コンテントヘッダー

二月セミナー“骨盤起動”感想

 二月のセミナーでは、「骨盤から動く」という初歩的な原理を解説指導しました。

 例えば、空手の基本突きなんて、私が思うに「骨盤から動いて突きを出す」ということを身体に覚えさせるのが目的なんですね。

 武術でも武道でも基本練習と呼ばれるものには、その流儀の最も肝心な身法を体得させる意味があります。

「極意は基本にあり! 基本こそが極意である」と、よく言われるのは、この点にこそあった訳です。

 ハラ、腰、丹田と呼ばれるものは、抽象化されていますが、要は骨盤のことだと思えばいいでしょう。

 無理に、「仙腸関節が・・・」とか、「恥骨が・・・」とか、「股関節が・・・」とか、「腸腰筋が・・・」とか細部に拘ると余計に判らなくなるんですよ。

 大ざっぱに「骨盤から動く」とした方が結果的に体得しやすいのです。

 それを自覚してもらうために、今回は骨盤の横回転・縦回転を中心に、発勁や合気などに応用してもらいました。

 ただ、今回、改めて基本に立ち返ってみると、会員でさえ、きちんとできていなかったり意識が薄いのが判明して、オイオイって思いましたね~(苦笑)。

 うちで練習している三元試力という練習法は、実は骨盤の動きを練ることを主目的に設定したものなんですが、自覚してやらないと意味が無くなってしまったりするんですね。

 まあ、「自分は実はうまくできていなかった・・・」という点を自覚できただけでも良かったんじゃないでしょうか?

 できてるつもりで、できていないより、明確にできないことを自覚した方が稽古の目的意識がはっきりできるから、いいんですよ。

 私も、最近、ベリーダンス・エクササイズを改めて習って、まだまだ自分の身体の練り具合が足りないことを自覚できました。

 マジで、三元試力やめてベリーダンス・エクササイズ採り入れようか?と考えてるくらいです。

 やっぱり、舞踊は深いですね~。武術や武道は身体の練りに関しては浅いんだと思わざるを得ませんでしたね。

 舞踊の研究をしなかったら解らなかったことが随分、ありました。

 武術だと要は戦って勝ちさえすればいいので、技なんか無くても糞力でねじ伏せることもできる訳です。

 だからですかね~? 最近は“武術”という言葉が非常に抽象的に、曖昧に、感覚的に使われるようになってしまって、言ってる本人も武術についてテンで解っていない。ロクな知識も持っていない・・・ということが多くなってきました。

 いくつか例を挙げますと、やっぱり甲野氏が登場して以降、誤解と混乱が広がってしまったと思います。

 それ以前は、それほど誤解は無かったと思いますね。

 武術と言えば、中国武術や古武術の存在を知らせた松田隆智先生の独壇場でした。

 しかし、甲野氏の俺ジナル武術理論が一般に広まったことによって、「武術はスポーツや介護に応用できる特殊な身体操作法である」という側面ばかりが前面に出てしまって、武術そのものの全体像がかえってぼやけてしまったように思います。

 まず、武道と武術の境界線が混乱して、武術を知らない武道家が武術家を自称するようになった(例・宇城氏)。

 そして、甲野氏の問題点が拡大再生産されるようになってしまった点が大きな問題点となっていると思います。

 つまり、見世物演芸的パフォーマンスを披露することで従来の武道や格闘技を超える万能の技であるかのごとく衒学的イメージが一般に広がり始めてしまったという点です。

 さも特別な「身体操作法」や「気のパワー」が従来の武道や格闘技の技術を凌ぐがごとく喧伝し、世間を睥睨する誇大妄想狂を増殖させつつある・・・と思うのです。

 これは、かつてのオウム真理教に集った連中と精神性が似通っていますね。

 武道の世界で言えば、80年代末から90年代初頭にかけての西野流呼吸法の事件(ヤラセをやったことを専門誌で告白した元西野塾の空手家が居て、これが切っ掛けで武道界から西野流が撤退し、20年近く武道メディアには登場しなかった。先頃、『秘伝』で特集されて物議をかもした)が、その典型例でした。

 甲野氏の登場はそれを想起させましたが、辛うじて、そうはならず、長くブームが続きましたが、それは恐らく、甲野氏が権力者的資質が無かったために組織的な広がりをせず、類似の性格のプチ甲野氏?が分裂増殖するだけだったからではないか?と思います。

 これは私としては否定的に論じているのではありません。

 西野氏のようにカリスマとして君臨して組織拡大を目指すより、ずっと害が無いと思うからです。

 甲野氏が武術家としての実力に著しく欠けているのも、性格的に戦闘タイプ(本人はマニア気質)で無いことが関係しており、それは逆に率先して大衆を導いて扇動していこうとする権威主義志向が無かった。

 しかし、普通の武道家は権威主義志向の強いタイプが圧倒的に多いのです。

 それは戦闘タイプ特有の「人と戦って制圧する快感を求める」精神構造が関係しています。

 オウム真理教の松本は、典型的な覇権主義的人間で、ヒットラーを敬愛していたのにも頷けます。実際、オウムには武術家や武道家が勧誘されていました。

 実は私も勧誘の葉書が来たことがあったんです。オウムが事件を起こす前の80年代半ばの頃、『トワイライトゾーン』というムー系の雑誌で麻原名で連載していた頃です。

「こいつは怪しい・・・」と思って行きませんでしたが、もし、その時に行っていたらと思うと、ゾッとしますよ。

 私が最近、宇城氏を強く批判しているのも、彼の手法が西野流やオウム真理教に極めて似通っているからです。

「気で触れずに飛ばす」「空中浮遊」・・・なんかをウリにしていた頃にそっくりではありませんか?

 ああいう恥じらいの無い覇権主義的手法で強引に自説を喧伝しようとするのは昭和のビジネスのやり方ですね。時代の流れを無視した過去の栄光を崇拝するカルト教団のようになり果ててしまうのではないか?

 私は非常に危機感を覚えますね。

 何故なら、彼はイエスマンしか周囲に置かない。反対意見には耳を貸さない。自己崇拝もここまで極まると滑稽を通り越して独裁者の誕生を予感させます。

 彼を敬愛していたお弟子さんが「昔の先生に戻って欲しい」と悔し涙を浮かべたのを見た私は、心の底から宇城氏に「正気に戻れ!」と言ってやりたいですね。

 私にできることは、見世物演芸パフォーマンスの仕組みを明かしてやることぐらい。

 それで目を覚まして、地道な修行こそが王道で、武術を学ぶことは日々、自己認識を深めて自分の分を知り、社会と時代の中で自己が生きる意味を探っていくことなんだ・・・と自覚して欲しいですね。

 余談ですが、陽明学の林田先生から、地方の勉強会で講演をして欲しいというお話を頂戴していたんですが、その勉強会のメンバーで宇城塾に通っている人達が私の話は聞きたくないとボイコットされたそうでした。

 つまり、私が宇城氏の知られざる真相を話したり、彼の実演する技を簡単に解説して体得させてしまっては困る・・・という訳でしょう?

 要するに、薄々、私が言ってることが真実なんじゃないか?という予感があるので、真実から目を背けたい訳ですよね~。

 お断りしておきますが、宇城氏に学んで、私のところを尋ねてきた人たちは、私が口先だけだったら無事では済まさないぞ!という覚悟の人がほとんどでした。

 だから、すぐに打ち解けて親しくなったり教えたりするようになったのです。

 しかし、この人達は林田先生には大変、失礼ですが、「尊敬する人を悪く言うようなヤツとは会いたくない」という感情で言っているだけで、単なるファン心理で宇城氏に憧れているだけでしょう。

 それでは宇城氏に何を学んだところで得るものはないでしょう。

 大体、この人達、林田先生の立派さが判ってないですね~?

 林田先生御自身、元々、甲野氏と親しくされていて、以前新体道を学んだ師である青木宏之先生から推薦されて私と会おうと決心された様子です。

 好悪の感情だけなら青木先生が薦めても私と会おうとはなされなかったでしょう。実際に会う以前に私の本やブログを読んで、私の論じている内容が的を射ていると感じられて、真実に向き合うべきと考えて会われた訳ですよ。

 大体、私の方が林田先生に御迷惑がかかってはいかんと思って遠慮していましたから。

 好き嫌いではなく、真実に向き合うということは精神的に苦痛を味わうことが多いのですが、それを乗り越えないと本当のことは判らないんですよ。

 佐村河内さんの事件だって、ゴーストライターの人が真相を明かすのは自分だって大きなリスクがありますからね。

 でも、真実は損得で考えてはいけないんですよ。

 日本人はあまりにも損得勘定で行動するのに慣れ過ぎてしまったんじゃないですかね?

 あっ、そうそう・・・。私が松田隆智先生を利用してるんじゃないかって批判している人間も居るそうですが・・・。

「うるせーよ、ゲスの勘ぐりすんなっ!」と、お答えしておきま~す!


PS;バキ外伝『拳刃』で私をモデルにしているんじゃないか?という敵キャラ、見ました! う~ん・・・ビミョーだな~? 普段着で日本刀使ったり、身体つきとか癖とかは似てる気もするんですが、顔はあんまり似てない。知らない人が映像とか見たら、こう見えるのかも~?という気がしなくもないんですが・・・。名前は佐部京一郎って、多分、愛隆堂から居合の本を何冊も出してる京一輔さんをもじってるんじゃないか?と思いますがね。いきなり「何すんじゃ、コラッ!」って刀抜いたりするところは瞬間湯沸かし器と言われた私の性格には似てる・・・かも? でも、私は人殺したことない・・・多分。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索