コンテントヘッダー

秋本つばさ先生『ヒロインステーション』出演!

 ヒロインエンターテイメントのDVD雑誌『ヒロインステーション』にアクション女優の秋本つばささんが出ているという話を聞いて、先日、アスペクトさんに原稿直しの打ち合わせに行ったついでに神保町の書泉グランデに買いに行ったんですけど、置いてなくってですね~。

 書泉グランデに無いなんて・・・と思っていたら、つばさ基地で殺陣教室に通っている矢嶋師範代がつばさ基地で売ってるというので買ってきてもらいました。

 DVDで秋本さんのアクション指導風景も収録されているということで、ライターの平山賢司さんが体験取材されています。

 で、シダックスの講座の時に矢嶋師範代に代金を渡して受け取ってきたんですが、「何か・・・いけないブツを受け渡してるみたいですね・・・」なんて矢嶋師範代が言うんで、本当にそんな気になっちゃいましたよ(ヤクの取引じゃないんだから~)。

 リニューアル創刊号ということで、特集は萩原佐代子と牧野美千子の往年(80年代)の戦隊シリーズのヒロインの今!

 何か、私と同世代の筈なのに異常に若いのにビックリ。引退しても女優さんって凄い!


 そして、特集の第三が秋本さん!

 インタビュー記事を読むと、何かハリウッドも視野に入れた物凄い夢を描かれていて、でも、秋本さんなら本当に実現できるだろうな~・・・という感じがします。

 何より、彼女の凄いところは周囲の人に対する気配りと自分に対する厳しさ。その徹底したところはオリンピックの金メダリスト級の志しの高さプラス、世の中に貢献したいという人類愛も持たれているところ。

 まあね~、以前、別の雑誌のインタビューで“理想の男性は”という質問に「自分に厳しい人」と答えられていたんですが、それも納得です。しょ~もない男なんか見向きもしないでしょうな~・・・。

 で、最初にお会いしてから5年くらい経ちますか? それでも秋本さんのアクションをしっかり見た機会って、アクションパーティナイトくらいしかなかったので、今回のDVD映像で平山さんを鍛える秋本先生の打撃格闘テクニックの動きは感動物でしたよ。

 矢嶋師範代が、「僕は秋本先生とまともに戦って勝つ自信ないですぅ~」って言ってたんですが、確かに、この突き蹴りのキレ味とスピードはハンパないです。

 正直言って、たまげましたよ。

 以前、パンチの巧みさに感心したんですが、今回は蹴りの見事さに唸ってしまいましたね~。アクション用の魅せる回し蹴りと、実戦的な三日月蹴りの違いを実演してみせる秋本先生の軸の安定度といい、無駄な力みが無く、シュッと撓るように蹴りが出るところなんて、トップクラスのテコンドーやムエタイの選手を思わせます。

 空手道場経営しても成功するだろうな~と思いましたね。

 ちなみに平山さんの運動神経の悪さも際立っていて、蹴りが膝よりちょい上くらいにしか上がらないところが、何か、いい感じにオタッキーでいいな~って感じでした。

「いつもは蹴りを300回やるんですが、今日は30回でいいです」って、何か、やっぱり普通にフルコン空手道場っぽいノリですが、女性向け護身術教室やってもいいんじゃないかな~?

 つばさ基地の名物アクロバット教室での、バック転になると、子供たちの華麗な体操技が楽しそうでした。こちらでの秋本先生は、何だか学校の先生っぽいですね。何か『熱中時代』の志穂美悦子を思い出しましたよ。


 ちなみに、8月半ばからつばさ基地は移転して、4倍の広さになるんだそうです。夢の実現に向けてちゃくちゃくと計画進行中のようです。

 いつどうなるか判らない時代だからこそ、精一杯、夢に向かって生きていかなきゃいけない・・・と思わせてくれるリアル・スーパーヒロインとして、これからもっと注目されていく人だと思いました。


 あっ、それと、先日、秋本さんとつばさ基地の面々も出演されているという水野美紀主演『ソードシーカーズ~刀狩る者』のDVDをK塚さんに買ってもらって観ました。

 ストーリーが今ひとつ解りにくいかな~と思ったんですが、クライマックスに向かって、どんどんアクションが面白くなってきて、なかなか楽しめました。

 刀好きの私としては、シリーズとしてどんどん続いて欲しいものだな~と思います。

 劇中で、カンフー(劈掛掌か?)を使う敵が出てくるんですが、この人のカンフー殺法が実に見事で感心してしまいましたよ。香港カンフー映画でも、こんな具合に技を魅せられる人は少ないと思いますね。それほど、武術的に理に適った動きでした。

 それと、水野美紀が戦う敵の中に蹴りの名手がいたり、もっとアクションを緻密に見せてくれると更に良くなったんじゃないかな~?と思いました。

 やっぱり、アクション物の魅力は、個性的なアクションを見せるキャラクターによりますよね。『酔拳』のウォン・チョンリー、『ヤングマスター』のウォン・インシック、『スパルタンX』のベニー・ユキーデ等々、悪役でも強い印象が残る人もいます。

 ちょうど、モンドTVで『芸者VS忍者』というヘンな映画を見たんですが、これがビックリするくらいアクションが独創的で、香港のワイヤーアクションの影響があるのか?とも思ったんですが、主演女優さんが相当動ける人で、『マッハ!』の古式ムエタイまで使っていて驚きましたよ。

 単なるモンド映画だと思って見たら、思わぬアクション傑作でした。

 こういうのって、クエンティン・タランティーノとかが大好きそうですね。


関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索