コンテントヘッダー

本の紹介

 私が武芸考証をお手伝いした作品が出ましたので、御紹介します。

ねぼけ医者 月を斬る平茂寛
小児科医の主人公がお庭番の助っ人“斬月”として活躍! 主人公が無眼流を使うというのがミソです。無眼流とは、三浦源右衛門政為が創始した流儀で江戸時代初期から中期にかなり流行ったみたいですが、残念ながら現代にまでは伝わっていないようです。夕雲流と同様に気の術を極意にしたようです。平茂先生は当道場まで来て試し斬りや無刀取りも体験されていきましたが、無刀取りも見事、成功していました。

開花請負人 忍桜の武士高田在子
植木奉行同心という、今で言うなら樹医と警官が合体したような職務の主人公が、直心影流の腕を活かして活躍! 女性作家らしい恋愛描写が泣けます! 女性作家らしくない剣戟描写も燃えます! 直心影流と言えば、振り棒の素振り鍛錬が有名ですが、「何回くらいが適切でしょうか?」「千回くらいっスね」「ええ~っ! そんなに振るんですか?」「当然です!」みたいなやり取りをしました・・・。高田先生も以前、月例セミナーを見学されたり、先日も個人指導の様子を熱心に見てメモを取っておられました。

 どちらの作品も、白泉社招き猫文庫より発売中です。よろしくねっ!

 また、作家仲間の鷹橋忍さんの『城の戦国史』(河出夢文庫より発売中!)も、城好きにはたまらない内容ですから、是非、よろしくっ! 城の兵器としての機能について書いた本は初めてではないか?と思います。

ケダマメ玉井雪雄
ビッグコミックスピリッツで連載中のSFファンタジー時代活劇漫画ですが、2巻まで発売中です! 昨年、連載前に取材に来られたのですが、剣戟描写の役に立てたみたいですね。SF設定には驚きましたが、ヒロインがサンカの持つ両刃のウメガイ短刀を持っていたり、相当にディテールを研究して描かれているんだな~?と思いましたね。あっと驚く伏線があったりして、新章も楽しみです。

 その他、最近、読んだ本では、『人生で大切なことはオカルトとプロレスが教えてくれた』大槻ケンヂ・山口敏太郎(KADOKAWA)が、異常に面白かったです!

 特撮、神秘武術のネタもちょこちょこっと入っていて、私向けの内容ですね。

 でも、意外に批評本としてもよく出来ていて、お二人の指摘していることには、イチイチ納得するところが多かったですね?

“ある種の”・・・と、ぼかしてはいますが、『帰ってきたウルトラマン』のムルチとメイツ星人の回が在日朝鮮人差別を暗示していたのではないか?とか、「あ~、なるほど、そういうことか~?」と思う点がいくつもありました。

 骨法バッシングの話では、“作りはいかん、と。でもそれを言ったら極真空手もそうだし少林寺拳法も何でもそうなんだけど。”と、大槻ケンヂさんは“野暮な”ことだという思いがあったみたいですね?

 う~ん・・・その論理は芸能界という特殊な業界に居るが故のものじゃないでしょうかね? 嘘ついて歴史の捏造するのは文化の破壊だと思うんですよ。創始者がそういうことしたお陰で後継者たちは要らぬ苦労をしなきゃならなくなるんですし、これまでずっとそうだったから、これからも許されるという論理は、もはや通用しないでしょう。

 エンターティンメントとしての“作り(ファンタジーと言い換えた方がいいか?)”の部分は有ってもいいとは思うんですが、世間一般を欺くような嘘を広めるのはバッシングされるのが当たり前だと思うんですよ。

 シャレで済まない領域がありますからね。

 それでなくとも、今はネットでいろんな人が今まで遠慮して言えなかったことを匿名で言える時代なんだから、“作り”は自然に通用しなくなっていくと思いますね。

 ファジーな部分を楽しむサブカル的な“軽さ”も好きなんですが、具体的に被害を受ける人達のことを考えたら、第三者の立ち位置から面白がっていられないじゃないですか?

 私は武術が好きで続けてきましたから、愛情も敬意も無い人間に荒らしてもらいたくないし、嘘が広まって誤解した人達が面白がってるだけで真価を知ろうともしない態度には腹が立ちます。なので、嘘は嘘、間違いは間違い!と、これからも書いていきますよ。

 さて、もう一つ、面白かったのが、天皇を護る八咫烏なる集団が使う武術・・・の話。

 なるほど、これが青木先生が言っていた皇室兵法なのか?と思いましたね。血の汚れを嫌うから内臓を潰して殺す技を持っているのだとか?

 大槻さんが「内家拳の発勁か?」と、そこに食いついてましたけど、似たようなもんでしょうね。合気の原理を使った当身を使えば、浸透勁のようになるでしょうから・・・。

 意外に深い内容で、非常に面白い本でしたが、もっと突っ込んでも良かったかな~?と、思いましたね。サブカル的なスタンスというのが、何か斜に構え過ぎじゃないか?と。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

リンク
FC2カウンター
最新記事
カテゴリー
長野峻也ブログ
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索