コンテントヘッダー

やっぱり気功のせい?

 除霊と称して暴行死させたという事件は昔からありますが、除霊と称してレイプしたって話ははじめて聞きました。

 それがまた、太気拳(意拳)の道場をやっていた人だっていうんだから、カナヅチで脳天ぶっ叩かれた気分です・・・。あ~あ・・・。

 オヤジ狩りを撃退して過剰防衛になっちゃったというんだったら、むしろ拍手したいくらいですが、60過ぎて未成年の少女を襲うのに「除霊です」って、恥ずかし過ぎます。

 もうね~、TVのニュースで、「容疑者は、このようなものをやっていたそうです」ってレポーターが言って、カメラが斜め下に下がると、“太気拳(意拳)~~道場”って看板が映った時は、ガァァ~~~ン・・・ってなりましたよ(苦笑)。

 近所の人の話だと、「なんか太極拳みたいなことやってた」とか、「お経のようなものをブツブツ唱えていた」って・・・。

 ははぁ~? これは立禅やり過ぎて“魔境”に陥っちゃったんだな?と思います。

 中国武術系は気功の訓練でオツムがイッちゃう人がいますからね。ザラに・・・。

 私が『潜在力を引き出す武術の丹田』で警告していたような状態になっていたんじゃないか?と思いますね。

 辞めさせた元の会員にも気功に熱中して“除霊”の話ばっかりするようになった連中がいましたが、脳の違うチャンネルにチューニングしちゃって現実感覚を失ってしまう場合があるから、私は気功訓練はあんまり薦められないですね。

 立禅やっていると誇大妄想的になるのは事実で、言動がおかしくなって自制できなくなる人も数パーセントはいます。危険性を解ってやってる分には自分で「あっ、これはおかしいな?」と自分で気づいてやめられるんですが、無邪気過ぎる人だとイキッぱなしで戻ってこれなくなっちゃうんですよ。

 もっとも、断っておきますが、気功訓練が悪いんじゃなくて、気功の訓練によって刺激された脳が、その人の本質的に持っていて隠している欲望とか邪念を引き出してしまうのだと私は考えています。

 だから、まっとうな人はヘンにならないんですよ。

 元からヘンな人が、より一層、ヘンになっただけ。換言すれば、本性が顕れただけ。

 なので、精神病的資質のある人がやれば、テキメンで発症してしまう。病的要素が出尽くしてしまえば良くなるとも考えられますが、それには一定期間が必要で、治るまでに社会生活が営めなくなる現実的危険性の方が心配されます。

 病的要素は誰でもある訳ですから、上手にコントロールして付き合っていった方が無難だと思いますね。無理に完全に治そうとする方がムチャだと思う。

 私は人によって教え方を変えるし、入会希望者を門前払いすることもありますが、それはすべて相手を観て、その人に害のないように考えて対処するのが常です。

 九割りの人に武術は役立つと思っていますが、中には、武術をやれば人生を壊しかねない人だっているんですよ。

 意味なく人に危害を加えるような人間にとって武術は暴力拡大装置にしかならない。多くの人に迷惑をかけて、最終的には本人を自滅させてしまう。

 私は教える立場ですから、そこまで予測して、習う人に何が必要なのか?ということも考えていかなきゃならないと思っていますが、今回のような武術をやっている人が社会的な事件を起こすと、情けないやら恥ずかしいやら・・・。

 正義のヒーローになれとまでは申しませんが、武術修行者としてのプライドは失わないで欲しいですね。ホント、頼むよ~。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索