コンテントヘッダー

指導者養成

 GWは、久しぶりに横浜支部の特別稽古会に出掛けました。まず、29日。

 いつもは取れない広い場所が取れたそうで、剣術系も指導できました。

 もっとも、皆が独己九剣をちゃんと覚えていないのに愕然としてしまいまして、これはきっちり練習させないといかんな~?と思いましたね。

 うちは理合を第一に練習しているのですが、だからといって型を疎かにしていいということにはなりません。

 特に、今年はいろんな型を練習し直してみようと思っているので、空手・中国武術・居合術・剣術なんかの型も練習していきたいと思っています。

 翌日、30日は小塚師範の自宅でビデオ鑑賞会に行きましたが、小塚師範は私が「今年は型や套路の研究をするから練習しておいてね」と言っていたのを真面目に実践していたようで、太極拳や八卦掌、八極拳に詠春拳(小念頭・尋橋・標指と木人椿の套路)も練習していた様子でした。

 稲吉先生松田英子先生、稲吉先生のお弟子さんと山田師範に入門したばかりの空手青年が来ていて、質問されたので珍しく武術の実演(八極拳・太極拳推手・白鶴拳と那覇手の三戦の違いとか)もしましたよ。

 私は三毛猫のカヅコちゃんが目当てで行ったんですが、何か大人になって、あんまり甘えて来なくなってて、ちょっとガックリしましたけど、後から私のジャケットに乗って寝てました。あ~、猫は癒されるな~。早く猫と暮らせるようになりたいな~?

 それにしても小塚師範は武術のみならず料理も天分があります! 何か、おもてなしで出してもらった料理は金払わないと申し訳なかったですね。特に、マンゴープリンとチョコレートケーキの美味さはビックリしました! 小料理屋やった方が儲かるのでは?

 翌日は五月・・・。ビデオ撮りする予定でしたが、北島師範が急用で来れなかったのと準備不足だったので延期しました。

 小塚師範が剣術の稽古を休んで来ていたそうだったので、申し訳ないので剣術破りの秘伝(私が最近、発見したやり方)を指導しました。

 何度か実験しましたが、かなり有効です。見た目では解らないので游心流秘剣術とか称してみようかな~?と・・・。

 これは、新陰流習った時に直感して工夫した技なんですが、素手でも杖でも何でも応用できる点が便利です。ひょっとすると既に存在するかもしれませんが・・・。

 このように、型の動作を精緻に分析していると原理的な勝負論の構造に気づく場合があります。だから、型の研究も改めてやってみようと思った次第なのです。

 のんびりしているとどんどん時間が経過してしまって、今年も成果が出せなくなりかねませんから、ちょっと気合入れてやってみようかな~?と思っています。

 私、もともとは型覚えるのは得意だったんですが、実戦への対応ばかり考えていると型を崩して動くのが当たり前になり、結果的に型をすぐ忘れてしまうようになったのです。

 武術的には問題ないんですが、指導者としては練習の手掛かりを示範しなければなりませんから、これでは困る訳です。

 なので、初心者の指導は各師範に任せるようにしてきていたんですが、形を正確に指導できるのが北島師範と小塚師範だけというのではいかんな~?と思いました。

 任せっぱなしはいかんと気づいたので、指導者養成にもっと力を入れようかな?と思いましたね。

 もちろん、向き不向きというのもありますし、形をしっかり教えられても応用変化の仕方を教えられないと、根本的にダメになってしまいますからね。

 2日はまた横浜支部の稽古に行きました。

 めったに教えられない会員もいるので、こういう機会にしっかり教えておこうと思った訳です。

 若手の会員のI原さんは、技は結構上手くなっていたので、合宿の時に二段あげたんですが、推手をやってみると内功が足りないのが判明しました。「基礎錬体を怠っている」と聞いてましたが、なるほどね~?と思いました。

 会場が広かったのと、小癪な技をいろいろ繰り出してきたので、ついつい吹っ飛ばしまくっちゃったんですね~(苦笑)。

 加減はしていたんですが、後から考えたら、もし初心者だったら、あの調子で飛ばしたら怪我しただろうな~?というくらいの強さにはなっていたかもしれません。

 ふと見ると、隣で推手していた栗原師範とI藤さんが、唖然とした顔でこっちを見ています。

「ほらほら、練習して!」と促しましたが、私があんな具合に飛ばすのは見たことなかったからかもしれません。

 自分でも、知らない間に内功の威力がまた上がってたみたい?です。

 広い会場だと有り難いですよね~?

 I原さんから聞いて面白かったのは、以前、合気道が習いたくて体験入門に行ってみた時に、先生が四方投げをかけてきたのをクルリッと回転して逃れたところ、先生が激怒して「お前のようなヤツは来るなっ!」と追い返されたんだそうです。

 その技を栗原師範から「邪道だよ(笑)」と言われていたそうなんですが、とんでもないです。ちゃ~んと八卦掌にある技で、確か松田隆智先生も合気系の武術師範にやって見せたら怒らせてしまったそうで、慌てて、「実力を試そうとしたんじゃなくて単純に研究のために、こういう技もありますよってやっただけです」と説明して、ようやく納得してもらった・・・という話をされていました。

 I原さんに激怒した合気道の先生も、まだお若い方だったみたいですけど、素人に技を破られて激怒するのは、ちょっと恥ずかしいな~と思います。

 もっとも、甲野氏のように破られまくってるのに、延々と見世芸を繰り返して見せるような恥知らずよりはマシかも知れませんけどね。


 今年は兵庫支部(来住師範)も先日、発足しまして、二段以上で游心流の現役会員でやる気のある人は、「支部活動をやりたい」と私に言ってくだされば、前向きに検討します。
 やる気のある方は是非、どうぞ!

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索