コンテントヘッダー

日々、練習

 新道場の稽古も段々、軌道に乗ってきました!

 今夏の異様な暑さもあって、戸外の練習は危険だな~と思っていたので、本当に助かってます。日曜の稽古は窓からの太陽光の熱で暑くなってるので冷えるまで時間がかかりますが、これも遮光カーテン付ければ大丈夫でしょう。

 3Fだから風通しもいいし、眺めもいい。冷房があるから、何とか大丈夫。

 日曜の稽古個人指導、土曜夜の新陰流・制剛流の稽古(会員募集中)も順調です。

 今年中には専属道場が欲しいな~?と思ってはいましたが、予定では九月頃を想定してお金をためておこうと思っていたんですけど、かなり早く開設できて、しかも30畳という結構な広さですから、本当にラッキーとしかいいようがないです。

 もちろん、40~50畳くらいあれば言うこと無しなんですが、そうすると月に40~50万くらいの賃料が相場で、到底、借りられません。月額10万以下だとギリギリ20畳くらいがせいぜいだろうと思います。

 そういえば、8畳にも満たないスペースの空手道場を見たことがありましたけど、整体院に変わってましたね。

 田舎なら土地余ってるから、かなり広い道場を建てることもできると思うんですが、誰も来れないでしょうしね~? 移住覚悟になりますよね?

 もっとも、田舎暮らしは精神的に大変ですよ。慣れてる人はいいけど、私はもう駄目。

 毎年、「道場が欲しいな~。できれば30畳くらいあれば文句ないけどな~。でも、そんな金はとても無いしな~」と、夢を語るだけだったのが、こうもあっさり現実になってみると、なんか当たり前だったような気もしてきます。

 破格の賃料で、空いた時期も、まるで私を招き寄せているみたいにシンクロしていて、いつもながら、天に助けられている気分です。

 駅から徒歩圏内なのも有り難い。私のうちからは5分だし、研究室と同じくらいの距離なんですね。

 まだ整備は必要なので、お金もかかりますが、ここは何とか死守していきたい。

 青木宏之先生に書いて戴いた書も掛け軸にして飾ってるし、武道医学の卒業証書も額縁に入れて飾ってます。まあ、神棚代わりです。

 何しろ、日本最高の武道家にして中国書法の日本の第一人者が会心の出来と言ってくださった“書”ですから、ジェラシーに凝り固まった生き霊の類いは浄化してくれるに違いありません!

 木人椿は個人指導の時に非常に重宝してますし、畳を立て掛けての手裏剣の練習も、皆、夢中になってやっています。

 十字手裏剣だと三間以上、離れてもバシッと刺さるから、初心者の練習にはいい。

 特に東京支部長も手裏剣が楽しくなったらしくて、コンクリート針買って自宅で練習したそうですが、受け身取って打ったり、振り向いて打ったり、下から打ったり、複数本同時に打ったり、いきなり上達していました。

 自宅でパソコンやったりしてる時に息抜きで座ったまま、コンクリート針を的(バスマット)に向けて打ったりしているそうで、座ったまま打てるようになったり、週毎に確実にレベルアップしているんですから、恐れ入ります・・・。

 完全に私より上手い!

 北島師範も、ロクに練習してない筈なのに、この前、非常にいい感じで刺してましたから、ちょっと練習すれば、相当に上達するでしょう。

 私は、手裏剣だけはどうにも苦手で、無冥流投剣術研究家の鈴木崩残先生の通信教育?で少しは打てるようになりましたが、例えば甲野氏よりもずっと下手で、正直、一つでも彼に勝てない種目があるというのが悔しくってですね~(最新刊も何万部も売れてるそうだから、久々にジェラシー感じましたよ!)。はっきり言って、向いてないみたい。

 まあ、これまでは練習場所が無いから、なかなか練習できないし、従って上達もできませんでしたけれども、これからは気兼ねしないで練習に打ち込めるので、私も会員もどんどん上達していけると思います。

 練習していると、どんどんコツも判ってきますから、会員間で教えあいながら練習していますよ。

 それに、手裏剣と試し斬りは、間合の感覚や重心力の働く角度や方向を研究するのに絶好なように思えます。

 東京支部長は中国武術の動きを応用したり合気道を応用したり剣術を応用したり、いろいろ工夫しています。

 彼は大学合気道部の部長だったから、合気道の良さをきちんと理解しているし、極真も学び、中国武術もマニアだから、他流との優劣じゃなくて、それぞれの流派の良さに目を向けられる点が、上達の一番の理由ですね~。

 武術で上達する人は頭脳が柔軟でないとダメです。優劣で考えるんじゃなくて、それぞれの良さ(欠点も)を洞察して吸収していく頭脳派の人でないと上達は難しいですね。

 私に直接、習っている会員は、私の考え方を理解してくれるので、流派の優劣論とか阿呆なことは言わなくなっていきます。

 どこの流派が強いだの弱いだのと考えている時点で、その人はもう上達の道を自分で閉ざしてしまいます。事実、こんなことほざいている人は視野が狭くて、なかなか上達しません。

「どの流派が優れているか?」と考えている時点で視野狭搾に陥っているし、いろんな団体を渡り歩く人には、どの流派も満足に体得できていないまま、時間を無駄に費やしてしまう人が居ます。

 特にうちに来る人には多いんだと思いますが、一つの流派を十年二十年と続けてきた人には地力で遠く及びません。

 流派問わず、できる人は探求心の固まりみたいな人です。常に自分を向上させることを考えて、貪欲に技の工夫をしているし、稽古の量も質も度外れているものです。

 それは頑張ってやっているんじゃなくて、楽しいから、そうなってしまう訳です。そして、みるみる上達していく実感があるから、より楽しくなる。だから、もっと練習も進むし、武術に関連して周辺領域の知識欲も強くなってくる・・・。

 うちの会員だと体道塾のN師範がダントツ! あまりにも異常な上達をするので、特別な才能の持ち主だと思いがちですが、実は努力の質量が物凄いんですよね。

 ものぐさな私も師匠として恥ずかしくないようにしなきゃ~ならん!と、最近、ちょっと真面目に練習し始めましたよ。

 でもね~。頑張りまくってる人間を見慣れてしまうと、甘い考えの人が、物凄くダメ~な人間に見えてきてしまうんですよね。

 最近の人って、甘やかされ過ぎで、厳しく言われることに対する耐久力が異常に無いから、ちょっと厳しく言うと途端に来なくなりますね。そんなに神経細くて生きていけるのか?と、心配になります。

 私は自分のこれまでやってきたことには微塵も後悔しないし、たとえ生きてる間に評価されなくとも、「今やっていることが、必ず、将来的に人類に貢献できる研究になる」と確信して疑いません。

 結局、今の世の中の問題点って何か?というなら、人間が弱過ぎるから欲望に振り回されて本質を求めることができない訳ですよ。

 原発だってそうです。やめた方がいいのは判り切ってるのにやめられない。

 だから、個人個人が自分の意志を揺らがない強さを得られれば、生き方が変わっていくでしょう。生き方が変われば世の中も変わっていきますよ。

 勿論、「そんなの無駄だ。長野さんは楽観的過ぎる。人間は弱い存在なんだ。一人では何もできないんだ」と、これまで無数に聞いてきましたよ。

 でも、私はそうは思いません。弱いという前提がバカバカしいっちゅうもんです。

 どうしてか?というと、私は自分の意志を誰にも曲げさせないで生きてきてるから。

 私をよく知らない人は、「そんな訳あるかい」と信じないでしょうけど、私をよく知ってる人なら、「確かに、長野さんはそうだよな~」と、渋々ながらでも認めざるを得ないでしょう。

 で、私が特別、強い人間かといったら、ぜんぜん、そんなことありませんからね。

 ただ、武術やってきて、いつでも必要とあれば捨て身になれる!と覚悟しているから、自分の生き方に迷いが無い訳です。

 つまり、強いか弱いかではなくて“覚悟してるかどうか”の問題なんですよ。

 簡単でしょ? 覚悟を決めれば人間は大概のことは実現できると思います。

 仮に、自分の力が及ばなくとも、それを補ってくれる人間が集まってくるんだと思います。

 ダンスの松田孝子先生から「どうして、先生の道場の人達はこんなにいい人ばっかりなんですか?」と聞かれた時は嬉しかったですね~。

「人格に問題のある人は最初から断ったり、問題を感じた人は迷わず破門にしてきたからです。そうしていると、問題を秘めている人も自然に離れていきますね」と、答えましたが、やっぱり、類は友を呼ぶ・・・ってことだと思います。

 私が未熟なうちは未熟な人間が集まってましたね。メンバーが入れ替わりながら私も上達していけたし、会員もそうなっていきました。

 一番、変わったのは、やっぱり北島師範ですかね? 一番、長いし。

 N師範だって、5年やってますから(中学生で入会して、先日、成人になりました)。

 初期の会員はほとんど来ていませんが、大体、2~3年で離れたのかな~? 3回来て来なくなる人、三カ月くらい通って来なくなる人、それから三年くらい来て来なくなる人が多いみたい。もちろん、これでは体得できる道理がありません。

 それでも、幽霊会員で、たま~に来る人もいますし、多分、本やブログは読んでいるという人も多いんだと思います。

 会員でなくともセミナーの常連さんで何年も通っている人だと幽霊会員よりずっと実力ついてたりします。

 それと、付き合う人も今はかなり選んでいますね。尊敬できる人としか付き合っていません。

 今の縁のある人達との関係を大切にしていきたいと思いますね。

追伸;直前情報ですが、来る8月31日(日)には、横浜市戸塚区の戸塚フォーラム横浜支部が練習している場所です)にて、新陰流兵法千葉転會(まろばしかい)の無料体験講習会を午後2:00~4:00に開催します。指導は千葉真一郎先生で、私もお手伝いに行きます。新陰流剣術・制剛流抜刀術の稽古です。そのため、31日の游心流の日曜稽古会はお休みしますので、お間違いありませんように・・・。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

リンク
FC2カウンター
最新記事
カテゴリー
長野峻也ブログ
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索