コンテントヘッダー

ほびっと村講座『生き残るチカラ』

 年四回(春夏秋冬)に西荻窪のほびっと村にて講座を再開するようになりましたが、今年の最後は10月21日の日曜日。

 三カ月に一回というと、テーマをコロッと忘れてしまいます。

 一応、護身術をやろうと思ってはいたんですが、最近、中年性健忘症?が進んで、代わりにアドリブ体質が強化してきたものですから、今回も何をやるか?というのは、ほぼ何にも考えないで行きました。

 参加者は8人。少ないですが、ほびっと村の講座としてはマアマアみたい?

 ここで10人越えると手狭になりますからね~。

 この日は、前々回に参加されていた方がまた参加してくれていたんですが、この人は非常に武術センスの良い人で合気道を長く続けているそうで、前回参加した時も「彼は上手いよね~」と会員間でも噂していたんです。

 やっぱり、武術に関してはセンスの良い悪いというのは厳然としてありますね。

 センスの良い人というのは、看取り稽古が上手い人で、アクション映画好きな人が多いんですね。何故か・・・。

 観察眼の無い人はいくら教えても上達は難しいですね。良し悪しが判別できないと上達のイメージが作れないんですね。

 で、センスの悪い人というのは、武道馬鹿とでも言うか、「武道はこういうものなんだ」みたいな固定観念の強い人ですね。

 身体が柔軟だとか何だとかよりも、発想が柔軟な人はセンスも良いです。

 人に教えるのも四半世紀くらいやっていると、伸びる人の条件というのも判ります。

 身体能力は自覚的に効果的な練習をすれば変えていけるんですが、ものの考え方の癖というヤツは、なかなか変えることができません。本人が自覚的に変えようとしなければダメなんですね~。

 だから、一回やって見せれば、即座にできるようになる人もいれば、何回やって見せてもできない人もいる訳です。

 昔だったら、「できなきゃ人の何倍も何十倍もやれ!」って言えば良かったんでしょうが、今時、そんなこと言ったら誰も来なくなりますよね。

 それに、はっきり言って、武術なんかできてもあんまし意味無いし・・・(それ、言っちゃうか? オレ)。

 ここ最近、つくづく痛感するようになったのは、技なんかどんだけできたって、心が弱いヤツにはできる訳ないってことなんです。

 逆に、いろいろ実験してきて判明したのは、一瞬で戦闘力を10倍以上アップするには、“ハラを括る”、“覚悟を決める”ってこと!

 これですよ、コレ!

 率直に申しますが、私、どんなヤツが向かってきても勝てる自信がありますよ。

 何故か?というと、技だの力だのスピードだのが勝負を決めるんじゃなくて、捨て身で相討ちになる覚悟を決めれば人間の隠れたチカラが全開になる!と判ったから・・・。

 だから、嫉妬や自己顕示欲しか持たない連中が私に挑んで勝てる訳ないでしょ?

 よって、今回の講座のテーマである「生き残る」、つまり、“サバイバル”を考えた時に最も重要なチカラとは、「捨て身の覚悟になる」ということなんですよ。

 これはとても難しいようでいて、実は誰でも一瞬でできることなんです。

 私が、どうしてコレに気づいたか?といいますと、青木宏之先生の異常な強さを見ていて、何で普通の武道家と違うのか?と考えた時に、「ずっと前に捨て身の覚悟を当たり前にしてしまったからではないか?」と思ったんですね。

 だから、北島師範に真剣で斬ってこさせての無刀捕りをやったりした訳です。

 木刀や模擬刀なら多少の怪我をしても死ぬところまではいかないでしょうが、真剣だと、ちょっと掠っただけで死に直結しますからね。もう技術がどうこうじゃなくて精神力の勝負になる訳です。

 で、やってみたら簡単にできた。

 でも、北島師範の方が怖がって、ゆっくり斬ってる。これじゃ~意味ない。

「もっと速く!」と言って、再チャレンジ。成功!

 よしっ、動揺しないでできた!

 北島師範は一瞬で顔面汗だくになっています。

 その後もちょいちょいやってますが、私が確実に躱しているのが判って、今は躊躇なく斬ってきてくれていますが、それを見ていた大石総教練・・・

「長野先生はいやらしいタイミングで躱しますね~。これじゃ~北島さんが可哀想ですよ~(笑)」と・・・。

 どういう意味かって言うと、私はもっと早く躱せば躱せるのに、斬ってくるギリギリまで待って、わざと先に斬らせるタイミングで躱していたんですね。

 だから、「本当に全力で斬ったりして大丈夫なのかな~? 長野先生、ちゃんと躱せるのかな~?」と、不安になってしまう・・・という訳なのです。

 でも、先の先で楽に安全に躱していては精神力の鍛錬にならないでしょう?

 それに、はた目にはヤラセにしか見えない。

 だから、なるべくギリギリで躱すようにしているんですが、同時に、コンマ何秒の中でもいろんなタイミングが有ることも判ってきたんですね。

 無刀捕りで刀の斬り込みを躱すタイミングも一つしかない訳じゃないんですよ。

 先月くらいまで四か所のポイントがあると思っていましたが、もっとありますね。捕れるポイントが・・・。

 まあ、これは当分、秘密にしておきます。無刀捕りの理論解説ができる段階になってから発表します。今やっても、ほとんど理解してもらえそうもないので・・・。

 講座では、模擬刀の斬り込みを躱して捕る・・・というのもやらせましたが、これが実は講座のメインだったんですよね。

 真剣でやろうかな~?とも思ったんですが、やっぱし過激過ぎるから・・・。


PS;新作DVD『合気の応用』、神保町の高山本店さんにも講座終了後に卸しに行ったんですが、翌日、もう再注文が来まして驚きました! 今回は製作が変わっているので注文に追いついていません。いつもよりお待たせしてしまいますが、宜しく御了解くださいませ。また、DVDはデッキの機種との相性があって、稀に再生できない場合がありますが、一本一本再生チェックして送付しておりますので不良品という訳ではありません。デッキを変えるかパソコンで視聴ください。ノイズが出る場合はほこりなどの影響もありますのでクリーニングしてみてください。うちのデッキも古くなってノイズが出やすくなりました。買い替え時かな~?

PS2;高山本店さんで幻の稀こう本『酔鬼張三傳』を見つけたので、購入しました! 850円が15000円以上になってましたよ~。でも、貴重な本なので惜しくはありません。昔、借りて読んだ時より知識が増えた分、より面白く読めています。

20121022_001.jpg


関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

リンク
FC2カウンター
最新記事
カテゴリー
長野峻也ブログ
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索