コンテントヘッダー

游心流会員から小説家が・・・

 游心流地方会員で小説家デビューした吉田恭教さんが新刊単行本『堕天使の秤(はかり)』(光文社)を出しました!

 329ページの力作長編ミステリーですよ。

 島根県で一本釣漁師をやりながら小説も書いているという、かなり変わり種の作家だよな~?と思いますが、武術もやっているんだから、TVが取材に来てもおかしくないでしょうね。

 初期の作品を贈ってもらった時は、確かSFだったと思うんですが、現代ミステリーでやっている様子です。

 私も小説修行してるんで、出版業界の裏事情が判ってきたんですが、大体、ジャンルで分かれるみたいですね。

 時代小説かミステリー、後はラノベ系のファンタジーとか・・・。

 小説の先生に聞いたところでは、ミステリーはトリックを考えるのが大変なんで、比較的、時代小説がデビューし易いみたいです。

 私も時代小説を主に書いていますが、やっぱりラノベか漫画原作が向いてると思うんで、そっちのデビューを画策していますけどね。

 ミステリーで書いている吉田さんは本格派作家になれる技量があると認められた訳ですよ。


 作家を目指す人は膨大に居ますが、デビューまでこぎつける人は、ごく僅か。

 そして、現在の出版不況は、デビューした人の実に九割!が一年後には居なくなっている・・・という、そら恐ろしい状況を招いているそうです。

 2~3年前には、「新人賞取ってデビューしても3年後に残っているのはごく僅か」なんて言っていたのが、今では一年後に一割も残っていないなんて・・・?

 連続して出せている吉田さんは、そんな状況で生き残っていく力量があると編集部に期待されている訳ですよ。

 目指せ! 北方、今野・・・ってところでしょうか?

 ま~、実際、売れっ子作家の作品は、一度、読み出すとやめられないというか、実にサクサクッと読めますね。

 今野敏さんの作品『チャンミーグゥアー』なんて、沖縄空手の伝説的達人である喜屋武朝徳(きゃんちょうとく)の伝記なんですけど、実に面白いです!

 喜屋武朝徳って、皆さん、知らないでしょ?

 空手修行してる人でも10人に聞いても誰も知らないくらいだと思います。ま~、100人聞いたら一人くらい知ってるかもしれない?くらいの、“知る人ぞ知る達人”なんですよね~。

 だから、私なんか、「うわ~、こりゃまた、えらい地味な人を選んだな~? この人で面白く書くのは難しいでしょう? 今野先生の琉球“手”愛が炸裂してるな~?」とか思いつつ、売上に貢献しようと思って、買ったんですけどね~・・・ところが、これがまた、面白いんですわ~!

 やっぱり、今野先生、「この人こそを紹介したいんだ!」という思い入れが強かったんだと思いますね。琉球“手”を探究するために今野塾を立ち上げた空手家としてのアイデンティティーの核になっている人物だからではないでしょうか?

 習い方や教え方に関する箇所の簡潔にして芯を外さない描写は、これまでの今野先生の武道小説中でも白眉だと思います。

 特に教え方に関する指摘は、私も反省させられる所が多くて、「確かにその通りだ!」と、思わず、膝を打ちましたよ!

 やっぱり、売れてる先生は違うな~・・・と、感心させられましたね~。


 そういえば、私が武芸考証を少しお手伝いした平茂寛先生の時代小説『暴れ茶人無頼剣』は、『この時代小説がすごい! 2014年版』で採り上げられていました。

 お手伝いした者として嬉しいです!

 引き続き、漫画家、小説家の方の作品作りの武芸考証や原作原案等の御用命、承っておりますので、プロの方だけでなく、これからデビューを目指している方も、御相談くださいませ

 私の得意なジャンルは、日本古武術・中国武術・現代武道・格闘技・銃・刀・妖怪・神秘学・特撮映画・・・等々で、活劇物に関しては絶大なる自信があります!

 よく、武道の専門家はアクション演出が下手だったりしますが、私は“超巧い”(自分で豪語しちゃうよ)ですから安心してください!

 何せ、若い頃は結構マジでアクションクラブに入ろうか?と思ったくらい(運動神経0で諦めた)で、空手雑誌の特集記事で「ブルース・リーは神である!」と書いて、真面目な読者をドン引きさせたオタク・・・じゃなかった、男です!

 ブルース・リー、ジャッキー・チェンのみならず、サモハン・キンポー、ユン・ピョウ、ドニー・イェン、ジェット・リーから、シャン・シンシン、ジミー・ウォング、ブルース・リャン、レオン・カーヤン、ラウ・カーリョン、ラム・チェンイン、ウォン・インシック、ウォン・チョンリー、ヤン・スエ、タン・トウリャン、ホー・チョンドー、カサノバ・ウォン・・・といった香港アクション俳優のB~Z級作品も貪るように見てましたよ!

 アンジェラ・マオやノラ・ミャオ、ブリジット・リンにミシェール・ヨーといった女優のカンフー物も見てましたね~。

 ハリウッド系でも、スチーブン・セガール、チャック・ノリス、ジャン・クロード・バンダム、ドルフ・ラングレンのみならず、ドン・ザ・ドラゴン・ウィルソンとか、マーク・ダカスコス、ヤマシタ・タダシ、ショー・コスギとか見てます。

 そして、日本なら、千葉真一、倉田保昭、志穂美悦子(娘が現在、サクラ出演中)、真田広之、松田優作・・・のみならずぅ~、『殺人空手』の大塚剛、『激突!合気道』の千葉治郎も見てますよ・・・。

 無論、チャンバラ物なら、三船敏郎、近衛十四郎、若山富三郎先生、長門勇(いも侍シリーズ等)、夏八木勲先生(牙狼之助シリーズ等)、そしてそして、本格派なら大山克巳先生に滝田栄さん!

 本当に、私はアクション物が大好きなんですよね~・・・。

 普通のドラマとか全然、興味ないしな~。

 なんか、「派手な立ち回りが無くても、しっとりとした情緒を描いていて感動できる作品」・・・とか時代劇で誉め言葉にするじゃないですか?

「バーローッ! 時代劇の華はクライマックスの大殺陣じゃんかっ? 立ち回りも無い時代劇なんざ~、ダシの入ってない味噌汁みたいなもんじゃねぇかっ? 阿呆抜かせっ!」っと、私は言いたいです。

 特に武術系アクション物に関しては、評論家って名乗っちゃってもいいかな~?と思ってまして、来年にはその手の本も出したいな~?と思ってます。

 書かせてくれる編集者さ~ん! 熱烈、大募集ですっ!

 スッゲー、面白いの書いてみせますよぉ~! ひょっとすると発狂したみたいに売れるかもよ~?

PS;ほびっと村学校かわら板にて、私のカッチョイイ、マキワラ逆手斬り写真が載ってますから、見てくださいね~。これ、できる人は日本で何人も居ない筈? 時代考証本に載せるつもりで動画で撮ってコマ抜きしたものなんですが、「写真掲載はできない」とのことだったんで、こっちに載せてもらいました~!

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索