コンテントヘッダー

独己九剣の真相

 16日・木曜日のメイプルホールの稽古会は、大阪に引っ越したSさんや、タイに行っていた千葉海外指導部長も参加して、いつもより賑やかになりました。

 相模原組のKさんも来ていましたが、何やら「彼は辞めるつもりかも?」という話を別の会員から耳にしていたので、ほっとしました。

 せっかく上達してきていたんだから、中途半端な腕前で辞めて欲しくはないんです。

 正直、“彼”が入った時は続かないだろうと思ったんですが、意外に熱心に通っていて、実力もどんどん上がってきていたんで、最近は、「1年後、2年後は相当なレベルになるかもしれない・・・」と、実は期待していたんですよ。

 中途半端な腕前で慢心してしまうと、本人の自覚とは無関係に、もう上達しなくなってしまいます。

 客観的に欠点を見て修正する人がいないと、武術を体得するのは不可能に近い面があります。黒田鉄山先生が「我流は所詮、我流です」と言ったというのは、真実か?と問われるなら真実ですよ。

 特に、未熟な人間は観の眼が無いから自分では欠点が解らない。どんな天才でもまったくの我流では上達のしようがないと思います。武術の伝統はそんなに甘いものじゃないからです。

 もっとも、どんな名人に習っても、ダメな人はやっぱりダメなんですけどね?

 他流は別として、うちの場合は、実力は観の眼のレベルに比例しています。

 一番の実力者は大石教練です。彼は特に教えなくても自分で分析して欠点を修正できるので、最近はもう、アドバイス程度で、ほとんど教えたりはしていません。

 余談ですが、指導の必要もないんだから金を取るのもヘンだと思って、二月から“総教練”という役職にして謝礼は免除にしました。指導力も物凄く上がって、拳法体術に関しての実技と理論で、ここまでできる人は滅多にいないでしょう。

 北島師範も観の眼は相当なレベルに達しています。やっぱり、いつも私の技を受けているので自然に育ったみたいですね。うちの会で初めて師範に任命したのも、彼ほど地道に修行を続けた人はいなかったからで、実際に私と一番、動きが似ています。

 彼の良さは実直なところです。実際、私が一番、厳しく指導したのは彼なんですよ。他の人にはそれほど厳しいことは言っていません。

 さて、観の眼ということで言うと、この日は、基礎錬体も対錬も推手もやらずに、いきなり独己九剣をやらせました。

 そして、独己九剣の応用法をいろいろ実演解説したんですね。

「実は、この型は、九つしかないのではなくて、各動作の応用法が十くらいあります。だから、単純に計算すると、“独己九十剣”になります・・・」と説明して、いくつか応用法をやって見せました。

 相手の太刀を奪っての二刀流、無刀捕り、拳法、柔体術・・・と、各動作から技を派生させて全然、別種の武術技法へと展開していく訳です。

 私は、これを考え出した時は、正直、自分で考えたとは思えなかったですよ。誰かが勝手に私の身体を操って教えてくれたんじゃないか?とすら思いましたね。

 いや、実を言えば、各動作の応用変化技を細かく設定していけば、“独己九百剣”くらい創作できそうなんですね~? 応用技が無尽蔵に、その場でわき出てくる感じです。

 大東流なんて千とか万とか技があるとされますが、原理さえ解れば技は無数に枝分かれしていけるから、必然的にそうなったんだと思います。私もその気になれば一カ月もあれば千くらい技を創作するのは造作もないと思います。

 独己九剣も、剣だけとは限らないから、正しく表記すれば、“独己九百式”と書くべきでしょうか?

 一般公開しないままの“蛟龍十八式”は、“蛟龍歩を用いた体術”でしたが、こちらは蛟龍歩ができることが条件になるので、教えられる人を極端に限定(現在は四人くらいか?)してしまいますが、独己九剣は誰にでも教えられます。

 例えば、7番目の柄廻しだけは、こちらは刀を抜かずに相手の斬ってきた刀を奪う技なんですが、実は、この技も応用法では抜刀するんですよ。

 この技の元ネタは、駒川改心流の実手術の太刀もぎの技なんですが、私は戸隠流忍法で学んだ技や杖術の技、沈身の威力を利用した威力・・・などを組み合わせて考えたんですね。

 基本は、相手の正面斬りを一調子で真半身で躱して太刀もぎにして奪う訳ですが、これは方便でして、実際には体捌きと同時に柄当てを入れて崩し裏投げにするとか、刀が無い状態なら当て身を入れて裏投げ・・・とか、手順を変えればいくらでも技を発展させていくことができる訳です。

 さらに、柄で抑えておいて、そのまま抜刀して突いたり斬ったりすることもできる。体捌きで抜刀できるという条件はありますが・・・。

 この場合、脇差だともっとやり易いんですね。

 どうして、こういう応用技を考えたか?と申しますと、居合術には柔術が併伝されていることが多いんですが、「何故、居合と柔術が併伝されたのか?」という疑問があって、いろいろ実験してきていたんですね。

 よく、「現代で刀を腰に差して歩く訳じゃないんだから、居合なんか稽古しても意味はない」と批判する武道関係者もいるんですが、それは非常に短絡的で近視眼的な“もったいない”見方をしていると思うんですよ。

 居合術修練の利点は、“腰のキレを養成すること”と、“読みの感覚を高める要素があること”であり、言うならば、「技の修練ではなくて武術体の養成と理合の体感」に優れた効果があるんですね。

 これらは素手の体術の次元を上げるのに役立ちます。空手家や拳法家でも自己流で真剣斬りや抜刀術の修練をする方がおられますが、それは直感的に必要だと感じられたからなんじゃないでしょうか?

 つまり、腰から動くという「骨盤主導の身体運用」と、「読みの感覚」を高めてくれることによって、ガチンコで筋力勝負する戦闘法から脱却できるという次第です。

 特に、合気道をやっている人は、模擬刀を買ってきて刀の抜き納めと素振りの練習くらいはやった方がいいと思いますよ。合気道の動きの意味が解るようになるでしょう。

 私がこれに気づいたのは、清心館の佐原先生とお会いしてからでしょうか? それ以前から直感的には考えていたんですが、佐原先生を取材してから、「あ~、やっぱりそうだったのか?」と納得がいきましたね。

 いまさらながら、伝統的な古流剣術を学ぼうと思ったのも、古くから伝わるカタの中に私の考えが及ばない要素が有るに違いないと思ったからです。

 そのためには現代的に作られたカタじゃ~判らない・・・と思ったんですよ。

 でも誤解しないでください。現代的なカタがダメだと言いたいのではありません。

 ダメだと思っていたら自分で作ったりしませんからね~(苦笑)。

 むしろ、実用を考えた場合、現代の様式に沿って考案されたものの方が良いに決まっています。何故なら、戦国時代の生活様式に沿って工夫された技を現代の生活様式でそのまま使える道理がありませんね。刀をベルトに差して歩けないでしょう?

 そうではなくて、昔の改編されていないプリミティヴなカタの所作の中の原理的なものを知りたいと思った訳です。

 それはもう、理屈じゃなくて、やってみるしか解らないでしょう?

 映像資料で見ても、カタの手順をわざと変えてある場合もありますからね? 実際に学ぶしか手はないのです。

 やっぱり、先人が命かけて工夫して代々伝えてきたものが、そんな薄っぺらなものである筈がないんです。薄っぺらなものに見えるとしたら、それは自分の洞察眼が養われていないせいなんですよ。


 この日の練習の最後には試し斬りをやりましたが、全員、問題なく斬ることができました。それだけ刃筋が通せるようになってきたということです。


 翌々日の土曜日は、シダックスの講座の後、橋本同好会に私も参加し、大阪に引っ越しされるSさんに特別指導として、独己九剣の応用技法をいくつも指導しました。

 3時間くらいで50種類くらい教えたでしょうか?

 まず、基本の九つの型。それから、その一つ一つの応用法として、奪刀からの二刀斬り、無刀捕り、蹴り技からの拳法体術、沈身を利用した崩し技・・・等々、基本原理から技の用法をどんどん発展させていくやり方を指導しました。

 例えば、蹴り一つでも、関節踏み蹴り・前蹴り・外廻し蹴り・内廻し蹴り・足刀蹴り・軸足スイッチの縮地法を応用した蹴り・・・等々、やろうと思えばいろいろできる訳ですが、これを蹴り技で仕留めると解釈するのでなく、技の流れの中で出すという方式で遣うことで多彩な変化技法となっていくのです。

 また、手裏剣術に応用する場合、上から、下から、横から、直打、反転打、車剣の回転打、同時二本、同時三本・・・等で分類していくと、やはり何十通りにもなる訳です。

 それと、剣術での用法をいくつか指導しましたが、居合ができれば剣術だって同じことです。正眼から下段、平正眼・・・等々、構えを変化させることで相手の攻撃を誘導することができます。

 読みだけでなく、武術では、この“誘い”も重要なんですね。

 私は、こういうのは誰にも習ってないです。でも、原理が解れば用法は自然にいくらでも工夫できる・・・ということなんですね。

 いわば、それこそが独己九剣の真相であるということです・・・。

 私は、型というのは戦闘理論のひな型だと思っています。そのまま技として使うんじゃなくて、その型の所作、動作から展開される戦略戦術を読み解き、相手に応じて無限に応用変化させて遣うようにしなければダメだと思っているのです。

 このシステムについては、新作DVDで解説していますが、実際にどれだけ応用展開できるか?というと、それこそ千以上の多種多様な武術技法になるでしょう。それからすれば、ごく一部しか御紹介できなかったかな~?とも思いますが、それらの中に発勁と合気を組み込んだ・・・という点では、見る人に見てもらえば、どれだけの価値があるか?は納得していただけると思っています。

 世の理法として、陰陽は相半ばしてバランスを保ち、中庸を取るものですが、ここ最近、次々に予想外の仕事の展開(共著や映画の話)があったと思えば、足を引っ張る人間も出てくる・・・という現象に、「面白いな~?」と苦笑しています。

 格闘漫画でも脱力や目付け、読みについて解説されるようになってきました。はばかりながら、私が本で書いてきたことに注目する人が増えてきたのだろうと思っています。

 あるいは、武術の神秘性に依存しきっていた業界の体質に変革の機運が出てきたということかもしれません。私はその先鞭をつけたに過ぎないのかもしれません。

 しかし、お楽しみは、まだまだこれからです・・・。

スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

新作完成しました

201202_001.jpg


 今回は、「独己九剣の応用法」をメインにして、発勁、合気、抖勁(打たれた箇所から打ち返す発勁の最終段階)、脱力技法の実演解説、試し斬り(片手斬り・逆手斬り・寸勁斬り)や、化勁セミナーの様子、技術書写真撮影会の様子も少し・・・と、盛りだくさんな内容です。

 前回の作品が3万円という高額でしたので、今回は謝恩価格として、¥15000とさせていただきます。

 また、今回も発売記念セールも実施させていただこうと思いまして、2月中に申し込みされた方は、¥5000引きの¥10000とさせていただきます。

 併せて、従来の作品もセール期間中はサービス割引させていただきます。

 12日の月例セミナーでも割引価格で販売しますので、早く欲しい方はセミナーに御参加くださいませ。

 新作の内容は、割りと中級者以上向きかもしれませんが、これまでの作品と併せてご覧いただければ、理解していただけると思います。

 特に、独己九剣が単なる居合術の型ではなくて、無刀捕りから拳法体術、杖術、剣術・・・等、多くの武術に応用発展して活用できるものである・・・という点を理解してもらいたいと思って作っております。

 逆説すれば、日本の剣術というものは、かくも応用発展性を秘めているものである!という事実に注目していただければ、私の研究も報われるのではないか?と思っています。

 何か、自分で言うのもなんですが、もう素手で練習する型はやめてしまって、居合だけでやった方が早く上達するんじゃなかろうか?とすら思うくらいです。

 つまり、個別の武器や素手の拳法、体術なんかは基本技だけ練習しておいて、独己九剣の型で“理合”を体得すれば、あっという間に超達人になる人がいてもおかしくないかもしれない?と私は夢想してしまうのです。

 この型の中には、読み・交叉法・体捌き・骨盤主導の身法・目付け・沈身・脱力技法・差し手・縮地・崩し・位置取り・間合・打拳・逆手・蹴り・・・などが隠されています。

 この型の真意を理解していれば、剣が無くても他の武器でも無手でも使えるのです。何故なら、極意となる“理合を学ぶために作った型”だからであって、極論すれば“個別の技の所作はフェイクに過ぎない”のです。

 武術の型というものは、戦闘理論の基本構造を教えるためのものでしかなく、そのままの技を教えていると誤解したら、まったく意味が無くなってしまいます。

 型で教えられる技は、必ず戦闘理論とセットで解釈しなければなりません。でなければ、相手の武器によっては対応できなくなってしまいます。

 一般的に現代武道は、戦い方が同じという前提で練習されますが、現実的にそんな状況の実戦は考えられません。あらゆる武器や戦法を仮想して備えておかなくては武術として不十分なのです。

 私は、相手に応じて別々の戦法を採ります。相手が得意な戦い方には付き合いません。相手が最も嫌がる戦法(と武器)で対応します。武術の基本的な戦闘理論というのは、そういうものなのです。

 それを「アンフェアだ」と考えるような人間に武術を語る資格はないのです。

 もう、四半世紀以上も前の話ですが、高校のボクシングで県大会のベスト8に入ったという学生と口喧嘩になり、実際に勝負しようということになりました。

 相手はボクシングが達者なので殴り合えば確実に私が負けるでしょう。だから、「へ~? ボクシングってどう構えるの?」と質問しました。

 すると、彼は、グッと拳を構えてファイティング・スタイルを取りました。

 その瞬間、私は彼の両拳を平手で抑えて、そのまま膝蹴り、肘打ちを入れました。

 彼は、引きつった顔で私を卑怯だと罵りましたが、「喧嘩に卑怯も糞もあるかよ」とハードボイルドに吐き捨てると、脅えた顔で以後は突っ掛かってこなくなりました。

 私が武道や格闘技が趣味に合わないのは、この生来の「勝つためには卑怯も糞もない」という闘争本能から、「何か違うな~? 何でルールつけて闘ったりするのかな~?」と思ってしまうからです。

 だから、私は本当は強さは求めていないんだと思います。戦って勝つ!という“兵法”に惹かれているのかもしれませんが、それは自分が根本的には“弱い”ということを知っているからだと思います。

 武道や格闘技の試合は、ルールを決めてやるから必然的に強い方が勝ちます。それが面白くない。弱くても勝てるところが武術の面白さであり、武器に興味を持つのも同じ理由ですね。

 私は自分が弱いのを知っているので、他人と強さを競いたくありません。負けるのが嫌だからです。だから、戦う時は、必ず勝つことしか考えません。徹底的に相手の弱点だけを執拗に攻めて確実に潰す! どうやっても勝てないと判断したら迷わず逃げる! それが武術の正しい戦術だと認識しています。

 そういう私の考えを非難する人達は、「強さを追求するのが武道や格闘技だ」と主張するのでしょうが、その“強さ”というのは、相手が複数であったり、刃物や銃を持っていたら通用しないのでしょうか? そんな“強さ”を自慢げに振りかざして自己陶酔しているような人達は、自分が年とって肉体が弱ったら、どうするんでしょうか?

 そんな程度の“強さ”を求めるのが“武道”なんでしょうか?

 世の中の圧倒的に大多数の人間は弱い存在です。その弱い存在を一部の強い人間が支配し蹂躙しているのが世の現実です。

 私は、弱い存在の人間でも強い人間の理不尽な暴力に対抗できる術策を研究したいと考えて武術を選んでいます。「圧倒的大多数の弱い人間が、自分らしく生きていくための護身術」・・・それが私の研究している“武術”です!

 自己満足で強さを求めているだけの連中が、時代を変革する志しを持っている人間に敵う道理はありません。世の中を動かしていくのは、常に志しを持っている人間です。


 いやいや、それはまた別の話として、最近、私は本当に日本の剣術というのは、物凄い武術のエッセンスを秘めていると思うんです。

 私が昔、交叉法を体験した時、「あっ、これは居合術だっ!」と直感して、それが私の武術研究の主軸になりました。蹴り技をやって見せられたのに、私はその技の本質が居合術の理合に共通していると感じたのです。

 もし、私が技の外見しか見えない人間だったら、今のようなことはやっていなかったでしょう。拳法を習いながら、私は居合術の工夫をしていたのです。

 だから、青木先生や田中光四郎先生の技を見ても、最初から本質に気づけたのです。

 そんな青木先生や光四郎先生が居合術にシフトしてこられたのも、日本の武術の本質を追究していたら、必然的に行き着いた・・・というだけなんじゃないか?と思います。お二人とも素手の武術に於いては比類のない境地にまで達しておられるからです。

 よく考えてください。

 日本の武道はほとんどが剣術の理合をベースにしているのです。

 琉球空手は対示現流で工夫されていますし、本土に伝わって以降の伝統空手は剣道の試合スタイルを参考に競技化されました。

 合気道は基本構造的に無刀捕りが発展したものです。

 柔道の源流の柔術は、素手で剣を制圧する技がベースでした。

 居合道は既に抜いて構えている剣術に対抗する技です。

 個別の流派で考えても、日本刀を無視して考えられた武術というのは皆無と言っても過言ではないでしょう。これを研究しないのは怠慢だとすら思います。

 私も、古流剣術・居合術をきちんと学ぶ必要性を感じていまして、近々、ある著名な流派に入門する予定でいます。

 私のように、一歩間違えると伝統の破壊者になりかねない人間でも受け入れていただけるというのは、本当に有り難いことで、流儀に傷をつけないように心して初心に戻って学ばせていただくつもりです。

「信には信で応える」・・・それを積み重ねていくことでしか、本当の信頼は得られないでしょう。今までは誤解されることの方が多かったですが、それは私の不徳の致すところがあったのは否定できませんから・・・。

 それとは別に、研究家としての活動はこれからも発展的に続けていくつもりでいますが、やっぱりね~・・・刀の研ぎひとつにしたって、伝統の力の凄さというのには、今更ながら恐れ入ります。

 青木先生の刀をお預かりした時には、下地研ぎまでは上手くいったと思ったのに、仕上げ研ぎをしたら次々に欠点が浮かび上がってきて、結局、最初からやり直すしかないと思ったのですが、そんなことをしていたら刀がすり減ってしまうだけ・・・悩んだ末、正直に話して青木先生にお返ししました。

 何年も何十年も修行すべきことを適当にできると勘違いした私の甘さを思い知らされました。

 学びたいこと、学ぶべきことは無数にあるのに、私は身体がひとつだけ。経済的な余裕も未だにありませんから、貧乏ヒマ無しが膨らむばかり・・・嫌になってきますよ。

 でも、やるしかない! 支えてくれる会員や、応援してくれる人達も増えました。

 周囲にも、一流の人達が多くいます。世界的に活躍しているプロの方もいます。私もそうならなくてはバランスがとれないでしょう。

 正直に言って、日本の武道武術の世界には何も期待しなくなりました。あまりにも近視眼的で出る杭を叩くばかり・・・何の発展性も期待できないからです。

 日本はフェイクを有り難がり、本物の実力者を認めない馬鹿者の巣窟です。

 USA支部長の話を聞いても、海外の人の方が認めてくれるだろうと思っています。

 特撮雑誌でギンガマンでギンガレッドを演じていた前原一輝さんのインタビューを読んでいて、「確かにそうだよな~」と思いました。

「芸能界自体には、いろんな力関係みたいなことがあったりして、役者さんたちは、みんな、本来の力が発揮できてないなって思ってきて・・・」という理由で俳優を辞められたという話。

 私の自主映画時代からの友人なんかも、凄く才能のある人間なのに、なかなか活躍の場が広がっていかない・・・なんてことがあります。

 付き合いのあるアクション系の役者さんたちなども、はっきり言って超人的な技量があるのに日本では活躍の場があまりにも少ない・・・。

 本当におかしいな~?と思いますよ。

 私が、つばさ基地の秋本つばささんをリスペクトしているのも、そんな日本の状況の中で腐ることなく自分からポジションを広げていこうとされてるところですね。

 普通は、自分だけが活躍できれば・・・って感じになるでしょうが、秋本さんは自分の周囲に居る人達すべてを・・・というところが器の大きさの違いだと思いますね~。

 でも、芸能界で活躍している人には、そういう人が割りといらっしゃいますよね?

 芸能や芸術の世界って、元々、神事から始まっているから、やっぱり、神様の視線から世の中を考えるからなのかな~?という気もします。

 武道だって、本来はそうです。博愛の精神にならなきゃ~おかしいんですよ。

 だけど、口先だけで綺麗なこと言いながら、実態が伴わない人の多さには、うんざりさせられます。自己チューで視野が狭くてストーカー体質で偽善者で自己欺瞞家で・・・。

 田舎に居た頃は、「武道家は清廉潔白で一本気な正義感の強い人ばっかりで、人の陰口なんか絶対に言わない」というイメージだったんですけど、そんな人は滅多にいません。

 特に、裏表の激しさには呆然となりますよ。発狂してんのか?って思うような人もざらにいます。

 本当に、私はもう、武道関係は付き合いたくない人ばっかりですよ。嘘つきばっかりで気持ちが悪いです。本音で付き合えない人間関係は不毛ですよ。

 口の悪い人のほうがむしろ安心します。陰で悪く言っても本人にも同じこと言える人のほうがいいですね。綺麗事ばっかり言う人はホメホメ詐欺みたいで信用ならん!

 青木先生や松田先生が私を気に入ってくれてるのも、同じ理由かも知れないですね?

 はっ?・・・スンマセンっ! またもや愚痴ブログになってしまいました。失礼しましたっ!(最近、厭世的になりかかってるかな~?)



『游心流武術健身法 独己九剣の応用秘訣』

コンテンツ;
試し斬り・寸勁・合気・パンチとキックへの応用・無刀捕り・脱力技法の解説・独己九剣
独己九剣の応用技法(拳法・杖・八寸ひしぎ・中国剣・日本刀・中国刀・中国扇子・空手・合気道・ナイフ捕り)・化勁セミナーの様子・撮影会より(抖勁・蛟龍歩打拳・ミット蹴り・寸勁斬り)

監修 長野峻也、演武 游心会一同、撮影協力 千代田メイプルホール 江古田ストアハウス

[製作・販売]総合武術文化研究所・游心会
〒252-0202 神奈川県相模原市中央区淵野辺本町2-1-4 トミーハイツ203号

¥15000(税込み)

PS;新作DVDは、発売記念として2月中(2012年3月末まで延長)は、¥10000となります。また、セール期間中は、併せて『游心流武術健身法 初級・中級編』『游心流武術健身法 上級編』『游心流武術健身法 発勁と化勁 原理と用法』の三つも、それぞれ¥10000。『游心流武術健身法 游心流武術の戦闘理論 読み・歩法・交叉法』も¥20000にサービスさせていただきますので、この機会をお見逃しなく、どうぞ!



ご注文方法

ご購入希望の方は、以下の要項を満たしてメール(yusin_mail_from2006(アットマーク)yahoo.co.jp)にてご注文下さい。折り返し、お支払い方法をご連絡致します。
(メール担当、販売担当、製作担当が別ですので、時間が掛かります。ご了承下さい。)

1.氏名(+ふりがな)
2.年齢(何歳代でOKです)
3.郵便番号+住所(郵便番号・送付先を明記してください。都道府県名も省略しないで下さい。)
4.電話番号
5.Eメール
6.ご職業
7.武術・武道・格闘技・スポーツ歴(会員の方は会員暦)
8.ご購入希望のDVDタイトル(ご希望の商品DVDタイトルとご購入本数をご明記下さい。 )
9.何か一言

※未記入項目がある場合、こちらからご連絡しないこともございます。ご了承下さい。




事務連絡より抜粋

Q.セミナー申し込み・DVD購入・ご感想・ご意見等でメールを送ったが返信が来ない。

A.Yahooメールを受け取れる設定にして、再送信を御願い致します。

それでも来ない場合は、
 ①必須記入項目の記入不足・メール内容が非常識との判断、などにより代表まで連絡が行かない為。
 ②セミナー前日夜遅くの申し込み(電話番号書いてあっても流石に夜遅くは掛けられません。事務局も寝てるし。)で返信できない為。
 ③ネット・PCの不具合の為。
 ④DVDの場合はDVD作成・入金確認などで時間がかかる為。(連休前のご入金ですと、連休後の発送になることなどもあります)
 ⑤メール担当が送信したメールがそちらの迷惑メールフォルダに振り分けられている?
などが考えられますので、設定等確認の上、再送信を御願い致します。

 ※メール担当から代表の長野にメールを渡してから、回答(対応)を受け取るまで
 数日から1週間以上掛かる場合もございます。
  一度メールを送信されてから、最低1週間程度はお待ちください。

クドい様ですが、Yahooメール(フリーメール)を受け取り可能の状態で、ご注文をお願い致します。


このページのトップへ
コンテントヘッダー

游心流東京支部 稽古会概要  

游心流東京支部 稽古会概要 

東京支部閉会のお知らせ

・12月の稽古予定
2011/12/27(火)はお休みとなります。

・1月の稽古予定
2012/01/03(火)、01/10(火)はお休みとなります。
2011/01/17(火)19:45~21:30頃 若松地域センター第2集会室A(都営大江戸線・若松河田駅の河田口から徒歩2分です。地図はこちら
2011/01/24(火)19:45~21:30頃 若松地域センター第2集会室A
2011/01/31(火)19:45~21:30頃 若松地域センター第2集会室A
・2月の稽古予定
2012/02/07(火)はお休みとなります。 19:45~21:30頃 若松地域センター第2集会室B
2012/02/14(火)19:45~21:30頃 若松地域センター第2集会室A(最後の稽古日です)
2012/02/21(火)、28(火)はお休みとなります。



※今後は地下ホールを使って居合の稽古を行う予定です。可能な限り、鞘付きの木刀を購入しておいて下さい。
※稽古の際には道着の着用を(出来る範囲で)お願い致します!美夜古企画さん侍(サムライ)/袴スタイルセットをご注文ください。購入されるときは、セットの上着、袴の両方『紺』でお願いします。(ご注文の際は、『游心流の稽古で使う道着』『長野峻也の紹介』のコメントを入れて下さい。)

日時:毎週火曜日、19:45~21:30頃(会場は5分前から入場できます)
会場:都内近郊の公共施設
内容:基礎錬体、対練、推手など

※游心流会員であることが参加必須条件です。入会希望の方はその旨も記載してください。
游心流会員以外(※シダックスの受講生は游心流会員ではありません)の参加希望の方は、游心流事務宛メール(yusin_mail_from2006アットマークyahoo.co.jp)にて、下記の形式で申し込みください。(稽古日より前もって申し込みください)

  ①氏名(+ふりがな)
  ②年齢(何歳代でOKです)
  ③住所 (郵便番号から)
  ④電話番号
  ⑤Eメール
  ⑥ご職業
  ⑦武術・武道・格闘技・スポーツ歴(会員の方は会員暦も追加 安全上必要なので詳細に。)
  ⑧用件  『東京支部稽古参加』 + 稽古日の日付 をご記入ください
  ⑨何か一言
  ⑩今までにかかった、又は現在かかっている病気・怪我歴(安全上必要なので詳細に。)

未記入項目がある場合、返信致しません。


会員以外は参加(見学も)出来ません。入会して参加したい場合、上記①から⑩までと、入会希望の旨をご記入頂きメールしてください。代表との面談を経て(面談前にお断りする場合もございます!)OKが出ましたら入会となり、その後に参加資格を得られます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

『孫文の義士団』を観た

 いつも映画批評が辛口の黒谷先生が誉めていたので、『孫文の義士団』のDVDを橋本駅ビルのレコード屋さんで買ってきて観ました。

 イップマン役で日本でもようやく注目されてきているドニー・イェンが主演していると思っていたら、割りと群像劇でしたね。

 ドニーさんは、バクチ好きのダメ兵士なんだけど、別れた女房に頼まれて、彼女の今の夫を護る隠れ義士団?役。

 いつもの超人的ヒーローとは違って、ダメ男が必死で頑張って超人的活躍の果てに死ぬ・・・という男気再生ドラマでした。

 また、親父の仇討ちをする女武芸者とか、少林寺出身だけど戦ったことがない巨漢とか、車夫とか、飛び抜けた戦闘力を持ってる義士はいません。

 だから、やっぱりドニーさんが一番スゲーって感じになるのかな~?と思っていると、レオン・ライ演じる、親父の後妻に惚れて人生誤って乞食になってしまった良家の若旦那が、でかい鉄扇を武器に正装して最期に登場。

 多数を相手に死闘を繰り広げてラスボス独りになるまで奮戦! 惜しくも最期は力尽きますが、死ぬ寸前に惚れた女の幻影を見て死ぬところなんか、『GONIN2』の緒形拳さんを思い出しましたよ。

 ちなみに、この作品。緒形さんは工場を経営していてヤクザに脅されて奥さんが自殺し、復讐を誓って車の板バネを材料に刀を作ってヤクザを惨殺して回る元剣道家の男を演じていました。

 やっぱ、虐げられた男が最期に怒りを爆発させて死に花を咲かせて散るって~のは、男の死に方で最もカッコイイと思いますね~。

 それにしても、この義士団の中で、昨日まで乞食だったヤツが一番、武芸の遣い手である!という設定が素敵ですね~。

 乞食が達人という設定って、北丐こと洪七孔や、『酔拳』の蘇化子とか、武侠小説ではおなじみなんですが、日本だとピンとこないかもしれませんね?

 だけど、中国だと武術やっているのを隠している人が多いみたいですから、乞食が達人でもおかしくないかもしれません。

 弱い立場の人間を馬鹿にしていると、しっぺ返しを食うかもしれませんよ~?

 ところで、この作品のドニーさんを見ていると、何か風貌が、うちの大石教練に似てるように思えてきましたよ。

 何か、彼はカンフー映画を見ると、その技をそっくりパクッて日曜日の練習で披露する・・・というのが毎度のパターンになってきて、イップマン見てから詠春拳?というかドニーさんの高速回転パンチを多用してました・・・。

 観の眼が育つと、習わなくても観ただけで技をバンバン盗めるようになります。

 嘘だ!って言いたい人も多いでしょうけど、そもそも、昔の先生は口で細かく技を教えたりしなかったんだし、やって見せて、後は勝手に覚えなさいって方式が普通だった訳で、見取り稽古ができない者は上達できなかった訳ですからね。

「長野さんは物真似がうまいだけ」と、よく言われたんですが、それを言ってる人は皮肉のつもりなんでしょうけど、私にとっては最高の誉め言葉ですよ。

 真似る能力がない者は技芸を伝承していけないんですからね。

 外見をそっくりに真似るのも難しいですが、その上、身体の内部操作や意識の働きを外側から洞察するのは至難の技ですよ。

 実は、“読み”の技術はそこにも関わってくるんです。

 場合によっては、本人よりも技の本質を洞察できる・・・それが“読み”の面白さですが、それを達成するためには、いろんな勉強をしていかないとダメだと思います。

 武術を習う人で上達できない人に共通しているのは、習ったことだけ繰り返しやっているような人。

 そんなんじゃ~ダメ!

 ありとあらゆる分野から多角的に分析して技を深めていくようにしないとダメですよ。

 その意味で、カンフー映画なんかは中国武術の用法を研究するのに絶好の教材です!

 殺陣の中に、ちょこちょこっとリアルな用法が隠れていたりするんです。私なんか、いつも「お~、こりゃあ使えるっ!」と感動しながら観てますからね。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

東京支部最後の夜

 矢嶋さんから師範代と支部長返上の申し出を受けて、支部稽古の最後の日、私も遅れて会場へ行きました。

 常連会員さんの御家族が先日、亡くなられていたので、遅ればせながら御自宅へお参りにうかがって、それから駆けつけたものですから、私の着慣れぬ礼服に黒ネクタイ姿を見て、矢嶋さんも稽古会の皆さんも、ちょっとビックリした顔をしていました。

 実はこの礼服もネクタイも親父の形見を貰ってきたもので、中年過ぎてから体型がほぼ同じくらいになっていたんで、私が貰ったんですね。今度は七回忌の法要に実家に帰る時にも着る予定ですけど、やっぱり礼服はお目出度い時に着たいですよね?

 奇しくも、東京支部の最後を看取るみたいでもありましたが、大阪に行っていた筈の会員さんも参加されていて、ちょっと驚きました。

 聞けば、荷物がこちらに残っていて完全移転とまではいっていないそうです。

「私が引っ越すから支部が無くなるのでは・・・」と、責任を感じられていたみたいなんですが、矢嶋さんは「あくまでも自分の実力が足りないからです」と話していて、潔いな~と思いました。

 でもね~。正直言うと、他の常連会員の皆も、「なんで相談してくれないんだよ~。矢嶋さんは水臭いよっ」と、ちょこっと怒ってましたよ。

 彼は責任感が強すぎて、自分だけで抱え込むようなところがあるから、そこはもうちょっと心をオープンにして周囲に相談するとかすればいいのにな~?・・・とは思いました。

 でもまあ、二年近く、よくぞ頑張って続けてくれましたよ。

「公務員だからバイトはできません」と言って、会費も全額、私に渡していたんですよ。

 そういう律義な人間なんですよ。矢嶋さんは・・・。

 本当にうちの会で長く続いている人は、邪念が無いです。邪念があると、ちょっと上達したら自信満々になって自惚れてしまう・・・。

 で、「君は破門です!」って言うしかなくなったりする。

 いやもう・・・本当に、要らんことやるヒマあるなら練習しなさいよ!って言いたくなりますよ。

 武術は中途半端にやるのが一番、危険! やるなら、人並み以上のレベルになるまで集中してやらないと邪念に捕らわれて道を踏み外してしまいます。

 そうなってしまった人を随分と見てきましたし、私が教えた者の中にも数人はいましたよ。

 武術修行は、人間の限界を見つめて突破する方法を追究することですが、それはつまり限界と常に対面し続けているってことです。

 いくら実力がついても不死身になれる訳じゃなし、人間の強さは、弱さと表裏一体なんだと気づいてこそ、一線を超えた境地に到る・・・。

 弱さを知ることが強さに繋がるんですね。

 私は二十歳前後の頃に初めてパニック障害の発作を起こして、それから頻繁に発作が起きるようになってしまったんですが、当時は何の病気か全然わからなくて、「俺はもう30過ぎまでは生きていられないんじゃないか?」と恐ろしかったですね~。

 でも、「どうせ、いつ死ぬか判らない」と思う中で一種の開き直りの境地になって、だからこそ自分の好きな道を選べたという面もあるかもしれません。

 去年の東日本大震災を体験した多くの日本人が、あの時の私と同じことを思ったんじゃないでしょうか?

 生きてることは死ぬことが前提なんだ・・・という、普段、意識しない現実。

 実際、人間が死ぬのは実に簡単です。数分、水に沈めていれば死ぬし、脳天から二階からアスファルトの上に落下したら死ぬでしょう・・・。

 私は武術の研究しているから、人間をどうやったら簡単に一瞬で殺せるか?ということは物凄~く研究しています。

“人を殺せる力”を特別なものだと考える人もいるでしょうが、別に難しくはありませんよ。

 例えば、酔っ払って喧嘩していたら相手が逃げ、追いかけて別人にからみ、ネクタイを掴んで思い切り引っ張ったら窒息死してしまった・・・なんて事件もありました。

 殺された人もえらい災難ですが、殺した方も、まさか、そんなに簡単に人が死ぬとは思っていなかったでしょうね。

 生き死には人知の及ばない運命的なものも確実にあります!

 だから、生きている者は、ちゃんと生きて、いつ訪れるか判らない死を有り難く迎えられるようにすべきだと思います。

 私が武術を護身術と認識しているのも、誰もがちゃんと生きられるための術であるべきだと考えているからです。

 死ぬ時に、「あ~、こんな人生の終わり方は嫌だ」という気持ちにならないように生きるには、自分の希望を外部から抑圧されても跳ね返せる力が必要でしょう。

 そういう“精神の強さ”を獲得するために武術が役立つものであって欲しい。

 それは、死んでしまった人の思いを生きている者が引き継いで次代に繋いでいく作業にも結び付いていく“伝統”というものの価値にも通じると思いますね。

 私も50に近づいて、後、何年、生きていられるかな~?と、最近はよく思ったりします。もう、無駄なことや回り道をしている余裕は無くなったと思っています。

 日本刀で言えば、下地研ぎが終わって、仕上げ研ぎの段階に入ったように思います。

 これから入念に磨き上げて、地鉄の鉄肌を浮き上がらせ、刃文を白くする職人芸的な段階になったと思います。

 私が日本刀に惹かれるのは、人間は高々、80~90歳くらいしか生きられませんが、名刀は数百年、千年も時代を超えて残ります。

 人間も、死んだ後も名前と業績が世紀を超えて残っていくような生き方をすべきだと思うのです。

 それはつまり、私の場合は、優れた人材の素質と才能を引き出して次代を担う“超達人”を育てあげるということが一つ。

 もう一つは、武術文化が世の中に役立つような形にして提供すること。

 単なるスポーツや趣味の枠組みに矮小化することのないように、心身機能開発システムとしての武術の可能性も引き出していかなくてはいけないな~と思っています。

 また、武術の世界だけで知られていた達人の名前と実績を伝えていくのも私の使命でしょうね。それは教えを受けた諸先生方への最大の恩返しになると思っています。

 今回、東京支部は閉会しましたが、人間は育っています。本部と別に、橋本と横浜の同好会は続いています。東京も近いうちに新たな器で再出発したいと思っておりますので、その時は宜しくお願いします!

 最後に、矢嶋さん! 二年間、私の代わりに指導をしてくれて、本当に有り難う!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

二月セミナー感想

 二月のセミナーも、滞りなく終わりました。

 今回のテーマである“軸”に関しては、まず、身体に軸が立っている状態と、軸が歪んでいる状態での身体の耐久性の差について実感してもらいました。

 端的に言うと、人間はバランスが取れていないと力がうまく発揮できなくなるのです。

 これ、武道医学勉強してる時にキネシオロジー勉強した時に学んだ理論で、それを発展させていろいろ技を考えたんですけどね。

 まっ、いろいろ有るんですけど、私が、「武術は自分より強い相手にも勝てなくてはならない」と言っていることの一つの戦術的な突破口が、コレなんです。

 つまり、どんな実力者でも、身体のバランスが崩れてしまうと実力が半減してしまうという“仕組み”です。

 また、しっかり軸が立っていれば大丈夫か?というと、これも長所は短所を潜在的に持っている・・・という理に従えば、しっかり立っている軸を崩せばいい訳で、ある意味、弱点をさらしているに等しいのですね。

 東映チャンネルで仮面ライダー・ストロンガーを見ていて、面白いシーンがありましたよ。

 ストロンガーの必殺技、ライダー電キックが、敵の大幹部“一つ目タイタン”に通じず、焦りまくるストロンガーに向かって、「俺のパワーはお前の二倍で240度だ!」って言うんですが(何それ?)、そこでストロンガーは一計を案じて、「そんなに高温だったら水に弱い筈だ!」って、タイタンを海に投げ込む・・・と、タイタンは爆死?してしまいます。

 理屈はよくわかんないんですが、いつも敵を卑怯者呼ばわりするストロンガーが、敵わないとなったら弱点を突きまくる・・・ってところがですね~(苦笑)。

 人のフリ見て我がフリ直せ!って具合にはならないんでしょうかね~?

 もし、スポ根ドラマだったら、敵の強さを知れば、鍛え直して再戦すると思うんです。

 敵の弱点ついて勝ったりしたら、「俺はなんて卑劣な真似をしたんだ~っ!」って自己嫌悪に陥って悩みまくったりする純粋過ぎる主人公がスランプになっちゃって、格下の相手にボロ負けしちゃったりするでしょ?

 でも、やっぱ、アレかな~? 命かかってますからね~。勝ち目がなくても勝たなきゃいけない特撮ヒーローの綺麗事言ってられないツラさ・・・。

 そういえば・・・毒ガス怪獣モグネズンのツブらな瞳に目突き攻撃する卑劣な帰ってきたウルトラマンや、恐獣ガンダーギラスを騙し討ちにして飛び出た目玉を引き千切った残忍なゾーンファイターや、海底都市で生き残って平和に暮らしていたポセイドン一族を皆殺しにした海のトリトン・・・。

 うちの猫も子猫の時は愛くるしかったのに、子供たくさん産んで親父の命令で家の中で飼えなくなってからは、野性の猫みたいになっちゃって、物置の奥で、でかいドブネズミ捕まえてバリバリ食ってるところを見て震え上がりましたよ。

 血だらけの口でクルッと振り向いて、ニャ~ッって鳴いた時はホラー映画みたいでしたよ~・・・。

 生存するということは、強ければ生き、弱ければ死ぬ・・・ってことっスよね~?(どっかで聞いたような・・・)

 おっと・・・何の話だかわかんなくなっちゃったよ~ん・・・。

 え~っと・・・、あっ、そうだった! 長所には短所が隠れているってことを言いたかったんだった! スマン、スマン。

 まあね~。武術って、命護るために考え出された術技なんで、敵を倒すためにはどんなことでもやる!っていう清々しいまでの覚悟が必要なんですね。

「勝負は時の運」なんて甘いこと言っちゃ~ダメダメ!

 ありとあらゆる手段で敵を弱体化させて完全抹殺!というのが基本ですよね。

 で、本題に戻って、自分の軸は崩さず、相手の軸を本人が気づかないうちにちょこっと崩しておいて、相手が「あれっ? 何かヘンだな~。どうも力が出てないぞ?」と違和感を感じる程度に少~し崩すのがコツなんですよ~。

 大きく崩そうとすると、相手は崩されまいと頑張って、こっちも力任せになりがちなんですね。

 だから、相手が気づかない程度に少しだけ崩すのがコツなんですよ。

 ちょっと崩れただけでも人間の出せる力は半減してしまうんですね。

 この状態を“死に体”と呼んでいて、観る人が観れば一発で判別がつくんですが、やってる本人は意外と判らないもんです。

 ある程度の実力者は、はた目にもはっきり判るくらい軸がぴしっと立っていますが、往々にして胴体をガチッと固めているだけの人もいるんです。

 もうちょっと上級者になると、胴体の力が抜けていて、スゥッと軸が伸びていて自然な感じがします。

 しかし、実は、さらに上級になると、もう軸があるのかないのか観えなくなるんですよね~。

 そこまでいくと、強いのか弱いのか判別できなくなってしまいます。

 最初は筋肉で固めていて、次は伸筋だけ使っていて、最後は脱力体になる・・・って訳ですね。

 中国武術の世界では、「強さが外見で判るうちはまだ未熟だ」と言われますが、要するに脱力体、つまり、内功が充実した人間は外見では判らなくなるからだと思いますね。

 気を放射発散すると強そうですが、内部に静めていると普通の人間にしか見えなかったりする訳ですよ。

 でも、そこまでいくと軸は身体の内外に自在に設定してしまえるんですね。

 要は、便宜的な抽象概念として利用してもいいし、しなくても構わない・・・。軸はあってもなくても、その人次第です。

 意味、わかんない?

 敢えて意味性を曖昧にしているのは、最近、あまりにも言葉、概念に捕らわれて考えてしまう人が多いので、そんなことやってたらダメになりますよ~って意味で問題提起している訳ですね。

 武術は知識や情報を自身の身体内部で技として再現できなくては意味がありません。

 技は想像しているよりもずっと簡単に体得できるんですが、それを用いて戦えるようになるには、頭で考えなくても身体が勝手に反射反応して無意識に適切な対処をできるようになるのに、何年も何十年もかかる訳なんですよ。

 どうも、武術愛好家の多くが勘違いしていると思うんですが、技を体得して熟練させるのが功夫(コンフー)だと思い込んでいるみたいですけれど、これは間違いです。

 攻防の際に「動けば即ち技となる」というレベルで無意識に対処して動けるようになるのに時間がかかるから、この熟練のための時間を“功夫”と呼んでいると私は考えます。

 だって、「30年修行しないとできるようにならない技だ」ってのを、うちでは「30秒で体得できますけど、ナニか?」って教えてますからね。

 自分の達人っぷりを弟子に崇めさせたくて教える気がないのか、あるいは単なる馬鹿なのか? どっちにしろ、そんな見世物芸のレベルで武術やってたんじゃ~、武道王国日本の名前は、世界中で10年後には嘲笑されることになっちゃうと思いますよ。

 だって、海外のマーシャルアーツ事情は日進月歩してるんですからね~。

 戦えない武術の型を「伝統文化だから」って言っても海外の人達には「なんのこっちゃ?」って理解してもらえませんよ。

 私は、武神館の初見先生を人間国宝に指定してもいいくらいだと思いますよ。日本の古武術の優れた実用性を世界中に広めた大偉人なんだから・・・。

 いや・・・ノーベル平和賞もらってもおかしくないですよ。

 日本には優れた武術の実力者がまだまだいるんですから、日本の中でマニア相手の商売してないで日本の伝統文化の優秀性を世界に見せつけてやって欲しいですね~。


 今回も、うちのセミナーに参加された方が、それぞれの分野で活躍していってくれるといいな~と思っています。

 武術は表芸にはなりませんが、学ぶ人の精神的支柱として、文字通り、軸になってくれると思うので、皆さん、宜しく!


PS;新作DVD、実はまだ量産体制が整っていなくて、発送が少し遅れてしまいます。整い次第、発送させていただきますので、御了解ください。その分、今回は面白いと思いますよ~!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

2009年7~8月あたりのセミナーご感想

Q,
拝啓、長野先生

先日はどうもありがとうございました。
今回の「聴勁・推手」は前回の「読み」に比べると相手に接触している分、
比較的取組みやすかったような印象を受けましたが、実際に相手と
対峙した状況を考えると、相手の攻撃に対して交叉法を用いて接触しながら
相手の出方を読んで制圧していくといった用法が思い浮かびますが、
離れた状態での「聴勁」となるとやはり非常に高等な技術でこの場合は
前回の「読み」に頼った方が無難なように思いました。(・・・といっても「見て」
から動いてるレベルですが・・・)
しかし、接触状態からお互いに攻撃を繰り出す練習をしているときは、
こちらの攻撃を捌かれて次に出してこられる攻撃がなんとなく予測できて
チョット嬉しかったです。
(長年の組手練習からそれぞれの間合いでの相手の攻撃パターンを身体が
覚えていただけかもしれませんが・・・汗)
やはり基本的に「聴勁」は接触した状態でのものと認識していますが、
感覚を磨いていくことにより離れた状態でも活かせるようになるものでしょうか?

また、八卦掌の応用では、返した掌を打ち込む位置が骨盤の所と
教えていただき、容易に相手の中心軸を崩すと言う意味では、以前教えて
いただいた、回し蹴りに対して、カウンターで軸足を刈に行く方法に加え、
場合によっては、骨盤の蹴りが出てくる側を前足でストッピング的に使う
ことも有効だなぁと参考になりました。
八卦掌って剣舞のようで実際の用法も他の武術以上に剣を使っているような
動きで非常に興味深いです。

ご指導ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。



草々


A,
拝復、●●様。

 いつも感想文、ありがとうございます。

 聴勁の訓練としての推手と目付けを併用していれば、離れた相手の意識も徐々に読めるようになっていくと思います。

 また、観念運動の訓練を続けていると心法技術が進むので、読みやすくなります。自分の心身の状態が鋭敏になれば、その状態を相手に映して読み解くことができるようになる訳です。

 観念運動をやらせてみて思いの外、動かない人が多かったのですが、そういう人は意識と身体の連結がうまくいっていないので読みは難しいんですね。あんまり過敏になり過ぎると過剰反応で勝手に暗示投げにかかってしまったりするんですが、まったく観念運動にならない人は意識の働きが鈍重過ぎる訳で、これまた武術の体得は難しくなります。

 要するに、バランスとコントロールの問題です。

 ただ、これは時間がかかります。次のアスペクト・シリーズ本で訓練法を解説しようと思っていますから気長にお待ちください。

 骨盤を狙う技は、打撃技に崩しの要素を融合したもので、応用法は多く考えられます。
 ただし、骨盤を損傷したり仙腸関節や恥骨関節がズレると全身の骨格が歪んでしまうので、後から障害が起こる危険性があります。

 なので、やたらに狙わないのと、これを使った後は軽くスワイショウをやったり骨盤調整の手技をやったりするのが良いでしょう。

・・・いや、どうも、合理的で効果的な技というのは必然的に殺傷力が高い技になっていくので、どこまで教えていいものか?と悩んでしまいますよね~。


----------------------------

Q,
昨日も、素晴しいセミナーに参加でき
誠にありがとうございました。

今回の聴勁も、前回同様に武術の極意の一つだと思います。

中がどうなっているのか解らない真っ暗な洞窟の
入り口に立ちつくして茫然としてる自分がいます。

五円玉観念運動のような微細な筋肉の動きを感じ取れるように
なれるには地道な稽古を何年も積み重ねる必要があると思います。

果てしない道のりですね。

一方で、具体的な用法の稽古では、大切なコツを教わりました。
●●●で入って●を付けたまま体を密着して倒す・投げる。
そして打撃・関節を取る。

いつもながら、様々な技のバリエーションが
提示されますが、一体どれだけの技があるのでしょう。。。

さて、印象に残っているものをまとめますと、
・相手の●●に入るのが上策。
・●●に回る事は重要。

・●●●●に●●●を開けているのは愚策。
・●●し相手から攻撃されない、致命傷を貰わないこと。

つまり肝腎なことは、
・歩法のスピード
・●●での読み、●●(●●)接触での聴勁
・それを達成する冷静さ
だと思われます。

どれも、至難です。
カラダだけでなく、アタマも良くないといけません。

セミナーの最後に、独り聴勁のやり方を教わりました。

やってみると動きが凄くぎこちないです。
どうにも様になりませんが、少しずつやっていきます。

それから、過去4回のセミナーでは起こらなかった
モモの筋肉痛が発生しました。

大した事はありませんが、久しぶりのことです。
考えてみますと、推手での腰の動きを支えた?
或は、受身から立ち上がる時にリキんだ? くらいですが。

ともかく、慣れない動きとはいえ
たいへん情けないことでした。

ありがとうございました。
そして、来月13日もよろしくお願い致します。


敬具


A,
拝復、●●様。

 御感想、ありがとうございます。

 観念運動の要点は、リラックスして持つということと、五円玉が実際に揺れたり回ったりしている映像をしっかりイメージすることにあります。

 微細な筋肉の動きというのはイメージしなくて大丈夫です。リラックスし、しっかりイメージすれば勝手に動きますから、気楽にやってみてください。

 技のバリエーションは組み合わせで無限大に広がります。ですから、これを一つずつ覚えようとしたら絶対に無理です。

 現に私はすべてその場のアドリブでやっているので、セミナーが終わったら何を教えたか?ということはほとんど覚えていません。

 身体が勝手に動く身体感覚を養成するのが目的なんです。

 モモが筋肉痛になったというのは、日頃、使っていない筋肉に刺激がいったということだと思われます。

 私も、きつい運動をやった覚えがないのに筋肉痛になったりします。どう考えても使った覚えのない箇所が筋肉痛になったりするので不思議ですよね?


------------------------------------

Q,
長野先生の8月9日付けブログを拝見致しました。

冒頭に 「 特に眼振の病気があると言われる方もいらして、「目付け以外の
読みの方法はあるのか?」との御質問も頂戴していました 」

おそらく、この眼振の人とは、●●のことだと存じます。
誠に忝く、恐縮であります。

今度のセミナーも、難しい内容であろうと存じますが、
何としても馳せ参じ、勉強する決意です。

ご指導のほど、よろしくお願い致します。

それにしても、先生のブログには、ネットに公開するのが
勿体無い文章がたくさんあります。

一般の方々には見せたくないです。
あ、これは「心が狭い」ですかね・・・

申し訳ありません。
それでは、失礼いたします。


敬具


A,
拝復、●●様。

 メールありがとうございました。

 正直、私も金にならない文章で技術的な深いレベルのことは書きたくはないんですが、もったいつけ過ぎていると相手にされなくなってしまう危険性もありますし、「長野さんは本当のことをきっちり書く人だ」という具合に認識してもらった方が、将来的には良いだろうな~と思っています。

 しかし、一長一短はありますね。

 病気も含めて人間には一人一人、個性があります。

 良いか悪いかは受け止め方次第なんじゃないでしょうか?

 私は20歳くらいの頃からパニック障害の発作が出るようになって、酷い時はほとんど電車にも乗れないくらいでした。

 今でも30分以上電車に乗る時は発作が出ないように注意しています。

 だから、仕事も制限されて経済的には非常に苦労してきました。

 しかし、お陰で物書きの仕事に必死で取り組み、武術も教えるようになった訳ですから、結果的には良かったんじゃないか?と思います。

 長所も見る角度によっては短所になります。自信家は尊大で傲慢な人に見えたりもしますし、大企業を立ち上げた人が家庭の中は崩壊していたり、周囲は引きずり落としてやろうとする陰険な人間で埋め尽くされて気が休まらないとか・・・。

 いろんな活躍している人を見ても、やっぱり弱みや悩みは尽きないようですよ。

 だから、楽天的に考えた方が気持ちはゆとりができますね。



----------------------------

Q,
 長野先生は
「目付けはあまり公開したくない」
と仰っていましたが、その目付けの講習で、形
として残る資料が用意されていたことにまず驚
きました。

 技の実践の前に、『戦闘的な性格の人は●●
●●●が発達している』、『武道をやっている者
は●を●●●と●●すことができない、●が抜
けているため●●●の●の部分にシワが寄って
いる』など、外見から『読む』方法を教えてい
ただきました。初めて聞くことばかりで、大変
勉強になりました。
「声で実力が分かる。実力のある人は丹田に力
の入った声をしている」
というお話もいただきましたが、先日、能楽堂
へ行った折、狂言師が客席からも分かるくらい
大きく下腹を動かしながらよく響く声を出して
いました。あれが『丹田に力の入った声』で
しょうか。

 実践的な技の練習は、構えから相手の●●を
読み事前に潰す、●●を●●●し動けないよう
にするといった、『先の先』を意識した内容で
した。
 今回初めて教えていただいた『●●●●●●』
は、軸の講習の際にも似たようなご指導をいた
だいたことがありますが、それを更に進めたも
のだと感じました。これだけでもある程度の読
みは可能ですが、●●の構えをとることにより
更に具体的な読みができるようになりました。
やはり想像上の●●●●よりも肉眼で確認でき
る自分の腕の方が『読み』のテクニックを使い
易いということでしょうか。他の参加者の方が
指摘されたように、腕で相手の攻撃を防御でき
るという精神的な安心も要因かもしれません。

 今回ご指導いただいたことは、武術に限らな
い広範囲での応用が期待できます。時間をかけ
て練習しようと思います。

 8月のセミナーは、静岡へ行かなくてはなら
ないため参加できませんが、その分きちんと基
礎を練習して次の機会に参加させていただく所
存です。


A,
拝復、●●様。

 いつも感想ありがとうございます。

 目付けもですが、読みに関しては新しい本で一通り発表しようと決心していまして、本で発表するからには隠しても意味がないと思ったので、資料も用意した訳です。

 能は武士の嗜みだったので、古武術と共通点が多いようです。

 古くからの芸能には丹田を鍛える発想が入っているものが多いですね。

 次回は参加できないとのことで少し残念ですが、新しい本が出た時はお楽しみください。


---------------------------------

Q,
「読み」のご指導、ありがとうございました。
たいへん勉強になりました。

そして、いつもの通り、弱い自分を再発見しました。

こと游心流だけでなく、すべて武術、スポーツ、日常生活に至るまで
極めて大事な秘訣、「読み」の講習を受けられたことは、真に幸いなことでした。

他の方の感想文などにもありますが、長野先生の研究の奥深さは
想像を絶するものがあります。

いってみれば、武術の奥義にも関らず、それをいとも簡単に、
飄飄として語られる先生には、驚くばかりです。

さて小生は、”眼球振とう”という病気で、物を真っ直ぐに見れない半生を
送ってきました。顔を真っ直ぐに向けると眼球が揺れて焦点が合わないからです。

目を合わすのが、苦手です。目が揺れているのを見られたくないからです。
相手からすれば、気にならないほどのものであろうと思いますが。

そして、斜めを向いて、正面を見ると、焦点の合う角度があります。
なので物心つくまでは、いつも斜めを向いていました。

成長するにつれ、それでは見っとも無いと感じるようになり
見えなくとも真っ直ぐにみるように努力するようになりました。

しかし、物を凝視したり、気が緩んだりすると
生来の斜め向きとなります。

剣道をやっていたときに、先生から真っ直ぐに構えろと何度も
注意されました。正眼に構えているのに、面は斜めを向いている。
確かに、それは見っとも無い構えでした。

しかし、相手にとっては、一種フェイントに見えたやもしれません。
少なくとも、遣りづらいことではあったでしょう。

剣道では、やはり相手の目を見て、心を、動きを読めといいます。
しかし、読めませんでした。できるわけないです。

そも視力も悪かったし、目が見えたにしても、心の動きなど・・・
でも不思議なこともありました。

出小手という技があります。相手の動き端に、小手を押さえる――
この技は、相手が動いてから打ちに行っては絶対に間に合いません。

相手が、動くの「う」の時に、打てなくてはいけません。
これは、かなり困難なことです。考えていては不可能です。

それが、見事に決まったことが、一度だけ(汗)ありました。
高1の時でした。その場面は今でも不思議に思い出せます。

読みは、実践できなければ意味はありません。
かつ、いつでも使えなければいけません。

貴重な論理的な説明と稽古法を先生から戴いたのですから、
あとは実戦あるのみです。

とはいうものの、セミナーでやったような対人稽古は、自宅では無理です。
カミさんには手伝ってもらえないでしょうし・・・

それから、読むためには、冷静でなくてはいけません。
しかし、いざという時に、冷静でいられるか・・・

ビビッて俯いて丸くなっているか、
頭に血が上って周りが見えないか、どちらかです。

こんなときは、脱力などできていません。極度の緊張状態でしょう。
つまりは、平静さと読みはセットなんですね。。。

どうすれば、ビビらずに、また、血が上らずに、
平静でいられるか、肚を据えられるか。

これも、やはり、場数を踏むしかないのでしょうか・・・

考えるほどに迷宮に嵌って、暗澹たる気分になります。
下手な考え休むに似たり、とは思いますが。。。

乱文お許しください。


不一


A,
拝復、●●様。

 ご感想、ありがとうございました。

 生きていて心身に何の問題も抱えていない人は、恐らくいないと思います。

 コンプレックスは自分自身が養成するものであり、自分が思うほど他人は気にしないものですし、万事、堂々としていれば人も気にしなくなるものです。

 私は自分の欠点をギャグにして話したりしますが、心理的に捨て身になっていくことで心も鍛錬されます。

 自分は弱いということをきちんと自覚していれば、次に「誰もが本当は弱いのだ」という事実に気づくものです。

 武道や格闘技の強さなんか、別に大したものではありません。そういうことをやっている人間は、実は普通の人より臆病なんですよ(良くいえば「危機意識が鋭敏」)。

 武道や格闘技をやっても寿命が普通の人の二倍になるものでもありませんし、病気や怪我だってします。

「俺が最強だ!」とか吠えてる人には、紛争地域に行って世界から戦争を駆逐して欲しいものですが、できないでしょう?

 死ぬも生きるも天命と思って、「運が悪けりゃ死ぬだけだ」と思っていれば、段々、平気になっていきますよ。

 大丈夫ですよ。死ぬのは貴方だけじゃない。誰もが最後は墓の下。生きてる間は自分のやりたいことをやって人生を充実させるのが命題ですよ。


“読み”に関しては、目付けが大切ではありますが、視力の関係で目付けが向かない人もおられます。

 そういう方の場合、次回の“聴勁”を利用する手がありますよ。道は一つだけじゃありません。無かったら作ればいいんです。



---------------------------------

Q,
拝啓、長野先生

昨日はどうもありがとうございました。
今回の「読み」は武術(戦闘)という分野を超えて日常生活の多岐に
わたって役立つもので大変勉強になりました。
特に相手の性格、精神状態をも含めて「読む」というのは実際、
知らない相手と対峙した時などは非常に重要な技術だと思いました。
とはいうものの、知ると行うとは大違いでどうしても相手の動き出しを
「見て」から動くのが精一杯でした。
後半は何となく相手の身体の●●具合などからどういった蹴りや突きが
くるのか反応できるようになりましたが、「技の発動前に察知してこちらから
先に制する」レベルまでは程遠く、これからも意識しながら感覚を磨きたい
と思います。
家に戻って早速鏡に映る自分を見て動きをチェックしましたが、自分の
想像以上に何を出すかバレバレの動きに若干へこみました。
思った以上に●●が大きく動いてこれは簡単に察知されて捌かれても
無理ないな、と思いました。●から●●ことを意識するあまりオーバーアクション
になっていたようです。
今後は、相手の●●●●●の見極めと同時に、相手に察知されない程、
極力●●●●●で且つ体内の重心移動が的確に行われる身体操作を目指す
必要性を感じました。
そこで質問ですが、相手に読まれにくい動きをするコツのようなものは
あるのでしょうか?例えば中国拳法の蹴りにあるように、●●●●を●から
出すのではなく、●●●●を出すように●●●●膝を上げながら途中で変化
させて蹴る(●●●●・●●●●●●キックのように・・・)といったような技の用法と
体内で相手に察知されないように●●●●や●●を伝達していく身体的な方法が
あるのかな?と漠然と想像していますが、何かヒントをご教示いただければ幸いです。


ご指導ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。



草々

A,
拝復、●●様。

 ご感想、ありがとうございます。また、お中元も頂戴してありがとうございました。ゼリー大好きなので、ありがたいです。

“読み”に関しては時間内で説明し切れなかったことが過半数で、あんまり盛り込み過ぎたかな~と反省しております。

 やはり、本質的なことは体得は難しいものです。簡単にできることは簡単に防がれてしまいます。

「長野さんに習うと難しい秘伝があっと言う間に簡単にできるようになる?」というイメージが広まってしまいましたが、真に難しいことは、体得には相応の時間が必要です。

 もっとも、10年かかることを1年で体得できるようにはできると思っています。

 それはやっぱり、原理を知っているかどうかで大差が生じる訳です。

 目付けのやり方も、知ると知らないでは物凄い差がついてしまいます。

 ご質問の「相手に読まれにくい動きのコツ」ですが、いくつかあります。

1,相手の●●●を殺す。
2,相手の●●から攻撃する。
3,●●●で動く。
・・・等々です。

 ●●●を殺すのは、相手の●●●●●をする構えのことで、●●を●●●●に向ける●●●の構えや、●●●の●●の●●、●●●の●●の掌で相手の●●●●●をするやり方や、●●●●●や●●柔術の●●●で●●●に仮当てするやり方・・・等の行為は、●●●●するというより●●●を殺して間合を潰すためです。相撲の●●●●もそうです。

 ●●から攻撃するというのも、カウンターで技を合わせる時に相手の●●の●から攻撃していくようにすることで、こちらの●●●●●を見せないようにします。相手の●●に収まる範囲(●●対決)で出したら、身体構造上、消える動きは原理的に不可能です。

 ●●●で動くのは、全身協調の連動を●●●で行い、「●●●と思ったら技が終了している」という具合に技を出す途中動作が●●て●●が見えなくすることです。

 これは太極拳の動きがそうなっています。力をタメて、その解放でバネが弾けるように動くやり方ではありませんから、それに慣れている人には難しいでしょう。

 なので、太極拳(陳家以外)を練習してください。


Q,
拝啓、長野先生
お忙しい中、大変詳しい解説ありがとうございました。
なかなかそのまま即体現とはいかない部分も多々ありますが、
意識しながらやってみようと思います。
太極拳どう練習したものかと悩みますが、まずは長野先生の
DVDを見ながら習得したいと思います。
なぜ「陳家以外」とコメントされたのか最後に頭の中に「?」
マークが残りましたが、実際の用法を考えながら型を覚える
事から始めてみます。
ありがとうございました。


A,
拝復、●●様。

 ちと、説明不足だったようなので、補足しておきます。

 太極拳の要になるのは、徹頭徹尾、力を抜いて、ゆっくりじっくりと動いて体内の重心が移動していく感覚を確認しながら練習することにあり、その要点として等速度で動くという点があります。

 しかし、陳式だけは急激に剛的に瞬間発勁する動作が含まれています。

 充分に脱力(放鬆)のできる人がやる分には問題ありませんが、空手拳法系を長くやってきた人が陳式をやると、肝心の脱力が体得できないまま、全身に力が入りまくったまま形ばかりの太極拳をやってしまう場合が多いのです。

 だから、陳式以外の太極拳(楊式・呉式・孫式・簡化24式など)を練習して、徹底的に筋肉に力を入れないまま動く練習をすべきだと勧めている訳です。

 打撃系格闘技を長年やってきた人は、力のタメを作る癖ができていますから、これを徹底的に抜かないと動きの予備動作を大きく取ってしまうので、読みのできる人にはエジキにされてしまいます。

 そして、筋肉の収縮で力を出すのでなく、体内の重心を集中して打ち込む打撃法に変換することで余計な動作は必要なくなります。

 その上で、相手が飛ばずにその場に昏倒するような打撃の秘訣を覚えれば、老人でも簡単に屈強な若者に致命傷を与えることができるようになります。

 ですが、この技は後遺症が残る率が高くてコントロールも難しいので、これを覚えたら試合はやめた方がいいでしょう。相手が突然死する可能性もあると思います。

 どうしてか?と言いますと、打撃訣というのは相手を素手で殺すための当て身の方法なので、その場で昏倒する程度で後遺症の残らないように打つ・・・という方がずっと難しいからです。

 格闘技好きな人は試合が好きなんでしょうけれど、私は後々に起こるだろう後遺症を考えると試合は若いうちにとどめて、乱取りなんかも40過ぎたら止めた方がいいと思います。恨みもない相手を突然死させる危険性のあるスポーツではまずいでしょう。

 また、頭部に直接打撃を受け続けていれば実際に脳機能がどんどん衰えますからね。私が格闘技に深入りしなかったのもそこです。

 プロボクシングの世界チャンピオンが晩年、身体障害者になっていたり、ケンカ空手十段と呼ばれた芦原英幸先生が筋無力症で亡くなったりするのを見ても、直接、身体を打ち合う格闘技が身体に及ぼす悪影響は明らかでしょう。

 正直、私はちょっと本気出して打つと相手を殺してしまうのではないか?と思えて、怖くて本気で打てません。人に教える時はガラスや陶器を扱うつもりで怪我させないように注意して教えています。寸勁を自在に打てるようになると、そうならざるを得ません。

 もっとも、長年、直接打撃制で練習してきて、どうしてもやめられない人には納得できるように教えてはいますが、正直、危険の残らないような打ち方で試合に勝たせるのは難しいですよ。

 中途半端な発勁よりは普通にぶん殴った方がダメージは負わせられるでしょう。

 発勁で人に効かせるには打撃訣を知らないとダメなんですが、それを知れば知ったで違う意味で試合では使えなくなってしまうのです。なので、結局、游心流では自由組手も試合もやらないことにしたんです。

 そういうので「実戦的じゃない!」と言いたい人は、人間の身体について無知なんですね。武道家って身体のこと知らないでしょう? 充分に知識があったら30過ぎた人間に直接打撃の試合はやらせないと思いますよ。必ず後遺症でますからね。


Q、
拝啓、長野先生

更に詳しい解説ありがとうございました。
武道、武術を修行するには人間の身体について
ある程度の知識は不可欠だということがよくわかりました。

幸い(?)自分は10年程前に、体力・体の大きい方に有利な
フルコンタクトルールに疑問を感じて以来、試合には全く興味を
持たなくなり、テレビのK-1などもあまり観なくなりました。

練習では大会に出場する選手相手に組手をすることもありましたが、
今年の3月以降は、そういった組手主体の練習をやる試合偏重の
支部(「組手」と言わずに「スパーリング」なんて言ってます・・・)には
足を運ばなくなり、せいぜいミット打ち、昔からやっている●●●●
(●●●●●●がやっているあの型です)をやる程度になりました。

それでもミット越しに上手く力加減が出来なくて相手が思った以上に
飛んでしまうと怖くなりますし、今回の先生の解説を読むと本当に
注意して練習しないといけないなと改めて思いました。

打撃訣というのは、この相手が飛んでしまう現象の延長線上にあるもの
なのでしょうか?それとも全く異なった用法で行うものなのでしょうか?

とにかく、先ずは太極拳を動きが途絶えることなく連綿とゆっくりじっくり
できるようになるよう頑張ります。

ありがとうございました。


------------------------------

Q,
 初めて、参加させていただいた、福井の●●です。

参加された方が、多いのと遠方からのご参加が多いのに まず、びっくりしました。

 自己紹介に入り、長野先生の、ユーモアを交えた、お話や、参加者の方からの質問に、
丁寧に、又 的確に答えていらっしゃるのをお聞きし、初参加の緊張はいつの間にか消えていました。

 ところが、練体が、始まったとたん、顔から火が出るほど、自分が恥ずかしくなってきました。

 長野先生の著書は、すべて読ませていただき、初級、中級のDVDも、見せていただいていたはずなのに、
練体の大切さをまったく理解していなかったため、いきなり、体が、動きません。

 多分、長野先生は、そんな私をすぐに、見抜かれたと思われますが、
怒られる事もなく、ちゃんとご指導くださいました。    大変失礼いたしました。

 組手に入ってからも、色々ご指導くださり、汗だくになって、やらせていただきました。
セミナー終了後の、喫茶店でのお話も大変面白く、あっという間に時間がたっていました。
 
福井に帰ったのが夜の十一時過ぎ、興奮さめやらずで、家族に報告し、深夜の就寝。
 にもかかわらず、今日の体調は、すこぶる快調でした。
改めて、游心流武術健身法の健身ということが、実感できました。

 また、あらためて、DVDや著書をしっかり見なおして、稽古をしたいと、思っております。

       本当に有難うございました。


A,
拝復、●●様。

 ご感想、ありがとうございました。

 やはり、自分の欠点は人と接している中でしか中々自覚できないものですし、独修している人は誇大妄想に陥りやすいみたいですね。

 セミナーに初めて参加して、思う通りにできないのは当たり前のことですし、それは恥でも何でもありません。

 むしろ、自分のできなさ加減を自覚できない方が問題な訳で、そういう人は向上しないですよね。

 私も、中国拳法の師に出会った時は、「あ~、後、せめて5年前に出会っていれば」と思ったものでしたが、しばらくして「いや、昔に会っていたら何も吸収できなかっただろうな」と思うようになりました。

 年齢を重ねて体力や反射神経に頼るやり方をしても向上は期待できません。

 理合を知って、無理のないやり方で取り組んで、徐々に向上させた方がブレない強靭さを獲得していけると、私は思っています。


-----------------------------------

Q,
拝啓、長野先生。

7月の月例セミナーに参加させていただいた●●●●と申します。先日はご指導していただきありがとうございました。

今回の「読み」はあまりに奥が深く、教えてもらったから出来るようになりました。という簡単なものではなく、自分自身どれだけ研究したか?にかかってくると思いました。

ただ相手を見れば見るほど身体が硬くなり、思い込みも強くなって、ワンテンポ反応が遅れてしまいます。

するとだんだん●を●●の時のように●●●●ず、●●●●まで●●、来ると思った瞬間に●●●●(●に出るのは単なる癖ですが)に踏み出し、後は自然な手の反応任せみたいになってしまいます。

そこで一つお聞きしたいのですが、この感覚任せの癖はやはり無くした方がいいのでしょうか?それとも感覚的な部分も多少は残しておいても構わないのでしょうか?



A,
拝復、●●様。

 ご感想、ありがとうございます。

 感覚に任せた自然な手の反応に関しては、次回の推手の時に解説指導する予定なので、それ自体は間違っている訳ではありません。

 一口に“読み”と言っても、視力の関係で目付けが向かない人もいます。そういう人の場合、感覚(触覚・聴覚・臭覚)で察知したりするのは必然的にそうならざるを得ませんから、一通りのことを知った上で自分の得意なやり方を工夫すればいいと思います。



-----------------------

Q,
拝啓 長野先生

長文失礼いたします。

第6回の游心流セミナー、
ご教授ありがとうございました。

北島先生にも
大変ご丁寧に指導していただきました。
ありがとうございました。

最近は巨体の持ち主を見ると
「やはりこの人の突進を止めるには
まず膝狙いかな。いや、それとも・・」などと
妄想膨らむ
●●●●です。

先日のセミナーの帰り、
電車で斜め前に座って寝ているお兄さんを、
この体つきは、 キック(ボクシング)をやっているな
などと観察していていると
大きなベルトのバックルに「KICK」とかいてあり、
なんだまんまじゃん、とひとり、笑いを含んでおりました。
考えてみれば、
自分の流儀のTシャツを着ている人は、
手の内がわかってしまったりしますね。
そういう方はしっかりと構えをとられる可能性が高いのでしょうが・・・

先日のセミナーは、また一段と得ることが多かったです。
ありがとうございました。

極めた相手の腕を使って背骨を崩す
つまり、相手の身体を武器として使う
合理性に深く感銘いたしました。

また、いろいろと教えていただく中で

●●●とは●●●場合より●●は相手に近づけるのかな。
まず相手に接触することから始めるには最良だな。
などど考えたり、

●●て攻撃しようとする時、ワンツーのリズムが癖になっていて、
その間に相手の攻撃を受けてしまうのに今更ながら気づき、
裁き崩すと同時に攻撃することを心がけるようになりました。

また、正面攻撃が抜けず、
横に回りこむのにいちいちステップを考えたりしていたものが、
いつのまにか不恰好ながらもできるようになっていて、
長野先生のセミナーの不思議さを感じました。
考えるより慣れろということでしょうか。

護身に大切なのは、
「試合(ためしあい)はしない」ということも最近は実感として理解してきました。
相手の●●に入ることも、
脱力して相手の力を無効にするのも、
軸を崩して相手を崩すのも
徹底して●●●●●●●にさせないということですね。
その●●●●●●●●●を知ることが「読み」ということなのでしょうか。
まったく本当に興味が尽きません。


次回のセミナーも大変楽しみです。
ご指導よろしくお願いいたします。

失礼いたします。

敬具


A,
 お返事が遅くなって失礼しました。

 今回の「読み」は、武術の中でも一番、日常生活に役立つものではないか?と思いますので、楽しみにしてください。


---------------------

Q,
先日は軸について講義していただきありがとうございました。
その時に感じたことは軸の講義のはずなのに、内容的には目付け、脱力、交叉法といったものが見受けられ、毎度のことながら游心流の奥深さを実感するとともに、基礎練体の重要性を痛感しました。毎回同じ内容の文面になってしまうことが恥ずかしいのですが、正直な感想です。
これからも御指導よろしくお願いします。

A,
 感想、ありがとうございます。

 今年は意図的に、毎回のテーマを繋げて教えるようにしています。だから、目付け・聴勁・化勁・体捌き・発勁などは自覚しないうちに体得できていくように考えて指導しています。

 その分、かなり難しくなり過ぎているかも知れませんが、一年間で10年20年分の上達を図ることを目標にして凝縮した内容にしています。実際、人によっては見違えるように上達している人もいますよ。

 なので、頑張ってください。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

2009年4月~6月あたりのセミナーご感想

Q,
拝啓、長野先生。

6月の月例セミナーに参加させていただいた●●●●と申します。先日はご指導していただきありがとうございました。

今月のセミナーも非常に楽しく、特に相手の●●を変えるように●●を上げたり、●●を●●ながら下に落とすだけで、こんなにも簡単に崩せるんだ!と分かった事は非常に為になりました。

また相手と接点を作り、●●●●にして、相手の反応に合わせ攻めていく動きは、ぜひ自分も身につけたいと思いました。

しかし対人稽古の経験が少ないからか、相手の反応の仕方も、それに対する自分の対応の仕方も、あまりイメージが広がっていきません。

先生の本などを見て勉強する以外に、対応力を高める稽古法があれば教えていただけないでしょうか。基礎錬体は短時間ながらやってるのですが。



A,
拝復、●●様。

 御感想ありがとうございます。

 対応力を高める稽古となると、もう入会して定期稽古会に通っていただくしか方法はありません。こればっかりは相手がいないとどうにもなりません。

 もし、本気でやりたいと思われていたら、考えてみてください。

------------------------

Q,
拝啓、長野先生

本日はどうもありがとうございました。
回を重ねるに従って、1回のセミナーの密度がどんどん濃くなっている気がしますが、
それだけに出来る限り多くを吸収して帰ろうと必死です。
今回のテーマの「軸の操作」は、先生のDVDを初めて拝見したときに、「最小の動きで
相手の●●●●て制圧している」という印象を強く受けていましたので、前回に比べると、
イメージしやすく、何とかついていけたかと思いました・・・が、色々な技の組み合わせで
バリエーションが広がっていくと、いつの間にか「●●●●を意識し、●●●●を洞察する」
のをすっかり忘れてしまっており、形を真似るので手一杯でした。
実際にはもっとハイスピードで自在に動く相手に技が掛けれないといけないので、間合い、
角度、タイミングを体得しなければいけない訳ですが、即フルコンタクトルールの組手にも
応用できそうなコンビネーションもありましたので、相手の動きをイメージしながら再度復習
したいと思います。
喫茶店での●●先生の技の原理は大変興味深かったです。実際にその通りに技を掛けるのは
並大抵のことではないかもしれませんが、「秘技ではなく基本の延長にある」という技の構造が
わかるだけで、意識して練習することにより自分の動きにいつか変化をもたらせそうで、
感動的でした。

ご指導ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。




草々

A,
拝復、●●様。

 早速の感想、ありがとうございます。

 確かに、最近、ちょっと内容が複雑になり過ぎているかな~?とも思うんですが、最新研究成果を伝えたくなってしまうので、ついつい、突っ走る形になってしまいます。

 現実的にもっと早く動いて攻撃してくる相手にどう掛けるのか?と思われるでしょうが、私のやり方は、“とにかく●●●・●●●と同時に相手を居着かせる・そのまま一方的に技をたたみ込んで一気に潰す”というのが基本戦法です。

 だから、「●●たらもう勝てる」という自信がつくように練習してください。

 これは、“自分から●●●”のと“相手の攻撃をわざと安全に受ける”のと二通りありますが、戦術的には“先の先”と“後の先”になります。

 熟練した相手には先の先でやらないと通用しないでしょう。そのためには歩法も重要ですし、次回の「読み」がキーポイントになります。

 御参考までに・・・。



------------------------------

Q,
 今回は『脱力技法』をテーマにご指導いただ
きました。合気上げや指合気などの基本を一通
り練習した後に、小手を押さえられた状態から
脱力して脱出する方法を練習しました。脱力と
言っても、合気上げの練習などで相手の身体を
掴む際は力を入れなくてはならないので、意外
と握力とスタミナが必要でした。

 基本以外では、相手の構えている手を上から
叩き落とし構えを崩してから反撃する技をご指
導いただきました。相手の構えを崩すには体重
を乗せることが不可欠であり、そのために脱力
が重要となることを学びました。
 また、今までのセミナーであまり練習したこ
とのない技としては、首をロックされた状態で
脱出する技をご指導いただきました。

 今回ご指導いただいた応用技は、単に脱力を
するだけでなく、同時に相手の力の方向を感知
し軸を崩すことで効果を発揮するものが多いと
感じました。その点では、軸がテーマである次
回の予習を兼ねていた、と思いました。

 次回のセミナーにも参加させていただく所存
ですので、宜しくお願い致します。


A,
 いつも御感想ありがとうございます。

 脱力技法は「相手の力のベクトルをずらして力を作用させなくする」という点だけ覚えてもらえば防御法としてほぼ完璧になります。

 その上で重心移動で力を出すことを覚えれば発勁は自在に打てます。

 もう、これだけでほとんど達人を目指すことも可能だと思います。



---------------------------

Q,
拝啓 長野先生

長文失礼いたします。

第4回・5回の游心流セミナー、
ご教授ありがとうございました。

精神は常に脱力しているのに
肉体はなかなか脱力できない
●●●●です。

以前、セミナーの立禅時に肩を下げるよう
長野先生に修正していただいたこともありますが、
どうも肩があがってしまう癖があるようで
注意するようにしています。
肩があがると力みやすい上、
前かがみになり、
脱力できず、体を伸びやかに使うことができないように思います。
また、打撃が腕まわりだけの動きになり、
重心を当てていく攻撃が難しいように感じます。
私の中で、要注意事項です。

肩を下げ脱力すると、視野が広くなったような感じもします。
精神的にリラックスするからなのでしょうか。
また、深く息を取り込めるので、
重心を低い位置に体感できるような気がします。

脱力には、肩を下げることもそうですが、
頭の重さを身体が感じない姿勢が必要で、
その姿勢で動くためには歩法と
タイミングの良さ(読み)が必要だと痛感ました。
あらためて長野先生の教えの深さに感銘を覚えます。

今回の脱力技法では、
力んだ力とは
威力の方向が限定されてしまうものなのだと
感じました。
その方向をずらして相手を崩す、
いつもセミナーで練習していることの意味が、
またひとつ良く理解できたように思います。

力むと相手に動きを読まれてしまうということも
今回のセミナーで強く感じました。


前々回のセミナーでの立禅で、
下腹部が前にせりだし気味になっていたのを
長野先生に修正していただいた時、
ストンと腰が落ち着いたように感じました。
それを意識しながら
通勤電車で、
両手は下げたまま
膝を心持ち曲げる程度の立禅風で立ってみると
これが揺れをいなしてくれる上、
急停車で寄りかかられても、耐えられるというよりは
気にならない。
不思議に落ち着いた感じに味を占め、
先日も目を瞑りながら立禅風をしていましたところ、
気づくといつの間にか乗客の減っている中、
ドア脇に立っている女性のすぐ脇で、
そちらを向いて突っ立っている状態になっており、
女性は警戒心むき出しでこちらを睨んでいました。
確かに、何かを狙っているような、あやしいオヤジ状態でした。
帽子の鍔で女性の視線をかわしつつ、
これからは、つり革にちゃんとつかまろうと肝に銘じました。

セミナー後、
教えていただいたことを思い起こしながら
自分なりに意味などを考察したりします。
その中には、セミナー時に一瞬感じた感覚的なもので
理屈の証明のまだない空論のようなものがあったりしますが、
その真偽の証明の実験もまた、武術のおもしろさではないかと
考えたりしています。


次回のセミナーもご指導よろしくお願いいたします。

では、失礼いたします。

敬具


A,
 御感想ありがとうございます。

 肩を下げる時は肩甲骨から引き降ろすように心掛けるといいですよ。

 それと、力んで力を出そうとすると、力が一方向に集中するので、ほんの少しずらしただけで力を働かなくさせることができるのです。

 それと力んで固定すると重心が居着くので、簡単に崩れてしまうのです。

 という訳で、武術的に考えると力んでいいことなんか一つもないんですよ。

 通勤電車中で目を瞑って立禅をしているとスリにサイフ抜かれたり痴漢の冤罪にあうかもしれませんから、両手で吊り革を持ってきちんと目を開いておいた方がいいですよ。

 それと、立禅は基本的に目を瞑ってはいけません。どうしてか?というと精神がインナーに籠もって妄想が起こりやすくなるからです。

 気で触れずに相手を動かす流派で、目を瞑って立禅をやるように指導していましたが、これでは集団催眠に陥るだけです。御注意ください。


----------------------------

Q,
拝啓、長野先生。

5月の月例セミナーに参加させていただいた●●●●と申します。先日はご指導していただきありがとうございました。

今月の脱力技法も非常に楽しく稽古させていただきました。

合気上げや指を持たせての崩しなどは、自分でも驚くほど相手が崩れたので、「こんなに大きく崩れるものなの?崩れたフリしてくれてるのか??」と逆に頭が混乱してしまったほどです。

ただ2人組んでの対錬の練習の時、相手の攻撃に差し手で合わせた後、1発は打てるのですが、そこで動きが止まってしまいトドメまで技を繋げる事が出来ません。

こういった事は初心者のうちはあまり拘らなくていいのでしょうか?それとも今のうちからそこまで繋げられるようイメージトレーニングのようなものをしておいた方が良いのでしょうか?


A,
 御感想、ありがとうございます。

 合気的な技は、こんなので本当に技が効いているのか?と、誰もが驚くものですが、筋力でやるより重心を制御する方がずっと威力が出るという証明だと考えてください。

 この重心の制御で力を出すことを覚えれば、差し手で一発目に合わせた時点で相手を崩せるようになっていきます。そうなれば、触れた瞬間に相手の重心をコントロールして何もできなくさせてしまうことが可能です。

 ですから、技を繋げることには、あまり拘らなくともいいでしょう。私がいろんな応用技をやっているのは、あくまでもバリエーションの展開のさせ方を見せているだけで、それを覚えても意味はありませんから。できないよりできた方がいいというだけです。


------------------------------

Q,
セミナーに参加させて頂きました●●●●です。先日はご指導ありがとうございました。                            今回の脱力技法では私が学んでいる●●●とは異なるのではないかと思いましたので、頭                      で考えながら行っていました。そのため、うまくいったりいかなかったりでしたが、うま                          くいった時の体の脱力した感覚はこれまでに経験したことがないものでした。この感覚を                      忘れないようにしたいと思います。それにはこの感覚で基礎錬体を行っていくことが必要                           だと思いましたので、今後はそのように鍛錬していきます。                                                                         次回の6月セミナーにも参加させて頂きます。ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。


A,
 御感想ありがとうございました。

 脱力の合気技法は●●●や●●●などで特にやるものですが、●●●でも派閥によっていろいろやり方がありますから、いくつか覚えておくと便利かもしれません。

 また、六月の軸の操作も面白いと思いますので御期待ください。


--------------------------

Q,
先日は脱力について講義していただきありがとうございました。
その際に出来る技と出来ない技があるとお話ししたとき、先生から理合を意識することが大事だと教えていただきました。
僕自身が短気なものですからセミナーに参加したときだけでも先生と同じことが出来ないと焦ってしまい、あのような質問をしてしまいました。
結局、游心流の技を習得するには基礎練体しかないということに気付かされてしまいます。
そこで質問ですが、以前、三元試力を練習するときは指先まで意識することが大事だと教わりましたがスワイショウで脱力を練習するときは何を意識したらいいでしょうか?
やはり何も考えない方がいいのでしょうか?


A,
 御感想ありがとうございます。

 まあ、焦る必要はないですよ。違う技をやっているようでも、原理的には同じことをやっているだけなので、脱力技法が通じない相手には次回の軸の操作の方が効く場合もあるし、それも効かなければ発勁で突き倒すという手もあります。

 合気道の練習の中でも相手の重心を崩す感覚は応用が利く筈なので、工夫次第でいろいろ発見することもあるでしょう。貴方はどうも、理屈をつけて、それに合わせようとし過ぎる傾向があるみたいなので、無心で稽古を繰り返す中から感覚を養成していくのが肝心でしょう。

 それから、スワイショウの時は、最初は背骨を軸に骨盤から捻転させるイメージを持ってやってください。しかも、ゆっくりリラックスしてやることが肝心です。

 慣れたら無心でやった方がいいですよ。


----------------------------

Q,
この間セミナーに参加させていただいた●●です。
楽しいセミナーをありがとうございました。

セミナーの後長野先生の本「武術と生きる日々」を読ましてい
ただいただきました。
ありきたりな感想になってしまうかもしれませんがとてもおも
しろかったです。特に自分が気になったのは武術をやる意味で
す。
本を読んで自分はなぜ格闘技だったり武術だったりに興味があ
ってそれを学ぼう思っているのか考えてみました。
おそらく格闘技をやることで自分自身の弱い心に勝てるよう自
信をつけたいのかなっときづきました。

今の所興味本位の部分が強く恐縮なのですが、また是非セミナ
ーの方にも足を運ばせてもらいたいとおもっているのでよろし
くお願いいたします。


A,
 御感想ありがとうございます。

 もう、入会されていますから、次回からは会員料金で参加できますし、定期稽古会にも参加できますから、好きな時にどうぞ。

 武道や格闘技、武術をやる意味は、人それぞれだろうと思います。私の場合は本に書いたようにイジメ経験から護身の必要性を痛感して始めましたが、今では単純に楽しいからやっているのに過ぎないかもしれません。

 もう、ここまで続けてくると、やらないと生きていけないんじゃないか?というような天職みたいになってしまっていますし、人生は不思議ですね。


-----------------------

Q,
長野先生

先日のセミナーでいろいろと細かいご指導を頂きましてありがとうございました。また、セミナーの後お茶を飲みながらいろいろな裏話を聞かせて頂きとても楽しい時間を過ごさせて頂きました。その中で蝶仙骨のお話をされてましたがそこを運動で柔らかくする方法はあるのでしょうか?教えて下さい。またセミナーに参加させてください。よろしくお願いします。


A,
拝復、●●様。

 御感想ありがとうございました。

 ●●●●●・●●●●って、噂には聞いていましたけど、ほんっとに嫌な性格ですね。

 武術業界長いと、本当に嫌な性格の人達ばっかりと関わってしまうので、最近は本当に付き合わなくなりました。

 でも、長年学ばれたものは、指導していかれると良いと思いますよ。私も今の1/3も実力が無かった頃から教えてきました(思い出すと赤面します)が、教えることが自分の修行になったと思っています。

 それに、練習している時が一番、充実していますし、その上、私はそれで生活しているので、何て幸せ者だろうと思っています。

 カルチャーセンターが難しければサークル活動で人を集められるのも良いと思いますし、是非、御検討されることをお勧めします。宣伝とか私で御協力できることもあると思います。特に日本では●●●を教えるところは至って少ないですし・・・。

 それから、仙腸関節を柔らかくする方法は、うちで練習する丹田歩法の訓練が適しています。それ以外ではカイロプラクティックで骨盤調整をするのも効果がありますが、これは下手な施術を受けると良くないので御注意ください。セミナーの後半の方で骨格調整もやる予定なので、その時はやりますが・・・。


--------------------------

Q,
 今回は『スリ足のステップワーク』をテーマ
に、死角から相手の下半身を蹴り上げる技をご
指導いただきました。これらの技を使うには相
手に接近する必要があり、そういう意味では
『読み』や『歩法』のセミナーの応用でもある
と感じました。

 テーマのステップワークからは外れますが、
縦試力を酔拳らしく応用する技が面白いと思い
ました。他のセミナー参加者の方たちも
「今年のセミナーは毎回基本をご指導いただけ
るのが良い」
と仰っていました。

 今回は、片足に全体重が乗る寸前に骨盤を切
り変えることでもう片方の足を進めるーという
今までとは違う『這い』の歩き方をご指導いた
だきました。当初は難しいと思った這いも、
プールの中で練習すると意外と上手く行きまし
た。プールの底は摩擦が少なく、プールの水が
身体を支えてくれるから練習し易いのだと思い
ます。
 これをプールの外でも行えるよう練習するこ
とを課題とします。


 次回のセミナーでも宜しくお願い致します。


A,
拝復、●●様。

 いつも御感想、ありがとうございます。

 うちの『這い』のやり方は、太気拳のやり方にスリ足歩法を加えてアレンジしたものなので、厳密に言えば『這い』という名称を使うのはどうなのか?とも思っています。

 けれども、原点に敬意を表する意味で『這い』と呼ぶことにしており、もし、太気拳関係者の方々から問題視されるのであれば、その時は名称を変えるべきかな~?とも考えていますけれど、いつも言っていますように、私は自分のやり方が正しくて他所が間違っているという認識ではありませんので、当面は今のままにしておこうと思っています。

 また、プールの中で練習されるというのは、ナイスなやり方だな~と思います。

 王向斎老師は田圃の中で練習したという逸話がありますが、水中の抵抗と、浮力の助けの両面がどう稽古に影響するのか?という点の感想も聞かせてください。

-------------------------------------

Q、
拝啓、長野先生

5月度セミナーに参加しました●●です。
限られた時間内で大変密度の濃いセミナーありがとうございました。
今回のテーマの脱力技法・合気技は初めて体験させていただいた訳ですが、
前回同様、出来ているのかどうかピンとこないというのが正直な感想でした。(出来て

いないのはハッキリわかりましたが・・・)
最初に組を組んで相手をしていただいた方は(すみません、名前忘れました!●●を
されていた方かな・・・?)、見ていて、「立禅」や「這い」がすごく上手い方で、
小柄で細身なんですが、漫画のように簡単に自分を転がされてカルチャーショックでした。
技をかけるコツやタイミングを細かくアドバイスしていただき大変勉強になりました。

他流派同士が技や流派の優劣を論じ合う風潮の多い中、このように異なる流派を学んだ

者同士がお互いの足りない部分を補い合えるような環境ってすばらしいな、とチョット感動しました。
質疑応答の折の「1人で練習する方法」という質問に重複するのですが、長野先生は直接
合気道を学ばれたことはないとのことでしたが、取材等で実際に技をかけられる中で、

コツや感覚を磨かれたのでしょうか?
何度か上手くいった感覚をイメージしていますが、いまひとつイメージだけではどうにも
ならないような気もします。相手がいれば解決するのですが・・・

ご指導ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

P.S.質疑応答の時は「そんなバカな・・・」と思っていましたが、自分もキッチリ筋肉痛に
    なってしまいました(涙)「脱力」がテーマなのに・・・


草々


A、
拝復、●●様。

 御感想ありがとうございます。

 結構、皆さん、できていたと思いますよ。脱力技法は自分で力を込めないから、効いているのかいないのかピンとこないところが難点ですが、相手が倒れたらOKですよ。

 確かに、うちのセミナーは、伝統空手・フルコン空手・合気道・大東流・少林寺拳法・クラブマガ・功朗法・新体道・・・と、いろんな流儀の人が参加されるので、その点でも随分と勉強させられます。教えている私も毎回、楽しんでやっています。

 私は合気道はほとんど学んだことはないんですが、見れば覚えられるので、その点は参考にならないと思います。取材時も実は全然、技をかけてもらったりはしていないんですよね。

 よく、合気武道系のものを学ぶ人は、「技をかけられた感触を大切にしろ」と言うんですが、これは間違いだと思います。

 むしろ、技を掛け合っている人の様子を観察して、どう姿勢が変化して重心がどこに動いていっているのか?という体勢の変化をよ~く観察した方が勉強になります。

 私が重心移動を重視しているのは、自分の体内を動かすことと、相手の体内を動かすことの両方の意味があって、前者は発勁、後者は合気の主要原理と解釈しています。

 この体内の重心移動を洞察する能力は、技の連続写真を観察して姿勢の変化を分析する癖をつければ、イメージが具体的に技能と結び付いていきますよ。最初はDVDより静止して連続している写真の方が分析しやすいですね。

 私は年期が入っているので、写真見ただけで技の原理を分析して、それを「こうやればできるよ」と教えることができるようになっています。昔の武術家が見取り稽古で体得できたというのも、そういうことなんだろうと思っています。

 コレができるようになると、本当に楽しいですよ。

 セミナーで指導している技も全部、アドリブでやっていますから、全然、練習したことないんですよね。研究会に直接入った人なんて、一度も合気技を教えていなかったりしますから・・・。

 まあ、そんな技は重心操作ができれば勝手にできるようになりますからね。

 ただ、最初は重心を点で探るのは難しいので、軸線で捉える方が簡単なんですね。それを次回は指導する予定です。


--------------------------

Q、
先月は大変ありがとうございました。

セミナーでは、約束組手のように、どうにか
身体は動いても、あれが実戦ではそう易くはないでしょう。
よほどの胆力がないと動けませんから。

セミナー後の喫茶店では先生のお話を目の前で
聞くことが出来、誠に有り難いことでした。

その折、5月のセミナーの予約を致しましたが、
もう一度、確認の為、ご連絡をいたします。

今月も、参加させて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します。


A、
拝復、●●様。

 御感想ありがとうございます。

 稽古と実戦、自由組手、試合・・・全部、違いますからね。胆力がないと動けなくなる人はざらに多いのではないでしょうか。

 私は、稽古自体は楽しく遊ぶつもりで良いと思います。平常心で非常事態に対処できれば一番良いと思うからです。

 日本の武道家は緊張し過ぎていると思います。身体はリラックスさせて心も動揺しないで頭脳はクールにしておけば、一番正しい選択ができると思います。

 5月のセミナーは、そのための脱力のやり方をやりますのでお楽しみに・・・。

----------------------------------------

Q、セミナーに参加させて頂きました●●●●です。先日はご指導ありがとうございました。                          前半に行われた自分の両手を前に出し、左右に自分の体を振り、歩法を使用して相手にジグザクに接近して技を仕掛ける稽古では                           技を仕掛けることに集中しすぎて歩法の方がうまく出来ませんでした。これは骨盤から動けず足から動いてしまったからではない    かと考えております。また、両腕を動かさず、自分の正中線を左右に動かす動作も出来ていなかったと感じました。これは基礎訓   練(這)を徹底してやらないといけないと思いました。あらためて自分の基礎訓練不足を痛感しました。その基礎訓練におきまし  て、最後の質疑応答の際に重心を片方の足に完全にかけず、片足にかかる直前に腰を回転させて重心の乗っていないもう片方の足   を移動させる、重心を片方の足に偏らないようにする方法を聞くことが出来たのは私にとって大きな収穫でした。今後はこの這と    前回教わりました丹田歩法をみっちりやっていきます。                                     後半に行われた自らの脚を相手の脚に搦めていく技では方法を覚えることで精一杯でしたが、セミナー翌日での長野先生のブログ   を読ませて頂きまして、技の効用を知ることが出来て大変勉強になりました。相手に接近してからの引き戻し動作のある突き蹴り   では相手に防御されたりあるいは当たり損なった場合に自分が不利になる可能性がありますが、セミナーで教わった方法では自分   に有利な状況を作り出すとともに相手に立ち直る機会を奪うという効果があると思いました。今回もこれまでと同様に大変勉強に   なりました。                                                                       次回の5月セミナーにも参加させて頂きます。ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

二月セミナー「軸」

 二月で私は40代最後の年になりますよ~。いや~、40代はあっという間に過ぎてったな~?

 人間は、年齢を重ねると時の経つのが加速していくって、武道医学のパリッシュ先生に言われたんですけど、その通りだな~?と思います。

 子供の時って、こんなに早く時間が経過するとは思っていなかったように思うんです。

 早く大人になりたいな~とか思ってましたけど、大人になったからって人間の中身が成熟するもんでもないように思います。

 本質的には小学生から精神年齢は上がってないような気がする・・・。

 半世紀近く生きても、相変わらず特撮ヒーロー好きだったりするのは私が普通の会社勤めして結婚して・・・みたいな生き方してこなかったせいかもしれない?と思ってたんですけど、うちの会員さん達も似たようなもんだからな~?

 単に類は友を呼ぶってことかもしれませんが、男のロマンを追求して人生を過ごすことを何よりも優先して生きていくってことは、それはそれで何物にも代え難い幸せです。

 だって、70過ぎてから武術に目覚めて入会してきた人だっているんですからね? 人生の最期に男のロマンに目覚めたっていいじゃんか?


・・・っつう訳で、セカイ系の話題の年である今年も、男のロマンを追求して月に一回、セミナーに来ていただく・・・というコンセプトは続くのです・・・。

 二月のテーマは、「軸」です。

 今回は、単に「体軸」ということじゃなくって、“軸”という概念をどう認識するか?ということが、武術にどう活きてくるか?という点に言及していく予定です。

 一月の参加者の方の感想で、個別の技の名前とかちゃんと教えて欲しいという意見があったんですが、うちの場合、名前覚えても意味がありませんし、名前自体は本に書いてるので、実技を体験して身体感覚を磨くことに専念していただきたいと思っています。

 どうしてか?と申しますと、技の名称は流派によって違ってきますし、各流派で「これが正しい」といった考えがあります。

 しかし、どれが正しくてどれが間違っているか?という問いはナンセンスであり、武術の場合、自分ができることが確実であって、できないことが正しいかどうか?と論じることはまったく意味がないんですよ。

 例えば、黒田鉄山師範が雑誌の中で「我流は所詮、我流です」と書いていたのに対して、甲野善紀氏がコンバットマガジンの連載で反論?をしていたんですが、どんな立派な流派であっても、成立時点では“我流”なんですよね。

「三代続けば立派な伝統派」という言葉もあります。

 宮本武蔵の二天一流だって、成立当初は武蔵個人の感性でできた流派だから・・・云々と言われていたでしょうが、その後、現代まで続いているでしょう?

 私も先日、「長野さんもちゃんとした流派をきちんと学べば良かったんだ」と言われて苦笑しちゃったんですが、私は“我流である点”に誇りを持っていますよ。

 申し訳ないんですけど、私、自分が武術界の最先端を突っ走っていると思ってるんで、既存の流儀の枠組みに納まるのには何の魅力も感じません。

 私より知識の無い人に学んでも意味ないでしょう? 強いだけだったら、ゴマンといるでしょうが、私が目指しているのはオールラウンド・プレイヤー的な武術家なんで、限定的な強さを学んでも意味が無いんです。

 特に、今現在の私の一番の関心は、剣術と居合術であり、そこから派生する体術や手裏剣・棒・・・などの武器術への多様な展開を研究しているので、素手の拳法であるとか格闘術とかには、もう魅力を感じなくなっているんですよ。

 そうですね~。合気武術や内家拳には関心があるけど、突き蹴りとか関節技や投げ技、絞め技とかの個々の技術には興味なくなりましたね。殺法としては不確実に過ぎると思うので・・・。

 中途半端な格闘の技とか体得しても身を護る役には立たないと思いますよ。絶対的な殺法を体得した上で倫理を説くのでなければ、論理が転倒しちゃうでしょう?

 それで、心の問題に論理をすり替えていくのって、要するに敗北宣言でしかない。実用性が無くなったら、もう武術として死んだと同然ですよ。形式だけの流儀の伝統を守り伝えていくことに意義がある・・・なんて口にした時点で、負け!

 私は、武術は常に最新最強を目指して進化し続けていかないと嘘だと思っています。実際に命を護る実用主義であることを放棄してしまったら、その流派は存続の意義を失いますよ。

 私が伝統武術を学ぶ場合も、保存伝承を目的にはしませんね。実際に使えるように工夫しますよ。

 そうでないと、評価されませんからね。

 そういう意味で、人から習わないと何も生み出せない無能な人間と、0からいろんな分野の知識を吸収して自分で創造していく才能を持った人間のどっちが優秀か?って言ったら、考えるまでもないでしょう?

 私が尊敬する先生は、やっぱり0から自分で創り出していける人ですよ。青木宏之先生や田中光四郎先生のような人です。

 青木先生も田中先生も、日本刀操法の研究に入ったのには理由がありますよ。日本の武術は刀を知らないと解らないからですよ。

 また、友寄隆一郎先生のように、空手の技術を探究するために中国武術を研究し、仏教理論も駆使して独自の境地を生み出された先生には、心から尊敬の気持ちを持ちます。

 武術は常に進化発展させ続ける! それが正しい在り方ですよ。

 我流、上等! 私は生涯、我流であり続け、前人未到の領域へと我が信じる武術理論を高めていくだけの話ですよ。

 これもまた、自分の“軸”を定めて生きる!ということです。

 お解りでしょうか? 既存の価値に安寧を見つけるのではなく、自分の価値を自分で創造していく・・・それが、私が見いだした武術の理論であって、“温故知新”の精神で当たらねば成りません!

 私が武術セミナーで伝えたいのは、技の実習を通じて普遍的な人間の個性の解放について気づいていってもらいたいということです。名称なんかどうでもいい!

 特別に才能がある人が名師に学んで何十年もかかって、ようやくできる技・・・なんてイメージは嘘っぱちなんですよ。

 この世は、「理(ことわり)を理解すれば、たちどころに体得できる」という真相が折り重なってできているのです。

 そういう感動を共有してもらえたら、嬉しいですね~。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

武道必修化の問題点

 練習中の死亡事故というのは、様々なスポーツに付き物ですが、人口比率からすると柔道が圧倒的に多いのだそうですね。

 私が昔、聞いた話では合気道が最も死亡事故が多いというものがありました。

 ボクシングやフルコンタクト空手の方が多いんじゃないか?と思えますが、殴る蹴るよりも、投げ技で頭を打ったり、首をくじいたりすることの方が、事故死に繋がりやすいのは、言われてみれば当然のことだと思います。

 投げ技というのは、投げられた本人の体重が作用してしまうので、打ち所が悪ければ一発であの世行きになりかねない訳です。

 拳で殴ったり足で蹴ったりしても、そこまでの衝撃力を出すのは容易ではありません。

 しかし、コンクリートの上に30cmくらい離して頭から投げ落とせば、人間は簡単に死ぬでしょう。

 これは、重力の力が作用している点も見逃せません。

 発勁や合気の技にも重力を用いているので、鍛えていない素人でもコツを知れば一撃必殺の威力を出せます。数十キロの重さが瞬間に作用すると1tくらいの重さになったりする訳です。

 武術というものは、呆れてしまうくらい巧妙に人体を破壊する方法を考えたものだと思いますが、やはり危険過ぎて伝えられなかった技も多いものです。

 柔道も合気道も、もちろん、剣道も空手道も・・・現代で“武道”というカテゴリーの中で普及されていったものは、殺法の要素は極力排除されています。

 スポーツとして競技化が図られたことも大きいと思いますが、やはり、元々が人を殺傷する戦闘術が母体なのですから、その点をきちんと弁えた指導者でなければ教えるのは無理があるでしょう。

 中学校からの武道必修化を危惧する声は、意外にも武道の専門家が多かったようです。

 本来なら、武道人口が増えることは自分の道場も潤うことに繋がるのですから歓迎しそうなものなのに、どうしてなのか?

 確かに、単純に喜んだ人も初めは居たようでした。

 しかし、必修化の実態が知られるに連れて、「これは危険だ・・・」という危惧の声が増えていったのです・・・。

 要するに、“まともな指導者がいないままで教えようとしていたから”です。

 極論すれば、技を教えるだけなら誰でもできます。勘の良い人なら本やDVDを見ただけでも形は覚えられますから・・・。

 しかし、不特定多数の人間に教えるとなると、話はまったく別になります。

 何よりも、大半の武道は、競い合うことがそのまま肉体にダメージを与えることになってしまいます。

 例えば、「空手は相手の身体の寸前で攻撃を止めるから安全だ」と思っている人も多いでしょうが、実際は違います。

“強く当てないように止めているだけ”で、自由組手や試合では突き蹴りが流れて当たってしまう光景は多々ありますし、前歯が全部折れて差し歯になっている選手も多い。“当てないから安全だ”と誤解していると非常に危険です。

 未熟な者には寸前で止めるなんて芸当はできませんから、自由組手をやれば、ボンボン当たって怪我をしてしまうでしょう。

「空手は当てないんじゃなかったのか?」と言っても後の祭です。

 また、柔道や合気道は、基本、受け身ができなければ自殺行為になってしまいます。

 受け身のできない者に素人が投げ技を思い切ってかけたら、打ち所が悪くて死ぬのも当たり前です。

 TVの特集番組で柔道師範が、「三年間、受け身だけやらせてもいいくらいだ」と述べていたのは、専門家らしい卓見だと思いました。

 柔道の技の本質を知らない未熟な者同士が興味本位に試合をやれば、事故死の可能性はけっして低くありません。

 受け身だって、万能ではないのです。下手な人間の受け身を助けるのは、上位の人間が技をかけた時に頭を打たないようにコントロールして投げるからであって、下手な者同士がガムシャラに技を掛け合って事故が起こらない方が不思議でしょう。

 また、畳の上で充分に受け身ができたとしても、岩場やアスファルトの上で勢いよく投げられて無事に済むでしょうか?

 私が古流柔術を学んだ時は、尖った砂利の上やコンクリートの上で受け身の練習をやらされましたし、夜間に戸外で練習したりもしました。「畳の上でできても意味はない」と教えられましたが、確かに実戦ならそうでしょう。

 武道の修練は毎日一時間やって、数年くらいしなければ実地に役立てられるレベルにはなりません。

 柔道経験の無い体育教師に講習会で教えて指導者に仕立てようなんて、どうしてそんな馬鹿な事態になってしまったのでしょうか?

 頭を打つ可能性のある技を禁止すると言っても、下手糞がやればあらゆる技が危険なのです。

 ニュース番組で柔道の危険性をこれでもか?と繰り返し放送されれば、これから柔道をやろうという人が怖じけづいてしまうばかりで、柔道関係者は頭が痛いでしょうね。


 私が思うに、教える者は、教わる者のざっと三倍くらいの技量がなくてはならないと思います。

 どうしてか?というと、そのくらいの実力差がないと技をコントロールできないからです。

 コントロールできなくて怪我をさせてしまうというのは、未熟だということです。

 こう書けば、私が指導員の実力に拘っている意味がお判りでしょう。身を護る技を学んでいて怪我をしたりさせたりしてしまうのでは論外だからです。

 一方で、何故、「道場破りや腕試しに対しては五体満足で帰すな!」みたいな非道なことを言うか?といいますと、道場破りや腕試しをしようとする人間は、基本的に“後先考えずに自分の感情の赴くままに行動してしまう精神的に未熟な人間”であり、そのような行為を繰り返していれば、いずれ自殺行為のような事態に自分から陥ってしまうのが自明です。

 だから、私のところに、人をなめた甘い考えの人間が来たのであれば、二度と馬鹿な考えをしないように厳しく鉄拳指導してやるのが教育的指導だと考えるからです。

 でも、誤解しないでくださいね? 私は基本的に教育現場の体罰容認には反対です。愛情があれば許される? 一体、“誰”が許すんでしょうか? 司法が暴力を容認してはいかんでしょう?

 教育的指導としてビンタ張ったりする場合、やった指導者は「自分は暴力に訴えてしまった」という罪の自覚を持つべきですよ。「体罰だから容認されるんだ」なんて論理は無能な指導者に口実を与えてパワハラを蔓延させるだけですよ。

 私は教師にだけはなるまいと決めていましたが、それは自分が暴力教師になるのが判っていたからです。不良学生をメタメタにして暴力で無理やり根性を叩き直そうとしていたに違いありません。

 武道必修化の背景に、そんな体罰容認の思惑を感じるのは私だけなんでしょうか?

 それでも、私は、必要だと思えば暴力に訴えても問題解決するでしょう。その覚悟が無ければ解決できない問題は多いと思います。

 身体強健でも精神は狂犬並み・・・という人間より、身体は弱くても精神は真っ当・・・という人間の方が世の中で生きていくのに自他に害がありません。

 現実に害を為そうとする人間が目前にいれば、実力でやめさせるしかない場合もあるでしょう。私は、そのために武術を修行してきているという明確な自覚があります。

 ですが、私が思うには、武道や武術を学びたがる人は、自尊心が強過ぎて他人を見下したり思いやりの無い人間が多いように思えます。一見、謙虚そうに振る舞いたがりますが、その本質に傲慢さを隠しているのです。

 いわゆる自己崇拝的ナルチシストが少なくありません。

 未熟なうちは謙虚に振る舞っていても、多少の実力がついたら自惚れて増長する人間を非常に多く見てきました。要は、隠していた本心が露呈した訳です。

 本当に謙虚な人は、自分の中の傲慢な部分を平気でさらけ出してしまったりします。見苦しい部分を隠さない人の方が人間性は信用できます。

 現代で武道や武術を学ぶ意義は、自尊心を満足させることにはありません。むしろ、自尊心を解体して初心から自分の弱い心身を鍛え直しながら、世の中に貢献できる洞察力と実行力を持つ人間になれるようにする点にあると思います。

 だから、私は、ただ武道が強いというだけの人には、もう興味が無くなってしまいました。やはり、世間一般にどれだけ貢献しているか?という点にしか人間の価値は認められないでしょう?

 その点から言っても、私が尊敬できる武道家は至って少ないですね。

 本心を隠して見せかけの謙虚さや上っ面だけの礼儀作法を自己演出する腹黒い人が多いので、私は本当に嫌気がさしています。人間、正直なのが一番です。

 人間は汚い面が多々あって当然であり、私が「武道」という言葉ではなくて「武・術」と言っているのも、道を説いたりすれば偽善と自己欺瞞を避けられなくなるのがカッコ悪いので、ハードボイルドに「武・術」と言っている訳です。

 だいたい、どんな美辞麗句をちりばめてみたところで、本質として武道は戦いの技を磨くものであり、戦いの技とは敵を倒す(殺す)ために工夫されているのであって、その前提の上での「殺さず活かす」という倫理的思想が付与されたに過ぎないのです。

 その戦いの技を修練するのだ・・・という認識が無いところでスポーツ競技としての技術だけを取り出して論じることが、どれだけ本末転倒な愚かなことであるか?という点を、この際、よく考えてみたらいいでしょう。

 以前、『戦争論』の類いを喜々として論じる連中に対する嫌悪感について書いたこともありましたが、私は、本当に“戦い”というものを観詰めないままで論理としての戦争の是非を論じる輩に、「死ぬか生きるかの戦いを一回でも体験してから論じてみろよ」と言いたいのです。

 人を傷つけたり殺したりして罪に感じない人間は、もう救いようがありません。

 武道必修の安全性について論じるのも結構ですが、「何故、武道というものが存在するのか?」という点について考えながら練習するのであれば、それは大いに意義深いものになる可能性もあると思います。

 格闘の強さを求めるとか、試合に勝つ達成感を味わうとか・・・そういったものはスポーツで十分であり、武道がそのレベルで学ばれることに意義があるんでしょうか?

 私は、日本の武道教育の問題点というのは、スポーツ競技として普及した点にあると思っています。スポーツとして考えた場合、武道は確かに安全面に問題があり過ぎるのです。

 そもそも、スポーツの起源は、軍事教練から始まり、それが本来の目的から離れてレクリエーションとして細分化していったものでしょう?

 しかし、武道は軍事教練から個人の心身修養と護身術へと進化したものであり、東洋の心身開発の叡智を採り入れて発展したものです。

 それを、スポーツ競技という枠組みの中に納めるのは単なる矮小化にしかなりません。

 最晩年の嘉納治五郎が、格技として世界に広まった柔道に対して、「これは私が求めていた柔道ではない」と言ったという意味を、よくよく考えねばなりません。

 嘉納は、沖縄空手や合気道、古武道なども集大成した“柔道”を構築することを目論んでいたようですが、それは、恐らく、流派として細胞分裂してしまっていた武術から流派の別を取り払って、新しい武的ムーブメントを起こすことを目指していたのではないでしょうか?

 頑なに試合競技を否定していたという船腰義珍翁や植芝盛平翁も、試合競技の形式の中で武の精神が摩滅し本質から離れていってしまう・・・ということを洞察していたのではないか?と、私は思えてなりません。

 それは単に精神性や思想性の問題ではなく、技術と戦闘理論を構造的に読み解いた場合に、武の術は競技化できる性質ではないからだと私見しています。

 試合競技をするには危険性の高い技は取り除くしかありません。が、取り除いたから安全か?と言えば、そんなことはありません。

 それならば、むしろ、本来の殺法術についても知ることが必要ではなかろうか?と思います。

「こうすれば危険だ。だから、こうして危険のないように注意して練習しましょう」という態度が必要だと思います。

 もう、お判りでしょう?

 私が危険な“殺法”を教えているのも、「武術は本気で使えば簡単に人を殺傷してしまう。だから、強さを求めても空しいことであり、ただ、護身の技術を磨いて使わないで一生を終えるよう祈りつつ、文化としての武術を学ぶことそのものを楽しみましょう」という考えからです。

 もちろん、“技術的な強さ”は体得して欲しいですが、それはあくまで護身術としての技能の熟練であり、どこかの大会に出て活躍して欲しい・・・といった気持ちを会員に対しては持っていません。

 ただ、これは見方を変えれば、一般的な競技上の強さを得るより難しいのかもしれませんね。ちょっと性質が違いますからね。対刃物・対棒・対銃・対複数・・・といったことを考える訳ですから。

 でも、これからの時代に必要とされるのは、そんな護身術としての汎用性の高い武術なんだと私は確信して疑いません・・・。

 その意味で、今回の武道必修化によって発生するであろう諸問題が、逆に「武道とは何か?」という本質論を引き出してくれるなら、それなりの意味があるかもしれないな~?とは思います。

 まあ、犠牲者が出ないことを祈るばかりですが・・・。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

やっぱ、世界最高峰だな~

・・・って思いましたよ。誰が? 青木宏之先生が・・・


 先週、青木先生に預かっていた刀をお返しに事務所に行ってきたんですが、頼まれた研ぎは失敗・・・む、無念・・・。

 でも、単に役に立たなかったんじゃ論外なんで、ちょっくら、お土産話も持ってお訪ねしました。

 で、部外者には閲覧禁止の門外不出の秘技を撮ったDVDを、こっそり観せていただきました。

 私、新体道の会員でも天真会の会員でもないのに、ここまで信頼してもらって、本当に感謝のしようがありませんよ。

 本当に青木先生には私が無名のライターの頃から、良くしていただきましたよ。

「最初に会った時から、長野さんは眼が(人と)違っていて、こいつは将来、何かやるぞって思ってたんですよ・・・」と言われて、フフフッ・・・って思ってたら、「甲野さんの時と同じだよ」って・・・ウ~ム・・・あのオッサンと同じかぁ~? 嬉しさ半減・・・。

 まっ、それはそれとして、今回のDVDで観せていただいた技に関しては、はっきり言って、外見から内部の身体操作を判別するのは不可能。

 つまり、心法技術そのものなんですね。

 とは言っても、よくある感応して反射運動しているやつじゃなくて、極めて高度な心身の誘導をされている感じでしたが、青木先生が、何故、日本最高の武道家と世界で評価されているのか?という具体的な理由が明確に解りましたよ。

 だって、これって、誰もできないもん。

 既存の武道の中にカテゴライズできない領域の技なんですよ。

 ひょっとすると、昔のバリバリに身体が動いた頃の青木先生でも、ここまでの心法技術には達していなかったんじゃないか?とも思いました。

 それと、円月刀という技(型?)の演武を観ていると、これはもう、ジャイアントロボの大魔球グローバーとか、アイアンキングの不知火一族の怪ロボット、モンスターゾロみたいに球体が転がってくる感じで、その球体の内部に入るとスパッと斬られる感じで、前後左右頭上を刀がヒュンヒュン回転し続けてるような感じ。

『帝都物語』に出てきた“剣の護法童子”みたいな感じかな~? H・R・ギーガーがデザインしたヤツ。あれが人間大になったと思えば・・・。

 合気剣の最終完成形と言えば、武術好きには理解しやすいかな~?

『結界師』に出てきた“絶界”の感じにも近いかも?

 とにかく、もう漫画かアニメのような技で、人間が繰り出す技とは思えません。

 何か、青木先生の技って、サルバトール・ダリとかシュールレアリスムっぽいので、普通の武道やっている人間には理解不能なところがあるんですが、さる古流居合術の大家が、「現代でここまでできる人がいたとは・・・?」と仰天したという話を聞くと、「へえ~、ちゃんと観える人がいるんだ?」って、私なんか、そっちに感心しちゃいましたよ。

 どうせ、私以外は解んないヤツばっかりだろうと思ってたから・・・。

 また、個人的に試し斬りのやり方を三種類教えてくださいました。

 二種類は知ってたんですが、改めて教えていただくと、あ~、そういえば三つあるな~?と思いましたね。

 まず、足を止めて正中線を真っすぐ立てて、ストッと斬る最も一般的な斬り方。

 それから、少し離れて、スリ足でスゥーッと近寄りながら、その移動力を利用して流れで斬るやり方。これは新体道の栄光の技をやっているとできるようになる。

 そして、全身をぐにゃぐにゃにして重心落下のエネルギーを刀の一点に乗せて斬るやり方。青木先生が物凄く太い孟宗竹を斬った技が、このやり方を利用したものですが、これは一般的なやり方とまったく違って、ワカメ体操や光と戯れる・・・といった脱力系の技法を使ったものです。

 ちなみに、私の寸勁斬りも、これと同様の身体の使い方をしています。

 しかしね~、今回、改めて観せてもらって、青木先生がいかに一般的な武道の水準から飛び抜けてしまっている人なのか?ということが、よく解りましたよ。

 青木先生と比べたら、私のやってることなんて幼稚園児が砂場で遊んでるのと変わらないですよ。次元が違い過ぎます。ピッコロ大魔王が神様と合体したくらい違~う。

 もっとも、あんまり誉めると、このヒト、付け上がっちゃう?からな~と思って、その場では誉めませんでしたけどね・・・(苦笑)。


 翌日は、スコーレ協会の機関誌で依頼されていた原稿を渡しに、直接、スコーレ会館に行きました。

 と言っても、私の住んでるところから徒歩5分くらいのところなんですよ。

 近いからと思ってユックリ二度寝してたら約束の時間ちょうどに目が覚めてしまい、ヤバイっと思って、ダッシュで行ってきまして、編集長の甲斐さん、事務局の小俣さん、そして永池会長ともお会いしてきました。

 ちょうど、地元の新聞に採り上げてもらったのが届いたばっかりだったらしくて、その記事を読まれてらしたみたいで、甲斐編集長からは貴重なアドバイスを頂戴しました。

 スコーレ協会を御紹介くださった青木先生に感謝!


 まあ、今年は何か、いろいろ仕事が進展しそうな塩梅ですね~。

 それもこれも人の縁です。

 皆さん、人脈は大切にしましょうね。どんな才能のある人でも自分だけでは何もできないんだから・・・。


PS;もうすぐ新作DVDができる予定ですが、先日、技術書用の写真撮影の様子を録画したDVDを編集してくれたんで観たんですが・・・こりゃあ、何かスゲーですよ! え~? 俺たち、こんなことできちゃうの~?って感じで、かなりビックリしました。さっぱり力感が無いのにポーンとふっ飛んじゃう。何か笑っちゃいます。だろうとは思ってたけど、最早、威力の点ではぶっちぎりだな~?と思いました。軽~く打っても、こうだからな~? 新作の中にもちょっと収録しようかな~?と思ってますので、お楽しみに・・・。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

東京支部閉会のお知らせ

 矢嶋師範代から、「自分の実力では師範代や支部長は勤まらないので、お返ししたい」との申し出がありました。

「君が東京支部を閉鎖したら、またネット掲示板でムチャクチャ悪口が書かれるだろうけど、それでいいの?」と聞きましたら、「それは覚悟しています」とのことだったので、了承しました。

 彼自身が仕事の関係で多忙であったのと、メインの会員さんが関西に引っ越して来れなくなってしまうのも大きな理由でしたが、率直にいって、今の彼の実力で支部を率いるのは無理があるな~?と私も思っていたので、このまま頑張らせてもキツクなる一方だろうと思って了解した訳です。

 一般会員としては充分でも、やはり、人を指導するとなると、相応の実力と、指導力が必要になります。

 例えば、悪意のある人間が教わるフリをしてガチンコを仕掛けてきてもいなしてしまえるだけの実力は必要ですし、頑張れば誰でもできるというものではありません。

「今時、長野さんみたいに道場破り対策を考えるのは考え過ぎだよ」と言う人もいましたが、バカ言っちゃいけません。そんな甘い考えで武術を指導できる程、世の中は甘くありませんよ。仲良しクラブじゃあるまいし・・・。

 世の中、話し合いと法律でカタがつくと思っている人が多いですが、人間は感情が優先します。憎悪や嫉妬、逆恨みが理性を上回っての刃傷沙汰は、いつでも起こり得ることですよ。

 それに、どこの団体の師範でも一度や二度は道場破りめいた人間に出くわしているものです。

 そういうのに会ったこともないと自慢する人もいますが、それは、その人が武道の師範として評価されていないから相手にされないだけですよ。

 私は武術家という自覚はありませんが、やっぱり人を指導している以上は口先だけとは言われたくありませんから、「道場破りは五体満足で帰すな!」みたいな昭和の空手道場スタイルの考え方です。

「そういう考え方が敵を増やすのだ」なんて言われてもね~? 自分は無抵抗主義を貫けても、暴力にさらされてる人を目の前にして放っておくような人間にはなりたくありませんからね。

 武術を学んで人に指導する以上は、人並み以上の実力はないと困りますが、それ以上に、指導力というのは、単に実力があるだけではダメで、実際に、ずば抜けた実力のある先生が、教える側になると通り一遍の形式しか教えられない・・・という状況は武道界で数多く見聞するところです。

 むしろ、実力はさほどでもないのに、人を指導させたら天才的に上手い!という人間もいる訳です。

 武道の実力は、流した汗の量に比例する・・・と一般に堅く信じられてきましたが、私は最近、そうじゃないんじゃないか?と思えてきています。

 それは、“いくら練習しても、できるようにならない技”というのが確実にあるからですし、発勁や合気などはその典型例で、原理を理解しなければ、いくら練習しても自然にできるようにはならない・・・という確率が高いでしょう。

 私の場合、発勁や合気などは、ほとんど誰にも習っていません。ほぼ、独学で本に書かれているやり方をじぶんなりにイメージして練習した結果、基本的なやり方を自得しました。

 松田先生や青木先生や初見先生の本が私の最初の師匠だったと言うこともできます。

 当然、その後、いろんな方(十数人はいます)から無数の秘訣を教わってはいますが、基本原理は独力で探り出しています。

「物真似と本物の技は違う」と非難する人もいますが、要は効果的かどうかが技の本質でしょう? 私は、効くかどうか?しか考えていませんよ。どんな名人に本物?の技を習おうが、その人が真に体得して駆使することができなければ意味がありません。

「長野の技は偽物だ!」と言いたい人には、「はいはい、偽物ですけど、それが何か? 実際に相手に効けばいいでしょ?」と言うだけです。

 くだらん権威をひけらかすヤツは自分に自信がないんですね~? 文句つけるだけなら小学生にもできますよ。


 うちの場合、原理を先に理解して練習すれば驚くほど短時間で体得できるように稽古法を体系化していますが、逆説すれば原理を理解しないままでは、いくら練習しても上達できないという欠点があります。

 矢嶋さんの場合、師範代に任命するまでは順調に上達していたのですが、師範代に任命し、支部長として活動しはじめてからは、少し上達しては元に戻ってしまう・・・ということを繰り返しており、後から入った後輩に追い抜かれてしまっていました。

 本人もショックだったでしょうが、原因としては単純で、要するに彼自身が原理をきちんと理解していなかったから上達できなかった・・・ということです。

 一番の問題点は、観の眼が育たなかったことです。

 こればっかりは感覚的なことなので、個人差が大きく、養成するのに差ができてしまうのは仕方がないとも言えます。

 観察するポイントは教えられても、それを処理して構造的な観察眼を育てられるかどうかは本人の能力の問題なのです。

 彼はいくつかの武道や格闘技を経験してきていましたが、むしろ、それらのトレーニング・システムがうちのやり方と相殺し合ってしまっていました。

 どうしても形や手順を暗記する方式でしか体得していけなかったのです。

 一般の会員なら、それでもしようがなかったのですが、それではうちの指導員としては足りません。

 例えば、横浜同好会の代表のKさんは、形はテキトーで、手順もアバウトです。普通だったら、指導者としてどうか?と思われてしまうかもしれませんが、うちの場合はそれでも問題ないのです。

 どうしてか?というと、Kさんは基本原理を応用してアドリブで動けるようになっているからです。

 うちの場合、このアドリブ感覚を体得できているかどうか?という点が、ひとつの目安になっています。「こう来たら、こう返す・・・」というパターンをいくつも覚えても使いものにならない・・・という考えなので、矢嶋さんのやり方では、すぐに技のストックが尽きて教えることが無くなってしまうのが自明だったのです。

 私が彼に厳しい注文をつけていたのも、彼自身が自分の技のアドリブ感覚を体得しないまま、いつまでも基本の手順を暗記したままでやっていたからですが、暗記してやれるレベルは基礎的なものに限られます。

 自分で応用技を自在に編み出せるくらいでないと指導するのは無理です。

 しかし、それはもう能力の問題だから仕方がない・・・ということも判ってきていたので、彼から申し出るまでもなく、しばらく休会したらどうか?と話すつもりでいたのも偽らざるところでした。酷なようですが、事実は事実として、しっかり認めなければ先に進めません。

 普通の武道、格闘技は決められたカリキュラムを一所懸命に練習していれば上達する・・・という面はありますが、それは「頭で考えなくても身体を動かしていれば身体が覚えてくれる」という理論がある・・・と信じられているからです。

「流した汗は嘘をつかない」という考えですね?

 でも、うちの場合は、「無駄な汗は上達の大敵。動く前に感じろ!」というものです。

 従来のトレーニング理論通りにやっていては全然、向上できないのです。

 何故か?

 武術というものは、筋力トレーニングがメインではなく、脳神経系の訓練によって身体能力を引き出していくものだからです。運動機能はその結果、発達していくに過ぎません。

 特に、青木宏之先生から、「長野さんは身体の技はもう十分やっているから、これからは心法をやりなさい」と三年くらい前に言われて、練習の内容を心法の修練にシフトしていってから、矢嶋さん以外の会員は飛躍的に向上するようになったのですが、矢嶋さんにとっては、皆目、どうやって練習していけばいいのか解らなくなってしまっている様子でした。多分、今でも同じでしょう。

 イメージを使った身体内部の訓練、相手の外見から内部の微動を探り出す・・・という心法の訓練は、彼にとってはまったく未知との遭遇になってしまっている様子でした。

 私が剣、居合の修練に熱中するようになったのも、実は心法の訓練には剣、居合の訓練をした方が遥かに効率的だと考えたからでした。

 素手なら気づかなくても剣だとミリ単位のズレ、0コンマ何秒の遅れが命取りになってしまうからです。

 正中線、読み、目付け、察気、間合、角度、拍子・・・といった武術に於ける重要な要素は、ほとんどが剣術、居合術の修練で体得向上させていくことができます。

 そして、それが解ることによって体術の攻防がより精密な身体感覚の読み合いへとシフトしていくのです。

 私が居合の練習しかやらないのも、その少ない練習の内容に濃密な修練の課題を圧縮しているからこそなのです。

 試し斬りも、確実に刃筋を通す・・・ということを確認するための実験という意味合いが大きく、どれだけの斬撃力を得るか?ということは重視していません。マキワラを斬るのも、その重心線を観極めて斜めに両断していく時の、力が集中していく感覚を養成するためであり、それが上手くできれば結果としてマキワラが斬れている・・・という訳なんですね。

 それに、本物の日本刀という物を持って斬るという行為は、精神に緊張を強います。

 下手なやり方をすれば自分が大怪我しかねないからです。ふざけた態度は厳禁です。

 必然的に節度が養成されます。

 うちの会員さん達に初めてマキワラ斬りを体験させると、たいていは間合が遠くなって斬れません。鍔元で斬るくらいの気持ちで間合を詰めないと届かないのです。

 動かないマキワラを斬るのさえ初めてやると難しいのですから、これが真剣を持って攻撃してくる相手が目前にいたら?と仮定すれば、どうでしょうか? 怖くて動けなくなるのが現実だと思います。

 私が真剣を使って無刀捕りを試みたのも、そのような精神的状況で落ち着いてやれるか?という確認のためでしたが、これは斬ってくる北島師範の方が精神的にきつかったんですね。

 最初はノロノロと振ってきたので、「それじゃ、ダメだ! もっと、ビュッと振れ!」と叱ってやらせましたが、怖くて当然なんですよ。

 私が失敗すれば、彼は傷害致死の犯罪者になってしまう訳ですから・・・。

 武術の修行は、やはり生死の境目に直面しないと本物とは言えないと私は思っていますが、かと言って、自分は覚悟できても他人にそれを強いることはできません。

 青木先生が率いた武術のプロジェクト・チーム、楽天会に参加する人達は、修行中の死も覚悟して誓約書を書いていたそうですが、人間が本当に道を求める場合は、命を捧げる覚悟が必要だろうと思います。

 でも、私はそれを会員に要求しようとは思いません。自分から求めてやるのでなければ意味がないからです・・・。

 私は、矢嶋さんが、今回、支部長と師範代を返上したいと言ってきた時に、「自分の実力が足りないので・・・」と言ったことを評価しています。

「仕事が忙しいので」とか「受講生がいないので」とも言えたのに、彼は明確に自分の実力が足りないからであるという理由を私に告げました。

 だから、了承した・・・というのが本心です。

 彼は、約二年間、東京支部長として充分に頑張って会の活動に貢献してくれました。

 私は、別にそういうことを彼に期待してやらせたんじゃないんですが、彼は私の期待に応えようと考えてくれました。その気持ちは嬉しく感じています。

 後輩を一所懸命、上達させようと頑張ってくれていたのも(私がそれを期待していた訳ではなかったのですが)、感謝しています。

 何より、その気持ちが嬉しいじゃないですか?

 私が、もう会は辞めてしまおうか?と考えていた時に残って支えてくれた三人の中の一人ですから、彼が脱落することなく、初心からやり直そうと考えてくれたのも有り難いですね。師弟関係は別として、やっぱり、私の活動を支えてくれた大恩人なんですよ。

 恩を忘れて一方的に文句ばっかり言って後足で砂をかけるように去っていく哀しい人間もいる中、彼の忠誠心は天然記念物モノですよ。

 本当に、私は人の縁に恵まれているな~と思っています。

 矢嶋さんは、うちの会の誇りです! また、初心から頑張って、誰にも文句のつけようのない武術人に育ってくれると確信しています!


PS;古株になってしまった会員のSさんが、結婚が決まった・・・と報告に来てくれました。Sさんもうちに入って、ちょうど10年くらいですよ。何か、結婚ブームかな?

PS2;矢嶋さんがブログで支部閉会のお知らせを出した後、彼の職場にまで電話をかけてきた人間がいた・・・と、矢嶋さんからすぐに電話がありました。仕事中に職場に一面識も無い人間が自分の好奇心を満足させたいだけで電話をするなんて、非常識と言うより、もはや精神の異常を疑わせるに足りる行為です。彼は公務員ですから、これは立派な公務執行妨害になります。名前は判っていますが、敢えて、ここには書きません。ストーカー紛いの迷惑行為を繰り返すのであれば、相応の罰を受けることになりますし、そうなれば、自身が所属する団体の名前に泥を塗ることになります。どうか、自身の非を認識していただきたいと思います。それと、会員を護るのは主宰者の義務ですので、游心流に文句があるなら私を批判してください。会員を巻き込むような分別の無い行為はやめてください。宜しくお願い申し上げます。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

地元新聞に載ったんすけど・・・

 う~ん・・・、事前に原稿読ませてもらえば良かったかな~?と、流石の私も思ったくらい、傲岸不遜な内容で、苦笑してしまいました・・・。

 まあ、取材の時に傲慢かまして話していたから、記者の方の印象がそうなったんだろうから、別に、まっ、いっかぁ~?と思いましたけどね。

 ちょこちょこ間違いもあるんですけど、これも、まっ、いっかぁ~?

 何か、最近、「人の口には戸は建てられない」という言葉をヒシヒシと感じているせいか、もう、何と評されようが、まっ、いっかぁ~?としか思わなくなってきましたね。

 実は、取材の申し込みを受けた時は、「もうちょっと、何か華々しく活躍した時がいいかも?」と思ったりしたんですが、何せ、今の世の中、何がどうなるかわかんないですからね~? 取材してもらえる時に出た方がいいのかも?と思って、有り難くお受けした次第でした。

 実を言うと、今回の取材を受けたのは、私がこんな人生を歩むようになった切っ掛けになってくれた大恩人の叔父のことを書いて欲しいと思ったからなんですね。

 叔父は風邪をこじらせて50代で急逝してしまったんですが、自他共に認める大変人で、親戚中で最も変人度が似ている私を可愛がってくれました。

 私が上京したのも、叔父が相模原に住んでいたからなんですよ。

 もっとも、上京してからは叔父とは喧嘩ばっかりしていたんですけど、それでも頼りにしていましたね。

 殺したって死なないようなバイタリティーのある人だったのに、意外にも、あっけなく亡くなってしまって、本当に呆然としたものでした。

 親戚中で唯一、私の才能を認めて応援してくれていました。

 やっぱり、私は、私の才能を認めて応援してくれる人に恩返ししたいと思うんですね。

 普通、人と違った生き方をしようとすると、真っ先に敵になるのは家族ですよ。

 それから親戚。

 おとなしく人並みの生き方をして親を安心させろ・・・と言うのが親族の義務みたいな感じに思ってるんでしょうね?

 でもね~。これって、自分たちの価値観の枠に押し込めて安心したいだけですよ。

 本人の幸せを本当に思っていたら、どんなに無謀に思えても、思う通りにやらせて応援してあげるのが愛情だと思いますよ。

 そういう点で、叔父は本当に愛情深い人だったな~と思います。

 その叔父のことをしっかり書いてもらえたので、私は満足ですよ。

このページのトップへ
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

リンク
FC2カウンター
最新記事
カテゴリー
長野峻也ブログ
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索