コンテントヘッダー

雲霧仁左衛門

 時代劇漫画の原作をやることになったので、改めて時代劇専門チャンネルとか観まくってます。

 私が時代劇好きになった切っ掛けは、映画館で観た『雲霧仁左衛門』でした。

 仲代達矢主演で五社英雄監督。

 この二人は『御用金』や『人斬り』でも組んでますが、最高傑作だと個人的に思うのは、TV時代劇スペシャル『丹下左膳 剣風!百万両の壷』でしょう。

 仲代さんは続いて『闇の狩人』でも主演していますが、この頃の五社監督の時代劇は殺陣に迫力があり、適度なケレン味もあって好きですね~。

 もともと、TV時代劇の傑作として今でも名高い『三匹の侍』の演出で注目された人ですが、夏八木勲先生の『牙狼之助』『牙狼之助地獄斬り』などのマカロニウエスタン調の時代活劇が上手いことで知られていました。

 余談ですが、この『牙狼之助』に登場する子猿を連れた唖の賞金稼ぎがスピンオフして若山先生の『唖侍・鬼一法眼』になったというのは時代劇マニア間では知られた話ですし、『御用金』がマカロニウエスタンの『マスター・ガンファイター』になったというのも知られた話。

 晩年は『鬼龍院花子の生涯』なんかの女の一代記で有名になりましたが、もっと活劇やって欲しかったですね~。


 ところで、映画版『雲霧仁左衛門』はクラスマックスが改変されてしまったので原作者の池波正太郎が激怒したんだとか?

 でも、私はそのクライマックスの城中に乗り込んでの殺陣が好きなんですけどね。

 やっぱり、時代劇のクライマックスは戦いでないと・・・。


 私の知る限りでは雲霧仁左衛門は、仲代さんの映画版と、TVシリーズが天知茂版、山崎努版、そして、TVの時代劇スペシャルで萬屋錦之介と松方弘樹が演じていました。

 これらの中で最も評価が高いのが山崎努版。鬼平の裏の話みたいな印象でしたね。

 あっ、そうそう。変わったところでは、『三匹のご隠居』で杖術を遣う丹波哲郎の正体が、実は雲霧仁左衛門だった・・・というオチがありましたね~。

 丹波先生は、山崎努版では仁左衛門こと辻伊織の兄、辻内蔵助を演じており、映画版では盗みに入られてしまう大富豪の伊勢屋を快演していましたね。

 そういえば、丹波先生は鬼平も演じているし、『大盗賊』という作品でも主演しているんですね~。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索