コンテントヘッダー

二月セミナー感想

 場所を渕野辺の本部道場にしてからの二回目。今回は、特別ゲストに“柔芯体メソッド”の稲吉優流先生が来られました。

 過日、ダンス公演を拝見させて戴きまして、久しぶりに練習にも参加したいとのことでしたので、お返しに試し斬りと手裏剣も体験してもらおうと用意しました。

 稲吉先生は、とにかく“ダンスが好きで好きでたまらない”というのと、非常にお弟子さんを大切にされているところが本当に素晴らしく、ちっとも威張ったところが無く、武術もいろいろ体験されています(八神流の利根川先生に師事)が、武術をやっている人間特有の威圧的だったりする所が皆無・・・私が付き合える数少ない中のお一人です(笑)。

 どうもね~・・・最近、武術やっている人達の精神性がロクなもんではないな~?と思うことが多くてですね~?

 私が武術に憧れたのは、要するに、武術家というのは何の権威にも媚びないで哲学者みたいに理知的で嘘をつかずに弱きを助けて強きを挫くカッコイイ男!だと思ってたからなんですよね。

 元々、特撮ヒーローが好きだった子供にとっては、武術家とは、自分でも「努力すれば、いつかはなれるリアルヒーロー」だった訳ですよ。

 ところが、現実の武術家は、平気で嘘つくし、権威主義者の威張りたがり屋で、頭が悪くて教養が無く、弱きを脅して強きにへつらう糞外道のようなヤツがウジャウジャ居たんですよね~。

 無論、こんな連中ばっかりじゃなくて、恐らく少数なんだとは思うんですが、こういう連中に限って悪目立ちするんで、全体のイメージが非常に悪くなってしまうんです。

「いや~、長野さんは考え過ぎですよ~。私はそんな先生には会ったこともありませんよ~」と言う人もいますが、それは、深く付き合ったことが無いんだと思いますね。

 糞外道な武術家の特徴は、“裏表が激しい”という点です。

 表面的には実に誠実そうなんですが、裏では真逆のこと言ったりするからドン引きしちゃうんですよ。

 要するに、自分のことしか考えていないエゴイストだってことです。

 しかし、人間、人から「センセイ、センセイ」と言われていれば、ついつい自惚れて他人を上から見る癖がついてしまうものです。

 謙虚で誠実な武術修行者が、有名になって多くの人が集まってくるようになるに従って、不遜な自惚れ屋になっていった実例も、何度も見聞しました。

 私だって、昔は何度か自惚れて痛い目にあったことありますからね~。誰でもあると言えばある訳ですけど、中には、痛い目にあっても全然、改心しない馬鹿チンも居る。

 だから、一生が修行なんだろうな~?と思いますね。

 もし、私が今の実力と知識のままで30前後くらいだったら、糞外道な連中の同類になってしまっていたかもしれません。

 実際に、私が教えた会員のうちの何人かは、どうしようもなく自惚れてしまいました。

 現実を教えてやらねば・・・と思って、愛の中段突きや裏拳・掌打を食らわしたりしたこともありますが、それでも改心しない者はしないんですね~。

 どうも、自惚れというのは精神疾患の一種みたいですね~?

「未熟な人間の話だろ~?」と思う人も多いでしょう。

 いや、この手の連中は、団体を組織している者も多いですよ。

 本出したり、専門誌に連載してる人間も居る。

 だから、「専門誌にも執筆している」ということが何のステイタスにもならない。私も注意していないと、こういう連中の同類扱いされかねませんからね~。


 それはそれ!

 今回のセミナーは、“軸の操作”について説明するのに、マキワラ斬りから始めました。

 中心軸を背骨に見立てて、背骨を斬り崩す方法論が剣術から派生しているという点を理解してもらうためでした。

 北島師範に指導してもらって参加者にも斬ってもらいましたが、皆さん、スパッと斬れていましたね。

 稲吉先生にもやってもらいました。手裏剣も小塚師範に教えてもらいましたが、楽しく練習されていました。

 実技講習は、例によってアドリブでやったので、細かいことは忘れてしまいました。

 まあ、背骨を斬る要領で崩し技をかけて、相手の体勢が崩れたところを攻撃する・・・というセオリーについて指導しました。

 練習後は和食ファミレスに行って、お座敷で会食! なんか、新年会みたい・・・。

 この日は滋賀から参加したIさんと、川越から参加しているUさんが入会されました。

 稲吉先生も参加されたので、いろいろ楽しくお話しましたよ。

 パソコンでいろんな動画も見ましたが、甲野氏の薪割りまでありました。う~ん・・・これって下手なんじゃないかな~? うちの爺ちゃんの方が上手いよ。田舎だと普通に薪割りやってたからな~?

 高瀬道場や、つばさ基地も見ました。

 やっぱり、アクションのプロのパフォーマンスは素人武術愛好家とは雲泥の差ですよ。

 せっかくなんで、青木先生が大推薦していた弓術のアンデルセン氏のも見ましたが、アクロバチックに弓で矢を放つ様子は驚異の一語! いやはや、世界には冗談みたいな達人が居るものですな~?


PS;仁平師範の体道塾で、ついに武法の講習会も始まります! 本気で武術で心身共に強くなりたいと思っている人には大推薦! 意味不明の自己啓発セミナー形式の講習会に通ってもお金をドブに捨てるようなもんですからね~(そういう経験した人達の相談受けたりするんですけど、本当に酷いね~? 能書きはいいから、ちゃんとできるように技を教えろってぇの! やってみせてドヤ顔してるだけ?)。有名なだけの無能で無知で権威主義的な支配欲の固まりみたいな威張りん坊先生に習ったけど何にも上達した気がしない・・・という方は、是非、どうぞ! 詳細はインフォメーションをどうぞ!

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索