コンテントヘッダー

型の分解セミナー感想

 九月の月例セミナーは、“型の分解”でした・・・が、申し訳ない!

 今回はやり直したいくらい、私がダラけてしまっていて、あまりにテキトーにやり過ぎてしまったと反省しています!

 前日、映画の撮影で岩槻に行っていて、私の出番はこの日で終わりだったんですが、重要なアクションシーンの撮影で、一番、大掛かりだったんですね。

 のっけから、嫌な予感がしたのは、地震で電車が止まったことでしょうか? 「何か、嫌なことが起こらなけりゃあいいけど・・・」と思いつつ、集合時間には間に合ったんですが、台風被害の直後で大雨で蚊が大量発生しており、撮影場所の雑木林はヤブ蚊だらけでした。

 もちろん、虫よけスプレーを用意していたんですが、全員、蚊に刺されまくっての撮影待ちやリハーサルでしたから、集中するのが大変だったんですね。

 恐れていたことが起こってしまいました。

 ある俳優さんのアクロバットアクションシーンで事故がありました。演技そのものは成功したものの、表面的な怪我ではありませんが、その分、実は一番、治癒に時間がかかる重傷だったんです。

 私も若い頃、やったことあるから解るんですが、痛くは無いんですよ。でも、後からが大変なんです。私は病院にもいかず、ろくな処置もしないまま自然治癒に任せたので、得意だった高い蹴り技がまったくできなくなってしまいました。

 今では、ほとんど蹴り技使いませんが、昔、『ヤングマスター』を観てウォン・インシックの真似して練習していたから、かなり奇抜な技もできたんですね。一番、練習していた頃は、片足立ちのまま地面に蹴り足降ろさずに連続百本蹴り続けられました。

 でも、今はもう全然できません。後遺症が残っていて脚裏が伸ばせないんですよ。それで手技中心のスタイルに変えた訳です。

 だから、私だったら、その人の撮影シーンはそこで中断したでしょう。が、監督は撮影を優先して病院から戻った俳優さんに段取りを変えて演じさせました。

 これが良いのか悪いのか?は、私には判断できません。安全面を考えれば後日に回して安静にしてもらうべきだと思います。が、俳優さんの気持ちを考えたら、最後まで演じさせた方が良いのかもしれません・・・。

 どっちにしろ、私はプロデューサーとして責任がありますから、できるだけのアフターケアをしたいと思っています。

 そもそも論をすれば、あまりにも準備不足過ぎたと反省するしかありませんが、起こってしまったことは取り返せないので、満足できる作品に仕上げて、できるだけ多くの人に観てもらえるよう努力するだけでしょう。

 それで、「あ~、散々な目にあったけど、やっぱり出て良かった」と思ってもらえるようにするのが、私の役割だろうな~と思っています。


・・・とまあ、初めての映画プロデュースで精神的プレッシャーがあるからか? 最近、ずっと神経性腸炎っぽいです。撮影日は特に酷くなります。

 念願だった立ち回りも、武術を活かして・・・とはならず、「何だよ、長野、凄いヘッポコじゃ~ん?」と言われるようになっているのではないか?と、怖いです。

 武術に関しては自信がありますが、納得いく技ができたのは2~3箇所くらいで、後は1/10も満足できません。それでも、映像的に映えるアクションになっているか?というと、疑問だらけ。「武道とアクションはまったく別物」という高瀬先生や谷垣監督の言葉が、まったく正しい!と、痛感させられました。

 セオリーが違うのと、アクションはあくまでも演技力が主体であるということで、役者の修行をしていない者には無理があります。

 もう、時代劇やカンフー映画の見方が激変しましたよ。下手だと思っていた人達が、相当なものであり、ジャッキーのレベルは“生き神様”ですよ!

 何か、私が映画の足引っ張りしたんでは本末転倒ですけどね~・・・(泣笑)。

 言い訳はいろいろしたいんですけど、これ以上はカッコ悪いから自粛します!


 そんなこんなで頭真っ白状態で臨んだ今回のセミナーは、事前に考えたこと(形意拳や八卦掌や蟷螂拳とかいろいろやるつもりだった)が一切、思い出せず、参加者のリクエストに応えるというテキトー過ぎる展開でやっちまいました。

 初参加の人がいたら怒ったかもしれないな~?と、本当に申し訳ないです。

(でも、三戦の型から応用技を八つぐらいやったのは良かったかな~?)

 一応、苦情は出ませんでしたが、長年やってきて、今回は三本の指に入る反省回になりました。

 必要に迫られたとはいえ、金稼ぐことばかり考えて、提供する内容を充実させることを疎かにしてしまっていたかもしれません。遠くから足を運んでくれている人をガッカリさせてしまってはいかん!

 もっと、サービス業者という自覚を持って、臨まないといかんかな~?と・・・。

 次回はサービス、サービスゥ~(真面目にやる気があるのか疑われる表現?)。


PS;久しぶりに佐原先生とお会いしました。刀の鑑定?(本物かどうか)を依頼されたのですが、模擬刀(美術刀)でした。これなら登録証は必要ありません。簡単な判別は、刀身に磁石がくっつくかどうか?です。奉納刀など真剣でも刃が付いてないものもありますから、登録証のない刀を発見したら磁石がつくかどうかを試して、真剣だと判ったら警察に電話して登録のやり方を相談してくださいね。登録証の無い真剣は違反ですよ~。

PS2;そういえば、先日、竹光の刀差したまま岩槻駅前を闊歩してしまいました。撮影で届け出ていなかったら捕まるところですから、自主映画マニアの人達は御注意を!

PS3;DVDの割引セール(月イチでどれかを半額にする)をまたやって欲しいという要望があるんですが、どうしましょう? 「欲しいけど金がなくて・・・」と毎度買ってくれていた人から言われるとな~・・・? 私としては安売りして広まって安易なパクリマンが増えるのは防ぐべきだと思っての料金設定なんですが・・・。

PS4;別にパクリに文句言いたいんじゃありません。私も無数にパクッてきてますからね。「参考にしてもらってありがとうございます!」って気持ちです。でも、出所隠して自分が考えたネーミングとして発表するのは恥ずかしくないですかね? 寸勁斬りとか重心力ナントカとか・・・。ホント、節操の無い人達が多いな~と思いました。

PS5;ただ、流派名とか商標登録するのって、私はなんか嫌ですね~。自分のやってることに自信があったら「俺が本物だ」って主張する必要ないでしょう? 何か商売でしか考えていないみたいで見苦しいように思えます。「名前なんぞどうでもいいんだよ」ってぶっきらぼうに言う人の方がカッコイイと思う。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

リンク
FC2カウンター
最新記事
カテゴリー
長野峻也ブログ
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索