コンテントヘッダー

ほんに屁のような・・・

 消費税増税の民主党のゴタゴタっぷりを見ていると、本当に、日本の政治家は屁のような連中ばっかりだな~?と、下手なコントを見せられているようですね。

 野田総理に反旗を翻した小沢さんも、さっさと離党すれば良かったのに、いつまでもジラスばかりで、何だかゴジラにエリマキ付けただけで弱っちくなっちゃったジラースみたいで、「国民のためを思って反対しました」ってのがポーズだけなのがバレバレで、「何とも骨抜きになっちゃったな~、小沢は・・・?」って印象だけしか残りません。

 結局、アレでしょ? 小沢さんは金が欲しいだけでしょ?

 本気で国民の苦境を考えているのなら、経済復興の具体的な政策を掲げるのが普通でしょう? 考えも無いのに反対したって政治家としてダメでしょう。

 まっとうな政策があるなら、そんな消費税増税しなくたっていいじゃん?となるのに、その具体的な対策も掲げないで、ただ反対したってダメでしょう。

 これは野田総理も同じで、“頑張ってきちんとしっかりやります”って言ってるだけで、何にも具体的な経済復興の対策が無いんですよ。これでは、何の説得力もありません。

 まして、福島原発事故の原因も明らかでなく、収束だってしていないのに、もう終わったことのように語り、「原発が無くてはやっていけない」という論理を国民に押し付けてゴリ押ししていく無責任さは、万死に値するでしょう。

 また、原発が核武装を目指しての国防の意味があったという事実が明らかになった上は、最早、原発の存続は日本にとってマイナスにしかなりません。

 どうしてか?というと、核武装を目指していたのが明らかになった上は、日本中にある原発施設は最大の攻撃目標になってしまった・・・ということだからです。

 例えば、北朝鮮、中国から原発に普通にミサイル撃ち込まれたら、もうそれだけで日本は壊滅して死の島になってしまいます。

 国防も糞もないですよ。

 エネルギー政策ということであれば、3.11以降、急速に節電・蓄電・自然エネルギー利用の研究開発が進んでいますね? これは大きな経済効果になっているんですよ。

 ここでまた原発マネー・システムに後戻りしたら、日本の高い技術力の発展の可能性を閉ざすことになってしまうでしょう。

 少ない金を回そうとするんじゃなくて、まず金を増やすためのビジネスを優先する。ビジネスの要になる商品開発をする。それが先決でしょう。

 電力会社の独占企業体制を温存させるからいけない訳で、解体していろんな企業が参入して競い合えば、商品内容も進化し金も増える訳ですからね。

 電力だって、大規模なものから小規模なものまでいろんなやり方をできるようにすればいいんですよ。選択の幅が広がれば経済状況も活発になるんですから。

 年金制度だって、崩れるものは無理に温存させようとするより、高齢者が無理なく働ける経済環境をどんどん作った方がいいんです。

 一つのやり方に拘るから無理が生じるんですよ。もっと細分化していろんな手法を選べるようにすればいいんです。

 例えば、店を出したけれども流行らないで火の車。どうしたらいいのか?と考えた場合、じゃあ、商品をネット販売してみようとか、宣伝のプロモーションCFを作って動画サイトに出そう・・・とか、いろいろ手段はある訳ですよ。

 いろいろやって、それでもうまくいかなければ止めればいいんです。

 何だか、野田総理のやり方を見ていると、非常に拙劣なやり方に思えますね。

「こうするしかないんだ!」という固定観念で決めていっている印象を感じます。無策なんですよ。

 一つのやり方に固執すれば、そのやり方が通じなかった時にすべてがオジャンになってしまいます。そんなのは政治家のやり方じゃないですよ。

 今の段階で目先のことを考えて決めていったらいけないでしょう。

 原発稼働を決めるよりも、地熱や天然ガスなどを利用する発電所の増設を計画する方が賢明と思います。


 しかし、日本の問題点は、あまりにも情報をあけすけに公表してしまうことにもあると思いますね。

 小笠原の近くで大量のレアアースの鉱床が海底にあることが判った・・・というニュースを見た瞬間、「あ~、これは中国やロシアやアメリカに先を越されるだろうな~」と思いました。潜水艦で潜って行けちゃうでしょう?

 もっと隠しておいて日本が採掘できる段取りが確立してから発表すればいいのに・・・。

 日本は、忍法とか必修教育した方がいいんじゃないですかね~?

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索