コンテントヘッダー

世界を変えるのは研究者かな~

 今年も日本人がノーベル賞を受賞してめでたい!

 特に、日本人研究者の地道な研究が世の中の大きな救いになるというのは、素晴らしい限りです!

 私も武術の研究が世の中に役立つものになって欲しいと思っていますが、道は険しいかな~?と、最近、つくづく思います。

 武術なんかやらない方がいいんじゃないか?と思ったことも、一度や二度ではありません・・・。

 最大の問題点は、熱心にやればやる程、独善的になりがちだということですかね~?

 国が軍備を増強するようなもんですからね?

 何でも力任せに脅しつけて支配できる?と考え違いしやすいんだと思います。

 だから、「武道は礼に始まり、礼に終わる」って言葉があるんでしょう。自分への戒めですよ。


 それはそれとして、今回、ノーベル物理学賞を受賞された梶田先生のニュートリノ研究ですけど、私の学生時代には、「本当にそんなものがあるのか?」と、疑似科学のオカルト扱いされていたように記憶していますけどね~?

 そもそも、近代自然科学の発展には錬金術なんかの影響が少なくなかったと言われていますし、80年代のニューサイエンスとかトランスパーソナル心理学、サイコセラピー、自己啓発セミナーなんかも陰謀論の括りで論じられたりしていますよね?

“オカルティズム”という言葉は“隠秘学”と訳されますが、秘教的神秘主義思想の流れで秘伝として伝えられて、一般には知られないようにされていた訳です。

 ここ最近は、バチカンにエクソシストが居るのが当たり前に知られるようになりましたが、20年くらい前には都市伝説の域を出ていませんでした。

 日本警察のSATなんかも以前は極秘だったんですね。

 秘密にしているから意味があるという面もあるんです。公開してしまったらメリットが無くなるんですね。

 伝統武術も、“秘伝”というシステムを温存すべきかどうか?という瀬戸際に立たされていますけれど、やっぱり、人を殺す技術を学ぶものなんだから、“秘伝”はあってしかるべきかな~?と、消極的に肯定せざるを得ませんね。

 もうね~。秘密に事が進められるってのは、世の中の必然なんです。


 安倍政権のムチャクチャぶり(憲法無視・民主主義放棄)を見ていると、なりふり構わずアメリカ様の言いなりになっているみたいで、何かもう責めるのも可哀想な感じがしてきましたよ。

 自民党員が小泉進次郎以外、すべて安倍さんに媚びているみたいなのは何かあるんじゃないか?と思えますね~。あの河野太郎さんすら変節しそうな勢いなんだから・・・。

 よっぽど脅されてるのかな~? 日本国民を売り渡すくらいなんだから・・・。

 右の人達は、何で「安倍の売国奴めっ!」って罵らないのかな~? フ・シ・ギ?

 桜井さんみたいに頭良さそうな人が、安倍さんのやっていることが日本を売り渡すことにしかなってないことくらい判らない筈がないと思うんだけど・・・?

 何か、もう、アメリカ様に逆らったら日本が無くなるとか? そのくらい脅されてるのなら理解できなくもないですが・・・。さては、あの事故も、やっぱり・・・?


 でも、誰が首相になっても無理なのかもしれませんね~?

 基本、私、アナーキストなんで、国の名前なんぞどうでもいいです。USAジャパン州でもいいんじゃね?

 日本人は日本人の魂を忘れなければそれでいいんですよ!(この辺の精神構造だけ右寄り?)

「火星に水がありました」ってのも、な~んか意味深・・・。そのうち、「火星人で~すっ! マー(MARS)くんと呼んでねっ?」って、出てきたりして・・・(結構、マジ)。
 そういえば・・・最近、めったやたらにUFO関連の超常番組が多いな~? 怪しい?

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索