コンテントヘッダー

クリスマスイブは特撮イベントで

 今年のクリスマスイブは、先日、会員のK中さんから紹介してもらった特撮系映像プロデューサーのアビーさんのお誘いで、特撮イベントにゲストで参加してきました。

 クリスマスイブとは言っても平日なので、会員は誰も参加できず、K中さんと私だけだったんですが、どういうイベントかよく知らずにうかがったものの、凄いキャスティングにのけ反ってしまいましたよ。

 まず、帰ってきたウルトラマンの中に入っていたことでマニアには有名な、きくち英一さん!

 きくちさんは、電人ザボーガーなどのPプロ作品の常連で、私が覚えている作品では、『子連れ狼・冥府魔道』で、お墨付きを奪って若山先生に一太刀浴びせられながら馬を飛ばして瀕死の状態で烈堂の下に持ち帰ったものの、それが偽物だったというあんまりな展開だったりしてましたね。

 先日も、『野性の証明』を見ていたら、梅宮辰夫の手下のヤクザを演じてられて健さんをド突いてましたし、『ハリマオ』や『忍者部隊月光』なんかにもゲスト出演されていました。とにかく、いろんな作品に数多く出演されているのです。

 キングジョーと戦った時のウルトラセブンに臨時で入られていたのもマニア間では有名な話です。

 それから、初代ウルトラマン、ケムール人、ラゴンの中に入られていて、セブンのウルトラ警備隊のアマギ隊員役が有名な古谷敏さん!

 敏さんと言えば、松坂慶子がゲストで出ていたダリーの回のアマギ隊員が実に印象的でしたね。ラストの笑顔が最高です。

 きくちさんも敏さんも、身長が高くてダンディーで、流石はウルトラ兄弟だ!と、思いました。

 最近は、仮面ライダー等のヒーロースーツアクターのファンも増えていますが、古谷さん、きくちさんはレジェンドですからね。

 もう、これだけで私は、おなか一杯だったんですが・・・何と? 特撮マニアの間では伝説のクールビューティーとして有名な小林夕岐子さんが・・・! うちの会の特撮マニアの千葉さんなんて大ファンだから卒倒したかも?

 セブンのチブル星人の回のアンドロイド01、『怪獣総進撃』『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ決戦!南海の大怪獣』『幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形』等で有名な方です。

 特に、アンドロイド01と、血を吸う人形の催眠術で生かされているゾンビガールの美しさは格別です。

 そしてまた、極め付けのゲストが、土屋嘉男さん!

 東宝特撮のみならず、黒澤映画の常連として知られる名優ですよ!

 ざっと、思い出すだけでも、『ゴジラの逆襲』『地球防衛軍』『美女と液体人間』『大怪獣バラン』『宇宙大戦争』『電送人間』『ガス人間第一号』『マタンゴ』『フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン』『怪獣大戦争』『怪獣島の決戦ゴジラの息子』『怪獣総進撃』『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ決戦!南海の大怪獣』『ゴジラVSキングギドラ』『七人の侍』『椿三十郎』等々に出演されています。

 確か、ウルトラマンのザラブ星人の回にも博士役で出演されていたと記憶しています。

 土屋さんと言えば、独自の理論的演技をされる俳優さんとして有名で、X星人の管制官や、ガス人間水野はハマリ役として有名です。演技に凝り過ぎて怪優扱いされてしまったりもしていますが、それだけサービス精神のあるお茶目な方なのでしょう。

 そんな、まさかまさか?の“ナマ土屋嘉男”の登場には驚いてしまいました・・・。

 他にも、知る人ぞ知る特撮関係スタッフの方ばかり来られていて、特撮マニアの私にとっては、銀座を歩いていて夢の国に迷い込んでしまったような・・・(そういえば、でかいウサギが? 不思議の国のアリスですか?)。

 正直、どういうイベントなのか知らずに来たので、予想を大幅に超える大物揃いに面食らってしまい、田舎者特有の人見知り状態で、K中さんが紹介してくれるまで、到底、自分から話しかけるなんてできませんでしたよ。

 もっとも、このメンツの凄さは特撮マニアでないと解らないでしょう。

 実際、マニアではないK中さんはピンと来なかったみたいでした。

 もう、私なんか、お顔が見れただけで『七人の侍』の百姓みたいに「ハハァ~、おサムライ様~・・・」と、なってしまいましたよ。

 多分、この先、映画撮ってる現場でお会いすれば、話せるようになるかも?

 うちの会の特撮マニアの千葉さんやI田さんも来れていれば良かったのにな~?と、このゴージャスな内容をちゃんと知っていたら、もっと誘ったのにな~?と、思いました。


 さてさて、イベントの出し物も、盛り沢山で凄かったです。

 特撮映画のテーマ曲の爆音生演奏、ほのぼの紙芝居、朗読、生歌、ハープのような楽器ライヤーの演奏、フラメンコ、インディーズ特撮映画の予告編上映とヒーローキャラのお披露目撮影会、座談会・・・等々。何か、凄いぞ!

 単純にお客さんとして楽しみました。

 K中さんが出てるフラメンコなんて、ついつい武術研究家の習性でステップワークを観ようと脚ばっかりガン見しちゃったんで、女性陣にスケベ爺さんと誤解されるかも?と、途中で思って、慌てましたよ。

 中でも、アビーさんの会社の専属女優のCumyさんの歌唱力とライヤーの演奏には唸ってしまいました。凄いな~・・・。

 このライヤーという楽器は、昔のハープみたいなものだそうですが、人智学を提唱し、シュタイナー教育やオイリュトミー(独特の舞踊的な体操とのことですが、未見。舞踊家の笠井あきらさんがオイリュトミストとして有名)の創始で有名な、ルドルフ・シュタイナーが復活させたものなんだそうです。

 ちなみに、シュタイナーは、ヒトラーから睨まれた、“人間の自由性の獲得を目指した教育家”でした。その精神世界の探求は、最初はヴラバツキー夫人の神智学協会への入会をし、そこから発展的に人智学を提唱させるに至ったという次第。

 一種、オカルト寄りの人なので、やはり、“トゥーレ協会というオカルト秘密結社からナチス第三帝国が発展したように、チベットにシャンバラを探しに行かせるくらいオカルト好きなヒトラー”にとっては目障りな存在だったのでしょう。

 余談ながら、神智学協会は、その後、下部組織である星の教団を任せたジッドゥ・クリシュナムルティーが星の教団の解散と、「絶対自由のためにはあらゆる信仰・信条・主義・思想を否定して、ただ自己認識のみを求めよ」と宣言したことから瓦解していきますが、それはシュタイナーが予言した通りになったようですね。

 神秘家というと、シュタイナー、クリシュナムルティー、グルジェフ、オショーラジニーシの誰かが好き?というのが神秘学マニアの相場でしょうが、昨年亡くなられた松田隆智先生はグルジェフが好きで、青木宏之先生はラジニーシが好きみたい? 私はクリシュナムルティーが好きですね。

 あれっ? 何か、メッチャ、脱線したかな~?


 実は、アビーさんとはK中さんの大学の学園祭にフラメンコ見に行った時に、数分、話しただけなので、どういう方なのか、よく知らなかったんですよ。非常に気さくで飾らない人だな~とは思ったんですが。

 でもね~。今回、非常に愛の有る人だな~と思いました。

 イベント中、先頃、急逝された川北特技監督の話で思わず声を詰まらせたアビーさん。

 私も映画秘宝の追悼記事を読んで、ビックリしたんですよ。まだまだ、御活躍されるだろうと思っていたので・・・。

 川北監督と言えば、平成ゴジラ・シリーズを支えた日本特撮界の大御所でしたからね。

 他にも仲の良い方が何人も亡くなられていたそうですが、アビーさんは飽くまでも前向きで、いや~、凄い人だな~・・・と、単純に感動しました。

 まあ、私の場合、武術の世界で、あまりにも嫉妬深かったり平気で嘘ついたり、陰で中傷するような嫌な人間にばかり会ってきたので、根本的に人間不信なところがあるんですが、でも、最近はそんなことも無いかな~? 先週は久しぶりにSさんと話して楽しかったしな~?

 困った人達も“話のネタ”としては面白いもんね?

 それに、根性の曲がった人は圧倒的に少数派ですからね? ただ、そういう人が一派を率いていたりするのが、武術業界の大問題なんだけど・・・(苦笑)。

 でも、もう、いいんだよ。そんなことは他所のことなんだから。

 うちの会員は善人ばかりだし、もう、そんなに困った人が来たりもしないし、仮に来たとしても入れない。「根性直して出直して来いっ」って言っちゃう。

 しかし、ここ数年の人間関係の広がりは、どうも、青木先生と親しくお付き合いするようになってから、こうなってきたような気がするな~?

 うちの会の分裂騒動が収った後、青木先生との付き合いが深まったんだよな~?

 やっぱり、運気が変わったんだろうな~? いや、ひょっとすると、変えてもらったのかもしれない?

 まあ、ともかく、人生は一度しかないんだから、やりたいことを目一杯やって満足して死ねるように頑張りましょう!

 死んだら後に何も残さないというのも潔いのかもしれないけど、クリエイターにとっては作品が残ることで魂が繋がっていく・・・というのが理想なんじゃないでしょうか?

 作家の端くれとしては、そう思う次第です。

PS;イベントでお会いした劇団を主催していて武侠物の舞台をやるという方にをプレゼントしたら、数時間後に早々と御礼のメールを戴き、ビックリ! 何と、律義な人なんでしょう? 武術を個人で研究されているそうなので、参考にしてもらえば?と思って差し上げただけなんですけどね? 本贈っても何の反応も無い人の方が多いのに・・・。
20141226_001.jpg

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索