コンテントヘッダー

ヤンキーアクションはやっぱり高瀬道場

・・・だな~と、改めて思ったのは、BS11の早朝に放送していた『疾風!虹丸組』を観てでした。

 ヤンキーが死滅寸前になっても、ヤンキーアクション物は無くならないのかもしれません。

 不良・番長・学ラン・・・というアイテムは、ヤクザ物と青春物が合体した喧嘩アクションの魅力として数々の映像作品を生み出してきました。

『夕焼け番長』『男組』『魁!男塾』『幽々白書』・・・もう、数え上げればキリが無いくらいあるでしょう。

 しかし、決定版と言えるとすれば、私は『ビーバップハイスクール』を挙げますね。

 泥臭くも滑稽味のあるアクション。あれは高瀬道場がヤンキーアクションのスタイルを確立した作品群だと思っています。

 例えば、JACだと綺麗過ぎるし、大野剣友会だと真面目過ぎるでしょう。

 私は、極真空手にのめり込んでちゃんとした蹴りを出せるようになったナガブチより、それ以前のチンピラチックなナガブチキックが大好き!

 現実にリアルな喧嘩で空手の構えしてエッシャーッ!とか言ってごらんなさい。メッチャ恥ずかしいんだよぉ~?

 中国拳法で構えたりしてごらんなさい。もっともっと恥ずかしいよぉ~?

 そんでもって、負けたりしてごらんなさい。せっかく恥ずかしいの我慢して構えたのに、恥ずかしさが倍加するよぉ~?

 今、無構えだから恥ずかしくないけど・・・実をいうと公園で練習させてるのも、「人に見られても恥ずかしいと思わなくなる訓練」でもあるんですよ~。

 現に、最初に公園で練習した時は、皆、人に見られることを意識し過ぎて恥ずかしがってモジモジしてましたね。

 今、怪しい集団と思われるのも平気でやってますね。

 まあ、道場できても天気のいい日は公園の練習は続けるかな~?


 おっと、またまた脱線しまくっちゃった・・・。

 高瀬先生が『映画秘宝』の連載で書いていた本編も演出されたというヤンキーアクションのドラマ『疾風!虹丸組』がBS11の早朝4時半から放送していたのに気づいたのは、既に半分が放送された後でした。

 いつも夜通しで原稿書いて、朝のニュース番組見てから午前中は寝る・・・という生活スタイルになってるんで、早速、チャンネルを合わせて見ました。

 主演はゲキレンジャーでゲキブルーやっていた高木万平?・・・だと思う(双子だから、違ってるかも?)。

 しかし、私の目当てはカラミの敵役で登場する高瀬道場の面々が、いつ出てくるのかな~?と、ワクワクしてしまいましたよ。

 高瀬先生の本編演出回に登場する野球のユニフォーム着た傭兵軍団?というキテレツな役柄でしたが、鉄球投げたり、金属バットで殴ったりする中、スリングショットで矢を発射するキャッチャースタイルの加賀谷さんを発見!

 いや~、久々にビーバップを思い出しましたよ~。

 また、再放送あると思うので、今度は全編、しっかり観ようと思います!

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

リンク
FC2カウンター
最新記事
カテゴリー
長野峻也ブログ
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索