コンテントヘッダー

脱原発は人類の未来のためですよ

 原発論争が世界中で活発化していますね。

「クリーンで安全で経済的なエネルギー」と喧伝されてきた原発ですが、福島原発の大事故によって、それらの宣伝文句がまったく信用ならないものであったことが白日の下にさらけ出されています。

 しかし、敢えて申し上げれば、この大事故によって原発の問題点が浮き彫りになったことは、人類の未来を考える良い切っ掛けになったと思われます。

 私は中学時代から原発の危険性に注目していたんですが、今回、改めていろいろ本を読んで勉強してみました。

 私は考えが甘かったですね。危険だとは思っていたけれども、まさか、ここまでとは思いませんでした・・・。

 それと、経済的というのも真っ赤な嘘。日本の技術が世界一というのも嘘。何から何まで嘘だらけ・・・。

 唖然となりました。


 そもそも、日本の原子力発電は国策でありながら、アメリカに押し付けられたものであり、自民党政権がゴリ押ししてきたものであり、そして拝金主義で構造化され、アンタッチャブルの聖域へと押し上げられてきたものです。

 要は、金をバラ撒いて原発を地方に押し付けて、援助金を出すことで地元に文句を言わせないようにしてきただけです。

 都市部から遠く離れた場所にしか作らないのは、原発の危険性を解っていたからに外なりません。

 しかし、原発が事故を起こして暴走してしまうと、それを止めるまでに長い期間と膨大な金がかかる・・・ということが、今回の福島の事故で判明しました。

 それだけではなく、使用済み燃料も処理できない放射性物質のままであるという事実。

 それを再度循環利用しようという高速増殖炉やプルサーマル型原子炉は、実は福島原発とは比較にならない危険性を秘めており、もし事故が起これば日本に壊滅的な打撃を与えてしまう・・・ということ。水で冷やせば大爆発を起こしてしまうNa冷却というのも絶望的な恐ろしさです。事故が起これば打つ手がない。即刻、廃止しないと日本は滅亡しますよ!

 何故、かくも危険極まる代物を国策として推進しようとしてきていたのか?

 拝金思想に目が眩んでいたんだとしか思えません。

 私が菅さんに期待せざるを得ないのは、自民党に政権が戻った時に原発推進の国策へと逆戻りしてしまうのではないか?と思うからです。

 問題の本質は日本の経済やエネルギーの問題ではありません。

 日本という国が壊滅する危険性のある原発から脱却する必要があるということです。

「今、原発をやめたら日本の経済が立ち行かなくなる」というもっともらしい声もまた、まやかしに満ちています。

 むしろ、「今、原発をやめないと日本の未来は失われかねない」ということです。

 それほどまでに“危険”なのです。

 私は武術を研究している人間ですから、安全な状況ではなく非常時の最悪の状況を考えます。最悪の状況を切り抜ける方策があるなら未だしも、最悪の状況に陥ったら滅亡へと向かうのを回避できない・・・という原発に未来を託すメリットはありません。

「事故さえ起こさねば大丈夫」なんて、何と愚かな考えでしょう。戦争やテロの標的になる場合を想定しなければ国の危機管理はできません。

 原発は核兵器工場と同じです。福島原発の事故で、既に広島型原爆の80発分の放射性物質が拡散してしまったと推測されています。これは今後も増えていくでしょう。

 いい加減に目先の経済効率など考える拝金思想は捨てなくてはいけない。

 地震に関しても、恐らく、現代は活発期に入ったのだろうと思われます。今回の震災を教訓にして備えねばなりません。

「太陽光発電は非効率だ」と、しきりにアピールされたりもしています。

「高いマンションが建設されて日光が遮られて太陽光発電パネルに日光が届かなくなった」という記事も新聞に出ていました。

 何て知恵がないのでしょう?

 太陽光発電が非効率なら、蓄電技術や集光の工夫をして高めていけばいいだけです。日光が遮られてしまったのなら、鏡やレンズで光を集めて照射するようにすればいいではないですか?

 その程度のことは日曜大工で自作できることです。

 私が提案するのは、太陽光パネルや風力の発電キットを売り出してDIYで設置できるようにすれば、大幅に資金も少なくできるし普及も一気に広がるだろうということです。

 電気を個人で作り出していけるようにして普及につとめれば、大規模な停電も避けることができるようになるでしょう。

 それが今までできないような制度になっていたことが問題なのです。巨大な利権組織となっていた電力会社と政府の癒着を構造的に解体して、いろんな企業が参入できるようにすればビジネスとしても大きな可能性を開拓することができる。

 リスクは分散する。これが基本です。

 一局集中の発想から離れて“個”を確立させ、自由に動ける“個”が繋がっていく結果としてできてくる“絆”の重要性は、被災地にいる人達こそが実感されているのではないでしょうか?

 これまでの日本は経済大国として世界の中心にあろうとする意識が強過ぎたのではないでしょうか?

 その結果、足元を見ていなかった。

 人間らしい生き方は、国の制度が提供するものではなく、個人が自分の生きるフィールドで懸命に働き生活していく中にしかありません。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索