コンテントヘッダー

天真会演武会と納会

 20日は、毎年実施されている剣武天真流演武会と納会がありました。

 前日に、時代考証本の直し質問が来て、「明日の昼に打ち合わせを・・・」との連絡があって、こちらは入稿・印刷・発売などの計画があるので、こっちの都合で断る訳にもいかず、今年は行けないか~?と思っていたんですが、夜に質問事項がメールで来て、速攻で答えて無事に済んだので、観に行くことができました!

 ここ数年は、年末は、これに行かないと終わった気がしないというか、私が武道関係でお付き合いのある数少ない団体ですからね~。

 場所は新宿村。むか~し、取材(確か、カポエィラだった。まさか、あの時の先生がお笑い芸人になろうとは?)で一度、行ったことがありましたが、十数年前だから、すっかり忘れてましたよ。

 会場近くで、日子流田中光四郎先生御一行と会いました。光四郎先生は相変わらず、お元気ですね~。私が知ってるだけでも何度か、もうダメでしょう?って感じだったんですが、気骨が尋常じゃないよな~。

 二年前には、松田隆智先生も来られていたんだよな~?と、感慨深かったですね~。

 自然身法の出口衆太郎先生や、先日、再放送されていた『29歳のクリスマスイブ』にも出演していたエレクトリックトランペッターの近藤等則さんもおられました。

 ちなみに、近藤さんの会員制ダウンロードサイトが月刊で始まりました!
20141226_002.jpg

 NHK時代劇『腕におぼえあり』『秘太刀馬の骨』等で、近藤さんのトランペットを聴いたことのある方は多いでしょう。

 青木先生に新体道を学んだ中でも近藤さんの存在は別格でしょうね。

 それと、『秘伝』の編集の方も二人来られていたので、記事が載ると思いますよ。

 Sさんとは以前、ライターやっていた頃に知り合いだったので、最近の武術業界のこととか松田先生の思い出話ができて楽しかったですね~。

 彼はある古武術の師範だし、キックボクシングもやっていたという武術と格闘技の両方に精通した貴重な存在ですし、長年、この業界でやってきているから一流どころの先生には大抵、会ってる筈です。

 松田先生が、『武術(うーしゅう)』が休刊した時には、「あいつら(その時に編集に携わっていた人達)は、自分達が文化的にどれだけ貴重な仕事に携わっているのか?という自覚が無い。情けないな~」と、本気でガッカリされていました。

 生活のためにやっている身には過大な責任だと思うんですが、文化的な使命感を持っていた松田先生の言い分も、私はよく理解できますね。

 使命感でやる人って、金は度外視してやりますからね。他人には道楽にしか見えないでしょうが。

 一種、オタク的気質の人間にしか世の中を導くような仕事はできませんよ。

 Sさんも、昔の仕事仲間からはオタクだと小馬鹿にされたりしていたんですが、立派な実績を重ねてきていますからね。彼が居なかったら、果たして『秘伝』は続いていたんだろうか?と私は思っています。

 それと、新しく編集部に入られた方が「長野さんのブログ読んでます」と、親しく話しかけてくださったので、嬉しかったですね~。

 大体、武術業界の人は、私と会うと、1,メッチャ睨む、2,ウゲゲッと固まる、3,泡食って逃げる、4,喜ぶ・・・の四通りで、圧倒的に、1と2が多いです。ハイ。

 高田馬場の本屋さんで声かけてくれた子安さんのような方は、少ないです。

 でも、子安さんのような格闘系の方で、武術にも興味があるという人には、割りとUMAと遭遇してラッキー!みたいな対応されることが多いかな~?

 そういえば、ライターやり始めた当初、「長野峻也という人物は実在しない!」と言われてましたよ。

「甲野先生に恨みを持っている十人ぐらいのチームが個人に成り済まして書いている」のだとか? へぇ~・・・?

「一人の人間が、あんなにいろんなジャンルに詳しい道理が無い! 古武術に詳しい者・中国武術に詳しい者・現代武道に詳しい者・格闘技に詳しい者・銃に詳しい者・特撮に詳しい者・アクション映画に詳しい者・オカルトに詳しい者・精神世界に詳しい者・健康法に詳しい者が集まって書いているのだ!」とのことでした。へぇ~・・・?

 まあ、特撮に於ける“八手三郎”みたいなのだと思われたんでしょうね?

 無論、写真や映像で出るようになったら、こういう妄想話は無くなりましたが、今度はフリーメイソンだのCIAだのドラコニアンだの妄想力の高い人からネットで流されましたよ。

 いろんなことに詳しい人間って、私の周囲には何人か居たし、例えば、今も武術系ライターやっているNさんという人なんかも、私に負けず劣らずの知識量でしたよ。

 今月号の『秘伝』でも御逝去された吉丸慶雪氏の記事を書いていて、もちろん、取材したからではあるでしょうけれど、武術業界の知られざる真相に迫っていて、驚かされましたね~。やっぱ、大したヤツだな~・・・と。

 親しいから褒めてるのか?と思う人も居るでしょうけど、今は全然、交流無いです。

 私は自分の好き嫌いの感情は別にして、客観的に事実は事実として認めることができます。そうでないと研究家は名乗れませんからね~。

 もう一例出すと、武道業界の名物男、小島一志さんも、私は大っ嫌いですが、物書きとしては一目も二目もおいてます。「この人には勝てね~・・・流石の私も、人に迷惑がかかると解っていながら、ここまで暴露する鬼畜にはなれん・・・人間としては外道だけど、プロの物書きとしては見上げた根性だ!」と、評価しています(小島さん、褒めてるんだから誤解しないでね)。

 やっぱ、私も、鬼才と呼ばれるくらいハードボイルドな物書きになりたいんですが、奇才止まりでしょうね~。


 おっと・・・脱線したまま終わるところだったよ。

 演武会は、毎年拝見していて、今年は纏まって整理されてきた印象がありましたね。

 技術的な体系化が一応、完了したのかな~?と。

 これから本格的に組織化、普及という過程になるのでしょう。

 女性が多いのも、うらやましいですね~。うちは少ないからな~。知り合いのアイドル事務所から大量入会してくんないかな~?


 武術というジャンルも、過去の遺産をただ保存するのでは忘れられてしまいかねないですから、間口を広げたり、表現する方法論をいろいろ考えていかないといけない時期なんじゃないかな~?と思いますね。

 今はインターネットで個人が発表していく場が広がったでしょう? 経済のシステムも激変する可能性が出てきています。

 単なる情報発信ではなくて、発信する者の表現法に価値を見いだしていかないと、もうプロの仕事が成立しなくなってしまうと思います。

 情報そのものに価値判断する時代は終わってしまうんじゃないか?と思うんですよ。

 安易なライターなんか、ウィキペディアで調べて書いたりしてますが、それなら本買う必要がない。私はネット情報は信用していないんで、今でも参考資料探しに神保町に行きますよ。

 しかし、武術だの格闘技だのは受難の時代ですよね? ネットで無料でいくらでも貴重だった?映像(裏ビデオで高値で取引されていた)も見れるでしょう。

 このインターネットの特質も、もっと活用すべきですね。

 知的好奇心を満足させるだけではなくて、自己組織化する教育システムのような“習い事”をどんどん提供していければ、ネットを通じて世界中の誰もが生きる術を自ら養成していくことができるのではないか?と思います。

 マララさんが言っていた教育の必要性。これが本当に重要なことです。

 イスラム国のような独善思考を暴力で正当化していこうとする行為もまた、教育の質の問題です。普通のイスラム教の信者にとっては迷惑千万でしょう。


 自分で言うのも変ですが、私は無数の流派を齧ったから、一つの流派だけの優越思想がまるっきり有りません。

 それぞれの流派の良さを知っているから、平等に見ることができます。

 多分、武術業界では私しか居ないんじゃないか?と思いますが、だからこそ、研究家と名乗れます。

 いくら優劣を論じたところで、所詮、個人の探究の努力と理解度の問題なんですよ。

 優れた師に学んでいても、多くの弟子は凡庸です。それが当たり前。

 やっぱり、依存しちゃってるからでしょうね。

 突出する人間は、突出するなりの才能や野心や執念がありますよ。それは、善悪関係ありません。

 私も昔、ある人から、「お前は我執が強過ぎる」と言われたんですが、それは生きる意欲が人一倍強いということなんだから、非難される筋合いじゃないと思いましたね。

 大体、格好つけて悟り澄ましたようなヤツが、裏では別人格だったりするんです。

 自分の我執をさらけ出してしまえる人間が、我執に捕らわれていないってことなんですよ。それを洞察できないボンクラに限って、綺麗事の言葉にコロッと騙されてしまう。

 私は、言葉なんぞ全然、信用してません。

 言葉で表現できてしまうようなものは表層でしかない。生き方、死に方、行動、実績といったことを全体的に評価しないと人間を評価することなんかできないでしょう?

 人間を記号や数値で考える人達は、随分とつまらない人生ですね~?と言いたいです。

「言葉を信用してないなら、何で物書きやっているんだ?」と言いたい人も居るかもしれません。

 一つは、食うための手段。

 もう一つは、言葉の先にあるものを表現したいという欲求・・・ですね。

 まあ、一度しかない人生をエンターティンメントにしたいってことですかね?

 この点、極めて順調に生きているかな~?と思います。

 物凄い先生に沢山、会えたし、今は会員が異常に上達していく様子(やっぱ、20代はニュータイプみたい?)を見るのも楽しみです。何か、爺ぃ臭いけど・・・。

 納会で、「長野先生も一言どうぞ~」って言われて、ちょっと喋ったんですが、ワイン飲み過ぎて、何も覚えておりません・・・ゴメン!

 酔拳とかやってみせたら良かったか? ダメか?

PS;28日の本部稽古の後、しゃぶしゃぶ食べ放題で忘年会やりま~す! お暇だったら、遊びに来てくださいね~? 午前10時半に淵野辺駅改札前に集合です!

 
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索