コンテントヘッダー

何か地震コワイね~

 何やら、最近、急に地震が増えてきたみたいですが、震源地が千葉県北西部ということで、つまり、これは・・・首都直下型と呼ばれる“アレ”のタイプみたい・・・。

 もっとも、規模が小さいのでエネルギーを小出しにしてくれる分にはリスクが減るから喜ばしいことかもしれないんですが・・・な~んて思っていたら、今度はM7.4の茨城沖の地震が発生して、小さいながらも津波まで来る訳ですから、まだまだ油断は禁物ですね。

 でも、マヤ歴のアレとか、ホピ族のアレとか、惑星ニビルがどうとか・・・あれこれと言われている2012年の12月にもうなっちゃってる訳で、私は結構、“来るぅ~? きっと来るぅ~? きっと来るぅ~?”かも?・・・と、びくびくしちゃったりする訳です。

 この感覚は、一週間で打ち切りになった超問題作『ノストラダムスの大予言』を劇場で見てトラウマを負い、『ムー』『トワイライトゾーン』を愛読していた者の無意識に刷り込まれた名状し難いコズミックホラーな感覚なのです。

 怖いんだけど、何故か「世界が終わる瞬間を見てみたい」という壮大なマゾヒズム。

 これに近い感覚は、昨年の東日本大震災で味わい、その後の福島原発事故で拷問のように精神を蝕んでいたような気がします。

 何か、最近、何人かの知人が「こいつ、発狂してんのか?」と正気を疑うような言動を取ったかと思えば、「Yさんが行方不明になった」とか、「Sが犯罪おかして海外に逃げた・・・」みたいな話を立て続けに聞いて、「これはいよいよクトゥルーが復活すんのか? ルルイエが海上に上がってきたのか?」みたいなホラーな展開がありまして、もう、まっとうな社会が続けられなくなるのだろうか?・・・みたいな予感がしたりする訳ですね。

 政治の世界は相変わらずカオスが続いていますし、何かもう、シッチャカメッチャカな展開になってきて、バカが総出で盆踊りやってるみたいにしか見えません。

 野田さんの“陰陽眼”は古代のシャーマンのようだし、安倍さんの顔はメルトダウン起こしそうだし、嘉田さんはスカート短過ぎない?

 石原さんはマキコから暴走老人と言われたのが大分、お気に入りみたいですね? 選挙カーじゃなくて、いっそ戦車に乗って選挙演説したら面白いですけどね。

 橋下さんもエキセントリックな面が出過ぎてて逆噴射しそうだし、福島みずほは相変わらず迫力無いな~・・・。

 人間は知恵の樹の実は食べなかったのかな~?

 なんか、「みんな~! オラと一緒にパライソさ行くだぁ~っ!」って叫ぶ人がいたら投票しちゃいそうです・・・。


 忙しくってなかなか仕上げられなかった日子流体術仕様の脇差も、鞘塗りをやり直してイマイチなんだけど・・・まっ、いっかぁ~?ってことで、ようやく送りましたよ。

 前金で貰ってるからサクサクッと仕事あげていかないとプロじゃないもんね~(っつうか、職人魂が目覚めつつあるオレ・・・)。

 一回、漆塗りやるとハケが一本ダメになってしまうので、もったいないから藤巻きの模擬刀の鞘にも塗ってみました。何か漆黒になると千檀巻きの鞘みたいでカッコイイです。

 ただ、藤巻きの奥まで漆塗料が染みないので一回だけじゃ不完全。二度塗り、三度塗りが必要だな~と思いましたが、乾ききらないうちに重ね塗りすると表面がデコボコになってしまうので、それはまた次回にするということで・・・。

 もっとも、真剣を使うようになったからか・・・模擬刀も出来の良いのでないと何かやりづらいな~と思うようになってきました。

 今までで一番、扱い易いと思ったのは、現代刀で二尺四寸八分ある薄刃で樋入りの刀だったんですが、これは生活が苦しい時に関西在住の会員さんに売ってしまっていたんです。

 私は基本、ゴツイのが好きなんですが、使う場合はできるだけ軽い刀がいいですね~。

 だから、拵え作る時も柄寄りに重心が来るように作るのが常です。二尺七寸の無銘刀は特に重心が先重りだったので、柄を作る時に鉛や平鉄板を埋め込み鍔も重いのを装着しましたね。これでもまだ重いから樋を掘ってもらおうかどうしようか?と思案しているんですが・・・。


 それと、ホームセンターに行く度にコンクリート針を買ってきているんですけど、これ練習用の手裏剣にもってこいなんですよ。丁度、白井流の棒手裏剣と同じような形状なんで、近距離戦闘の手裏剣の練習に使えますね。

 なんたって、安いから助かります。

 棒手裏剣は数千円かかりますからね。一本で・・・。

 コンクリート針だと数百円。軽量だから室内練習にも向いてます。段ボール重ねて打ってもいい。

 手裏剣術の最大の問題点は「練習場所に困る」ということなんですが、六畳か八畳間のスペースでとりあえず至近距離で狙ったところに刺せるようになるくらいの練習は、これで充分ではないか?と・・・。

 段ボール紙を5~6枚重ねて壁に固定し、マジックで黒丸描いて集中して打つ・・・というのは集中力の鍛練にもなっていいんじゃないでしょうか?

 私が教わった先生は、禅的効用について説かれていましたが、確かに集中して練習していると、いつの間にか一晩中続けていたという経験が何度かありました。

 あれって、カッコ良く言うと三昧(サマーディ)というやつかな~?と・・・。

 何でこんなこと書いているか?と申しますと、インターネット掲示板に四六時中向かって世を呪い人を嫉妬する文言を書いているより、その時間を手裏剣の練習に向けたら、凄い実力が体得できるんじゃないかな~?と思ったからなんですね。

 手裏剣術って、オタク的心性の人に最も向いている武術だと思うんですよ。的を狙って打つだけというのも運動神経や体力と無縁だし、技術的なセオリーが確立していないから我流でやっても上達の見込みがあるし、何よりも刺さるようになると楽しいんですよ!

 昔、新宿の射撃場に時々エアライフル射撃をしに行っていましたが、何か狩猟本能が目覚めるからなんでしょうかね~? 的を狙って打つというのは理屈抜きに楽しいんですよね。

 興味のある方はどうぞ。ただし、生き物に向かったりしないでね~。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索