コンテントヘッダー

北川景子は時代劇が似合うね

 北川景子主演の『みをつくし料理帖』が、面白かったですね~。

 松岡クンが出てるから、きっと立ち回りもあるぞ!と思っていたんですが、やはり、度重なる嫌がらせで放火しようとする連中を、松岡クンが峰打ちでやっつけるシーンがあって、「待ってましたっ!」っと、私も爺さんの仲間入りですな~・・・。

 ちなみにうちの会員さんは単なる江戸時代のグルメ時代劇だと思って見てなかったみたいなんですが、私は「クライマックスで立ち回りがあるに違いない! 松岡クンが出てるから・・・」と思って見てたのですよ。

 まあ、欲を言えば、北川景子ちゃん本人が戦ってくれると楽しいんですが・・・。

 一連の藤沢周平時代劇の中でも北川景子主演の『花のあと』が私は一番、楽しめましたからね。

 殺陣も非常に良かったんですよ。構えとか所作が丁寧で、かつ時代劇ならではのケレンの部分もある。

 一対三の戦いを、これだけリアルに見せてくれたのも珍しいと思います。

 走ったり、鞘を投げ付けたり、必死さが伝わってきましたよ。

 それに、これは北川景子でなければ成立しなかったと思うし、亀治郎(猿之助)の憎ったらしい悪役ぶりも非常に良かった。

 一連の藤沢時代劇の問題点として、悪役が悪そうに見えない作品が多くて、そこがちょっとね~・・・。カタルシスに結びつかないと言うか何と言うか・・・。

 やっぱり、時代劇はクライマックスで死闘を演じるところが醍醐味なんであって、そこを避けたら作る意味ないと思うんですよ。

 現代の平和ボケ感覚で見たらダメだと思うんですね。

 命をかけて戦うというところが時代劇の要なんだから・・・ちゃんと描かないとね。

 北川景子さんには女剣客とか演じさせたいですね~。あっ、そうだ! いいこと思いついたよ!

 リボンの騎士の時代劇版をやればいいんだよっ!

 あるいは、もののけ姫の実写版とか?

 あっ、テキトーに書いてるけど、いけそうな気がしてきたよ。『るろうに剣心』でニュー時代劇ブームが来そうな感触があるし・・・。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

リンク
FC2カウンター
最新記事
カテゴリー
長野峻也ブログ
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索