者に勝てるのか?

 勝てます!

 勝てなければ太極拳の存在意義が無くなってしまいますからね?

 しかし、誰もが忘れていますが、本質的に化勁的な技術はほとんどの武術に内蔵されていますし、業師と呼ばれるような遣い手は必ずと言って良いくらい自然に体得して遣っています。

 例えば、「空手の突きはなぜ捻るのか?」という質問に対する答えが、「化勁の技術を含んでいるから」なのです!

 意味がわかりませんか?

 セミナーに参加すれば理解できます!

「なんだよ、教えてくれないのかよ?」と思った方・・・。

 いいえ、私は、やブログで、これまで何度も何度も言葉で説明してきています。

 それが解らないということは、言葉で説明しても理解できなかった?ということですよね?

 だから、本当に理解したい人は自分で体験してみないことには解らないだろう?という親切心で敢えて書かないのです。

 どうも、理論分析だけに興味があって、言葉で説明してもらえば理解できたつもりになる人がいますが、頭で解ったつもりになるのと、実際に技を体得することは全然、別次元なのですね?

 私は作家修行をしているので、作家志望の人や作家デビューした人から随分と質問されるんですが、言葉で説明しても必ず誤解されます。

 実際に教えて体得させないと正確に理解することには繋がりません。

 いや、体得しても勘違いして覚えてしまうこともあります。纏絲勁と白鶴震身を同じものだと誤解していた大阪支部長みたいに、理論が先走ると個別の技の原理特性を無視して大ざっぱに括って認識してしまう場合もあるのです。

 ユーチューブに勘違いした人が動画を上げて、勘違いが拡散してしまったりする場合もありますね。

 私が有名武術家?を批判する理由の一つもこれですよ。間違いを広める愚を正すのが研究家の使命だと考えるからです。

 ナンバとか? 今だに真実だと勘違いしている武道の先生がざらにいますし、“気配を消す”とか“動きの初動を消す”とかいう言葉も非常に観念的に使われていますね?

 これも練度の問題もあれば、根本から勘違いしている場合もあります。有名であるとか実力がある人だからとか、関係なく、誰にでもありますよ?

 先日の游心流合気道の時もIさんが指導している時に、「この動きは能や歌舞伎に共通していて・・・」と言っていたので、「おいおい、能は参考にしているけど歌舞伎の動きは参考にしてないよ。能は武士の嗜みだけど、歌舞伎は武士に対抗する町人のカブイた動きだから、わざと大袈裟な動きをしたりするんだから、同じ伝統芸能でも身体操作は全然違うよ」と訂正しました。

 説明の例に出すのなら、その分野のことも専門家並みに研究していなければいけないんですよ。知らなければ勘違い発言になってしまうでしょう?

 私は、知ったかぶりは恥さらしでしかないと思っています。

 もちろん、私も間違うことがある訳ですよ。

 だから、私は「自分の考え、理解していることが絶対に正しい」という認識自体をしません! 自分も間違っているかもしれない。だからこそ、真実・事実に対して謙虚でいなければならない・・・と、そう考えるからです。

 これは哲学です。認識論のイロハです。

 勉強する・追究する・研究する・・・ということは、一つの分野について突き詰めれば突き詰める程、無限にいろいろな分野についてまで調べていかなければならなくなる。

 それは物凄く大変であると同時に物凄く愉しいことなんですよ!

 もう日常的に新発見していくので、「これが正しいのだ!」と思い込んでいる人達が哀れで仕方がなくなるのです。こ~んな愉しいことを知らないなんて・・・と。

 そんな具合で研究してきたので、私はつらいと思ったことはありません。お金に苦労しているのと人付き合いで嫌な経験をするのが困ったくらいですが、それもこれも研究が邪魔されるのが嫌だったんですよね。一種の中毒ですね~?


 そういえば、「DVDを見て実験したけれど、どうもできなかった」という方も、先日、わざわざ相模原まで来られたので、実地にお教えしました。

 でも、自分でやってみてできているのに、「本当ですか? 信じられない」という顔をされていました。

 実際にできるようになっても、重心力を用いる技というのは手ごたえが無いので実感がわかないのが欠点と言えば欠点なのです。

 私が試し斬りを重要視しているのも、刀に重心力を作用させればマキワラを簡単に切断できるからで、これは切れるか切れないか?で、明白に判明します!

 この前の日曜もDVD用の追加撮影でマキワラ斬りをやりましたが、零勁斬りがなかなかできなかった栗原師範も成功しました。

 素手ではできているのだから、できない道理が無いと思って、苦手意識を取り除く意味でも「刀が折れてもいいから、思いっきりやってください!」とやらせました。

 もうね。最後は気迫ですよ!

 私は、片手持ちの脇差でスパスパ斬れるようになったので、逆手持ちで脇差の零勁斬りに挑戦し、一回目は台を倒して失敗しましたが、二回目はスパッと成功しました。

 北島師範もバッチリ成功しましたよ。

 他の人は苦戦しまくりでしたね?

 福島から来たSさんはどうしても斬れませんでした。関西のOさんは成功したので3.5段?を挙げましたよ。

 正直いって、寸勁斬り、零勁斬りはかなり難しい技です。

 私も始めた当初は、こんな技が本当にできるようになれるだろうか?と思ったくらい難しく感じましたから、滅多に来れない人ができないのは当然なのです。

 0の状態から一気に100のパワーを出すようなもので、しかも力のタメを一切使わないので、通常の打撃技とはまったく違う技術だからです。

 しかし、これができるようになると、発勁打法が飛躍的に進歩します!

“牙突零式”を素手でやるようなものだと考えてください。

 で、この斬りの技を体術に応用できるようになると、推手の戦闘法が俄然、実戦力を倍加することになります!

 その秘密はセミナーに来た人には持って帰っていただく予定です!

 それにしても栗原師範が零勁斬りに成功したことは私自身ができた時より嬉しかったですね~?

 青木宏之先生が、「刀は技の進歩を手助けしてくれる」と、剣武天真流を創始した頃に言われていましたが、その言葉を私も最近、実感しています。

 もともと、まったく刀に興味がなかった会員も、練習しているうちに異様に上達していくのです!

 逆に刀(独己九剣)を嫌ってやらなかった会員は、進歩が止まってしまっています。

 いや、進歩しているのかもしれませんが、刀を練習している会員と比べると格段に差ができているのです。

 どうやら、刀は中芯軸の感覚を知らないうちに高めてくれているようなのですね?

 つまり、下・中・上の丹田を満遍なく開発させているような気がします。

 もしかすると、青木先生はそれに気づいて剣武天真流を創始しようと考えられたのかもしれませんね?

 新DVD『剣体一致の原理』、これは、ひょっとすると武術の本質を解き明かすかつてない画期的なものになるかもしれません・・・。

 そういえば、一度も試し斬りしたことのない薙刀でも試し斬りやってみましたよ?


+++ 告知 +++
2018年月例セミナー情報UP
一括予約開始 早めがマジお得!
ひと月毎の予約もOK
このページのトップへ
コンテントヘッダー

本と映画の感想

『つよい!THE24式太極拳「四正四隅」の秘密』池田秀幸著 東邦出版

 簡化24式太極拳は保健養生体操として全国に広まっていますが、本来の太極拳は非常に優秀な武術であり、その理合を知ることで武術としての真価を発揮できる!ということについて極めて明確に解説されたのが、この本です。

 著者の池田秀幸先生は実力の高さが斯界で噂され、人柄も良い方であるとクエストさんでも聞いていました。

 うちの大阪支部長が実際に学び、池田先生の凄さを熱烈に語っていましたので、やはり噂通りの方なのだろうな~?と思った次第。

 本の内容もこれまで以上に私的に共感を覚えました。非常に謙虚な物言いで人柄の良さが滲み出ています。

 だけど、何かタイトルのイメージとえらい違うな~?と・・・。

 多分、山田編集長の趣味なんでしょうね?

 ちなみに9月に、この本の内容に準じた新DVDがクエストさんから発売されますので、併せてご覧になられることをお薦めします!


『オニヒメ2』上山道郎著 少年画報社

 出ましたっ! 2巻です! 最近、異様に忙しくって、大阪支部長がプレゼントしてくれたので、出ているのも知りませんでしたよ。

 もうね~。キャッホーッ!って感じなのが、私が敬愛するタイ捨流開祖、丸目蔵人佐が出てくるんですが、何と、上山先生は地元の人吉まで取材に行かれたそうなんですね~。

 私も知らない新情報が披露されていて、本当に研究家として頭が下がりますよ!

 次巻が楽しみです!


『ゴジラの中は ある怪獣バカの足型』破李拳竜著 オルタナパブリッシング

 特撮マニアの間では、破李拳竜氏の名前は平成ゴジラ・シリーズのスーツアクターとしても有名な漫画家の人・・・というイメージでしたが、まさか、ここまで凄い人だとは知りませんでしたよ~!

 400ページくらいもある分厚い本なのに、読み出したら面白過ぎて止まらなくなり、あっという間に読み終えてしまいました!

 ノンフィクション本で、こんな経験は初めてですよっ!

 何故か?

 映画のこと。武道・格闘技・武術のこと。怪獣のこと。漫画のこと・・・全部、私の好物ばかりだったからです!

 竜氏の代表作『撃殺!宇宙拳』は失礼ながら読んでいなかったんですが、美少女中国拳法物ということだけは知っていました。

 本当は実写映像化したかった・・・ということでしたが、主人公を演じられる子役がいなかったので断念されたとのこと・・・。

 いる! 演じられるティーンの女優がいますよ!

・・・と、私は読んでいて叫んでしまいました。

 誰かって?

 それは秘密です・・・。


『エージェント・マロリー』

 TV東京のお昼の映画で見たんですが、主人公を演じているジーナ・カラーノは総合格闘技の美人格闘家から女優になった人だとか?

 その格闘スキルを存分に活かしていて、何か凄いマーシャルアーツ・ムービーを見たという気分になりました。

 ボーン・シリーズ辺りからアクションの見せ方が泥臭くなったと申しますか、華麗なアクションの優美さより、エグいリアリティーを見せる作品が増えたように思いますね。

 インドネシア武術シラットをフィーチャーした『ザ・レイド』からその傾向が強くなりましたが、サム・ペキンパーやルチオ・フルチの残酷描写が流行った70年代から80年代に戻ったのか?という気もします。

 多分、CGが発達して生身の肉体アクションが廃れたことに対するアンチテーゼとして、敢えて生身のリアルなアクションに拘る作家とファンが増えてきたということなのではなかろうか?と思いますね。

 ガチンコでガンガン戦うという行為は人間の本能的欲求としての闘争本能を満足させてくれますからね?

 理屈ばっかりのお茶の間ミステリーに飽きがきた人も多いのかもしれませんね?

このページのトップへ
コンテントヘッダー

ほびっと村と第三回游心流合気道稽古会

 23日は西荻窪ほびっと村学校にて八斬刀の使い方をやりました。

 会員も八斬刀を持ってきてくれていたので、全員で満遍なく練習できました。

 この武器は詠春拳の武器として有名なんですが、『師父』でクローズアップされているのを見ると、他門派でも使われているみたいですね?

 私が初めて見たのは香港カンフー映画『少林寺三十六房』で、リュー・チアフィ(ゴードン・リュー)演じる主人公が月牙産(沙悟淨が持ってる武器。降魔の宝杖とも呼ばれる)で試合する師範が使っていた武器でした。

 この時に完敗して、何とか勝ちたいと夜中に竹林で稽古していた時に、偶然、折れた竹が倒れかかってくるのに閃いて三節棍を工夫した・・・という話に繋がるんですが、両手に持った八斬刀の二刀流の見事さも印象に残りました。

 また、恐らく同時期の作品と思いますが、やはりリュー・チアフィ主演の『少林拳対忍者』で釵の遣い手とリューが戦う時に八斬刀を遣っていました。

 この両作品ともに武術指導はラウ・カーリョン(リュー・チアリャン)だったと思います。リュー・チアフィの義兄です。

 ラウ・カーリョンはアクション監督であると共に中国南派拳法の母体ともなっている洪家拳の正当な継承者として有名で、彼が香港カンフー映画のリアルカンフー演出派の最右翼であったと言えるでしょう。

 とすれば、八斬刀は詠春拳のみならず洪家拳でも遣われる武器だったのかもしれません。

 この武器は短か目の脇差くらいの長さで、十手のような鉤と護拳が付いています。

 両手に一つずつ持って遣うのですが、琉球古武術の釵のように順手から逆手に持ち換える点に特性があります。

 相手は木刀で、これに対する順手持ちと逆手持ちの遣い方を指導しましたが、『師父』を見た小塚師範がやはり変幻自在に技を遣っていましたね。

 後半は、子母鴛鴦鉞もやりました。

 シャネルのマークみたいなヤツですね?

 今回は初めて参加された方が二名いらっしゃったので、結構、驚かれている様子でしたね?

 終わってから、近くの喫茶店こけし屋でケーキセット食べながらおしゃべりしたんですが、何と、もともと甲野氏のファンだったのだそうで、甲野氏をボロッカスに非難している私には良い印象がなかったらしいです。

 けれども、講座中、小塚師範から合気揚げとか教えてもらって、茫然とした顔をされていて、私が嘘言ってるのでないことも納得してもらえた様子でした。


 翌日はオルタナスタジオで游心流合気道の三回目でしたが、前回、リクエストがあったので、いろいろ武器持っていって、基本的な遣い方を指導しましたよ。

 特に、東京マルイのS&W・M66の2.5インチバレルのガスガンにキャロルショットの専用カートリッジを遣えるようにカスタマイズしたものを使って、スピードローダーを使った弾込めのやり方を指導しました。

 銃のことを知らない人は、「銃さえ持てば誰だって勝てる」みたいなことを言うのですが、とんでもない勘違いです!

 銃は使い方をきちんと理解していなくてはまともに使えません。下手すると自分や仲間を撃ち殺してしまいかねません。

 握り方、照準の仕方、引き金の絞り方、弾薬の装填の仕方・・・一丁一丁、機構が違うんですよ。

 何の知識も無ければ、持っていても役に立ちません!


 もっとも、「またまた、合気道じゃないじゃん?」という感じなんですが、武術というのは、あらゆる武器を遣いこなし、武器が無ければ身近なものを武器として応用し、何も無ければ五体を武器として駆使する!

 これこそが“武術”なんですよっ!

 戦うという事柄に関して徹底的に追究した実学が武術なのだと私は主張したい訳です。

 これは時代を超越したものですよ。

 そして、温故知新という言葉が、これほど意味を持つのも武術ならではでしょう。

 現代武道なり格闘技なりをやってきている人には違和感を感じる人も多いと思いますが、本来の武術とは、競技とは全然違うものなんですよ。

 護身の術を追究することで超戦闘術として進化したものです。強いとか弱いとか、そんな阿呆なことを論じる余地はないのです。戦う以上は勝つしかないんです!

 だって、命がかかっているんですから・・・。

 勝てないと思ったら逃げる! これもまた大切なことです。

 何やっても勝ちゃあいいんですよ!

・・・という次第で、「八斬刀のような二刀流に一刀では勝てないんですか?」と聞かれたので、一刀で二刀を破るやり方も実演しました。

 どうやったか?

 そんなのただで教えませんよ~っ!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

零勁斬り進化中

 15日(土)は、兵庫支部長の来住師範が北島師範の橋本支部で稽古をしたいと申し込んでこられていたものの、場所が取れなかったそうで、北島師範から急遽、淵野辺の本部道場を貸して欲しいとのことで、夕方から道場に来られました。

 何しろ、遠方なので来住師範には零勁斬りも寸勁斬りも教えていませんでしたので、これはよい機会だと思って、ゴザを買ってきてマキワラを作って準備しておきました。

 私自身も、普通にできるようになったので、もっと高度な技を練習しようと思っていたので、ちょうど良かったんですね。

 北島師範も体得するのにかなり苦労していましたが、前回、できてから意識が変わったらしく、もう全然、普通にできるようになりましたね。

 意識が変わるのが結構、重要なんですよ。

「できない、難しい」という思い込みが邪魔をするんですよね~? 特に武道や格闘技を好む人には思い込みが激しい人が多いので、体得するのに時間がかかるのは、大抵、武道の経験者です。未経験者のほうが圧倒的に早く体得していますね~。

 来住師範に要領を教えて、やってもらうと、ほぼ9割六分くらいは斬れたので、「これなら、もう一回やれば絶対できる!」と、もう一回やらせました。

 と、二回目はスパッと綺麗に切断できました!

 私は、刃渡り一尺三寸くらいの脇差を右手で持って斬ってみましたが、もう、サクサクッと気持ちよく切れました!

 微妙に距離が空いてしまった(五ミリくらい?)んですが、ほとんど零勁斬りと言ってよいでしょう。

 流石に、もう少し苦労するか?と思っていたんですが(片手斬りで軽い脇差だから斬撃力が出るかな~?と思った)、自分でもビックリするくらい斬れたので、嬉しくなってしまい、サクサクッと何度も切ってマキワラ一本消費してしまいましたよ。

 片手持ちで零勁斬りができるようになったということは、二刀流で左右同時に零勁斬りをやるとか、もう「刀を振る必要が無い」という刀法を会得したと言ってもいい。

 これは、私が理想像として考えていた剣術のスタイルの完成に向けて、大きく前進したと思っています。

 つまり、もう“刀を構える”という準備動作が必要なくなった訳です!

「技の威力は形から生まれる」というのが武道・武術の絶対条件とされていたのですが、私は、これに疑問を持った訳です。

 形が崩れていても技の威力が出せるんじゃないか?というのは、泥酔した状態で手合わせした時に自然に酔拳になった時から考えてきたんです。

 また、合気の研究をしていた頃に、「“崩し技”をかけられると戦闘力がガクッと落ちてしまう。ならば、体勢が崩れた状態で戦えたら合気破りになるのでは?」と逆に考えて、わざと姿勢を定めない練習を始めたのです。

 これは個人的な実験だったので会員にはやらせていませんし、「長野先生は姿勢が崩れているのに何で、あんなことができるのか?」と会員間で不思議がっていたのだそうでした。

 この研究を重ねてきて、実力が外見からさっぱり解らない先生方の秘密が少し解けましたよ。

 また、外見で判別できる実力というのは、一流まではなれても超一流にはなれないと思いましたね。

 何でか?っていうと、外見で強さが判るということは、弱点も判るということだからです。

 外見で判らない人って、一見、隙だらけなんですよね。すっごく弱そうに見えます。

 不統一なんです。

 でも、それは統一されてると弱点が露になるから隠しているんですよ。

 以前、アメリカでコンテンポラリーダンスを教えてらっしゃる方から「長野先生はどうして身体の中で重心を散らしているんですか?」と北島師範が聞かれて、私に聞いてきた時、「うわっ、バレた?」って思いましたよ。

 それまで誰にも指摘されず、それどころか青木先生から「長野さんは残念なことに軸がズレている」と言われていたんですけどね~。

「そっか~? 俺は残念な身体性だからな~」と、ガックリしていたんですが、後から、「ひょっとして青木先生も俺が重心をバラして不統一体の研究しているのを見間違えたのかも?」と思うようになりました。

「統一体で天地と繋がらなくてはならない」って思い込んでる人も多いし・・・。

 まあ、新体道にも統一体の動きと養気体の動きがあって、私は統一体はそんなに評価していなくて、養気体に感銘を受けてるんですが、どうしてか?というと、統一体を作って天地と繋がるって、物凄~く難しいことなんですよ。

 それこそ、インドの山奥で修行するような出家してやらないとダメでしょ?

 ところが、養気体(まあ、脱力体ですね)で自分を捨てて拡散していくことは誰でもできるんですよ。

 集中するより無心になるほうが簡単! 私は簡単に誰でもできることを追究しているので・・・。

 まあ、結局、アレですよ。小乗と大乗の違いですよ。

 技の話に戻しますと、意識が変われば技も変わります。これは観念論じゃなくて具体的な話なんです。

 試し斬りや手裏剣なんかは、その場でできるかできないか?がはっきり結果として判るでしょう?

 人間相手だと、どの程度、技が効いているのか判らない場合があるんですよ。

 最近は、「発勁がどのくらいできてるのか?」というのはサンドバッグに拳を当てている状態から打って、どのくらいか?と確認するようにしています。

 うちの常連会員は全員、0インチ打撃を体得していますからね。拳だけでなく掌、前腕、肘、肩とかでも打てますよ。


 そして、剣術のスタイルはそのまま素手の技にもなります。

 力のタメを必要としない、自然体から触れればそのまま打ち倒せる「動けば即ち技となる」という境地になる!

 誰でも植芝盛平の境地にゆける!

 男のロマンですよ!


このページのトップへ
コンテントヘッダー

23日はホビット村で必殺二刀流

+++ほびっと村講座07/23(日)游心流合気道+++
日時:2017/07/23(日) 13:00 - 15:00
場所:JR中央線西荻窪駅南口下車 徒歩2分
 〒167-0053 東京都杉並区西荻南3-15-3 ほびっと村
 地図:http://www.nabra.co.jp/hobbit/hobbit_mura.htm#map
講師:長野峻也
参加費:3,000円
※予約不要
+++++++++++++++++++++++

師父』を観てから、八斬刀に凝ってしまいまして、使い易いようにカスタマイズまでしてしまいました。

 短い刀を二刀流で使うというのは、剣法よりも拳法の間合に近いんですが、フィリピノカリ(アーニス)とかに近いですね。

 日本の武術にはあまり見かけませんが、柳生心眼流では脇差寸法の二刀流があるみたいですね?

師父』では逆手持ちで斬る技が多かったんですが、これだとより密着していかないとダメです。

 肘打ちを入れるように使う必要があります。

 ということは、素手でやる場合は肘打ちに応用できます。

 最強の打撃技は何だ?と聞かれたら、私は「肘当て」だと答えます。

 肘の発勁を使えば、私はどんな相手にも致命傷与える自信があります。

 やっぱり八極拳は凄いな~?と思いますよ。

 DVDで練習法を公開していますが、見た目からは、まさかこんな練習で致命傷与えられる威力が出せるとは誰も思わないだろうな~?と、自分で見ても思いますけどね。

 これより凄いのは真由子サマの暴言とハンガーですかね?

「このハゲーッ!」「違うだろぉ~!」で、ハンガーでポカッ!

 ハンガーが壊れたら、「違~う! 木のヤツ~っ!」って叫ぶのかも?


 それと、23日の翌日24日は、また月一回の阿佐ケ谷オルタナスタジオでの游心流合気道の稽古(夜8:30~9:30。8時に阿佐ケ谷駅集合)ですので、会員の皆様、宜しく!


追伸;『セーラー服忍者』DVDは10月6日に発売ですが、早く欲しい方は稽古場においでくださいね。発売の時はトークショーとかやるかもしれませんけどね? 小説版も併せて出せればいいんですが(原稿は仕上げて入稿してます)、さて、発売はいつになるのかな~?

追伸2;9月後半に大阪で武術セミナーやります! 名古屋でもやるかもしれません。続報をお待ちくださいませ!

追伸3;游心流会員の作家・吉田恭教さんの『鬼を纏う魔女』(南雲堂)『化身の哭く森』(講談社)が発売中です! どちらも女刑事・東條有紀が活躍する本格ミステリーですぞ。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

七月“読み”感想

 とにかく夏は嫌いです!

「九州出身なのに、何で俺はこんなに暑いのが苦手になってしまったんだろうか?」と、反省しているんですが、何か昔の暑さってこんな具合に不快じゃなかったような気もするんですけどね~?

 それと、去年は地震で、今年は大雨・・・九州に災害が集まっているのはどうしたことか?と思います。

 これを書いている最中に鹿児島で震度5強の地震が発生しましたが、本当に災害の規模が以前とは比較にならないくらい大きくなってきていますね。

 地震の発生場所から考えると、阿蘇山や桜島の大噴火が連動して起こってもおかしくないでしょう。現に火山活動は活発になって小噴火もしていますし・・・。

 本当に災害に遭遇された方々には、今はつらくても先がありますから・・・と言いたいんですけれど、今はもう、どこで何が起こるか判らない時代になってしまいましたから、将来に希望を見いだすことは難しいのかもしれません。

 けれども、生きていさえすれば、挽回するチャンスは巡ってきますからね! 生きることを第一に優先して考えてください!

 努力だけではどうにもならないことは有りますけれど、努力が無駄になるということは有りません!

 その時に役に立たなくても、後から役立つことは有るんです!

 何か、見えないチカラが働いているな~?としか思えないことはいくらでもあって、これはオカルトでもスピリチュアルでもなくって、厳然たる現実として、努力していたことが突如として花開くことが有るんですよ!

 今回セミナーでやった“読み”というのも、そこに繋がってくるんです。

「相手が動き出す初動を読む」のが目付けの基本なんですが、基本はあくまでも基本でしかありません。

 基本のままでは実用には不十分です。どれだけ応用できるか?が大切なのです。

 だから、構えを見て弱点を読むとか、姿勢を見て弱点を読むとか、体勢、動きの癖、表情、人相、手相、体型、肌の色、服装・・・と、“読み”の対象は無限に広がっていくのです。

 例えば、電話で話しただけでも結構、実力は判りますよ?

 声が落ち着いていて低いと「腹から呼吸しているな~。丹田ができてるから強い」とか判る。

 話す内容では性格が判る。

 相手の反応を待たないで自分のことばっかり話す人は、観察力が無い!とか。

 文章なんかモロに性格が出ますからね?

 事務的なことしか書かない人は慎重で自己表現が苦手だとか?

 文章の上手下手とは関係なく、書いている内容にその人の気持ちが反映することは有る訳で、必要最低限のことしか書かない人は、コミュニケーションを深めたくない訳です。

 騙されたくないとか失敗したくないという警戒心がメールに透けて読める場合も多いですね?

 かと思えば、丁寧に書いていながら上から目線が透けている人もいます。意図的なのはまだ可愛げがありますが、無自覚にそうなっている天然の自惚れ屋さんもいます。

 こういう人は、無自覚だからこそ批判されると動揺しまくって逃げをうとうとします。

 どっちにしろ、他人とまともに対峙する覚悟の無い人達なんですね。ある種のナルシシスト・・・。こういう人は世代を問わず、一定数いるようです。

 私が最近、感じるのは、若い人(20代より下)は才能が凄くてDNAが昭和生まれとは違うんじゃないか?と思うんですけど、敢えて欠点かな?と思うところは、毒気が無い人が多い!

 野心とか欲望が極めて薄い!

 悪い大人に騙されたりするんじゃないか?と心配してしまいますよ~? 逆に。

 もっとも、恐らくは、野心や欲望にかられてあくせくしてきた上の世代の見苦しさに辟易して、身の丈に合うリアルな充足さえあればいいと思うようになったのかもしれませんね? 足るを知っている訳・・・。

 私の世代(1960年代生まれ)は「シラケ世代」とか「新人類」と呼ばれていましたが、上の「全共闘になり損ねた世代」から見ると「社会変革への志しの無い自家中毒野郎ども」みたいな蔑みの視点もありましたね?

 全共闘世代の人達って、もう70前後ですよね?

 文化的左翼ですよ。

 昔は圧倒的に左翼が強かったし、「右翼は体制に利用されるだけの筋肉バカ」だと見下されていましたよ。

 でも、今では「左翼は口先ばかりの経済オンチの夢想家」だと軽蔑されてますでしょう?

 実際、都議選で自民党が大敗しても、民進党がリーダーシップを取れるでもなく凋落の図式は第二の社民党となっているし、むしろ、終始一貫してブレない共産党が期待を集めましたよね?

 よく考えると、社民党も民進党も政権取った後の凋落ですよ。

 もはや、主義思想(~イズム)の胡散臭さに民衆は勘づいていて、具体的実効的政策を示せるかどうか?しか評価されないでしょう?

 そのためには大局を視野に於いて考えられる政治家が必要でしょうし、取り敢えず安倍さん以外に期待できないから、しょうがないよな~?と、まだまだ安倍政権が続く雰囲気はありますよね?

 でも、私は石破さんに期待しますね~。

「もし、北朝鮮のミサイルが日本の漁船とかに当たってしまったら?」とかTV番組の討論でやってた時に、女子アナの人が報復の攻撃をしないのか?みたいに言いたくてウズウズしているのを察して、そこで具体的な反撃をしたらどうなるか?ということをズバリ釘を刺してみせたのにはホレボレしましたね~。

 だいたい、阿呆が言いだすんですよ。

「ヤラレっぱなしでどうする?」って・・・。

「戦えないヤツが無責任なこと言うな!」って思いますよ。私は。

 それはつまり、戦争しろってことですよね? で、戦争したらどうなります? 北朝鮮からミサイルが日本の都市や原発に向かってジャンジャカ飛んできますよ?

 そうなったら戦争に勝っても日本の国土は住めなくなりますよ。

 その程度のことも判らない連中が過激な論説をぶち上げてる日本国の平和ボケっぷりは哀しむべきか笑うべきか?

 先日、会員から「もし、今、北朝鮮からミサイルが飛んできたら先生はどうしますか?」って聞かれました。

「それはもう、どうしようもないよね。死ぬだけだよね~。でも、安心してください。人間はいつか必ず死ぬから! だから、死ぬ瞬間に後悔しないように人生はやりたいことをやり尽くしておきましょう!」と答えました。

 人間、自分のチカラでどうにもできないことは有ります。

 それは天命だから、仕方がありません!

 でも、自分のチカラでどうにかできることはどうにかするべきですよ!

「人事を尽くして天命を待つ」ですよね?

 例えば、もし外国から特殊部隊が相模原に進攻してきた時には、降伏したフリしてスキをついて敵の銃を奪って戦おうって思ってますよ。だから、銃の撃ち方を知らないとダメでしょう?

 数年前は「長野先生はムチャクチャだな~? そんな状況、ある訳ないでしょう?」と笑われていましたが、今は「銃の操作法を教えてください」っていう人も増えました。

 テロリストに遭遇するのも現在ではリアリティがあるでしょう?

 武道や格闘技をいくらやっても銃の扱い方を知らなければ対抗できませんよ。

 江戸時代の軍学者にして武芸十八般を修めた平山行蔵子竜は、拳法・柔術・剣術・棒術・居合術のみならず砲術も毎日欠かさず訓練していました。

 平山の弟子で筆頭師範代の下斗米秀之進は極悪藩主を大砲で暗殺しようとしておたずね者になり、江戸に舞い戻って相馬大作と名を変えて道場をやっていましたが、バレて処刑されました。

 一方、平山の弟子には幕末の剣聖と尊敬された直心影流の男谷下総守もいます。男谷も平山の影響で幕府に国防の意見書を提出しています。

「読み」と全然関係ないと思われるでしょうが、世の中の情勢を読むのも大事なことですよ。

 仮にも武術を探究するのなら、現代で考えられる戦闘状況総てに対応できるように考えるのは当然の備えなんですよ。

 そして、個人レベルでなく国家間の問題にも思索を広げておかなくては、為すべき道筋が見えないでしょう?

 私が武術の研究しているのは、戦える日本人を一人でも多く育てたいからです。

 理不尽な暴力に蹂躙されて黙っているのか?

(マッハバロンの歌?「悪の天才が時に野心を抱き~、世界征服を夢見た時に~、君はどうする? 君はどうするか? 君は~? 蹂躙されて~黙っている~か~?」って歌。何か子供番組とも思えない妙なアジテーション歌詞とノリノリのロック調の曲がカッコイイんですよ~)

「男なら戦って死ねっ!」

 まっ、そんな感じ?

 でも、国のために死ぬのは嫌だ! 私は自分の命と周囲の人達の命を護るためにしか戦う気がしません。“国家”という何だかわからない正体不明の代物のために権力に従わされて戦わさせられるのは絶対に嫌ですね。

 個人の意志として「必要な時は戦う」と決めているだけです。

 昔、左翼のオジサンオバサン達は「永世中立国のスイスが理想」だと言っていましたが、スイスは国民全員が武装して戦う準備をしている国だと知って、唖然となっていました。

 戦いたくない人に戦えとは言いませんよ。死にたい人は勝手にどうぞ!

 でも、私と同じように考える人には戦い方を教えてさしあげます・・・。


 ちなみに、今回は糞暑い中、参加者が結構いらっしゃいました。

 久々に仁平師範も参加できたので、楽しかったですね~。何か彼自身はもう武術よりも療術家として極めようとしている様子ですが、せっかくの才能なんだからちゃんと活かして欲しいです。

 懇親会でオカルト話に興じていたら、苦笑いしながら「先生、オカルト禁止じゃなかったんですか?」と言うので、「いいの、いいの。游心流は禁止だけど俺はそうじゃないから!」と応えましたよ。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

7月は「読み」

 7月の月例セミナーのテーマは「読み」です。

 具体的には「目付け」のやり方なんですが、これは「一眼二足三胆四力」という稽古の眼目の第一番目にきます。

 これも派閥によって様々なやり方があり、「これだけをやれば良い」というものはありません!

 中には、「(敢えて)見ない」という目付けだってあるのです!

 よく質問されるのが、「どれが正しいんですか?」というものですが、これはケース・バイ・ケースですね。

 集中すれば良いと思っている人も多いですが、集中し過ぎると視野狭窄になって逆に見えるべきものが見えなくなってしまいます。

 いわゆる秀才型の人はこのタイプが多いです。集中力があるから勉強や作業は並外れた成果を出せますが、視野が狭くて融通が利かず、頑迷です。武道の世界でも指導者になる人の多くがこのタイプです。

 かと言って、ポケーッとしていたら見えていても脳が認識しない場合もあります。

 実は、これが一番多い!

 武術の訓練というのは、あらゆる動作に気持ちを入れて動くことが基本です。

 いや、場合によっては実際に動かなくとも気持ちを入れて集中して観察するだけで技を会得することもできます! これが「見取り稽古」です。

 今回は、これもお教えします。最初は難しいと思いますが、慣れると驚くべき効果を発揮します。

 つまり、習ったことのない流派の技を見てもトレースできたり、型を見ただけで具体的な技の用法が頭に浮かんでくるようになるのです。

 言ってしまえば、脳トレ! 秘伝中の秘伝ですよ!

「そんなことができるものか!?」と文句を言いたくなる人が多いと思いますが、私が体得したほとんどの技は具体的に手取り足取りして教わったものではなく、「見取り稽古で技を盗んだ」のですね。

 サーチ・アンド・アナライズですよ!

 これができるのは、膨大に知識があるからでもありますが、無論、一朝一夕に培ったものじゃありませんから、誤解ありませんように。

 情報は多ければ多いほど良い?

 いいえ、整理編集できないほど多量の情報は混乱しか生みません。

 私はそれがわかってるから、自分の知ってることを弟子にそのまま伝えたりはしないのです。

 知ってることを全部やらせたら、時間が足りないどころの話ではなくなるからです。

 私自身は、一通り、習ったことは練習しています。型も昔は、八極架、大八極、八母掌、孫擯拳、陳ハン嶺99式太極拳、小虎燕、小念頭くらいは覚えて練習したんですが、決まりきった動作を繰り返しやるのは好きじゃないので、ほとんど忘れてしまいました。

 今は24式太極拳と形意五行拳と単換掌をやるくらいですよ。

 膨大に習ったことを全部はとてもできませんから、必要最低限のエッセンスとして抽出しようと考えて出来たのが游心流なんですね。

 それですら、今では自分ではほとんど練習していません。

 身体を動かさなくとも脳を使ってイメージ・トレーニングをするのが常態化してしまっているので、必要がないのです。

 例えば、蛟龍歩を使った歩法なんて何年ぶりかですよ。ここ最近、やっていなかったですからね。

 普通、やらないと筋肉が衰えてできなくなります。筋肉でこなす種類の技は私もできなくなっています。

 ですが、筋肉に頼らない身体内部の重心移動で動く技は何年も練習していなくともできるし、もしかして以前より上達しているのかもしれません?

 もちろん、普通はあり得ませんよ?

 私の技を筋力でやろうとしたら、若くて体力のある人が頑張って、ようやくできるかな?くらいでしょう。

 私と同世代の人が筋力でやろうとしたら、たちまち息があがり、身体を壊してしまうでしょう。

 重心移動を操作するから簡単にできるのです。

 また、重心移動の操作は外見にはほとんど現れませんから、「目付け」を狂わせることもできます。

 一石二鳥どころか三鳥も四鳥もあります!

 無論、それでも見破る目付けのやり方はありますが、これは参加した人だけにお教えします。

「読み」の技術は、身法よりは心法に直結していきます。

 心(意識)を読む訳です。

 だから、「相手の目を見ろ」というのは、相手の意識の動きが目の動きに一番出やすいからなんですね。

「顔色をうかがう」という言葉があるでしょう? 人間の感情は表情に出やすいんです。

 今回の内容は、武術だけでなく日常生活にも多いに役立つと思いますよ!


PS;『セーラー服忍者』DVD、発売は秋なんですが、セミナーや講座での先行販売は可能なので、当日、欲しい方は是非どうぞ! 超豪華特典映像(私の武術講座・青木先生の剣舞・下田愛璃さんの中国兵器術の表演)がお薦めですよっ!
20170704_001.jpg 20170704_002.jpg


PS2;早いですが、来年の月例セミナー割引予約も始めます。いつも12月末までの申し込みを有効にしていましたが、来年分は本年の11月末日までとします。
 毎月のテーマは
1月「脱力体」
2月「軸」
3月「下丹田」
4月「中丹田」
5月「上丹田」
6月「交叉法」
7月「読み」
8月「推手」
9月「型の分解」
10月「武器術」
11月「整体活法」
12月「総まとめ」
 基本的に今年と同じですが、内容はバージョンアップしていきます!
 その他の概要は今年と同じで変更はありません。(本年の秋から冬にかけて私の知名度が上がる可能性があり、申し込みが増えるか?と思われますので、割引予約申し込みを早くした次第です・・・)


このページのトップへ
コンテントヘッダー

零勁斬りの応用性

 日曜日の稽古会で、また試し斬りをやりました。

 零勁斬りの特訓です。

 一番、剣術が上手い北島師範が前回、体得できなかったので、今度は再チャレンジでしたが、気負いが無くなったので簡単に成功しました。

 若手のTさんもできましたが、残念ながら栗原師範はどうしてもできません。刃筋をまっすぐ通すのと、スピードの足りなさが原因でしたが、これを素手に応用した技だと問題なくできるんですね。

 だから原理的にできないのではないので、練習を重ねて一回できれば、後は問題なくできるようになるでしょう。

 まあ、慣れの問題もありますからね。

 私も、かなり慣れたので、何も考えずにサクッと斬れるようになりました。この調子だと片手持ちでもできるでしょう。

 Tさんの話では、あの町井先生も“圧し(へし)斬り”というやり方でできるのだそうですが、私は当然だろうと思います。

 あれだけの腕前の人ができない道理がないからです。

 ただし、零勁斬りと同じ原理かどうかは、見てみないと何とも言えません。

 相当に鍛えている人なら腕と背中の筋力で斬ることも可能だからです。

“圧し斬り”という言葉がそれをあらわしています。

 織田信長が棚に逃げ込んだ茶坊主を棚ごと圧し斬ったという“へしきり長谷部”という刀があります。刀の切れ味が良ければ包丁で切るみたいに押し込むだけで切断することもできるでしょうね。

 でも、普通の日本刀は包丁よりずっと刃角が大きいので、圧しただけで切断することはできません。引かないと切れないのです。

 だから、大道芸で腹の上に大根を乗せて日本刀で切断してみせても腹は何ともない!という芸ができる訳です。

 そういえば、寸勁斬りを発表した時に、「そんなの誰でもできる。包丁でやってるだろう?」と批判している人がいたらしいですが、日本刀に関する無知さをさらけ出していますね?

 畳表を巻いたマキワラや青竹を、包丁で切断できるかどうか、やってみたらいいでしょう。僅かでも刃筋が狂えば簡単に刃が割れてしまいますよ。

 出刃包丁なら大丈夫かもしれませんが、今度は刃角が大き過ぎて切断できないと思いますね?

 鉈みたいな刃角が大きい刃物だと割るのには向いていても、切断するのには向いていません。青竹を切断する場合でも何度か同じ箇所に切りつけないと、日本刀みたいに一発でスパッと切断することは難しいですよ。

 道具というのは性質を理解して適切に使わないとダメなんです。

 包丁だって、菜っ切り包丁、出刃包丁、三徳包丁、牛刀と、いろいろ有りますでしょ?

 そういえば、小栗旬が主演した『CRISIS』で、「犯人に拳銃を構えている時に引き金に指を掛けないで伸ばしていたのがおかしい」という視聴者の突っ込みがあったそうですが、これは、アメリカのコンバットシューティングのやり方で、撃つ瞬間だけ引き金に指を掛け、それ以外は暴発を防ぐために指を掛けないで伸ばしておく・・・というプロの基本テクニックを踏襲していたからであり、また、引き金に指を掛けないことで説得しようとしている心理描写を表現していたのでしょう。


零勁斬り”は、“沈身による重心落下のエネルギーを刀身に乗せる”ことで斬ります。

 だから、鍛えていない人でもうまくやれば簡単に斬ることができる訳ですが、技術的にはかなり難しいのです。

 コツを身体が覚えるまではタイミングが合わなかったり刃筋が通らなかったりスピードが出せなかったり・・・といったことで成功できません。

 私も、最初、できるまではかなり時間がかかって、「これはとてもできないかもしれない?」と諦めかかりました。

 はっきり言って自慢ですけれど・・・私は、一回見れば、大抵の技の原理が解って、すぐに体現できてしまう人間です。それでも、この技は相当に難しかったのです。

 どうしてか?というと、“見たことが無かった”からです。だから、成功イメージが描けなかったのです。

 もう一つの理由は、“道具を介して重心力を作用させる”ということです。

 自分の手足に重心力を作用させるのも難しいのに、道具に作用させるのはさらに難しくなります。

 だから、逆説的に武器という道具を使いこなす訓練を重視しているんですよ。武器を自在に使いこなせれば、素手はもっと自在に使えるようになるからです。

 練習は難しいことをやって、実戦は無意識に勝手に対応できるような自動反射迎撃システムを脳神経系に定着させる訳です。

 普通に試し斬りをやっている人でも、この技はまずできません。どうしてか?というと、刀を振り回して生じる遠心力を使わないで、静止した状態から一気にトップスピードで刀を振り斬らねばならないからです。

 この感覚を神経に定着させるには、数をこなすしかありません。

 そのためには、ゴザを買ってきてマキワラを作るのも労力になります。

 試し斬りに使える刀も普通の人は入手できないでしょう。

 そこでお勧めなのが、大根を模擬刀で斬る練習をすることですね。大根なら真剣でなくとも模擬刀で簡単に斬れますから・・・。

 もちろん、周囲の安全を確保しないといけないので家族と一緒に住んでいる人にはお勧めできませんが、一人暮らしなら部屋の中でやっても問題ないでしょう?

 大根ならバンバン切っても料理に使えばいいので経済的ですし・・・。

 さてさて、なぜ、零勁斬りに拘るのか?といいますと、もちろん、単なる見世芸ではないからです。

 今の時代、刀で戦うことはまず無いでしょうが、この技は“斬りの技”の究極として素手で戦う場合にも非常に応用できるのです。

『刃牙道』の宮本武蔵が駆使する手刀のイメージで考えてもらえばいいと思いますが、この技は日本武術式の発勁(浸透勁)なんですね?

 武術の技は“点・線・面”です。

 打撃技で譬えれば、点は一本拳の突き技、面は掌打や体当たり、そして、線は手刀打ちなんですね。

 手刀打ちって全然、使わないでしょう?

 使えないから廃れたと思ってる人が多いと思いますが、事実は違います。

 使い方が解らないから、使いこなせないだけです。

 ですが、蹴りではよく使ってるんですよ?

 スネを当てる廻し蹴りは線の攻撃技です。

 空手や拳法の廻し蹴りは直蹴りの変化技なので、もともとは足先で点で蹴っていましたが、ムエタイのスネを当てる廻し蹴りの影響でフルコンタクト空手の多くではスネを当てるようになりました。

 点の攻撃は的確に急所を狙撃するための技なんですが、動き回って戦うとなかなか命中させられません。

 しかし、線の攻撃なら少々ズレても当て易いんですね。だから、ムエタイでは多用するようになったと考えられます。

 昔々、私が高校生くらいの頃、「廻し蹴りはスネを当てる」ということを知りませんでした。キックボクシングの試合を見ても、足の甲を当てるものだと思っていたのです。

 第一、スネは「弁慶の泣き所」と言われて弱い箇所という先入観があったので、わざわざスネをぶち当てるなんて話は信じられなかったのです。嘘だと思っていました。

 だから、喧嘩でも廻し蹴りは足の甲の部分で蹴っていたんですが、ある時、蹴ったと同時に足首をグキッと捻って痛めてしまいました。

 同様に蹴りあっていて足首を痛めた人間を何人も見ました。

 これは、足甲の先端のほうを当ててしまい、足首の関節が逆側に伸びてしまったからであると解りました。

 10年くらい前に渋谷で秋本つばささんが主催するアクションイベントを見にいった時、バット折りを披露しようとした女性が足甲を当てていて、「あ~、あれじゃあ折れないよな~。諦めないと足首痛めるぞ」と思っていたら、やっぱり折れず、空手講師の人が代わりに蹴り折っていました。

 私が大学の頃にキックボクシング&マーシャルアーツの通信講座を受けて、初めて、スネを鍛えて蹴るのがムエタイのやり方だと知りました。

 それでサンドバッグを蹴ったり、古タイヤを拾ってきて蹴ったりしてスネを鍛えましたね。その当時はスネが凸凹になってましたよ。

 やっぱり、習わないと解らないことって、たくさんありますよね?

 見た目で同じように見えても、中身は全然違うとか、そういうことはたくさんありますから、だから、私はでき得る限り、実地に習うようにしてきました。

 やってみないと違いは解らないんですよ。

 空手も那覇手と首里手はかなり違うし、沖縄空手と本土の空手も違うし、伝統空手とフルコンタクト空手も違う。

 やったことがないと、長所も欠点も判りません。

 でも、違いを優劣で考えると大切なことが解らなくなるんですよ。

 人種差別も根本は優劣で人種を考える思想から生じているものでしょう?

 だから、他の国のことをよく理解することが大切ですよね。

 私は日本人だから、やっぱり日本が好きですよ。でも、武術を通して外国にも興味を持つようになりました。

 だから、中国も大好きですし、朝鮮のテコンドーやハプキドーも好きだし、ロシアのサンボやシステマも好き。

 ブラジルのカポエィラやジュージュツも好きだし、フィリピンのカリ・エスクリーマ、インドネシアのシラット、インドのカラリパヤット、タイのムエタイやクラビ・クラボーン、フランスのサファーデ、イギリスのキャッチ・アズ・キャッチキャン・・・。

 アメリカは武術のルツボになっていますね?

 JKD、ケンポーカラテ、カジュケンボー・・・等々。

 やっぱり、男の本能として、戦いを好む戦闘意欲というものがありますよね?

 武道家と呼ばれる人達って、50過ぎても60過ぎても精神年齢、ちっとも上がりませんよ。

 ずうっと、喧嘩好きのままなんですよね。

 少年の心を失わない爺さん・・・それが武道家なのかも?

 この先の人生、私はどんどん爺さんになっていくだけですから、せめて糞爺ぃではなくて、カッコイイ爺さんになりたいですよね?

このページのトップへ
コンテントヘッダー

阿佐ケ谷“游心流合気道”稽古会・報告

 26日は、阿佐ケ谷のオルタナスタジオにて、二回目の游心流合気道の稽古会をやりました。

 この日は新しく入会希望の方が二名来られたので、総勢五人で充実した練習ができました。

 それにしても、前回は板の間でしたが、今回はジョイント畳マットが敷いてあったので、安心して投げることができ、全員が受け身ができたので、非常に合気道っぽい練習?ができたような気がしました。

 何度か書いていますが、私の純粋な合気道経験は一時間半しかありません。

 合気道に関する理解は、清心館道場の佐原文東先生DVD付き教本に参加した時に学ばせていただきましたが、身体動かして練習した訳ではないですからね。

 しかし、昔から、合気に関する映像教材を出していたので、一時期、ネットの「合気武術の使い手」ランキング?に書かれたりしていたのを読んで苦笑したことがありました。

 確かに研究は30年近くやってきていますから、大東流も含めて各派の合気の技術はいろいろできますし、人に教えて体得させられる技能には自信があります。

 けれども、だからといって自分が合気武術家?とカテゴライズされるのは専門に修行されている諸先生方に対して失礼だと思っています。

 游心流合気道を名乗ったのも、私が宗家の名乗りを挙げるつもりはなく、たまたま合気道出身者が何人もいたので、私が日頃から、「合気道はこういう具合にすれば超実戦的な武術になる筈だけどな~?」と思っていたことを彼らに教えて、彼らの中からしかるべき代表師範が出てくれたら面白いよな~?と、最初っから他人任せなんですよね。

 若い頃の私は、「合気道は型ばっかりで実際に空手やキックの敵ではない」と思って、ほとんど興味がありませんでした。

 空手や格闘技の専門誌にそのように書かれていた記事を信じていたからですし、合気道出身の甲野善紀氏に習っていた頃に、いちいち合気道の技がいかに非現実的か?という話ばかり聞かされていたからでした。

 甲野氏に関しては自身が合気道から落ちこぼれたという恨み節でイチャモンつけているだけなのを後に多方面からの証言で知りましたし、基本、平気でウソつける人なので、もう何とも思っていませんが、今だに彼のウソを信じて勘違いさせられている人達がいるか?と思うと、私が誤解されてでも間違いを正していかないといけないと思っています。

 実際、空手や格闘技の関係者で今でも「合気道は使えない」と思っている人は少なくありません。

 実際に合気道を学んでいる人でさえ「実際に戦えば空手や格闘技にはとても勝てない」というコンプレックスを感じている場合が多いようです。

 しかし、自分が40過ぎたくらいからでしょうか?

「もしかして、合気道って応用すればメチャクチャ強いんじゃないか?」と考えるようになりました。

 なぜなら、現実にメチャクチャ強い合気道家がいたからですし、合気道出身者でかなり実力のある人が入会してきたこともあったからです。

 ただし、稽古法には問題があるように思いました。

 手刀で打ちかかったり、合気揚げがかかるかどうか?みたいなことに拘っていては、何年やっても実用的にはならないでしょう。

 だいたい、状況設定使い過ぎなんですよ。

「型は微塵も変えてはならない」と断言する古武術師範もおられますが、それは稽古法の方便として必要だからなのであって、中級、上級になったら型を崩して自由自在に使う稽古法があることを知らないんだと思います。

 だから、延々と型を繰り返していれば、ある日、突然、自由自在にどんな武道や格闘技にも対応できるようになると信じていたりするのです。

 かつて武道界で一世を風靡した『武道の理論』の南郷継正さんの量質転化の法則を絶対視している人もいるのでしょうが、一昔前の武道やっている人には、一つの理論を絶対視して崇拝してしまう信者タイプの人が相当数いましたからね。

 しかし、唯物弁証法を盲信しながら神棚を伏し拝んだりするんだから、外国の人が見たら阿呆に見えると思います。

 意味わかんないですか?

 無神論者なのに神様を崇める姿がヘンだということですよ。

 でも、こういうヘンなことやっているのにヘンだと理解していないところが日本人武道家のスタンダードだったりもするんですよね。

 昔から伝わっているものが正しいのだ!と頑なに信じて疑わないのが正しい姿勢だと思っていたりする。

「疑うこと」が悪なのだと決めつけてしまっている。

 逆説すると、「信じること」が善なんですよね~? この発想からすると。

 しかし、こういう態度は劣化しか生みません。

 なぜなら、ずっと昔に作られた物が現代にも通用すると考えるほうが狂っているのであり、文明の発達を無視していたら、いずれ単なる骨董品的価値しか認められなくなるでしょう。

 私は研究家ですから、江戸時代の古文書も調べたり、中国武術の原書も買ったりしています。読めなくとも絵や写真があれば、解る面もあるからです。

 また、同時代の風俗習慣を調べたり、研究対象は広がりこそすれ終わることはないですよね。

 研究するということは、最初から疑ってかからねばなりません。「これは本当のことなのか?」と考えて調べていると、間違いや嘘が次々に出てくる訳ですよ。

 私は他人が言っていることを鵜呑みにはしません。間違っているかもしれないし、意図的に嘘を言っているかもしれない。

 本当のことを言っていたとしても、部分的であったり、誤解であったりもします。

 昔、取材の時にある先生が、「これが形意拳の“崩拳”で・・・」と実演された技が“劈拳”で、「これは教えてさしあげた方がいいのかな~?」と少し悩みましたが、ぶっ叩かれたら怖いので黙っていました。

 形意拳の基本の五行拳は、劈拳、崩拳、鑚拳、炮拳、横拳という五つの基本技で構成されていて、“崩拳”は特に、「半歩崩拳、打遍天下」、意訳すると「半歩の寄せ足で打つ崩拳の一撃は、あまねく天下を打つ必殺技だ!」という形意拳史上でも有名な郭雲深や尚雲祥の代名詞とも言える技なのです。

 ひょっとすると、この先生の先生が間違って教えていたのかもしれませんが、そういうことって、よく有るんですよね?

 弟子の立場じゃ、「先生の言うことはたとえ間違っていても疑ってはいけない!」という風潮がありますからね~(苦笑)。

 つまり、稽古のやり方を間違っている、ないしは誤解している、あるいは知らないだけなんですよね。平たく言えば・・・。

 私は最初から合理的に使えるようにカリキュラムを組み直そうと思っています。

 手刀打ちをストレートパンチや回し蹴りの攻撃に代えて練習するだけでも相当に実用的になる筈だと考えました。

 無論、何年も何年も研究し試行錯誤を繰り返した結果ですよ!

 合気道に限らず、現代武道でも格闘技でも、練習している双方が同じ技を繰り出して練習している限り、知らず知らず実用性は失われていくと私は考えています。

 下手をすれば、やればやるほど弱くなってしまう?という危険性すら否定できません。

 私が研究している武術は、あらゆる状況、あらゆる武道・格闘技、そしてナイフや銃にも対抗し得る超実戦的進化系の未来志向なんですが、やっている内容は古伝の武術の現代的応用なんですね。

 カウンター理論の交叉法。

 相手の攻撃の出を察知する読み。

 一撃必殺を可能にする発勁。

 体格の差を覆す縮地法。

 素手でも武器でも何でも使える身法原理。

 そして、敵の攻撃を無力化する合気と化勁。

 本当に、いろんな先生に学んだことを自分なりに研究して編成してきただけの話です。

 新しいことをやっているように見えて、実は昔から伝わっている武術の技を組み合わせてきているだけに過ぎません。

 だからこそ、私は伝統的な武術を真摯に追究して研鑽されている先生を尊敬します!

 オルタナスタジオで稽古されている深井信悟先生も、そんな先生ですね。

 この日も我々の時間の前に稽古されていらしたんですが、早く到着されたら遠慮なく入室されるよう事前にメールを頂戴し、何とこまやかな心配りのできる先生か?と、非常に感銘を受けました。

 川保天骨さんとお会いしてから、もう一度、武道武術関係者との交流をやってみようという気持ちになりましたが、それは、深井先生のような実力も人柄も優れた先生方がいらっしゃることを研究家としてもジャーナリストとしても知らせなければならないと思ったからですよ。

 自分の身の程もわきまえないジャイアンやスネオみたいな連中が跋扈する業界ですが、それだけじゃあないですし、私は本当に優れた先生を取材して紹介していくべきだな~と思います。

 もちろん、以前から思いは同じなんですけれどもね~(苦笑)。


 今回、新しく入会された方から感想文をお寄せいただき、また許可を得てブログにアップさせてもらいました。

 いろいろ体験されているみたいで、非常に高く評価していただいて嬉しいです。

 やっぱり、体験された方が楽しかったと言ってくださるのが一番、嬉しいですよ。

 元合気道家のIさんも、私とマンツーマンで練習している時とは違って、水を得た魚のように動きが良くて、達人のように見えました?

 もっとも、相手してくれている新入会員の方が非常に受け身が上手くて、合気道の演武で受けがいかに大切か?とあらためて思いました。

 まだカリキュラムが纏まっていないので、練習内容はアドリブだったんですが、一時間でかなり濃い練習ができたと思います。

 阿佐ケ谷駅から徒歩圏という地の理もいいですよね?

 都内の稽古場所としては二つ目(体道塾を含めると三ケ所目)ですが、まずは月イチから始めて、軌道に乗ったら毎週やってみたいな~?と思っております。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

2017GW特別講習会DVD完成!

 大変、お待たせ致しました。やっと、『2017GW特別講習会』の模様を収録したDVDが完成しました!
20170605_001.jpg
 もう六月に入ってしまったので、新作割引セールも六月いっぱいまで延長させていただきます!

 早くに注文された方、申し訳ありません!

 順次、発送しておりますので、悪しからず御了解くださいませ・・・。

 今回は2時間の講習会にテンコ盛り状態だったので、編集して約41分となっておりますが、ざっと見た印象として“異様に濃い”DVDになりました。

 個別の技術に関してはこれまでもDVDで紹介してきていますので、初見の技術は少ないかと思うのですが、これを組み合わせると全然、印象が違うので、自分で見てもちょっと驚きました。

 特に、歩法は最近、やっていなかったのと、具体的な実用方法についてはほとんど解説していなかったので、常連会員でも知らなかったかもしれません。

 しかし、入会して日が浅い大阪支部の面々(というか二人だけど?)が結構、体得しつつあったのはビックリしましたね。

 何しろ、この歩法はまともに体得できた人が数人しかいなかったし、一番最初に体得した人なんて武道経験0でうちで三カ月しかやっていないのに、この歩法を体得したお陰で甲野氏の稽古会に参加した時に甲野氏の後ろに廻って後頭部ツンツンしてみせたそうでした。

 もっとも、“現代の達人”と呼ばれている甲野氏を修行歴三カ月で上回ってしまったもんだから、自惚れちゃいましたね~(苦笑)?

 舞い上がってどうしようもなくなったので破門にせざるを得なかったんですが、せっかく才能あったのに、もったいないな~?と当時は思いましたよ。

 今の游心流の水準で言ったら、この人も全然、並み以下になってしまいますが、その後も修行を続けて私を驚かせるような超達人になっていてくれたら楽しいけどな~?とか思うこともあります。

 でも、その当時(20世紀が終わる頃)の身体論ブームの延長でうちに入った人だったので武術の腕は伸びていないと思いますけどね・・・。本人も「僕は武術には興味ないです」と堂々と私に言ってたし。

 20世紀から21世紀0年代にかけてブームになっていた古武術は、所詮、甲野氏が提唱する“武術という名称を冠した身体操作法のブーム”でしかなく、高岡英夫、日野晃、宇城憲治といった人達も「第二の甲野氏」のようなブームは起こせませんでしたね?

 伊藤昇先生や河野智聖先生のように身体操作そのものにより力を入れた人もいましたが、身体論と武術を結びつける文脈には、どこか牽強付会な印象があって、私は早々に「私が目指すのは自己防衛戦闘術としての武術であり身体操作は基礎トレに過ぎません」と宣言して離脱しました。

「スポーツや介護に応用が効くと言ったほうがメジャーになってお金も儲かるんじゃないの?」とアドバイスする友人や読者も何人もいたんですけど、それって、武術がスポーツや介護の下請けみたいで、私は絶対に嫌だったんですよ!

 編集者からも、そういうのを求められてガックリしたことありますよ。

 私はスポーツに全然、興味が無いし、介護の技術よりも介護が必要ない強靭な老人になればいいじゃん?としか思わない訳ですよ。

 中国の気功法って、人口比で医療施設が足りず充実していないから予防医学の観点で普及したそうです。

 この考え方は流石は中国だな~?と思いますよ。

 漢方では、病気を治す薬は下薬と呼ばれ、病気にならない薬膳食のようなものを上薬と呼んで、予防する医学こそが大事なのだと考えます。

 だから、中国から日本にお茶がもたらされた当時は“薬”だったんですよね。

 気功は呼吸運動とメンタルトレーニングが合体したもので西洋式の筋トレとは発想が全然違うものですし、易筋経なんてアイソメトリックス(静止して筋肉を鍛える)・トレーニングを先取りしていますよね?

 何か科学的理論がくっついたやり方を有り難がる傾向が日本人にはありますが、長い長い伝統医療は無数の経験智から成立してきた知恵なのですから馬鹿にはできないですよ。

 ただし、野菜なんかも土壌に含まれるミネラル成分なんかが変わって栄養が昔と比べて格段に落ちている・・・なんてこともあるので、自然のものだから身体に良いと単純に言えなくなってきていますが、何事も研究して損にはならないですよね?

 私が武術の研究を四十年以上も続けてきたのも、やればやるほど奥が深くて興味が尽きないからなんですよ。

 特に私は日本に拘らずに海外の武術も研究しているし、武器の研究もしてるでしょう?

 先日も千葉さんの友人のカールさんがタイの伝統武術を研究していたらしいので、そういう話もしたんですよね。

 そうしたら、通訳してくれている千葉さんは全然、知らなかったらしくて混乱していたんですが、言葉が通じなくても身振り手振りで結構、伝わりますよね?

 それでクエストさんに連れていったんですが、タイには何度も行ったことがあるという社長さんもムエタイ以外の武術なんて知らない訳ですよ。

 カールさんがスマホの動画で見せてくれましたが、普通のムエタイにムエ・カッチューア(ミャンマーラウェイ)みたいなものから、『マッハ!』に出てくる古式ムエタイみたいなのや、さらに武器を使うものまで、いろいろありました。

 それで、「長野さんは知ってたんですか?」と聞かれたんで、「社長~、誰に聞いてるんですか~? 僕が知らない訳ないじゃないですか~?」って、言っちゃいましたよ。

 要するに刀剣とか棒とかナイフとか使うクラビ・クラボーン(カビィ・カボーン)という伝統武術です。

 フィリピンのカリにも似てますけど、ちょっと違うんですよね。無論、武器だけじゃなくて素手の技もあります。

 東南アジアには日本には知られていない武術が結構あるんですよ。

 特に私がタイに注目していたのは、刀剣の形が日本刀に似ていることですよ。

 山田長政とかシャム王朝の頃に日本人がたくさん渡ってるから日本刀とも関係あるんじゃないか?と思っているんです。

 また、ルーツは不明ですが、タタラ製鉄に似た鉄の精製技術(野鍛冶で)がタイにあるらしいんですよね?

 こういう文化としての研究も武術の研究とは無関係じゃないんです。

 もう、強いの弱いのと言ってるような阿呆丸出しでは世界で通用しませんよ!

 オリンピックではしゃいでないで、文化学問として武術の価値をきちんと探究していかないと、日本は宝の持ち腐れになってしまいますよ。


 余談が過ぎましたが、『2017GW特別講習会』DVD。これが游心流の現在だ!という内容になりましたので、皆さん、是非、御高覧あれ!

+++++++   事務局注   +++++++
『GW特別講習会DVD』
価格:20,000円 
→ 割引 15,000円 (2017/06/30 23:59:59までに先行予約頂いた方のみ)

・内容(2017/05/04開催の特別講習会
 『攻防一致にして歩法で撹乱して接近密着し、一方的に打ち倒す“先の先”の戦闘法
  0インチ打撃法
  ハイスピード連環打法
  化勁
  蛟龍歩(這いに連続縮地法をプラスしたもの)
  零勁斬り

・ご注文方法 こちら(http://infoyushin.blog.fc2.com/blog-entry-12.html)の一番下の方をご参照ください

++++++++++++++++++++++++++++
このページのトップへ
コンテントヘッダー

六月セミナー「交叉法」感想

 今回は、交叉法なんで参加者が多いと思っていたんですが、なぜか常連会員も何人も来なくて、総勢十人という少なさでした。

 いや、本当に、ここのところ、セミナー参加者が少ないです。

 最近、新刊を出していないのも関係あるのかもしれませんが、スマホでググれるようになって、ちょくちょくググッていたら、ついうっかり、「インチキ武術家を教えてください」みたいな掲示板を見てしまって、そこに、「インチキと言えば、なんといっても長野だな!」みたいなのが載ってて、「うげげっ? これは精神衛生的に悪いぞ」と思って、すぐやめたんですけど、こういう意見がネットに出回っているから、誤解されるんだよな~?と、ちょっと考え込んじゃいましたね~。

 それと、私に習ってること、うちの会員さん達は隠したがる人が多くて、その理由が、「いくつもの団体を掛け持ちしているから」という人と、「游心流がメジャーになると簡単に誰でも上達してしまうのでマイナーなままでいて欲しい」という人がいる訳ですよ。

 おいおい、もう少し、私の生活の心配してくれよ~?って言いたくなりますけどね。

 やっぱり、今でも「長野さんって本当にできるの? そんなに簡単に合気や発勁ができるように教えられるの?」って思ってる人が少なくないようですし、私が教えてできるようになった人達も、「游心流で習ってできるようになった」とは広言してくれないんですよね~?

 バンバン言ってもらったほうがいいんだけどな~? 何で隠すかな~?

 まあね~。どこかの団体に所属している人だと言いづらいのは解るから、私も「ひけらかしてはダメだ」とアドバイスしたりするんですけど、ネットで師匠をインチキ扱いする人間を放置しっぱなしでいられる感性も情けない気がします。

 もちろん、掲示板に書き込んで擁護しても炎上するだけなのは解るんですけど、自分のブログやツイッターやフェイスブックで書いてくれればいいのにな~?と、本当に思いますね。

 仁平師範は、「長野先生の名誉を僕が挽回します!」と言ってくれていますし、確かに彼の活躍のお陰で武道界での誤解と偏見もかなり解けてきつつあります。

 他の会員は、多分、私が口が達者過ぎるので自分の出る幕はないと黙ってるのかもしれませんし、擁護して書いたら信者扱いされるのが嫌だと思ってるんでしょうね?

 以前、青木宏之先生が、「自分の弟子は全然、批判意見に反論してくれなくて、反論擁護してくれたのが長野さんだけだった」って嘆いてらしたんですけど、確かに、直接、掲示板の心ない書き込みを読むと、私もそんな気分になりますね~?

 だって、私だったら自分の習ってる先生の悪口言われたら殴り込みますから!(というか、何回かやったことありますよ)

 自分がそうなので、道場破りに来る人や反論してくる人にはシンパシー感じて仲良くなることが多いですね。嫌がらせしかできない人間は軽蔑するだけですが。

 だから、今回のセミナーに初参加してくださった武術経験の豊富な方の感想文を載せさせてもらいました。お願いしたら快く許諾をしてくださいました。本当に有り難いです!

 いや、もちろん、「インチキだ」って感じるのは、その人の自由ですから、勝手になさって構わないと思います。

 私自身、自分のやっていることが正統だと思ったことは一度もありません。あくまでも私個人の体験によって得られた見解ですから、それが正しいのかどうかは実技として通用するかどうか?で確認するしかないでしょう?

 通じなければ、「間違ってました」と訂正しますよ。そりゃあ!

 でもね~。一般的価格の数倍の値段でDVD売ったりしている以上、「確実に体得できますよ」と保証することも料金に「込み」なんですよ。だから、「体得できなかった。インチキだ」と言う方には、責任もって体得できるように無料で指導しますよ!

 遠慮しなくていいです! 「DVD買って見たけど体得できなかった」と言われる方は、どうぞ、おいでください。納得いくまでタダでお教えしますよ!

 あるいは、「長野自身、インチキじゃねえか?」と疑ってるのでしたら、習いに来たフリしてガチで私をぶっ倒せばいいじゃないですか?

 私はそれを卑怯だなんて思わないし、自分が体張って武術研究している以上、いつでもそういう状況はあると備えてますよ。だから、インチキかどうか、どうしても確かめたい人はやればいいですよ。

 私がインチキでヘッポコだと思ってるなら、平気でできるでしょ?

 そのくらいの根性ある人間は嫌いじゃないです。過去に何人もいたし。

 そういうのも小説のネタにもなるし、貴重なデータが取れるでしょ?

 ここ十年くらい、そういう経験が皆無なので、54歳でどれだけできるか?という興味もあります。会員に本気でやる訳にいかないので・・・(ヤる気か?)。

 まあ、匿名で掲示板に誹謗中傷の書き込みするような恥ずかしい人間がそこまでやれるとは思っていませんけどね?

 匿名で姿隠して無責任に人の悪口言いっ放しの素人武術マニアと、名前を出して体張って批判しているプロを同列で考えるのが、そもそも間違っていますよ。


 さて、前置きが毎度長くなりますが、今回の交叉法は、例年と同じではなく、形意拳の三体式や、八卦掌、通背拳、詠春拳、意拳などのやり方に応用してやってみました。

 時間内でなるべく沢山教えようとハイスピードで指導したので、後半、結構、時間が余ってしまったので質問タイムを多くしました。

 それで、合気揚げについて質問されたので、游心流合気道部長の小塚師範にやってもらいました。

 その結果が、感想文です。

 どうでしょうか? これでもまだインチキだと言うのなら、私をぶっ倒してから言ってくださいね~? 調べもしないで人をインチキ呼ばわりするような恥ずかしい人間になりたくないなら、やってみてね。できないのなら、「長野先生、済みませんでした」って書き込みするのが男の筋の通し方ですよ!

 インターネットのよろしくない点は、匿名で何でも書けて責任取らなくて済むから、どんどん誇大妄想的に自我が肥大しがちだという点だと思います。

 歯止めをかけるのは自分の理性だけでしょう?

 私がいろんな武術家を糞味噌に批判するから、その人物に心酔している人は反感を感じるんでしょうが、立場が違うんですよ。

 私はジャーナリズムが皆無の武道武術の世界ではいかんと思ってるから、憎まれ役引き受けて問題点があれば採り上げて批判するようにしているだけの話です。人間を責めてるんじゃなくて、罪を責めてるんですよ!

 礼儀がどうこうなんて陳腐な考えでは世間的評価は確立できません。ダメなものはダメとはっきり指摘して改善していかない限り、武術業界は発展していかないんですよ。

 セクハラ、パワハラ当たり前の業界では、いずれ消滅してしまいますよ。

 20年以上前に専門雑誌で仕事貰ってた時から、「今のままでは武術業界はダメになる。それを防ぐには専門雑誌が本当の事実を書いて、音頭とって改善していくようにしなきゃ~ダメだよ」と編集部内部で言っていたんですが、「長野さんの言ってることが正しいとは思うけど、それをやれば雑誌が売れなくなって潰れてしまいますよ」と言われました。

 私は、見切りつけてやめましたけどね。要は、読者を騙しても構わないって考えてる訳でしょう? 読者にまっとうな情報を提供して業界を健全にしていこうという意志が無いんですよ。

 案の定、無難な記事しか載らない雑誌はジリ貧になって結局、休刊してしまいました。

 製作者が自己満足でやっている雑誌を誰が読むのか? 勘違いしてますよ!

 売れてる作家は危機感持って頑張ってます。常に向上していかないと読者は離れてしまうと解っているからです。

 私も、当然、毎度毎度変わり映えのしない内容のセミナーやっていたら、誰も来なくなってしまうと思っていますから、日々、新しいネタ?を提供するために研究しているんですよ。

 零勁斬りもできた時は、「やったぁっ! できたっ!」と充実感があったんですが、何か、もう普通にできるようになってしまって、会員も数人ができてしまったんで、もっともっと物凄~い秘技を体得すべく研究していますよ!

 来月の目付け(読み)も、最近、発見したネタ?がありますので、ちょっと凄いことになりそうですよ?

 最新作『GW特別講習会』DVDも、結構、評判いいです。蛟龍歩の使い方と練習法を細かく解説したのは初めてだし、これと鞭手連環打法をくっつけたのも初出しですからね。
“先の先”で自分から攻める技は、ほとんど公開していなかったので、驚かれたみたいです。「游心流は後の先しかない」と思い込んでいる人が会員にも多かったし・・・。

 今月中まで割引しますんで、宜しくどうぞ!

PS;先述したように、DVDを買って御不満がある方には無料で個人指導やりますから、遠慮なくお申し込みください。私は、ちゃんとできる人間をたくさん育てたいんです!

PS2;26日(月)の夜8時半から9時半に、また阿佐ケ谷のオルタナスタジオで游心流合気道の定期稽古会をやります。興味のある方はどうぞ!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

六月は“交叉法”

 本当に時間が経過するのは早いもので、今年ももう半分ですよ?

 月に一回の武術セミナーも、江古田から数えて、もう随分、長くやってきています。

 その前は、ほびっと村で月一回ずつやっていましたし、本当に長く続けているものだな~?と、我ながら感心します。

 さて、六月の月例セミナーは、“交叉法”です!

 この理合を知ってから、私の武術研究は加速度がついて進展していきました。

 いかなる流儀の技も、交叉法の理合で解析することで本当の遣い方が明らかになるのではないか?と直感して、拳法、柔術、合気、剣、居合、棒・・・と、流派の垣根を超えて技の本質が洞察できていった・・・と私は思っています。

 無論、そんな簡単な道ではありませんでしたが、重要なのは、「諦めないで続ける」という、たったそれだけのことです。

 もちろん、長くやっているので欠点も判明しました。

 どうも、「合気さえ会得すれば無敵になれる」といった短絡的な考え方をする人が武術の世界には多くて、「発勁さえ」「遠当てさえ」「気さえ」といった具合に万能の技を求める人がいて、交叉法もその類いのものと誤解する人がいるのですが、当たり前の話ですが、万能に勝てる秘技なんか無いのです。

 手の内を明かすのはいやなので書きませんが、当然ながら欠点もあります。

 しかし、欠点が判ったら、それを補う方法を工夫すればいいだけでしょう? 私は、当然のごとく欠点を補う工夫をしております。

 何事もトライアル・アンド・エラーを繰り返して一歩一歩、真実に近づいていくのが醍醐味であり、苦労を避けて正解だけを教えてもらおうなんて考えの人間は、たとえ正解を与えられても、その真価に気づくことはなく、宝の持ち腐れに終わるだけのようです。

 私は、随分、凄い人に会いました。

 神業としか言えない技の持ち主もいました。

 しかし、私は人間を崇め奉る行為が非常に無礼なことのように感じられて、これまで誰も崇め奉ったことがありません。

 多分、今後もないでしょう。

 私は自己崇拝するようなナルチシストでもないので、信仰心が持てません。

 すぐに冷めてしまうのです。

 恐らく、だから、洞察眼が発達したのだと思います。

 普通の人は、優れた人に出会うと憧れのあまり、その人を神格化してしまいがちです。

 武道の世界で達人が滅多に存在しない理由がこれです。

「俺の習っている先生は天下一だ!」という憧れが思考停止を招き、自分などは及びもつかない大達人なのだと崇拝してしまう。

 つまり、崇拝することで自分の可能性に蓋をしてしまうのです。

 また、そんな従順な可愛い弟子を従えることが快感に繋がるので、多くの先生は弟子を自分以上に育てようとする努力を放棄してしまうのです。

 気持ちはよく解ります。

 私も弟子に追い越されるのは嫌だな~と思う気持ちがあるからです。

 先日、クエストさんである先生が零勁斬りで太い青竹を斬ったと聞いた時は、嫉妬の炎がメラメラメラ~ッ!と燃えましたからね?

 私みたいにクールな性格の人間でも「武術に関しては誰にも負けたくない!」という感情があるのですから(だから40年以上も続けている訳ですが)、世の武道家を名乗っている先生方はどのくらい負けず嫌いだろうか?と想像するのです。

 従順な無邪気な武道バカの軍団を従えるのは気分がいいのだろうな~?と思いつつ、私は基本的に頭の悪いヤツと話しているとムカついてくる性格なので、頭が良くて謙虚でユーモアセンスがあって常識を弁えていながら、いざとなったら捨て身になれる度胸を秘めたカッコイイ人間が好きなんですよ!

 そんな人間はいない? い~え、います、います!

 今回の交叉法は、基本の練習法と、いろんな流儀への応用法を中心に、欠点と欠点を補うやり方まで指導してみようと思います。

 GWの特別講習会で、かなり教えてしまったので、それ以上のことを指導しなければならなくなりましたよ。

 3時間でみっちり教えようと思っています。

 特に、交叉法の利点としては、「自分が学んだことのない流儀の技を見ただけで応用自在に遣えるようになる」という点があります。

 つまり、“方程式”みたいなものなんです。

 私が、剛柔流空手のサンチンや形意拳の三体式や二天一流の構えを見ただけで技への展開をいくらでも考案できる理由が、“交叉法”という方程式に当てはめて考えるから実戦応用法が次々に工夫できる・・・という次第なのです。

 普通、型の中の動きを技として使うには口伝を受けないと無理なのですが、口伝も記憶に頼っていると劣化していきます。

 武術の型というのは、練体・読み・身体感覚・技の用法・技の変化といった要素を内蔵しているんですが、大抵の場合、練体と技の用法しかないと考える人ばかりです。

「空手は型に始まり型に終わる」と言われたりするんですが、型というものは総合的な武術に必要な要素を内蔵しているから、こう言われる訳です。

 ところが、それが洞察できないと、まったく使えない。型無用論が出てくるのも道理なのです。

 なぜなら、口伝に頼る伝習形式では、教える内容がどんどん劣化していってしまうからです。

 はやい話、正しく口伝を受けた人が独りだけで、他の大多数の弟子が型を覚えただけで全然、遣えない・・・という悲惨な状況に陥りかねないからです。

 多くの古武術流派が失伝したり先細りしてしまう理由がここにあります。

 なので、“交叉法”を知ることは失われつつある武術の理合を蘇らせる鍵になると思います。志しのある方の参加をお待ちします・・・。

PS;『GW特別講習会』DVD、完成が遅れてしまいまして申し訳ありません! 5月中に完成できませんでしたので、新作割引セールを六月いっぱいまで延長させて戴きます。サンプル映像を見た限りでは非常に面白いものができあがると思います。お待たせしておりますが、御期待ください!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

オルタナスタジオにて

 29日の月曜日に、阿佐ケ谷のオルタナスタジオをお借りして游心流合気道の定期稽古会のプレ練習会をやりました。

 阿佐ケ谷駅から近いので、こちらも定期的にやるようになったら会員を募集するつもりでいますが、まずは指導者の養成とカリキュラムを固めないといけません。

 現在、西荻窪ほびっと村学校で游心流合気道をやっているんですが、こちらは従来の游心流のノリに近いので、合気道らしい内容ではありません。

 実際、7月23日のほびっと村講座では、詠春拳の武器である八斬刀(バッチャンダオ)の使い方をやるつもりでいますし、そのために手の内の持ち替えがやり易くなるように改造したりしています。

 こういう武器のカスタマイズや練習道具の自作、改造なんかをやるのも研究の一環で、刀や槍の拵えを自作するのが当たり前になりましたが、私は高校時代からエアガンのカスタマイズとかやっていたんですよね?

 今日も、ふと思いついて、S&W M29.44マグナム・クラシック(ガスガン)のグリップとシリンダー・ラッチを削ってみたんですが、何でか?というと、先日、六発まとめて装填できるスピードローダーというリボルバー用のアクセサリーを買ったので、それを使い易いようにしようと思った訳です。

 実銃でも、このような改造は行われるんですが、こういう作業をやることで銃の機能に詳しくなると同時に、操作も熟練して射撃スキルも上がる訳です。

 武術も、自分の使う武器は自作するのが本当はいいのです。手裏剣術の奥義なんか手裏剣の作り方ですからね?

 腕が同じなら、武器の性能で差ができるのです。サバゲやっている人なら解りますよね? 買ってきたそのままのエアガンじゃなくて、長くやっている人は必ずカスタマイズしたものを使っています。

 実際の銃の世界も同じですよ。海兵隊はベレッタM9がサイドアームに正式決定してからも、従来のコルトガバメントM1911A-1をカスタマイズしたMEWピストルを使っていましたし、現今の世界の特殊部隊では使用する銃をカスタマイズするのは当たり前です。

 余談ですが、なぜ、武術は身体を鍛えるのか?

 身体を自在に武器化するためです。

 つまり、武器が無い時に素手で戦うためなんですね。

 ということは、本来はいかなる武器も使いこなせるのが理想なんですよ。だから、武芸百般と言うんですよ!


 えっと、29日は、昼から新宿で千葉さんと千葉さんのタイの友人カールさんと待ち合わせて、日本刀大好きのカールさんを帝国ホテルの霜剣堂さんに御案内しました。

 店長さんが確か英語ペラペラだったからな~?と思って、お連れしたので、結構、楽しんでもらえました。

 お次ぎは、高田馬場のクエストさんにお連れしました。

 27日(土)に道場でカールさんに試し斬りを体験してもらった時に、タイの伝統武術について相当に詳しい様子だったので、クエストの社長さんに引き合わせたいと思ったのです。

 グッドタイミングで社長さんも会社にいらっしゃったので、これまた中々、有意義なお話ができたかな~?と思います。

 その後、阿佐ケ谷に向かい、駅で元合気道家のIさんと待ち合わせてスタジオに向かったんですが、夜に来たことないので場所がさっぱり判りません。

 参ったな~?と思っていたら、Iさんが事前に下見してきたそうで、無事、案内してくれましたよ。

 スタジオでは我々の前に、岡部先生が習われた深井信悟先生が練習されているとのことでしたので、御挨拶しようと早めに行きました。

 しかし、何しろ、初対面じゃないですか?

 不肖、私、この業界では悪名というか毀誉褒貶が轟いておりますので、迂闊に道場に入っていったら「道場破り」と間違えられる危険性が濃厚にあります!

 外で待っていて、出てこられたところに、まずお土産のミルフィーユをお渡しして・・・と考えていると、なかなか出てこられなかったのですが、最初に出てこられたのが、何と! 何と! 何と何と何と!

 かつて私が通った道場にいて今は独立されていると噂に聞く小川正人先生ではないですか?

 うわ~、びっくりしたな~、もう~。

 そういえば、深井先生が『秘伝』に出られていた時に相手役で小川先生が出ておられたな~?と思い出しました。

 岡部武央先生、岡部宜史先生に続いて、小川正人先生とも再会するとは?

 縁というのは切れたようでも繋がっているものですね~?

 そしてそして、深井先生!

 写真で見た時に驚いたんですけど、実際にお会いして尚、びっくり!

 私は邪気の出ない武術家という人に会った記憶がないのですが、深井先生はまったく邪気がありません。

 でも、天然で無邪気なのでもなく、まさしく修行によって洗練されたオーラなんです。

 世の中、本当に凄い人がいるもんだな~?と、この年になって初めて思いましたね。

 まだまだ武術は捨てたもんじゃないかもしれません・・・。


 さてと、初めて利用したオルタナスタジオですが、木刀やミット、トンファーなどの武具も揃っているし、バレエのバーと鏡がついているので少人数でじっくり身体を練る場所に最適だな~?と思いました。

 小塚師範が仕事の都合で来れなかったのでIさんと二人だけでカリキュラムの相談したりして過ごしましたが、取り敢えず、月一回借りて続けてみて、会員が増えたら毎週一回の支部活動としてやってみたいな~?と思っています。

 また、剣や居合ができるのも有り難いですね?

 やっぱり、独己九剣やると総合的にいろいろできるようになるんですよね~。本当に私は天才じゃないかな?と自惚れちゃったりするんですけど、素手でどんなに頑張ってもできない領域に居合術なら行けるんですよ!

 居合術というのは中国武術にも無いんですよね。

 真に日本武術のオリジナルと言えるのが、居合術なんですよ!

 0の状態(静)から電光石火で100の状態(動)に切り替わる・・・これぞ武術の絶招なんですよ。

 中国武術式に考えれば、まさしく“発勁”なんですよね?

 居合術は刀を使うけれども、その本質は“中芯力”なんです。

 この意味については、今後、説明していこうと思いますけど、知識じゃなくて体で実感しないと何にもなりませんからね。

 やっぱり、実感の無い人にいくら言葉で説明しても誤解して間違った方向に進むだけですからね。

 昔の武術家は言葉で一切、説明しなかった・・・というのも、実感しないと体得できないのが判っていたからではないか?と思いますね。

 そういう意味では、私は言葉で説明し過ぎるし、習いに来る人達も言葉にばかり注目し過ぎるきらいはありますね。


このページのトップへ
コンテントヘッダー

GW特別講習会DVD緊急発売!

 GWに開催した特別講習会の様子を収録したDVDの先行予約発売をします。

 内容は、「0インチ打撃法、ハイスピード連環打法、化勁、蛟龍歩(這いに連続縮地法をプラスしたもの)、零勁斬り」です。

 つまり、「攻防一致にして歩法で撹乱して接近密着し、一方的に打ち倒す“先の先”の戦闘法」ということです。

 目玉になるのは、ハイスピード連環打法と蛟龍歩の使い方を具体的に細かく解説している点と、零勁斬りを何人か成功したところですかね?

 零勁斬りは見世芸で練習した訳ではなく、あくまでも力のタメを使わず、0から一挙に100の力を発する重心力の使い方を体得するために絶好の技なんです。

 はっきり言って、重心力を使いこなせない限り、体格体力が何倍も差がある相手を倒すことはできません!

 急所攻撃も絶対ではありません。

 やはり、戦闘で重要なのは“圧倒的な威力”なのです。

 つまり、“発勁”です!

「発勁だって? マジかよ~?」とせせら笑ってる筋肉マンに軽~く、打ってみせたら、顔面蒼白になって、「先生、これ、本気で打ったら絶対死にますよね・・・」と言った。

・・・ということが何回もありましたよ。見た目でそんな威力が出てるように見えないから、打たれてみないと判らないのが問題なんですが、少なくとも私の目の前でナメ腐った態度取ったら“三途の川”見せてやりまっせ・・・(マジ?)。

 重心力なら、その発勁が簡単に打てます!

 子供でも女性でも草食系男子でも爺さん婆さんでも、打てます!

 それから、うちは基本は交叉法で、後の先か対の先で対応するやり方を指導していますが、中級者以上には、先の先で自分から攻撃していって一方的に相手に何もさせずに潰すやり方を指導します。

・・・といっても、これまであまりやって見せていないので、会員にも知らない人が増えてきています。

 10年前の分裂騒動の時に破門した人達は、歩法を馬鹿にして「必要ない」と言ったので結果的に教えていません。

 ですが、游心流の真の戦闘法は歩法を使うんですよ。以前にも書きましたが、交叉法を破るには歩法が必要なのです・・・。

 ただし、歩法を駆使するのは、体得は少し難しいのです。

 うちの歩法は縮地法を細かく連続して用いるので、脚力で地面を蹴って動こうとしてもできないからです。

 ですが、講習会でやらせてみて、三人(小塚師範、I藤さん、大阪支部長)は概ね、成功していました。

 特に、大阪支部長は、最初はぎこちなかったものの、練習しているうちに重心移動のコツを飲み込んだ様子で、遅滞無く動けるようになっていました。

 そして、鞭手を使ったハイスピード連環打法を用いて、相手に何もさせずに一方的に打ち崩しながら仕留める!

 刃牙に登場した“鞭打”という言葉を用いる人もいましたが、あれは板垣さんの造語であり、武術用語として一般的なのは“鞭手”です。“打”じゃなくて“手”なのは、打撃のみでなく次々に変化して、打ったり・巻いたり・引っかけたり・・・と変幻自在に使うから“鞭の手”と称する訳です。

 名称というのは、その対象の本質を表現する場合があるので、単純に考えてはいけません!

 技の名前に真の用法が隠されている場合もあるのです。

 例えば、燕子抄水という体勢を極端に低くする動作がありますが、これは燕が水面を掠めるように飛ぶ様子を表現していますが、何故、水面を掠めるように飛ぶのか?

 水面にいる魚を捕まえるためですよね?

 ということは、この動作は極端に姿勢を低く斜め下に入り込みながら相手の足首をすくったり、股間を攻めたり、股をすくいあげて倒したりしている・・・と解釈できます。

 つまり、単純に姿勢を低くして相手の攻撃を避けるだけの動作ではない訳です。

 このように考えていけば、武術の形には様々な攻防の仕掛けが内蔵されており、そのヒントが名称に隠されているかもしれないのです!

 だから、名称をただ覚えるのではなく、言葉の意味を考えながら解析する必要があるのです。

“纏絲勁”と“抽絲勁”だと、“纏”は“まとわりつく”という意味なので、外側からグルグルッと巻き付くようなイメージで、“抽”は“紡ぎ出す”という意味なので、内側から細い糸が引き出されるようなイメージ・・・。

 となれば、陳氏太極拳はドリルのようにギュルンッ!と捻り出す突き技を用い、楊氏太極拳は外側から判らない内側から沸き出すような内勁を効かせた突き技を用いる・・・。

・・・という具合に解釈できますね?

 ちなみに内勁とは私が言うところの重心力だと考えてもらって結構です。

 こんな具合で、この講習会では私が考える武術の最新戦闘法を解説指導していますので、正直、あまり広める気がありません!

 なので、今回は割引しないでおこうか?と思ったのですが、まあ、今月の割引セール商品は決めていなかったので、今月中の予約注文者に限り、15000円(税込み)とします。

 いつものごとく、御希望の方はお早めにどうぞ!

 尚、これは限定販売にするかもしれませんので、悪しからず御了解ください。

+++++++   事務局注   +++++++
『GW特別講習会DVD』
・価格:20,000円 
→ 割引 15,000円 (2017/06/30 23:59:59までに先行予約頂いた方のみ)

・内容(2017/05/04開催の特別講習会
 『攻防一致にして歩法で撹乱して接近密着し、一方的に打ち倒す“先の先”の戦闘法
  0インチ打撃法
  ハイスピード連環打法
  化勁
  蛟龍歩(這いに連続縮地法をプラスしたもの)
  零勁斬り

・ご注文方法 こちら(http://infoyushin.blog.fc2.com/blog-entry-12.html)の一番下の方をご参照ください

++++++++++++++++++++++++++++
このページのトップへ
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索