コンテントヘッダー

『武術の科学』を読んで

 武道・格闘技をバイオメカニクスで解析する第一人者だった吉福康郎先生が、ここ最近は武術の科学的解明に執心されているらしい・・・ということは御著書で感じていましたが、その研究成果の決定版とも思える本を出しておられました。

 タイトルは『武術の科学』。

 ざっと流し読みしただけですが、非常に興味深い内容で、私でも参考になる面がいくつもありました。

 吉福先生と言えば、松田隆智先生の発勁を測定した方として有名です。

 当時は現代武道や格闘技一辺倒の方かと思っていましたが、御自身が大病を患うことで体力や体格とは関係ない武術の方法論を追及しようとされたらしく、改めて、その探究心には頭が下がる思いがしました。

 甲野氏に師事されたのはオイオイ・・・と思うのですが、入り口は甲野氏でも、その後、いろんな師範に教えを請われた様子なので、言ってみれば私と同様の過程を踏まれたのだろうな~?と思います。

 そういう意味で、初期の著書から比べると格段に研究が進んできている印象を受けますし、武術に対する理解も、非常にまっとうなものと感じました。

 ジークンドー、詠春拳、太極拳、大東流、新陰流、野太刀自顕流など広範の武術について技術分析されていて、私のような武術オタクには嬉しく楽しい内容です。

 しかし、科学者って、どうして最終的には宗教哲学の世界に没入するのかな~?と思ったのは私だけでしょうかね~。

 生命の儚さとか、人生の意味とか考えた時に、唯物論では処理しきれないものを感じるんだろうな~?とか、いろいろ武術以外にも考えさせてくれる本です。

 お薦め!


PS;研究室の洋服タンスに仕舞っておいた刀の柄や鞘にうっすらとカビが生えていて、ギョギョッとして抜いて確認しましたが、幸い、刀身が錆びたりはしておりませんでした・・・。湿気がこもるとヤバイと思って、タンスを開けっ放しにしてエアコンをドライにして部屋ごと乾かしておりますが、日本刀は手入れを怠ると大変なことになってしまいますからね~・・・。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

リンク
FC2カウンター
最新記事
カテゴリー
長野峻也ブログ
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索