コンテントヘッダー

日本の政治はここまで腐ってるのか・・・

 野田総理が大飯原発の再稼働を宣言する会見には、流石の私も唖然呆然・・・「この人、頭どうにかなっちゃったの?」とすらマジで思ってしまいました。

 野田総理の腰の低さ、丁寧なもの言い、そつの無い対応・・・それらが、見事に人を欺くための手練手管でしかなかったことが、この会見で実証されたように思えました。

 しかし、案外、マスコミは騒がない。もっと大騒ぎになって当然だと思ったんですが、一部で論じられている通り、マスコミもグルになっているとしか考えられませんね。

 過日、西荻窪のほびっと村で講座をやった後、主催者のユリ子さんと話していて、「この国の政治は本当に腐っている。酷いとは思っていたけれど、まさかここまでとは・・・」と慨嘆されていましたが、私も同感・・・というか、反論する人の頭の中身が見てみたいですよ。

 野田総理の発言の論旨は、「日本の豊かな国民生活のために原発は必要」「これからも原発を続ける」「安全が確認された(という設定の)原発は再稼働していく・・・」ってこと以外に解釈のしようのない話なんですよ。

 これ、福島で会見してもらいたかったですね~。野田総理が暗殺されても不思議じゃないでしょう。そのくらい被災者の心を踏み躙る非道な発言ですよ。

 確かに日本の逼迫する経済状態で原発マネーを捨てることは大変かもしれませんが、それじゃあ、原発を続けていくことが反映に繋がるんでしょうか?

 原発の一大問題点は、使った燃料が捨てられないことです。

 どんな立派な家やビルであっても、トイレが無かったら、不便なんてもんじゃないでしょう? 原発がそれなんですよ。

 だから、「使った燃料を再処理してまた使う・・・」という高速増殖炉やプルサーマル型などが日本の優れた技術で可能であるとして取り組まれていましたが、実情はまったく無理。むしろ、ほんの少しの事故で日本列島が死の島になりかねない、とんでもない危険な代物であることが判明してきました。

 野田総理は、福島原発事故の収束宣言を早々に出していましたが、折しも都内公園で高濃度の放射性物質が測定されたり、関東周辺で未だに放射性物質のホットスポットがある訳です。

 原発を続ける限り、日本には未来永劫に渡る滅亡の危険がついて回ってしまいます。

 まして、昨年の東日本大震災以降、日本列島は地震列島化してしまいました。

 いつ、どこで大規模な地震が起こり、大津波が襲うかも判らない・・・。

 そんな状況で、目先の経済効率を優先することの愚かさを自覚しない人間は、狂っているとしか言えません。

 これまで、原発推進をしてきた人達は、「原発は絶対安全だ!」という無根拠な信仰を掲げて地域住民に金をバラ撒いて“豊かな生活”を提供してきました。

 福島原発の被害を受けた人達も、そんな原発マネーの恩恵を受けた人がいたでしょうが、「馬鹿なことをしてしまった・・・」と後悔しなかった人がいるでしょうか?

 東京電力の値上げの話も、噴飯物の欺瞞です。

 愚かしいのは、政府がそれを容認していることですよ。消費税増税の話も胡散臭い。

 野田総理がやろうとしているのは、国民から絞れるだけ絞って、どこかの国に貢ぐということじゃないですか? TPPだってそうでしょう?

 二言目には「国民のため」と言いながら、実際にやろうとしているのは疲弊している国民から更に絞ろうとしているだけ・・・。

 やるべきなのは、まず雇用を増やすこと。そのための新しい仕事を増やすこと。

 簡単なのは、原発解体事業。そして新しいエネルギー事業。破壊と再生。

 この二つをやるだけで巨大な雇用が生まれますね。

 だけど、野田総理には、そういう新しいシステムを作り出す知恵が無い。金の無いところから金を回そうとしたってダメなのは判り切っているのに・・・。

 福島原発で故郷を失った人達には過疎化が進む地域へ移住の斡旋をして、そこで休耕地を開拓したり農業や漁業を活発化すればいいんですよ。

 日本中、過疎で悩んでいる地域はいっぱいあるんですから・・・。

 これまで、実態の伴わない仕事で金だけ回すような真似をしてきたから、この国はおかしくなって拝金主義の守銭奴ばかりが増殖してしまった・・・と私は思います。

 だから、実態のある仕事をやる人を増やしていけばいいんですよ。

 実態のある仕事をやっている人は、生活の苦労も思い知りますよね? だから金の有り難みもわかるし、痛みを知ることが他者への思いやりにも繋がるでしょう?

 日本の政治家がここまでダメなのは、生活の苦労を知らないから人の痛みを知らないんですよ。

 消費税10%にしたら生活できなくなる人が沢山いる・・・という想像が働けば、やらないでしょう?

 通り魔事件起こしたバカが、通帳に20万円しか残ってなくて、これじゃ生活できなくて死ぬしかないと思ったとかいう話でしたが、20万もあれば、日雇いで食いつないで仕事を探す資金には充分ですよ。

 私なんか今でも預金通帳、しょっちゅう、底を尽いてますよ。

 だけど、「金が無くなってきたから、次の本の企画を考えて持ち込むぞっ」って、必死のモチベーションになる。

 私が金持ちのボンボンだったら、何の仕事もしてないでしょうね。貧乏が私の武術を磨いて、成り上がり精神を強くしてくれた最大の鍵ですよ。

 そして、パニック障害で発作起こして電車でバンバン倒れたりしていたから、「これじゃあ、会社勤務とか無理だな~」と思ったから、自宅でできるもの書きの仕事をやれるように頑張ってきた訳ですよ。

 な~んにも無駄になっていない。

 時間はかかりましたけどね。そうですね~、ざっと20年ぐらいかな~?

 でも、苦労を重ねた分、もの書きのネタには困りません。だから、これも無駄ではないんです。

 私が本当に日本の将来を考えて一命を賭けようという政治家と縁ができれば、「日本を2年前の水準に戻すのに原発が必要だと考えるより、向こう10年、経済成長は抑制されても、原発依存から脱却して日本独自の新しいエネルギー・システムの研究開発に専念すれば、100年先、200年先の世界をリードする国家として日本は世界のモデルケースになれますよ。それだけのアイデアを持つ民間の研究家や企業に支援すればいいでしょう」と話したいですね。

 この際、本音を申しますが、私が武術を研究してきたのは、要するに体制を信じていないからなんですよ。

 人間は権力によって変わってしまうものでしょう。

 誰もがヒトラーのような権力で大衆を操りたいという欲望を持っている。その欲望の強い者が政治家を志す・・・と私は思っているので、それで政治は嫌いなんですが、しかし、権力欲に振り回されない克己心を持ち、尚且つ、世の中により良き働きのできる人間が一人でも多く出てくれば、体制の歯車として使われるだけの生き方しかできない民衆という概念を打破して、個人個人が世界と繋がって世界を開いていく働きができる・・・と思うんですね。

 それだけの働きのできる人間は、個人で体制と拮抗するエネルギーを持っていなければいけないでしょう?

 私は、誰もが一騎当千の人間力を持つことで世の中はいくらでも変えられると思っています。

 釈迦、マホメット、ゾロアスター、モーセ、イエス、空海・・・といった宗教家や、哲学者、科学者と並んで、意外と武術家で歴史を変えるほどの影響力を発揮した人がいるでしょう?

 宮本武蔵とブルース・リーは、まさにそうですよ。

 で、世間的にはそこまで知られていませんが、現代最高の武術家として私は青木宏之先生が、まさに人類史上のキーパーソンだと思っています。

 だから、格闘の強い弱いみたいな低レベルな話しかできない阿呆連中とは、もう話したくないんですよ。馬鹿馬鹿しいっちゅうか、何ちゅうか・・・。

 野田総理をはじめ、民主党の議員さん達をTVで見ていると、何だか“落ち武者ゾンビ”に見えてきますね? もう、死に体になっているというか、体制に逆らえずに洗脳された話をしているだけにしか見えません。

 野田総理の会見について、田中優子先生が、「菅さんの退陣のゴタゴタの時から、こうなることが決まっていたのかな~?と思いました」と言われた点。流石の洞察力だと思いました。

 菅さんが首相の座にあそこまでしがみついていたのは、「今、自分が代わったら原発マネーと引き換えに日本は原発実験場にされてしまう」という必死の抵抗だったのではないか?と、私は思っていますが、野田総理は、あっさりと日本を、日本国民を某国への人身御供に売り渡してしまおうとしている・・・と思います。

 野田総理の言う「豊かな国」とは何なんでしょうか? 政治家や一部の大企業だけが豊かに暮らすために国民から搾取できる国という意味なんでしょうか?

 誠実な仮面の奥に悪魔の奸計を巡らしている・・・と思います。

 そういえば、野田総理は左右の瞳の大きさが倍くらい違ってきています。これは左右脳の働きがアンバランスであるということを示しており、要するにハラの中と言ってることが違うということ・・・と観相術では観ます。

“巧言令色少なし仁”ということでしょうね・・・。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索