コンテントヘッダー

質問があったので・・・

 会員から質問があったので、いくつか答えてみます。

1,「日本の剣術では何故、楯を使わないのか?」

 海外では片手で楯、片手で刀剣を持って戦う場合が多く見られますが、日本の剣術はそうしませんね?
 これは、日本刀の使い方が受けと攻撃を同時にやることが前提になっているからです。
 具体的には鎬(しのぎ)を使って敵の刀を受け逸らしながら斬り込む“交叉合わせ斬り(突き)”の原理を使うからです。
 従って、敵の攻撃を受けるだけの技というのは本来は無い訳で、型にそのような動きがあっても、「型では受け太刀だけれど、本当は受けずに斬る」みたいな口伝があるのが普通です。
 いわゆる部外者に見せても構わないようにフェイクを混ぜた表の型とは別に、本当の使い方を選ばれた者のみに教えるための裏の型がある訳ですが、その事情を知らない人間が表の型を見て「あんなの使えない」と侮ったりする訳です。
 二刀流でも小刀で受けて大刀で斬る・・・みたいに思われがちですが、実際は同時攻撃します。攻撃する刀の軌道線上で“ついでに”敵の刀を受け捌いている訳です。
 やってみれば一目瞭然で、相手の攻撃を受けてから反撃しても中々、当たりません。スピードの問題ではなく、拍子が「受け・攻め」の二つになってしまうからです。
 どうも、この拍子について理解している人が少ないですね。見た目の速度に気を取られて、全然、間に合わない見世技を「速い!」と錯覚する阿呆が増殖しているのは困ったものですが、専門家が勘違いして披露している以上、素人が錯覚するのは仕方がないかもしれませんね? 素人は素早い動きを見れば「凄い!」と思うでしょうが、武術のセオリーを理解している人間は見た目の速さではなく動き出す瞬間のタイミングを観察するので、速さの概念が全然、違う訳です。
 例えば、うちの常連会員が空手界最速との呼び声の高い師範の突きを見て、「冗談でしょう? 速いのは手先だけでテレフォンパンチもいいところじゃないですか?」と言っていましたが、確かに最速のパンチを打つために大きく全身でタメを作ってから突いているその師範の突きは二拍子になってしまっていたので、我々から見たら冗談のように遅く見えた訳です・・・。
 老齢の達人がゆっくり動いているのに若い者の猛烈な動きを楽々と躱してしまうのも、スピードではなく、この拍子の問題なのです。


2,「流派によって使う刀が違うのか?」

 薩摩ジゲン流のように“薩摩拵え”という特別な外装をあつらえることも現実にあります。
 が、伯耆流に使う“肥後拵え”や、柳生連也が考案したという“柳生拵え”等もありますが、それらが一般的に普及していたか?となると疑問です。
 貧乏な侍は、そもそも高い金出して外装をあつらえたりできなかったでしょうから。
 例えば、“忍者刀”というのも、実物はほとんど残っていないとされます。解説された古文書に描かれているから実際にあったとは限らないでしょう。忍術の優秀性をアピールするために描かれた創作だったかもしれないからです・・・。


3,「游心流では形はどう扱うのか?」

 形(型)は、その流派の特色を成すものですが、うちの場合は、対他流迎撃を考えているので、はっきり言って形の練習に力を入れると戦闘法もパターン化してしまうという弊害を考えて、特定の形を繰り返し練るという練習はしません。
 重視しているのは変幻自在に動ける身体と、全身のどこからでも打撃できる重心移動感覚、「動けばすなわち技となる」という植芝盛平状態を目指しています。
 無論、正中線だの丹田だのの感覚は中級から上級の前半くらいまでは必要でしょうが、それ以上を目指す場合は、むしろ邪魔になるでしょう。
 長所というのは裏を返せば短所でもあるのです。
 強力な打撃力を出すために足を踏ん張って全身を大きく連動させて打つ・・・というのはまともに当たれば倒せるかもしれませんが、相手がサンドバッグみたいにじっと打たれるのを待ってくれている道理がありませんね?
 プロ格闘家の打撃技は、相手選手が無防備で急所に食らえば一撃必殺の威力が充分にあるものですが、試合では一発で勝負がつくことは稀れでしょう?
 武術を修行する者は、無防備な相手や技を知らない相手を前提に考えていてはいけません。
 形はあくまでも基礎的な身体を練るのと基本的な戦闘のための五体の武器化が目的であって、伝統武術マニアが考えている程の意味はありません。
 肝心なのは、形の中から無数の応用変化技法を抽出して即興で使える感覚を養うことであり、私はそのために中国武術や日本古武術等々、いろんな形を研究しましたが、仕組みが解ってしまうとどれも似たりよったりだな~と思っています。
 だから、逆に骨盤の三つの動きだけに集約してしまった訳です。
 うちの三元試力をみっちりやっていれば、大概の形の要求する身法は自然成長します。
 この発想は、実は青木宏之先生が考案した“天真五相”がネタ元なのです。
 この天真五相は、あまりにも抽象化されてしまったので武術的実用はどのようにできるのか不明で、習っている人達も実用化できるとも思っていない人が多いでしょう。
 普通の空手の形は左右体がアシンメトリー(非対象)ですが、天真五相はシンメトリーなんですね? これは「陰陽が分かれていない」という武術の一般概念からしたら掟破りなんですよ。
 でも、ア・エ・イ・オ・ウ(ン)の“五行”はあります。
 これがどういう意味かは武道という枠組みを外して見ないと解りません。
 ヒントを書いておけば、健康法はシンメトリーが原則・・・、まあ、そういうことですよ。武術は自然体に逆らっている・・・という訳です。
 無論、だからといって私は武術の形を否定している訳ではありません。
 その証拠に上級型(独己九剣)は念入りに考案しています。
 居合術から無刀捕り・剣・杖・体術等へと無限に応用発展していく超進化系の型として作った訳なんですが、どうも、会員の誰一人としてこの型の凄さを理解してくれていない様子なのが哀しいですね~。
 この型を作った時は、「俺、超天才だぜ! スゲ~ぜ、俺!」って小躍りして思ったんですけどね~(苦笑)。
 居合術が体術にそのまま応用できるなんてスゴイと思いませんか?
 これに比べると初級・中級の対錬型は三つくらいに減らせないかな~?と思ってるんですが・・・。
 まっ、独己九剣も最初の二本だけで充分なんですけどね・・・。


4,「そうは言っても、あまりに手掛かりが無さ過ぎて、初心者は上達できないと思うんですが・・・」

 太気拳は立禅だけ、八卦掌は走圏だけ・・・という例もありますね。
 居合だって、極論したら横払い・縦抜き・斜め斬り上げだけでいいんですよ。
 形なんか全部、応用変化して増えただけなんだから、枝葉をいくらやっても上達する訳じゃありません。私はボクシングの練習した時なんて、ステップ踏みながらジャブ・ジャブ・ストレートを延々と3時間繰り返したりしてました。
 それだけやってりゃ~形はそこそこサマになりますよ。
 形がサマにならない会員が多いのを気にしているのかもしれませんが、それは練習量が絶対的に少ないだけの話で、熱心にやっている会員さんは形は勝手にサマになっていきますし、形がマズくても戦って勝てれば何の問題もありません。
 どうも、質問者は、「形が極まらないと威力が出ない」と思い込んでいる様子ですが、そんなことはありません。何故なら、世界中に奇妙キテレツな動きの武術が無数にあり、「あんなんで、どうして勝てるんだ?」と不可解になるような格好で相手を倒してしまったりする・・・。
 要は、私は「やり方はどうだっていい。勝ちゃ~いいんだよ!」としか思ってないので、とにかく合理的に簡単に勝てるやり方を追究していて、それが従来の武道武術の見た目と全然違うものになっても構わないと思っている訳です。
 特に最近は、仮想敵としての他流の戦闘法を分析してきて、弱点を知り過ぎてしまったので、既存のいかにも武道武術です・・・みたいなやり方が危なっかしく見えて仕方がなくなってしまいました。
 何しろ、突きを出した瞬間、蹴りを出した瞬間、タックルした瞬間、投げをうった瞬間、絞め技をかけた瞬間・・・こういった攻撃した瞬間にこそ弱点が最も露にさらけ出されてしまう・・・という皮肉な事情が判明してからは、危なっかしくて攻撃する気がしなくなってしまいました。
 まったくの素人でも、この弱点を徹底的に教えてナイフ一本渡せば、チャンピオン級の人間を殺すことも難しくないでしょう。そのくらい、この弱点は致命的なんですが、どうも、まだ誰も気づいていないみたいですね?
 私が形に対して拒否感を強めているのも、ここに理由がある訳ですよ。武術はとにかく絶対に勝つことを考えないとダメですからね。
 最もわかりやすい例を挙げれば、私は姿勢を定めてないでしょう?
 姿勢を定めて力を出すというのは“筋肉の連動で力を出す”ということです。
 この方式の最大の問題点は、どんなに工夫しても“瞬間的に足を踏ん張って身体が居着いてしまうこと”です。
 これでは、相手に反撃する手掛かりを与えてしまう訳ですね。
 勝つことが目的であれば、戦闘法は効果的なら何でもいい訳で、武術的であることは、武術のセオリーを捨ててしまうことも含んでいる訳です。
 だから、“外見から強さが判ってしまうレベル”では論外。「本当にこの人がそんなに達人なのかな~?」と思えるような、一見して強さを感じないのが理想的ですね~。
 ギャップのある人の方が格好いいじゃないですか?
 私なんか、以前は「長野のヘッポコ。ペテン師。嘘つき・・・」と散々に言われていたし、「あんなインチキ野郎は指一本で倒せる」みたいに言ってる武術家?の先生とか居たそうですけど、最近は、「会えて光栄です!」とか言われるようになりましたよ。
 本当に、最近、急に変わってきた感じがしますが、それは長く武道をやっている人が習いに来て、「何をどうされたか判らないようにやられてしまった」「長野先生は強いとか弱いとかじゃなくて、平気で機械を分解するみたいに人を壊してしまいそうだから・・・」という感想を持たれて、そういう得体が知れないという噂が広まったからみたいです。
 しかし、それは幅広くジャンルに捕らわれないで研究してきた成果です。
 形に拘る気持ちは、ジャンルに拘る気持ちの現れであり、形の中に浸っていたいんでしょうね? でも、どんなに美しく形が演じられても負けてしまっては武術では意味がないんです。むしろ、瞬間瞬間にまったく新しい形を即興で生み出せるくらいの身体性を磨くことが重要だと思います。
 既成概念に捕らわれないことが進化する鍵ですよ!

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索