コンテントヘッダー

三月は“丹田”です

 今年の月例セミナーも、はや三回目・・・、早いですね~?

 で、今回は、目下のところ、最新作である『武術の丹田』でも取り上げている“丹田”についてやってみます。

“下丹田”を、矢嶋さんが、なぜか?「シモタンデン」と読んで教えていて、「シモネタみたいでカッコ悪いよっ」と注意していたのですが、正しくは「カタンデン」と読んでくださいね。

 独己九剣の“逆(手)斬り”も、「サカギリ」と読んでいて、「ちげぇ~よ。ギャクギリだよっ!」と注意していたら、私が間違って読みガナふってたことが判明! 矢嶋さん、スマンっす。

 なんで、サカギリなんてカナふっちゃってたのか? う~む・・・。


 まあ、いい。

 今回の丹田は、どういうことをやるか?と申しますと、丹田の膨張感覚を使ういろいろな技を指導してみようかな~?と思っております。

 また、中丹田、上丹田に関しても、今回は練功法を指導してみようと思います。

 丹田の感覚ができてきたら、心法の訓練ができます。心法が進むと、読みの能力が高まります。読みの能力が高まると目付けに頼る必要がなくなります。

 達人を超えるためには心法技術を磨かないといけません。

 でも、一歩間違うと“魔境に陥る”危険性もあります。

 だから、「こんなものできてもどうってことないよ。たかが武術だよ」という超然とした認識がないと危険です。面白がってるうちに日常感覚を喪失して神秘主義的な話しかしなくなってしまったりすると、もう、後戻りできません。

 丹田を鍛えることは、心を磨くのとセットにしないと自分の欲望ばかりが肥大して、精神のコントロールが効かなくなってしまうのです。

 結果、万能感に酔いしれて自己崇拝的になってしまう訳です。

 人間、冷静に自分の分を認識できないと社会で生きていくのに大変ですからね。

 作家とか芸術家とか芸能人とかには、そういう自己崇拝的なナルチシストが多いのでしょうが、やっぱり、それが行き過ぎると周囲の人達がドン引きして離れていってしまうので、孤独な死を迎えたりする場合もあるみたいですね。

 成功している人は、恐らく、自己崇拝的な部分は絶対にあると思うんですけど、それと同時に周囲への気配りとか愛情深いところもあると思いますね。

 単なる変人だったら、どんなに才能があっても誰も協力してくれませんからね。

 自分の分を通すのと、周囲への気配りのバランスを取るのが大人の条件ですよ。恩を受けたら返せる時には必ず返す・・・とか、そういうことをやっておかないと、いざという時に誰も助けてくれませんからね。


 さて、新作DVD『独己九剣の応用秘訣』では、いろいろな技(発勁や合気に試し斬りに無刀捕り等々)をやっていますが、これらは、「たかが武術なんだから、達人しかできないというものでもないだろう?」という不遜なまでの達観があってこそ体得していくことができました。

 普通にどこかの道場に通って修練していたら、多分、一生、できないままだったんじゃないか?と思います。

 紹介している技は、具体的なやり方を習ったものは一つもありません。見取り稽古や自分のアイデアを試してみた結果です。

 逆手斬りや寸勁斬り、片足立ちで胸を押されても平気とか、指一本で合気をかける、あるいは前腕・太もも・腹でキックを跳ね返す抖勁といった技は、すべてメカニズムを自分で考えて実験してみたものです。

 もちろん、試し斬りは佐原先生の教えを膨らませて考えたり、青木先生の身体の使い方を観て真似したりしているんですが、私は一貫して技術を成立させている原理を探って、そこから技にフィードバックさせて技を開発しています。

 よって、習ったとは言い難い訳ですが、習ってできるものでもないんですね? この手の技って・・・。

 何か、有名な先生に正式に習っているということを自慢したがる人が多いんですが、要するに、自分がどれだけできるか?だけが重要だと思いますよ。

 私なんか、正式に習った先生っていないに等しい訳ですが、たった一度しか会ってなくて、しかも口頭で説明されただけでも、その先生から教えを受けたという感謝の気持ちは持ちますし、まして、技をやって見せてもらったりしたら、それはもう、生涯忘れないつもりで全身全霊で先生の動きを脳に焼き付けてますよ。

 だから、何年も習っている人より、私の方が一発で技を体得できたりするのも珍しくありません。集中力と分析能力と応用能力に差がありますからね。

 だからこそ、「この技は先生のような達人にしかできないんだ」という考え方はしませんし、自分が再現できてから、“明確に体得のための手順を踏めば誰でもできる”と言っているんですね。

 もっと神秘的に伝えられている技でも、タネと仕掛けが判れば、案外、誰でもできるかもしれませんね~?

 ちなみに、新作DVD、量産体制が整って申し込み順に発送中ですが、物凄いテンコ盛り状態になっていて、1万5千円じゃ安過ぎたかな~?と、ちょっと後悔しております。

 あっ、それと、クエストさんから出ている私のDVDも三巻セットのDVD-BOXになるそうですので、宜しくお願いします。

 あっ、それと(アレッ?)、自主映画時代の友人から商業映画への協力の依頼がありまして、ようやく念願の映画業界への進出が叶いそうです。遅咲きもいいとこだけど、今だったら武術指導でも何でもできると思うので、歴史に残るカルト・アクション映画とかに関わっていきたいな~と思ってま~す。


PS;『八卦掌精華』(BABジャパン)を買いました。劉徳寛の八卦六十四掌について書かれた本で、これはクエストから出ている高小飛先生の八卦掌DVDと同じ套路なので、勉強になります。著者の高継武老師は高小飛先生と親戚なのかな~?とも思ったんですが、何も書かれていないので違うのでしょう。起式の托鉢式の形がちょっと違いますが、ほぼ同じなので練習しやすいです。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索