コンテントヘッダー

原発・イルカ・靖国・秘密保護法

 安倍総理が右よりの人だというのは昔から知られていた話ですが、私が胡散臭いな~と思っていたのは、美しい表現に拘っている点でした。

 つまり、都合の悪いことは隠して美辞麗句で大衆を扇動するタイプの政治家に見える点が好きになれなかった訳です。

 大体、誰もツッコミを入れませんが、「アベノミクス」という己の姓名を冠した政策を掲げる“恥じらいの無さ”に、安倍総理の自己陶酔型思考が見え透いていると思うんですけど・・・。

 デフレ脱却の経済政策も、株屋は儲かっても庶民は円安で値上がりしていく商品や光熱費に真綿で首を絞められてるんじゃないですかね~? この先、消費税が上がればどうなることか・・・?

 要は、国民の経済格差を広げているだけに思えます。

 それなのに海外で莫大な援助を約束しまくってコビを売り、世界史上第二の原発事故を起こした日本の原発を売ろうとする精神構造はエコノミックアニマルと呼ばれていた頃の日本の再来で、さながらエコノミックデビルと言うべき薄気味悪さを感じさせます。

 力強い経済成長を謳うのに、どうして原発に頼るのか?

 新しいエネルギー開発(マグネシウム電池とか未来を変える可能性のあるものに力を注いだ方がずっといい)を育てるために電力の市場開放をやった方がずっといいのに、何故、そうしないのか?

 答えは明白。利権を握ってる連中の自己保身に加担しているからですよ。

 小泉・細川の元総理コンビが国の将来を憂いて老骨に鞭打って都知事選挙に打って出たことは、本来であればマスコミがこぞってエールを送るべき凄い英雄的行動なのに、各種メディアの何と冷ややかな対応か?

 また、意地の悪い皮肉を投げかけて一国の総理大臣を努めたコンビの尊厳を傷つけるようなネガティブキャンペーンを張る政治家たちと新聞や雑誌・・・。

 何と性根の腐った連中が権力を握っている国なのか?と、私は本当に気持ちが悪くなってしまいます。

 そして、靖国参拝を通過儀礼的に扱い支援者たちとの約束だからと足を運ぶ姿勢そのものが既に不敬ではないのか?

 韓国中国との対話を望むと言いながら、順番が違う。

 秘密保護法のドタバタも、本音を隠した駆け込み成立を狙う卑劣さに問題の本質がある訳で、法律の趣旨が懸念されるようなものでないのなら、急ぐ必要がそもそも無い。

 安倍総理のやり方は戦前の軍主導の戦争へ突き進んだ時代とそっくりだと言われていますが、確かにそうだと思います。

 積極的平和主義というのは、「平和を護るためにテロリストを殺せ!」って言ってる訳でしょう?

 でも、テロリストって何なのか? 下手をすればデモしただけでテロリスト扱いされかねないし、ネットで自由に意見しただけでテロリストだって決めつけられるかもしれないんですよ。

 狂気の沙汰ですよ。


 それと、最近、気になるのは、日本人は日本が外国からどう見られているのか?について、あまりにも無頓着過ぎるんじゃないか?ということ・・・。

 キャロライン・ケネディ大使がイルカ漁を批判したことについて「素人のオバハン」だと言っていた政治ジャーナリストがいました。

 しかし、我々が犬や猫、猿を殺して食べている民族がいたら、野蛮だと思わないでしょうか?

「その国固有の食文化を否定してはいけない」と言っても、やはり生理的に受け入れられないことはあるでしょう?

 私は猫を虐待しているようなヤツを見つけたらフルボッコにしてしまうかもしれない。

 靖国参拝をヒットラーのお墓になぞらえたタレントを非難する意見もあったそうですが、そこじゃ~ないでしょう?

 現に、海外でどのようなイメージで見られているのか?という現実を受け入れて、それが間違いだと思えば間違いを正す行動を取るのが先決なんですよ。

 靖国神社には台湾の先住民族が日本軍に組み込まれて戦った高砂義勇軍の霊も祭られています。その人達の霊魂を返してくれ・・・という運動があったことも知れば、靖国神社の問題点が日本人の宗教観だけで説明できるものではないことが明白でしょう。

 自分たちが良かれと思ってのことでも他国から見たら許せないと感じる場合があることは当然のことなのです。

 そこを論議せずに一方的に相手が誤解しているのだ・・・と決めつける態度こそが問題解決を遠ざけてしまっている。

 私は、安倍総理にそうした問題を解決する能力も意志もあるようには思えませんね~。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

リンク
FC2カウンター
最新記事
カテゴリー
長野峻也ブログ
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索