コンテントヘッダー

私の好きな流儀

 そういえば、セミナー後に会食しての帰り、「先生が一番好きな流派は何ですか?」と聞かれました。

「游心流です!」と言いたいところなんですが、これは研究家としての研究成果を編成したものなので、流派と言えるかどうか?は、私が死んだ後の話でしょう。

 なので、既存の武術の流派(門派)で言うなら、一番好きなのは“八卦掌”ですね。

『グランドマスター』でチャン・ツィイーがやっていた門派です。『太極(タイチー)2』ではユン・ピョウが、『阿羅漢』『ザ・ワン』ではジェット・リーがやっていました。

 実際、一番、練習したのは八卦掌ですね?

 程氏、尹氏、宮氏(二派)、馬氏、劉氏を習いました。後、少し研究したのは梁氏。

 やっぱり変幻自在の動きで戦うところが好きですね~。

 台湾の八卦掌ビデオを見たら、技の使い方が合気道そっくりで驚いたことがありましたね~?

 次に好きなのは、“八極拳”。

 これは何と言っても威力が絶大で一撃必殺な発勁が好きですね~。

 後は、甲乙つけがたいんですが、太極拳、形意拳、通背拳、白鶴拳、詠春拳、蟷螂拳、酔拳・・・ですね?

 松田先生から「心意六合拳を教えてやろう」と言われたんですが、「カッコ悪いからヤです」って断っちゃったんですよね~。今考えると習っておけば良かったかな~?とは思います。

 長拳系の跳躍したり伸び伸びと突き蹴りを出す門派は、私みたいに手足が短い純日本人体型だとカッコ悪いから、あまりやりませんでしたね~?

 空手の練習やっていた頃は蹴りに憧れて練習していました。

 普通に廻し蹴り、足刀蹴り、後ろ蹴り、後ろ廻し蹴り、掛け蹴りなんかは練習してましたけど、中国武術の蹴り技も練習しましたね。

 二起脚、旋風脚、虎尾脚、前掃腿、後掃腿、擺蓮脚、斧刃脚、釘脚、トウ脚とかは練習しました。しかし、ムエタイ習った時にスネで蹴る廻し蹴りの練習ばっかりやるようになって、それ以外の蹴りは膝蹴りくらいしか練習しなくなりましたね。

「蹴り技は実戦だと墓穴を掘りやすい」と聞いて、練習しなくなったんですよ。脚裏の筋切って練習できなくなったのも関係あります。お陰で高い蹴り出せない。

 今では、私が蹴り技出すと、みんな驚きます。「先生も蹴り技出すんだ~?」って。

 一応、節拳や六路短拳、弾腿、秘宗拳とかは少し練習したんですが、やっぱり接近密着戦法を旨とする内家拳系の方が体質的にも気質的にも私に合っていましたし、昔は苦手だったんですが、今では手技の方がずっと得意です。

 手技というとパンチしか考えない人もいますが、私は掌打の方を主に使いますね。

 拳で殴ると、手首をグキッとくじいたり、拳の関節がすぐ擦りむけて傷だらけになるんですよ。ケンカしたことある人なら解るでしょう?

 下手すると手の甲の細い骨折れたりしますからね。

 掌打だと、かなり耐久性あります。浸透勁も掌打の方が効果的です。ただ、瞬間的な破壊力(衝撃力)でKOするには拳の方がいいんです。

 でも、破壊的な衝撃力なら肘打ちが一番でしょうね? 八極拳の頂心肘なら一撃必殺も十分に可能でしょう。

 私が掌打を普通に使うようになったのは、打った瞬間、握って逆関節極めたり崩して投げたりもしやすいからです。怪我させないで制圧するにも都合が良い。

 拳だと殴るしかできませんからね。


 日本の武術だったら、タイ捨流が好きですね~。カッコイイ!

 次に新陰流かな? いや、二天一流か?

 後は、香取神道流、鹿島神流、小野派一刀流、示現流、天然理心流・・・ですね。

 やっぱり日本の武術だったら剣術と居合術が好きです。空手は中国武術の一種という印象がありますし、剣道や柔道はもう武術とは違う感じがします。

 合気道も好きなんですけど、やっぱり打撃技であったり剣で斬るというのが好みなんですね?

 組技系はあんまり好きじゃないな~。男同士で組み合うのヤだもん。一応、研究はしてますが、好きではないですね~。

 勝負が延々と続くのが嫌いなんですよ。スパッと一瞬で決着がつくのが好きです。

 だから、交叉法を知った時は「これだっ! 俺が求めていた武術はこれなんだ!」って思いましたし、そうでなければ23年もずぅ~っと研究し続けたりしていませんよ。

 技は一撃必殺! そして、理合は読みと交叉!

 これが武術の理想形だと私は思います。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索