コンテントヘッダー

アベノミクスって弱者虐待では?

 ついに選挙に突入しましたが、与野党の党首の論戦をニュースで見ていても、「アベノミクスが経済政策として正しいかどうか?」ということばかりで、宗教論争みたいです。

 失敗か成功か?を論じるのではなく、「どのようなメリットがあって、どのようなデメリットがあるのか?」を論じて、具体的な論議をしてもらいたいものです。

 数字の魔術(カラクリ)というものもあります。ある方向から数値化してみせることで、どうとでもイメージ戦略を推進することはできます。

 けれども、現実はそういう訳にはいきません。

「給料が上がった」「景気が上向いている」と喜んでる人達も、錯覚しているんじゃないでしょうか?

 私もそうですが、周囲の誰に聞いても、どうにも、毎月の出費の増加に四苦八苦している様子です。

 消費税が上がっただけではなく、いろんなものが値上がりしていることで、出費ばかりが圧倒的に増えて来ていることが大きいのではないでしょうか?

「アベノミクスで株で儲けた」と喜んでるのは、ごくごく一部の平均以上の所得者だと思いますよ。

 圧倒的大多数の貧困層や、カツカツで生活している人達にとっては、給料は変わらないのに出費ばかり増えて大変なことになっていると思います。

 デフレ脱却と言っても、これはもうインフレ状態だと思いますよ。

 このまま進めばハイパーインフレで日本は地盤沈下するんじゃないですか?

 要するに、「大の虫を生かすために小の虫は見殺しにする」というのがアベノミクスの正体なんじゃないか?と思えます。

 景気が回復していると言っても、現実には、町の昔からやっている個人商店なんかはバンバン潰れて、更地が増えていってる・・・。

 実は恐ろしい事態になっているんじゃないでしょうか?

 安倍首相って、やっぱりボンボンだと思うんですよ。庶民の生活の大変さをまるで解っていない・・・。

「収益が上がったら給料を上げていって、結果的に消費が潤って景気回復する」って、それは無いでしょう。

 何故なら、日本のお金持ちはお金を溜め込む根っからのケチだからお金持ちなのであって、利益が上がっても下に分配なんかしないからですよ。

 結局、貧富の格差がどんどん開いていくだけ・・・。

 円安のせいで輸入されてる物は何でも値上がりして、それがすべてに波及していく。

 少々、賃金が上がったところで、こうも物価が高くなっていくのでは楽になるどころか死活問題ですよ。

 輸出と輸入で考えたら、日本は生活に必要なものは全面的に輸入に頼ってる訳ですから、それが値上がりしたらどうなります? 誰にだって結果は見えてるじゃないですか?

 だから、輸出で金稼ぐためには車とか原発とかデカいビジネスをやらざるを得ないと考えるのでしょうが、それで金稼ごうなんて20年も30年も前の発想ですよ。

 成長戦略と言っても大企業だけ。一般庶民の生活はどんどん苦しくなるだけ。

 揚げ句に、原発再稼働だのTTPだのアメリカの言いなりになって躍らされてりゃ~世話ないですよ。

 アメリカは既に財政破綻している国。その借金を日本に肩代わりさせようと必死なのを解らない訳がない。

 日本だけが経済的に潤うことなんかあり得ない。それはアメリカが許さない。

 日本は、金に振り回されて延々と借金返済のために国民を搾るしか手段が無いのか?

 違うでしょう。

 一番いいのは、石油や原発に変わる新しいエネルギーを日本が開発して世界に広げることです。

 お金の価値を根本から見直し、新しい世の中のシステムを模索することです。

 特に、原発に縛られた政策はやめることが肝心です。

 御嶽山の噴火に続いて日本中の火山が活発化し、長野県では大きな地震が起こりましたよね?

 阿蘇山はマグマ噴火なのが判明しているし、桜島も霧島連山もヤバイでしょう? ということは川内原発もヤバイということです。

 神奈川でも箱根がヤバそうだし・・・。

 西之島の海底火山の噴火で島が大きくなり続けていることでも判るように、日本列島は、もう常に自然災害に晒される時代になったのです。

 そんな不安定な場所に数十基の原発が乗ってるブラックジョークみたいな現状を無視して経済効率なんか考えてる阿呆連中に任せておいたらいかんのですよ。

 物事はバランスが大切です。

「アベノミクス。この政策しかないんだ。この道を突き進むしかないんだ」なんて、信仰を振りかざしてはいけません。レミングの死の行進じゃないんだから・・・。

 アベノミクスが一定の効果を挙げたとするなら、今後は現状分析と未来予測をして臨機応変に変化対応していかなくてはいけない。

「政策がブレてはいけない」と言いますが、間違いを延々と続けていけば破滅するだけです。現状分析と未来予測に基づいた自在な政治手法をこそ必要とされている筈。

 強いリーダーが必要だという幻想は捨てて、賢明な複数の視点が必要なのです。

 そもそも、法律で何でもかんでも縛りつけてしまおうとする発想の貧困さが自縄自縛を招くのです。

 臨機応変に、その場その場で適切な対応をできる人材を育てるのが重要です。

 これは、清濁合わせ呑むような器を持ち、しかも賢明な知性と義理人情を弁えている人間ということです。

 世の中に本当に必要な人材は、血統書付きのひ弱なサラブレッドではなく、タフでワイルドでクレバーな雑種ですよ。
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索