コンテントヘッダー

丘隊員が

『帰ってきたウルトラマン』のMATチームの紅一点といえば丘ユリ子隊員ですが、この丘隊員を演じた桂木美加さんは、東宝の作品によく出てました。

 割りと有名なところでは、『血を吸う薔薇』の吸血鬼(岸田森が怪演)の学長夫人役がありますが、この前作である『血を吸う眼』でも吸血鬼(やはり、岸田森)の犠牲になって吸血鬼となる女役を演じられていたんだな~?と、先日、『日本映画専門チャンネル』で確認しました。

 かと思えば、『流星人間ゾーン』にゲスト出演(ちょこっとだけ離婚した母親役で登場)されていたり、『野獣都市』でも三国連太郎演じる社長の秘書役(こちらもちょい役)で出ておられました。

 思えば、『帰ってきたウルトラマン』では榊原ルミ演じる坂田アキが主人公、郷秀樹の恋人役で出ていたので、あまり目立ってはいませんでした。人魂怪獣フェミゴンに憑依されるとかくらいかな?

 けれども、その、あまり目立たない点に大人のデキル女という感じがあって印象に残っています。いわゆるクールビューティーの元祖かな?と。

 そういえば、特撮ドラマに出た女優さんは、やはり同じ系統の作品に出るようで、『ウルトラマンA』の南夕子を演じた星光子は、『緊急指令10-4・10-10』にゲスト出演したり、『電人ザボーガー』の恐竜軍団編では王女メザを演じてました。近年は女優復帰してウルトラマンメビウスの映画とか河崎実の特撮アイドル映画に出てました。

『ウルトラマンタロウ』の森山いずみ隊員を演じた松谷紀代子は、確か『イナズマン』や『マッハバロン』に出てたと思います。

『レッドバロン』の松原真理隊員が有名な牧れいは、『緊急指令10-4・10-10』で入江ナミ隊員を演じた外に、『イナズマンF』や『忍者キャプター』にゲストで出てましたね。特撮以外でも『子連れ狼』や『水戸黄門』にゲストで出たり、『スーパーガール』『柳生新陰流』ではレギュラーで、アクションの得意な女優として一時代を築きます。

 この伝統は今でも健在なのかな~?と思ったのは、『仮面ライダー・ウィザード』にセーラームーンが出てたり、『仮面ライダー・鎧武』にセーラーマーキュリーが出ていることでした!

 実写版『セーラームーン』では、セーラーマーズだけがブレイクして(言わずと知れた北川景子!)、セーラーヴィーナスがあれこれ活躍して頑張ってるとか、セーラージュピターはモデルとお天気お姉さんやっていた・・・くらいしか知らなくて、セーラームーンとセーラーマーキュリーはどうしたのか?と思ってたんですが、久々に見れて良かった良かった・・・。

 そういえば、『宇宙鉄人キョーダイン』が東映チャンネルで始まったんですが、この作品、アニソン女王の堀江美都子が唯一、女優で出演した作品(あまりの苛酷な撮影に懲りて、以後、女優はやっていない)として有名なんですが、久々に見て、アナクロな撮り方や設定のユニークさ等々、非常に斬新ですね。

 地球防衛軍の少尉という設定なんですが、軍服が白で超ミニスカなんですよ。男は普通のアーミーグリーンなんだけど。

 キョーダインというのは、兄弟というのに掛けてると思っていたら、もう一つの意味があったというのも初めて知りました。

 つまり、一・十・百・千・万・億・兆・京・・・の京に掛けていて、スカイゼルとグランゼルが協力すると京馬力の力が出る!という豪快な設定だったのですね~。

 そういえば、この作品も、スカイゼルは『突撃!ヒューマン』の夏夕介で、グランゼルは『仮面ライダー(一文字隼人)』の佐々木剛ですよ!

 おまけに『ミラーマン』の御手洗博士や、『ジャイアントロボ』のチーフも出てるし、死神博士が有名な天本英世も出てます。

 いやいや、それどころか・・・何と、後半には橋爪功も出てるんだよ~!

 これは、スピルバンにミッキー・カーチスが出た時みたいな感じですかね?

 いや、しかし・・・考えてみたら、どんな俳優だって、長い俳優生活の中では、へぇ~?と思うような役をやっていたりするものです。

 よく、ネタになるのは、高畑淳子がジャスピオンで銀河魔女ギルザ、仮面ライダーブラックRXでマリバロン、ジャンパーソンでスーパーサイエンスネットワークの綾小路麗子等々、東映特撮ドラマで度々、悪のセクシー女幹部を演じていたということ。

 まあね~、あの時代劇の名優、東千代介だって、『バトルフィーバーJ』で倉間鉄山将軍を演じていたんですから・・・。

 松田優作が『柔道一直線』のエキストラやってたとか、菅原文太のデビュー作が『九十九本目の生娘』の警官だとか、近藤正臣が『江戸川乱歩全集・恐怖奇形人間』のシャム双生児を演じてたとか、仲間由紀恵が『ガメラ3イリス覚醒』で、イリスに精気を吸われてミイラになっちゃうとか、山本陽子が『大巨獣ガッパ』に出てたとか・・・まあ、いろいろですよ~!

 あっ、突然、思い出したけど、昔、名取裕子がトーク番組に出た時にモスラ幼虫の着ぐるみ着てノリノリで成り切ってたな~? 「モスラが好き」と言ってたぞ。

 最近、『牙狼・闇を照らす者』で、倉田先生が悪の魔戒騎士を演じてましたが、例えば千葉真一が戦隊シリーズの長官とかやったら再ブレイクしていいと思いますけどね。服部半蔵の末裔って設定でいいじゃん? 敵の親玉はショー・コスギなんだよ!

 日米忍者役者対決なんですよ!

 そんでもって、千葉ちゃんの友達人脈で松方さんとか石橋雅史先生とか石橋蓮司とか、じゃんじゃん出すんですよ。

 それに、ギャバン(大葉健二)やシャリバン(渡洋史)、アニー(森永奈緒美)、カンフーチェン(高木淳也)、マッドギャラン(春田純一)・・・とかJAC出身者も出るんですよ! 

 戸隠流忍法武神館の初見先生もゲストで出ると面白そう・・・。

 あっ、何か、スッゲ~、面白いかもしんないぞ?

 意外と、私がここに書いた妄想が現実になったりするからな~? 『あずみ』とか?


PS;先月撮った自主映画の粗編集が終わったとのことで、これなら年内に完成するんじゃないかな~?と思います。完成したらお知らせしますね?

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索