コンテントヘッダー

六月セミナーは合気

 お待たせしました! 

 六月の月例セミナーは、みんな大好き、合気です!

游心流で習った合気を使うと、よその団体の技が全然、かからなくなった」という声をよく聞きます。

 普通は技の掛け方を教えるのに対して、うちの場合は、まず、掛け方を教えて、その原理を説明して、応用法を教えて、最後に破り方を教える・・・という掟破りをやっているので、よそで高段者とか師範代クラスにならないと教えてもらえないような技を初心者にいきなり教えて体得させてしまう訳です。

 だから、よそに習いに行って、そこの指導者でも技を掛けられなかったりするのも、別に実力の問題じゃないんですよ。

 ただ、大抵の流派で指導者クラスになっても勘違いしているのは、技は自然成長的に熟練していって、ついには万能に掛かる技になる・・・ということです。

 こんなの、間違いです。

 万能の技なんか原理的にあり得ません。

 例えば、私に有名な合気武術の先生が技を掛けられないからといっても、それは戦って雌雄を決した訳でもないので、私が強い訳でも合気武術の先生がダメな訳でもないんですね。

 私は研究家ですから、一度観た技は徹底的に分析しまくるのが習性です。ましてや、一度でも掛けられたら、次は破り方の一つや二つは工夫しますよ。

 こんなのは昔の武術家だったら当たり前。今の武道武術やっている人間がIQ低過ぎるだけでしょう。

 格闘技の世界だったら、対戦選手の試合ビデオとか研究して技の封じ方を研究するでしょう?

 当たり前ですよね? 

 何年も同じ技を掛けられて、返し技の一つも工夫しないのって、“脳足りん”としか言えないでしょう?

 合気を掛けられて、キャーッ。気で触れずに操られて、キャーッ。

 甲野さんが斧で薪割りしようとして跳ね返されてオットット・・・ってなったのを見ても、キャーッ・・・。カルトの信者ですか?

 長谷川初範が薪割りした方が遥かに上手い! 流石はウルトラマン80!

 とにかく、現代日本は観察眼も洞察力も失って、本物と偽物の区別もできない人間が専門家にも多いですからね~。もう、そんな連中、相手にするのも嫌です。

 あっ、そういえば、ミカエル先生VS甲野さんの動画の続きが出てましたね?

 大体、刀持って斬りつけながら、何回、素手であしらわれて首筋に刃を突き付けられれば、やめるんでしょうかね? 何十回、死んでんの?

 一回、やられたら、「参りました。お見事です」って引き下がればいいのに、どこまで日本剣術に泥を塗れば気が済むんですかね? このバカチンはっ!

 これはもうエキシビションの範疇をこえて、失礼千万ですよ! 何ですか、この態度!

 模擬刀とは言っても、当たれば怪我する勢いで斬り込んでいますね。ミカエル先生でなかったら大怪我させてしまったでしょう。正気の沙汰じゃありません!

 私も無刀捕りの実演で真剣使ったりすることもあります。が、斬られるのは私の方で、決して弟子に怪我させたりしたくないですよ。

 最後は模擬刀で突きを出したそうですが、キチガイ沙汰ですよ。模擬刀でも切っ先で突けば真剣と変わらないですからね?

 そもそも、こういう技は、実戦云々ではなくて、覚悟を練るようなメンタルな修練の意味が強いのであって、何度も何度も繰り返すようなものではありません。

 徳川家康だって、柳生石舟斎に一回やられて感心して弟子入りした訳でしょう?

 本当に、こんなヒドイの、初めて見ましたよ。甲野さんを持て囃している人は、目を覚まして欲しいですよ。


 とかく、武道やっている人間は、シャレのわからない石頭の人間が多いんですが、生真面目なだけの人間は、はっきり言って、ダメです。

 芯の部分は真面目であるべきですが、明晰な頭脳、鋭い観察眼、柔軟な発想というのは、お笑い芸人的な資質が無いと発揮されませんね。

 最も悪いのは、とかく、武道は思考停止を要求してしまうところです。「考えるな。感じろ」とか、「無心」「無念無想」とかいう言葉を鵜呑みにして、頭脳を使わず、ただ反復練習を繰り返すだけ・・・。

 競技の場合は、それでも通じるかもしれませんが、やはり二流で止まるでしょう。

 競技でも一流の人間はあれこれ工夫して貪欲に研究するものです。

 スポーツだとトレーナーや監督の力量で選手のパフォーマンスが左右されるでしょう?


 合気も、ただ繰り返していても体得も上達も望めません。延々と合気揚げを繰り返して上達具合に自己陶酔しているのでは武術でも何でもなくなってしまいます。

 だから、うちでは、まず、合気揚げのやり方を複数解説し、その応用法を解説し、返し技も教えます。

 さらに、合気の原理を応用した実戦向きの技を指導するのが、最近のカリキュラムですね。

 多分、武器術にも応用できるし、合気の原理を応用した整体療法もできるでしょう。

 佐川先生がそうやって合気を応用した剣術や拳法や棒術、槍術、二刀剣術を工夫していたと聞きますが、今回は、私もちょっと試してみようか?と思います。多分、できるでしょう・・・。

 名人達人を崇め奉るのも悪くはありませんが、そうすることによって自分の未熟ぶりをごまかすのでは本末転倒ですよね?

 先人の努力に敬意を払いつつ、自分はその先を目指していく・・・。

 それが後世の修行者への道しるべになる訳です。先人の遺産にしがみついて、おこぼれにあずかるような外道になるのは修行者失格ですよ!

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索