コンテントヘッダー

四月セミナー“歩法”感想

 四月の月例セミナーは、歩法(縮地法)の使い方を解説指導しました。

 毎度言っていることですが、歩法は習ったからと言っても、簡単に体得できるものではありません。

 それ相応の修練を積み重ねていかなくては使いこなせません。

 特に、縮地法の原理を体得するには、それまでの歩行運動の原理から脱却しなければならないので、尚更、大変になります。

 まず、游心流では、スリ足を基本として縮地法の原理を体得しないと先に進むことができません。

 何故、そうしたか? 普通のフットワークではダメなのか?

 はい、ダメです。

 普通のフットワークで動いては、游心流の技法は体得できません。

 しかし、游心流ではいろんな流派の技を使うことが許されているんじゃないか? どうして歩法に限ってはスリ足の縮地法でなければならないのか?

 ここだけは、肝心要なポイントで妥協できなかったんですね。

 私は、特に日本武術はスリ足の歩法を基盤にしなければ技の統一ができない・・・と、直感的に思いました。

 ボクシングのフットワークも一時期は随分、練習したんです。ジャブを出しながらの前進後退・・・等々、毎日一時間はやり続けていました。

 しかし、フットワークは重心の上下動が起こります。体内の重心移動を駆使するには不都合なのです。

 それでスリ足歩法に戻しました。

 幸い、中国武術の多くもスリ足歩法に馴染みました。歩み足が基本だったからです。

 特に武器術を練習すると、スリ足歩法の重要性が分かります。剣道もスリ足でしょう?

 さらに、何故、スリ足なのか?ということを追究しました。

 それが縮地法を使うことの答えになったのです。

 縮地法といえば、遠い間合を一挙動で詰める(縮める)ことばかりが注目されますが、そこに真価はありません。

 予備動作の気配を無くして動き出す点こそが肝心なのです。

 何故か?

 武術は“読み”を駆使してこそ高度な戦闘を制することができるからです。

 即ち、縮地法の武術的な真の意味は、“読み”のできる相手に“読ませないでこちらの攻撃を命中させる”ための技術なのです。

 ですから、いくら気配を出さずに動いたところで、必要以上の遠間から攻撃していけば、視覚的に捕捉されてしまうので、相手に迎撃する準備を与えてしまう訳です。

 そこで考えたのが打ち合いの間合の直前までは普通に歩み足で近づいて、打ち合いの間合に入るかどうか?というギリギリの間合で短く縮地法を使って撹乱する・・・それによって交叉迎撃のタイミングを取らせないという戦法を研究したのです。

 もっとも、これも足を止めて上体だけ左右に振ったのでは中段の前蹴り一発で粉砕されてしまいます。

 それで考案したのが蛟龍歩と名付けた連続縮地法であり、さらにそれに発勁を連発できるように組み込んだ訳です。

 これは以前、学んだ先生が実演してくれていた技を参考にして作り上げたものですが、その先生は太極拳と太気拳をベースにされていたのに対して、私はそれプラス形意拳・八極拳・八卦掌を組み合わせています。

 何しろ、手探りで工夫してきた技法ですし、私自身に身体的な素質や才能が無いので、えらい苦心しました。失敗を重ねて後遺症も負ってしまい、既に身体はポンコツです。

 で、ここ最近は、ずぅ~っと、やらずにいて、1~2年はほとんどやっていなかったかもしれません。

 教えてもできるようになる訳じゃないので、セミナーでも、滅多にやりません。

 真似して足首を捻挫した人もいたので・・・。

 しかし、北島師範以外にも体道塾のN師範が、かなりできるようになっているので、今回は受講生ができようができまいが、やれるだけのことは見せておこうと思って臨みました。

 でもね~・・・、私、もう51ですからね~・・・できるかな~?と、自分でも思ったんですよ。

 だけど、やってみたら、意外とできたんで、「俺ってまだまだできるじゃ~ん?」と喜んでたんですが、撮影したビデオカメラで見ると、あんまり大したことないな~・・・と、ちょっとガッカリ。そして、翌日は膝や腰が痛くて大変でした・・・グッスン・・・。


 けれども、参加者の皆さんも一所懸命、頑張ってくれていて、何人かはギョギョッとするくらいの動きを見せてくれていました。


 それで、突然なんですけれども、前回の目付け・年末のセミナー・今回の歩法に、詠春拳の足技・N師範の特別講習・演武会の様子を撮影した映像を編集して『游心流武術外伝・秘伝伝授の巻』と題したDVDを特別販売することにしました。

 数年前までなら絶対に表に出さなかった内容で、発売禁止にした『戦闘理論』を超える内容です。なので、3万円以上にしようか?と思いましたが、税込みで2万5千円とします。記録用に撮ったものの編集なので、ちょっと解りにくいかもしれませんが、マニアにとったら数十万円払っても知りたい内容です。

 実際、「25万円にしてみようか?」と、半分くらいマジで提案してみたら、北島師範とか真面目な顔で賛成するので、やっぱりやめておきました。

 有名な先生の神技が、あっさり体得できてしまう・・・という点では25万円でも安いと思うんですが・・・。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索