コンテントヘッダー

GWは槍を作る!

 以前、激安の錆び錆びの槍穂だけを買って、自分で磨いていたので、それに合う柄と鞘を作ろうと思って、そのまま放置してしまっていました。

 あれこれ忙しかったんですが、GWの期間中に作ってみようかな~?と思って、町田のハンズで材料を見繕ってみました。

 丸棒の半分にカットしたものにステンレスの平棒を挟み込んで強化する!というのも、テーマでした。

 やっぱり、槍や薙刀の弱点って、柄が切断されるとオシャカってことですよね?

 だから、芯に鉄を仕込んでおくことで切断されないようにする訳です。切り込まれても、芯が残っていれば漆を塗り込んで元に戻せます。

 これは柳生の十兵衛杖がそうするんだと渡辺忠成先生にお聞きしました。十兵衛が工夫したという真剣とも戦える杖のことですね。

 また、今回、“いかにも槍”って感じにはしないようにしようと思っていて、ハンズでいろいろ流用できそうな部品を買ってきました。

 有り難いことに、一時期扱われなくなっていたフグ印の漆塗料がまた入荷されていたので、少し多めに買っておきました。

 これの光沢がいいんですよ~。

 ニューハーフ忍者の妃羽理さんも、これを使って忍具を作ったりしていると言われていて、「そうですよね~? あれがいいんですよね~」と話したりしましたね。

 できれば武術道具は自作するのが古武術の世界での秘伝で、隠し武器(暗器)なんかの製作法を記した秘伝書なんかも実在します。

 私がいろいろ自作するのも研究の一環なんですが、やっぱり遣い勝手を考えると既製の武器もカスタマイズせざるを得なくなりますよね?

 本当は鍛冶場付きの一件屋に住んで、いろいろ金属製の部品とか作りたいんですけどね~?

 シルバーアクセサリーにも挑戦したいんですよ。目貫とか縁頭とか切羽とか小尻とか自作してみたいんです。実物にも銀製のものがありますから。

 まあ、金と暇がないとできないんで、これもベストセラー作家になってからの老後の楽しみってところですかね~?

 武術の道場じゃ到底、食えないからな~?


 さて、『秘伝』の今月号で『セーラー服忍者』が紹介してもらっています。

 青木先生の傘寿のお祝いパーティーの記事と併せて、青木先生が出演している映画として記事にしていただいています。

 雑誌に採り上げてもらうというのは、本当に有り難いことです。

 皆さん、買って確かめてくださいませ!

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索