コンテントヘッダー

漫画原作デビュー

・・・が、決まりました!

 具体的なことは、まだ発表できませんが、昨年から受講している小説家養成講座の先生の御紹介で、いくつか進んでいる出版企画の中の一つが、本決まりになった訳です。

 通常、作家デビューは、新人賞に応募して受賞しなければならないのですが、先生曰く、「長野さんは何冊も本を出していて実績があるから、持ち込み企画でもデビューできるでしょう」とのことで、確かに小説の新人賞を取るには、私の文章はあまりにも癖が強過ぎるし、何よりも文芸修行をまったくやっていないので、完全な初心者が挑戦するに等しかったんですね~。

 簡単に言って、講座に通っている受講生の誰よりも私が一番、下手糞なんですよ!

 でもね・・・、それでも私が作家に挑戦しようと決意したのは、「俺はいい小説は書けないが、面白い小説なら書く自信があるっ!」という信念があったからなんですよ。

 作家にとって最も重要なことは、「俺の考える物語が一番、面白い!」という“根拠無き自信”です!

 どうして根拠も無いのに自信が持てるのか?というと、それは軽く狂気が入っているからであり、ストーリーテラーにとって極めて重要な要素なのです。

 今、このブログを読んでいる貴方!

 貴方は、どうして、私のブログを読んでいるのですか?

 そんなの決まってますよね?

 私がヘンなこと書いて面白いからでしょう?

「いや、長野さんは根が真面目で正義感のある立派な人だからだ」・・・なんて考えて読んではいないでしょう?

 私は真面目な人と話していたって、面白くもなんともありません。キテレツな人の文章の方がずっと面白いんですよ。

 立派な美しい文章を読んで感動したいんなら、宗教の本とか読めばいいんです!

 私が目指すはエンタメ! 娯楽! お笑い! 怪力乱神! 非日常! スリルとサスペンス! ファンタジーとアクション!・・・etc。

 物心ついた頃に覚えているのは、TVの洋画劇場の『吸血鬼ドラキュラ』を蚊帳の中から布団被って見た記憶・・・。クリストファー・リーの赤い目と白い牙。ピーター・カッシングがカーテンに飛びついて引き千切ると、太陽光線を浴びて灰になっていくリー。

 あれはトラウマでありつつ、怪奇趣味が定着した時期だったかもしれませんね~?

 映画館で初めて見たのも、ゴジラ映画でしたね。怪獣大好きですからね~。

 他にも、『マタンゴ』『悪魔くん』のマネキン妖怪の回、『ウルトラQ』のクモ男爵の回・・・など、やっぱり怪奇物が好きなんでしょうね~。

 ホラーも挑戦したら書けるかも?

 小説よりは漫画原作の方が合うと思っていたから、本当に嬉しいですね~。しかし、チャンスだからこそ、しっかり頑張らないと。

 売れる作品を出すのがプロですからね。


 で、目指すは、取り敢えず家付き道場! で、猫を飼う!

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索