コンテントヘッダー

松田優作の隠れた傑作『大都会パート2』

 最早、松田龍平・翔太のパパと言った方が若い人には通りがいいかもしれない伝説の俳優・松田優作・・・。

 私より上の世代の男子で、高倉健が嫌いという人がいないだろうのと同じく、この人が嫌いという人は、まず、いないと思うんですね~。

 まず、その登場の仕方がカッコ良かった。

『太陽にほえろ』で、マカロニ刑事ことショーケンが壮絶にカッコ悪く立ちションベンしてるところを刺されて死んでから、マカロニの後釜という超絶に難易度の高いポジションで登場する松田優作・・・。

 しかし、新米刑事なのに、いきなり逮捕されて留置所から出勤するというワイルドさ。

 そして、ヒョロッと背が高く手足が長い、モンキーパンチが描くキャラみたいなスタイルで拳銃嫌いの空手の使い手!という設定・・・。

 何か不良が間違って刑事になっちゃった?という感じのアンバランスさで無造作にジーパン履いてるから、「お前はジーパンだ!」と命名されてしまうアバウトさ。

 マカロニの空白を埋めるキャラの強さは設定と本人の資質が見事に融合したからでしょうね。

 そんな松田優作の代表作と言えば、やはりTVでは『太陽にほえろ』『探偵物語』、映画では『最も危険な遊戯』『殺人遊戯』『処刑遊戯』となるでしょう。

 しかし、『蘇る金狼』『野獣死すべし』『ヨコハマBJブルース』『陽炎座』『ア・ホーマンス』『嵐ケ丘』なんかも私は好き。

『乱れからくり』というのもあったな~? 『あばよダチ公』『俺たちに墓はない』も悪くない。

 TVでは『俺たちの勲章』は外せないし、『熱帯夜』『新・事件ドクターストップ』も印象深い。

 でも、忘れちゃいけない松田優作の暴力刑事っぷりが見れるのが『大都会パート2』なんですよ。

 渋過ぎた『大都会』の反省からか、アクション度を強めた『大都会パート2』では、松田優作が久々に刑事役を演じるというのがウリ!

 丁度、ハードボイルド・アクション路線で売ってる最中だったこともあってか、ノビノビと演じている印象があります。

 何か、遊戯シリーズの鳴海昌平と似た感じなんですが、この作品撮ってる時に遊戯シリーズが始まったんだっけ?

 作中、バンバン、アドリブをかます松田優作を苦笑しながら見ている渡哲也が面白いんですよ。

 何でも、渡の大ファンだったので優作もオファーを断らなかったのだとか?

 作中、「部長の命令は聞かない」と憮然としている優作に渡演じる黒岩が命令すると、「クロさんの命令だったら聞きますよぉ~っ」と笑顔ですっ飛んでいく・・・ってところには本音が隠れていたのかな~?

『大都会パート2』、チャンネル銀河で夜11時から二作ずつ放送中です!

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索