コンテントヘッダー

今年は飛躍の年となるか・・・

 一月から仕事が立て込んでいるんですが、お金が入るのはまだ先・・・。でも、仕事しないと金は入らないんだから、頑張るしかない・・・。あ~、大変だよな~・・・。

 何となく、プロのもの書きにはなれたものの、ヒットメイカーへの道はまだ先の話で、自分の自由な仕事を選べる立場ではありません。

 が、それでもお呼びがかかるのは有り難い。

 やっぱり、武術というバックボーンが有ることが私の最大の武器になっているんですから、それは最大限に活用しなくちゃ~いけません。

 で、時代小説家向けの殺陣師?のような仕事をやることになりそうな塩梅・・・。

 既に、時代小説家志望者向けの本の共著の企画も始まっていて、現在、進行中なんですが、それと同時進行で、自分の武術技法書も進めていますし、もう一つ、映画の企画案も進めておりまして、こちらはストーリー原案をアメリカのエージェントを介してプロデューサーに提出し、シナリオ化してもらっている最中です。

 アメリカ人が好きそうな要素をテンコ盛りして書いたので、予想通り、食いつきが良かった。私のアイデアは、やっぱりアメリカ人好みなんだな~? これで念願の映画の仕事ができるか?

 ただし、英訳シナリオの出来によって企画が進むかどうかが決定されるとのことで、もう少し熟成期間も必要かな~?と・・・。

 後、漫画原作と小説も同時進行でやっていきたいな~と思いますね。

『るろうに剣心』って、実は原作者付きなんだそうですね? 加来耕三さんが原作なんだそうですよ?

 劇画原作者で有名な小池一夫さんも、さいとうプロを飛び出した時は各出版社に廻状回されて仕事干されて大変だったらしいですね。

 あの小池先生ですら、そんな大変な時期を体験されていたのか?と思うと、勇気がわきますよ。

 何せ、私も武道出版業界では似たような立場ですからね~。

 よく、読者やセミナー参加者から、「長野先生は、どうして秘伝には出ないんですか?」って、よく聞かれるんですけど、出ないんじゃなくて、出してもらえないんですよ。

 お呼びもかからないのに、自分から出してくれって押しかけていくのも変だしね~。

 でもね~。客観的に考えても、今、武道専門誌に出てもあんまり意味ないんですよね。

 だって、本が売れても2000部程度。印税は20~30万程度でしょ? これじゃ~、全然、食えないですよ。

 才能を100円ショップで叩き売りにするようなもんですよ。

 松田先生と話した時も、拳児の印税のお陰で何とか助かったって言われていましたけど、清貧に生きるのって、大変ですよぉ~。

 なので、私の場合、専門雑誌に出ないことが「カリスマ性」を確立しているんで、本もDVDもずっと売れ続けてるから、いいんですよ。

 悪口書かれたり不買運動とかされると、「そんなに悪く言われる長野さんって何者?」という好奇心から、逆に買う人が増えるんだそうですね。

 だって、今時、インターネット掲示板の情報を鵜呑みにする人っていないでしょう?

 批判されるのも有り難いですね~。批判されるってことは、それだけ注目される人だってことの証明ですからね。

 第一、私なんて、本当に心の底から嫌ってる人のことなんて、書かないもんね。話題にするのも嫌なんですよ。係わりたくないから。

 そんな人が何人かはいますよ。

 話題にされる人って、やっぱり、話題にせずにはおれないカリスマ性みたいなものがある訳で、私も悪口言われなくなったらお仕舞いだよな~って思います。

 これからも、どんどん成り上がって話題にしていただける人間にならなくっちゃ~と思います。

 そんな次第なんで、世界よ終わるな~っ!

追伸;トイレとか風呂に入っている時に地震が起きたら、とりあえず、ドアを開きましょう。もしかして閉じ込められたら困るでしょ?
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索