コンテントヘッダー

夏八木勲さん逝去

「もし、ルパン三世の実写版を撮るなら、次元大介の役は夏八木勲さんだね」と、言っていたくらい、私は好きな俳優さんで、ハードボイルドな役柄で右に並ぶ人がいない希有な存在感だったと思います。

 数多くの時代劇にも出演されていましたが、出番が少なくとも印象が強く残り、例えば、『柳生一族の陰謀』の別宮将左衛門とか、『雲霧仁左衛門』の洲走りの熊五郎とか、『闇の狩人』の殺し屋とか、『忍者武芸帖・百地三太夫』の服部半蔵なんかは夏八木さんの存在感無くして成立しない役柄でした。

 五社英雄監督の『牙狼之介』『牙狼之介地獄斬り』や、工藤栄一監督の『十一人の侍』などの主演作も素晴らしかったですが、TV時代劇での出演も印象深いものが少なくありません。

 若い頃に出演した『風』の逆手斬りが得意な敵役や、『子連れ狼』の柳生烈堂役、『柳生十兵衛七番勝負』の柳生但馬守役など、剣豪役がやはり似合いました。

 殺陣の上手さが際立ったのは、TV時代劇スペシャル『十三人の刺客』の鬼頭半兵衛役や、『丹下左膳 剣風! 百万両の壷』の蒲生泰軒役、それから『十七人の忍者』の敵忍者軍団のボス役でした。

 現代劇では、角川作品への出演が多く、SFの『戦国自衛隊』の長尾景虎役、『野性の証明』の執拗に主人公を追いながら、最期は主人公を助けて命を捨てる北野刑事役、『白昼の死角』の主演、タイトルを失念してしまったんですが、渡瀬恒彦さんが主演したハードボイルド・アクション作でライバル役を演じられていたことも思い出します。

 バイプレイヤーとして多くの作品にも出演されていますが、やはり、この人が出ると作品が締まると言うか、並の俳優には出せない存在感が凄くあって、それは年齢を重ねても余計に風格が増していたように思います。

 膵臓癌を患いながら作品に出演し続けられていたというのは、『ブラックレイン』の時の松田優作を思い出しますが、余命いくばくも無いと自覚しながら作品に出演されていた人は、石原裕二郎、若山富三郎、緒形拳、原田芳雄・・・といった男らしい人が多いですね。

 先年亡くなられた地井さんが極悪の殺し屋を演じていたことが有名な『黄金の犬』でも、実は夏八木さんがストーリーの軸となる主役の一人を演じていました。

 巨大な陰謀の鍵を握って逃避行をしている普通の男役でしたが、偶然、出会った猟犬ゴロの逞しさに感化されて、陰謀に立ち向かう決心をするところに燃えます。

 竹内力とのW主演作『人斬り銀次』では若い頃は伝説的侠客として恐れられた初老の男を演じていて、やはり愛する者の死で怒りを思い出し刀を手にする・・・という展開でした。

 夏八木さんが日本刀を構えると実にサマになりました。

 千葉ちゃん主演の『子連れ殺人拳』では、子連れの居合術を使う殺し屋を演じていましたが、まるで子連れ狼の現代版のようでした。

 戦う姿が似合う俳優さんが、また一人、亡くなられたのは実に残念です。

 夏八木勲さんの御冥福をお祈りします・・・。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索