コンテントヘッダー

菅さん、よく言った!

 菅首相の脱原発宣言。非難轟々ではありますが、私は、「よくぞ、言った!」という気持ちで一杯です!

 福島原発事故が起こって以来、この国の原発推進国策の恐るべき危険性について、多くの識者が声をあげてきています。

 日本の経済力劣化を心配する声も大きく、メディアを使った原発の必要性キャンペーンも根強いですが、日本の国土が生き物が住めない死の国になり兼ねない原発事故へのリスクと比べれば、選択の余地はないでしょう。

 このまま目先の経済効率に捕らわれて原発を続けていこうとすることは、日本という国の滅亡を招きかねない愚かな選択です。

 どうしてか?というと、原発は放射能汚染を拡大しながらでしか電気エネルギーを生み出せないからです。

 火力発電はCO2を出すから地球温暖化を招いていると批判されますが、原発は放射性廃棄物を生み出します。どっちが危険か考えるまでもありません。

「夢のエネルギー・システム」というプルサーマル型や高速増殖炉も、その危険性が倍加するだけで、海外では技術的に不可能として諦められている技術であり、日本の場合は技術力への信仰心で取り組んでいるとしか言えません。

 水や空気に触れると爆発してしまうナトリウムを使わないと冷却できないというのも致命的な恐ろしさです。もし、福島のような事故が起これば為す術がなく、プルトニウムなどの放射性物質が撒き散らされてしまうのです。

「夢のエネルギー・システム」どころか、現実は「悪夢のエネルギー・システム」です。

 そして、もう一つ、重要な問題は、日本の原発の多くが地震が発生しやすい場所に建てられているということです。

 もしも、プルサーマル型や高速増殖炉のある原発で大きな地震が起こり事故が発生したら、福島とは比較にならない被害が広がってしまいます。

 日本経済がどうこうだの電力不足がどうこうだのと悠長なことを論じている場合ではなく、一刻も早く全原発を停止し、国の政策を転換させるべきです。

 一時的に経済は混乱し、日本は貧乏になるでしょう。

 しかし、内憂を排した後は、立て直していけます。新しいエネルギーをどんどん開発していけば世界をリードしていける。

 今は、目先の経済効率など求めるべきではありません。原発というハイリスクな荷物を手放さないといけません。

 菅首相は、このような情報を知り、考えた末に脱原発を宣言したと思います。

 他の誰が、脱原発へと国の政策の舵を切ろうとできたでしょう?

 確かに菅首相は首相の器ではないかもしれません。

 しかし、そういう人間だったからこそ、戦後の国策として巨大な拝金構造として日本の政治の根底に巣くった原発というガン病巣を切除する決心ができたのだと思います。

 これまで危険性を巧妙に隠蔽し、クリーンな未来のエネルギーというイメージ戦略で、膨大な金を動かす原発ビジネスの恩恵で肥え太ってきた人間たちは、必死でイメージを取り繕おうとしています。

 それは政治家の多くも共犯なのです。

 結局、自分たちの利権を守りたいだけです。

 国民がどれだけ犠牲になろうと、そんな連中の心は痛まない。

 震災以後、恐らく関東圏にも放射性物質がかなり拡散しているだろうと思われます。

 ここ最近、周囲の人が脱毛が酷くなっているようです。多分、放射性物質を含んだ雨を受けたからではないかと思います。

 私は帽子を愛用しているので大丈夫なようですが、体内の有毒物質を排泄する機能があるネックレスをつけているためか、私もちょくちょく好転反応が現れます。先日は、突如、薄めた赤ワインのような血尿が出て驚かされました。

 体調は良いし足裏の反射区で腎臓のところを探ってみても何ともありません。恐らく、体内に溜まった放射性物質を排出したのでは?と考えましたが、血尿は二回出て、以後は普通になりました。やはり、好転反応だったのだと思います。

 けれども、最早、空気・水・食品から体内に取り込まれる放射性物質は避けるのが難しい状況です。

 このような現状で、さらなる原発事故が起これば、もう日本に住み続けることはできなくなってしまうでしょう。

 だから、どうか、目先の経済効率ではなく、将来のために危険な芽は摘み取る勇気を持って欲しい。

 日本は、元々、自然と共存し豊かな文化を育んでいた国です。経済大国などという浮ついた目標のために犠牲にしてきたものを、今、取り戻すべき時期が来ています。

 今、この時代に生き合わせた我々には、その責任があるのではないでしょうか?

 未来を犠牲にした繁栄など求めるのは愚かなだけです。


関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索