コンテントヘッダー

10月セミナー感想

 10月“武器術セミナー”終わりました。

 毎年、武器術の回は参加人数が減る傾向があって、武術に関心がある人でも武器というのには抵抗を感じるのかな~?と思うんですが、武術に於いて武器を使う点が最もスポーツとしての現代武道や格闘技と違う特質的な点なので、これを理解する人を一人でも多く増やすために、頑張ろうと思っています。

 まず、現代に於ける武術修行の価値の第一とするところは、“護身”でなければならないと私は考えます。

 どうにも、“護身術”というとワンランク低いものだと感じる武道愛好家が多いようなんですが、とんでもない勘違いで、はっきり言って、武道の有段者でもまともに護身に役立てられる人は滅多に居ません。

 事実、柔道、空手、合気道などの有段者が素人のふるうナイフで簡単に死んでしまったりする事件は少なくありません。

 先日も、新陰流・制剛流の指導を受けている時に千葉先生から「空手二段の女性が山で稽古していて強姦目的の男に背後から首を絞められてあっさり殺されてしまったという事件があったと知って、信じられなかったんですが・・・」と質問され、「現代武道の二段くらいは何年も頑張れば誰でも取れる程度ですから、命のかかった戦いで勝ち残れるような実力とは言えませんよ。僕のところにもいろんな流派の二段くらいの人はよく来ますけど、特に強いと思った人はいませんね。最近の段持ちだと喧嘩の一つもやったことない人が多いから、精神的にも対応できないですよ」という意味合いのことを話しました。

 そもそも、現代の日本武道の練習内容でストリートファイト以上の戦闘に対応するのは到底、無理でしょう。

 何故か?

 考えてみれば判ることです。

 空手や柔道の道場で、ナイフを持って襲ってくる相手を撃退する練習なんかやらないでしょう?

 やったこともないことを、いきなりやろうとしてもできる道理がありません。

 こんな簡単な理屈すら理解できない程、世の中の武道修行者の平和ボケは致命的なレベルに達している・・・と言っても過言ではないでしょう。

 素手の武道、格闘技しか経験のない人に模擬ナイフ相手に対応させてみたら、まず、間違いなく切られます。これは長年やってきて確信をもって言えます。

「少々怪我しても強力な一撃をぶち込めば勝てる!」と、勇ましいことを言う人も居ますが、相手をKOしても、その少々の怪我で太い血管を傷つけられてしまえば、病院に運ばれるまでに失血死する場合もある・・・という予測をしない人ばかりなのも嘆かわしい限りです。

 脳みそがミジンコと同じなんじゃないか?と思えるくらいバカそのもの・・・。

 特別、頭が悪い人間が武道やりたがるのかな~?と思えますね。本当に目先のことしか考えない・・・。

 特に頭の悪い空手マンに多いやり口が、気に入らない素人を「教えてやる」と称して道場に連れ込んで一方的に殴る蹴るの暴行をする・・・というもの。

 これは結構、有名な人物でもやっています。が、明らかに弱い相手を単に気に入らないとか脅しつけるために、こういう陰湿なやり口をするっていうのは恥ずかしいですね。

 道場破りとかなら解るけど、こういうのは弱い者イジメでしかありませんよ。

 私も結構、経験はありますが、基本的に武道や格闘技の経験のある人としかやりませんよ。後はヤンキーばかり。ヤンキーは平気で凶器攻撃しようとするから、大変、勉強になりました・・・(笑)?


 話を戻します。近年、通り魔事件やストーカー事件などで刃物を使った事件が増えていくばかりなのに、武道をやっていながら、何故、刃物対策を講じていかないのか? 実に不思議、いや、不可解です。

 自分たちの戦い方のスタイルの中で「俺たち、最強!」と、はしゃいでいるだけ・・・「阿呆か?」の一言ですよ。

 私は研究家ですから、世の中の動きを先読みして武術の有効性を検討していくのも仕事のうちですから、刃物を使った事件が増えている以上、その対策方法を提出していかねばなりません。

 ですから、武器術は考えられる限り、ありとあらゆる物を実践研究してきています。

 刃物だって日本刀から薙刀から槍から、フクロナガサ、バリソン(バタフライ)ナイフ、カランビットナイフ・・・等々、数十本は持ってますよ。

 ナイフ一本持てば、どんな武道・格闘技の猛者であっても“素手の相手”なら寸秒で切り刻んで殺せると確信しています。

 至近距離なら拳銃よりナイフの方が怖いですよ。

 ハッタリ言ってると思って挑む“馬鹿”も過去に何人かいましたが、こっちは試す気にもなりませんよ。スキだらけで、とにかく激しく攻めれば何とかなると思ってかかってくるようなヤツは、こっちは危険がないように止めても自分からナイフに突っ込んできたりするんですから、自殺したいのか?と思った・・・。

 要領を簡単に書いておけば、つまり、こっちはナイフを振り回す必要がない。相手が攻撃してくるのに合わせて突き出せば、相手が勝手に激突してしまう。

 ナイフファイティングの本なんかも随分、読みましたが、ほとんど参考になりません。何故なら、ナイフを掲げて相手に見せているんだから・・・。

 運よくナイフを握っている腕を掴んだとしますね? しかし、掴むと同時に急所に攻撃を加えないと、ナイフに気をとられていると金玉蹴られたり目玉を掻き切られたり、喉仏を握り潰される・・・。

 わかりますか? まっとうに武道や格闘技をやっている人間は、相手に綺麗に勝とうとしてしまうので、油断を突かれて致命傷を負いかねないのです。

 考えてみてください。

 刃物を持って弱い人間を襲おうとしている人間に、まともな倫理観が有りますか?

 常識も良識も持ちあわせていない人間を言葉で説得するのは至難です。それは、価値観が異なっているからです。

 三鷹台のストーカー男の殺人事件をニュースで見ていて、もし、私が家庭を持って娘が居て、ストーカーに狙われていたとしたら、暴力で撃退することに躊躇しません。

 自分の命を捨てても護る! その選択があることを忘れてしまっているのが現代の日本人なんじゃないでしょうか?

 光市の母子殺害事件の時に、妻と子供を惨殺された若い父親が、「できることなら犯人をこの手で殺してやりたい」と言っていた・・・あの言葉こそが人としての本来の感情ですよ。

 生きるか死ぬかがかかっている時に、法がどうこうとゴタク並べてるようなマヌケにだけはなりたくありません。私は口先で綺麗事を言う人間が吐き気がするほど大嫌いっ!


 そして、生死がかかった戦闘を素手でやる阿呆はいません!

 素手の闘いは子猫や子犬が甘咬みするようなものです。それを強いの弱いのと論じることを恥ずかしいと思わない精神の人間は、実戦対応力は無きに等しい。

 戦いは殺すか殺されるか? それ以外にあり得ないのだと自覚することからしか武術を理解することは不可能です。それを過激だとか非常識だとか言う寝ぼけたヤツに武術を語る資格はありませんよ。

 命を護るという大切な事を警察などの外部に頼り切る態度こそが非常識なんですよ。

 方法の一つとしてそれを選択するのは構いませんが、頼り切って自分は何もやらないというのは怠慢というしかないですよ。

 それを間接的に体感するには武器術を修練することです。“失敗したら死ぬ”という状況設定の稽古を繰り返す中で、戦いの構造を理解し、いざとなったら捨て身で戦う覚悟を持ち、同時に滅多なことでは技を遣わない忍耐心を養う・・それが武術修行の第一義の目的ですよ。

 身体の動きが楽になる・・・とか、寝ぼけてんじゃね~のか? 武術は戦いの技術を学び、戦う覚悟を養い、戦いに備えて日々を平穏に過ごす“行”なんですよ!

“行”を修めるから“修行”と言うんですよ。

 前置きが長くなりましたが、武器、特に剣術を学ぶと、武術の本来あるべき姿を考えざるを得なくなります。

 日本刀を素手で受け止めることはできません。つまり、武術に本質的な意味での受け技はあり得ないということを理解できるからです。

 真剣白刃取りなんて技が演武のための空想の産物なのは、実際に剣術を学べば自明となります。

 では、どうするか?・・・という観点から技を考えていかなければなりません。

 今回は対剣道の剣術技法としての“続飯付け”からの“橋かかる”、そして骨法躰術を応用した太刀奪いの技をやりました。

 一部、中国武術式の技も使いました。松田隆智先生の本で覚えた技でした。

 つまり、一連の技の組み立ての中に、馬庭念流、香取神道流、戸隠流忍法体術に中国武術のエッセンスも入れました。

 私はこれらが自然にそうなったのですが、一つ一つ取り出して説明しないと判らないでしょう。今回はそこまで説明する時間的余裕が無かったので、はしょりました。

 剣術の次は杖棒術、居合術と続けて、無刀捕りをやりました。

 無刀捕りは素手で刀に立ち向かう技ですが、これは剣の特質を知らねばなりません。だから、剣術から先に指導した訳です。

 剣が解れば、ナイフは短刀術と同じですからね。

 最後はナイフ捕りをやりましたが、これも綺麗に躱そうとするより、こちらが致命傷を負わないようにするのが先決ですから、躱す身法から指導しました。

 後は、いろいろな武器の簡単な解説・・・。

 ヌンチャク、トンファー、釵、万力鎖、十手、鉄刀、扇子、峨眉刺、南蛮千鳥鉄。

 これらの武器は操作法を知っていれば素手の拳法体術の応用で使うことができますが、対日本刀を想定して技を工夫しておく必要があります。

 本当はエアガンも練習したかったんですが、時間の余裕が無いのと独りで持っていくのに荷物が重過ぎたので割愛したんですね。

 でも、今後は対ナイフと銃の操作法は必ず指導していかねばならないと思いますね。

 知らない人は銃というのは引き金引けば弾が出ると思っていますが、もっとも一般的な半自動式拳銃だと、弾倉に弾を込めて装填し、スライドを引いて初弾を薬室に送り込んで、安全装置を外し、照準器で狙って引き金を絞る・・・という段階があります。

 回転式拳銃でも回転式弾倉を開いて弾を込めて、戻して、狙って引き金を絞る・・・という段階が必要です。

 ライフル銃やショットガン、マシンガンなどもそうですが、その銃のメカニズムを理解して操作法を体得していないと使えないんですよ。

 もし、武装テロリストに襲撃されて拉致されそうになった時に運よく銃を奪ったとしても、操作法を知らずにモタモタしている間に、蜂の巣にされてしまったら意味ないでしょう?

 武術を学ぶなら、それを考えなくちゃいけないし、現代武道をやっていて「武道はスポーツではない」と思っているなら、同様ですよ。

“今、そこにある危機”を自覚せずに武を語ることの愚かさを知らねばなりません。


PS;20日(日)は西荻窪ほびっと村学校にて松田隆智先生の追悼講座をやります。私は松田先生とよく拳銃の話とかしましたね~。松田先生はガバメントが好きって言ってました。コルト・ガバメントM1911のことですね。

20131015_001.jpg

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索