コンテントヘッダー

新作DVD『中級対錬』について

 新作DVDで紹介している中級対錬なんですが、「初級とどう違うんですか?」と聞かれるので、御説明しておきます。

 初級対錬は、自分は無構えで立ち、相手が中段(鳩尾の辺り)に突いてきたのに対して技をかけていく後の先の練習です。

 これは、体捌きと読みの養成が主な目的で、技は二の次です。

 どうしてか?というと、現実の戦いで中段突きで攻撃してくる人間は、まず居ません。

 無構えで後の先を狙うのも、余程、実力に差がないと成功は至難です。

 ですが、体捌きと読みの訓練のためには、稽古法として、この方が良かったのです。

 で、初級で充分に、読みの能力を高めて、体捌きも体得したら、今度は、もっと現実的な攻撃に対処するやり方に変えた方がいいのです。

 それで考えたのが、中級対錬です。

 これは、自分は太気拳構え等に構えておいて、ボクシング的に構えた相手がリードパンチ(ジャブ)を顔面に向かって出してくるのに合わせて、手捌きしながら技をかけていく方式です。

 つまり、対の先で合わせる、より実戦向けの交叉法の練習になる訳です。

 多少、格闘技の経験がある人間なら、構えたところから前手で顔面めがけてリードパンチを出して、二撃目か三撃目で仕留めるコンビネーション攻撃をするものです。

 ですが、一撃目のリードパンチに合わせて技を施すことで、二撃目以降を出せなくしていく・・・これが交叉法の考え方であり、相手に攻防の主導権を持たせないことに必勝の方程式がある訳です。

 よく、技術的な批判で、「游心流にはコンビネーションが無い。あれでは乱戦になれば勝てない」とほざく御仁がいらっしゃいますが、コンビネーションを使わないから勝てる戦闘法が交叉法なのです。

 交叉法の真価を理解できないから、「コンビネーションが必要だ」とか、たわけた言葉が出るのです。

 本当にバカ過ぎて話になりませんね。

 もちろん、うちの会員にもコンビネーションとか打ち合いが好きな人間もいます。

 いくら、「一発目で相手を崩して二発目以降を出させちゃダメだ!」と言っても、すぐに元に戻って打ち合いをしたがります。もう、本人のシュミだから、勝手にやらせていますが、そんなやり方を他の会員に教えたりしたら叱ってますけどね。

 要するに、闘いを楽しみたい人にとっては、うちのやり方はつまらないでしょう。

 相手の技を出させなくして、自分が一方的に倒す・・・というのを練習しているので、競技的な醍醐味はまったくありません。

「相手の技を受けて返す・・・ということは絶対にやるな!」と言っています。

 少なくとも、受けざるを得なかったら、受けたと同時に攻撃しなければなりません。

 受け即攻撃ですよ!

 本来の武術はすべてこの原理でできていた(過去形?)のです。

 交叉法は技ではなく、理合なので、個別の技で表現したら無数に技はあります。

 ですが、原理を無視した技は、たとえ数万の技数があっても無意味です。

 例えば、「空手道の受け技は、試合では使えない」と言われますが、これは原理から外れているから使えないのです。

 つまり、空手道の受け技は、実は受けではないのです。

 では、何か?

“受け流しながら攻撃する技”であり、交叉法で用いる“攻撃技”だったのです。

 このような誤解は、理合を知らないから生じる訳です。

 仕方がないですよね? 空手道界の先人が知らなかったのですから・・・。

 琉球手の遣い手たちが、「ヤマトンチューには教えるな」って、厳命していたんでしょうね~?

 まあ、そういう訳ですから、中級対錬を練習していれば、実戦への対応力も飛躍的に上がるでしょう。

 今回は、中級対錬を補完するための差し手の練習法と推手のやり方も解説しています。

 独己九剣は、追い燕と、流星ですが、これらも読みと動きの隙間に合わせる練習です。

 応用法は“寸延び短刀”でやっていますが、これは間合を瞬時に詰める縮地法を実は遣っています。が、自分で見直しても、よく判別できなかったので、気づく人はほとんどいないでしょう。

 間合の調節ができれば、無刀捕りも難しくなくなってきますから・・・。

 逆に、手裏剣は、遠い間合を剣を飛ばして縮める訳なので、縮空法?みたいなもので、空間を意識で埋める訓練になります。

 普通の武道や格闘技では、その種目によって間合は一~三つくらいしか使われません。

 離合(りあい)とか手合(てあい)とか言っていた人も居ましたね?

 ですが、間合を数値的に分類するのは、雑なやり方でしょう。

 空間把握能力の高い人だとmm単位で違いを認識できたりします。触れるか触れないかの微細な接点で技を駆使する内家拳や合気武術の場合、雑な間合感覚はむしろ邪魔になります。

 この感覚を高める訓練に、手裏剣は絶好だと気づきました。

 間合を5~10cmずつくらいずらして、離れたり近寄ったりしながら剣を打つことで、手のうちと力加減、剣を離すタイミング・・・等々の細かい処理を“勘”で行うのです。

 勘というのは人間の能力の中でも最も優れたもので、優れた職人の皮膚感覚は、どんな機械でも再現できなかったりしますね?

 勘を磨く訓練として手裏剣術は可能性があると思いますね。

 今回のDVDでは、家の中で練習する人のための的の作り方まで解説しています。これでホームセンターでコンクリート針を買ってきて練習してみたら良いと思います。

 試し斬りは流石にできないでしょうが、逆手袈裟斬りや、寸勁斬りの様子をご覧ください!

 詠春拳の木人椿トレーニングも実演していますから、詠春拳好きの方もどうぞ!

 後、セミナーの様子を映した映像が、何故か消失してしまっていたので、公園で練習する大石総教練と仁平師範の自由対錬も収録しています。

 二枚組の二万円(税込み)ですが、ヨロシクどうぞ


関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索