コンテントヘッダー

特定秘密保護法って・・・

 何か、安倍首相の右翼思想が露になってきた印象がありますが、特定秘密保護法って、後々、戦前の治安維持法みたいになりかねない・・・という危険性が指摘されてます。

 ただ、やっぱり日本は平和な国だよな~・・・と、私はつくづく思う訳です。

 何でか?というと、法制度をきちんと守ろうという意識が徹底しているからですよ。

 私は、法に守ってもらえるとは信じていない。いざとなったら自分の力で生き抜いていくしかないと思ってます。だから、武術とか武器とか拘ってる訳ですよ。

 法制化しさえすれば全て大丈夫?という意識を持てる人が、私はうらやましいです。

 何故なら、私は理不尽な暴力や陰湿な嫌がらせの類いを無数に受けてきたからです。

 昨日の友は今日の敵・・・みたいな体験も何十回も体験してきました。もう、笑っちゃいますよ。人間の本性は嘘つきなんだと思いますね~。

 だから、嘘のない本音で生きてる人間を異常に敵視したりする人は、「こいつも本当は嘘つきに違いない。信用ならん!」と、勝手に憎悪を燃やすのかもしれません。

 が、本音で生きてる人間は鏡みたいな作用があって、邪念のある人間は自分の邪念が映っているのに気づかず、鏡に向かって吠える犬みたいになってしまう訳・・・。

 有り体にいって、私は人間を信じていませんし、人間の考えたことを信じません。

 法も宗教も国も・・・な~んにも信じていません。

 信じる代わりに、理解しようとします。本質は何なのか?ということを常に探究していく・・・それが私のサガとでも言えるでしょうか?

 武術は、読みが重要です。

 相手に敵意があるかどうか? それを瞬時に観抜けないといけません。

 でも、これは非常に難しいです。人間は時に自分にさえ嘘をついて生きていけるからです・・・。

 どんな人でも大なり小なり心の闇を持っています。その闇が精神や身体を病み蝕んでいったりもします。

 インターネットが普及することで、そんな心の闇が解放されていっているのかもしれません。

 本来、誰にも晒すことなく心の奥に隠しているべき秘密を損得抜きで披露する・・・そんな風潮が危機管理意識を促進して「このままでは国益を損ないかねない」という危機感にまで高まった結果、特定秘密保護の法制化・・・という流れを生んでいるのかもしれません。

 中国みたいに国民を自由にさせないようにしようとする発想に近づいているんですよ。

 私が政治に興味がないのが、何でも管理することばっかり考えるからですね。

 それはもちろん、社会というものを維持していくには必要なのは解りますけれど、何でもかんでも管理すればいいってもんじゃ~ないでしょう?

 良い社会を目指すなら、法制度よりも文化を振興することですよ。文化水準が高い人間は社会性も高いですよ。

 教育も義務としてやらされる勉強ではなく、知的好奇心を育てる教育をすれば、人間は生涯にわたって常に自分のやりたい勉学に取り組みますよ。

 学ぶことって楽しい訳ですよ。知識を得たり技術を体得したりすることは、本質的に物凄く楽しいことなのに、何で、つらく・苦しく・きつい忍耐を強いるようなやり方になってしまうのでしょうか?

 根本から間違ってると思いますね。

 先日、大刀剣市で頭金払っておいた吉光の短刀の残金を払いに帝国ホテルの地下商店街にある霜剣堂さんに行ってきましたが、お金も無いのにこれを買ったのは、非常に珍しい短刀で武術研究に役立つと思ったからなんですね。

 これは、短刀とはなっていますが、両刃の剣型の短剣なんですよ。

 日本刀で剣型というのは実用というより儀礼的なものなんですが、この吉光の短剣・・・実は“鎧通し”として作られたものみたいなんですよ。

 鎧通しというのは、戦場で敵のトドメを刺すのに使う極端に重ねの厚い短刀なんですが、これも身幅は細いのに重ねはブ厚くて、儀礼用の剣とは雰囲気が違います。

 斬るのには適しませんが、刺すのに特化したような武器としての機能性を強く感じさせられます。

 奇しくも、クエストさんから田中光四郎先生が使う両刃の模擬ナイフの相談を受けて自作した時期でもあって、武器としての新しい研究テーマかな~?と思っています。

 ちなみに、この短剣、日本刀としての美術品として登録されていますから、所持が禁止されている両刃のダガーナイフとは扱いが違いますから、勘違いしないでくださいね。

 ところで、またまた私は引きが強いんだな~と思ったのは、昨年の刀剣市では小烏丸作りの刀を青木先生からプレゼントしてもらったし、今年は「“鎧通し”が欲しいな~」と思っていたら、入手してしまった・・・。

 武術の研究上、必要だと思っている物とは偶然、出くわす・・・。これはオカルト方面では引き寄せの法則と言われますが、私はそれが強いんだろうな~と思います。

 まあ、そういうオカルト的な法則に関してはいつも実感しているので、信じる信じないではなく、実感として“有る”と思いますけどね。

 あ~、そうだ。引き寄せと言えば、最近、入会希望者が増えてきていますが、それがまた腕前も人柄も良い人ばっかりで、本当に有り難いな~と思っています。

 うちはフルコンか合気道の経験者が割りと多いんですが、この二つを融合したら、非常に優れた武道になるように感じます。

 ただ、形式に捕らわれてしまうと反発しがちなので、そこを突破するのが難しいかもしれませんね。

 最近、武道も格闘技も人気が無くなっていると聞くんですが、もったいない!

 日本人なら武道できなきゃ~、海外旅行した時に恥かきますよ~!

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索