コンテントヘッダー

パクられた~!

 私は、漫画や小説に自分の本DVDの内容を参考にしてもらうのは嬉しいんですが、だからといって著作権フリーを宣言している訳ではありません。

 やっぱり、武術に関しては自信がありますが、時代小説を書くには歴史風俗についていろいろ知らないといけないので、その手の歴史考証本なんかも資料として努めて購読しているんです(毎月3万くらい使ってる)が、最近出たある本を書店で立ち読みして絶句してしまいました。

 私が『時代劇の間違い探し』で書いていた真剣白刃取りや峰打ちなどの嘘についての武芸考証を、そっくりパクッてあったからです。

 もちろん、これらは完全に私がオリジナルな訳ではなくて、専門家で言ってる人はいますよ。

 でも、合理的な理由を公刊誌で解説したのは私が最初だと思うんですよ。無論、長年の実験研究の成果であったり、資料の情報を鵜呑みにしないで、実際に「峰打ちしたら刃キレができてしまった」といった証言や刀匠の人の意見を聞いたりした結果なんです。

 それをパクッてあったから驚いた訳です。

 漫画や小説なら基本フィクションだから、別に文句はありません。むしろ、熱心に研究して描かれているな~?と感心するくらいです。

 巻末に参考資料の一覧が掲載されていましたが、何回、読んでも『時代劇の間違い探し』は載っていません・・・。

「これはちょっと酷いよな~。モロパクりしておいて知らぬフリか?」と、共著者の若桜木氏にも見せました。

 私の文をパクッているのなら、若桜木氏の文もパクッているかもしれないと思ったからです。

 案の定、若桜木氏の文もパクッてあったそうです。

「どうしましょうか? 流石に、これは笑って済ませられるレベルじゃないですよね~?」と、対応を相談しまして、若桜木氏が知っている版元だったので話をつけてもらうことにしました。

 編集の方も大変ですよね~。間に立つのは・・・。


 文筆業にこのような問題はちょくちょく起こります。

 パクりパクられが業界の常識ですが、話し合いで終わるレベルから、法廷闘争に発展するレベルまでいろいろです。

 私は、参考資料に書名が載っていれば文句は言わなかったでしょう。文句を言うのも面倒臭いからです。

 しかし、人の研究成果を無断で知ったかぶりして書かれるのは我慢できませんよ。

 以前、ブログの文章をそっくりそのまま無断で雑誌に載せられたことがあって、その時は文句を言いました。

 どうしてかと言うと、ある武道の先生に直接、御迷惑がかかってしまいかねなかったからで、念のため、その先生にもお詫びに行きました。

「いや~、長野さんの責任じゃないよ」と言ってくださいましたが、ブログだから過激な表現をしていたもの(文句があれば私が責任を持つつもりで書いた)を、誰が書いたか判らない専門誌に載せられたら、その先生の名誉にかかわってしまうからです。

 言葉が独り歩きしてしまうと思わぬトラブルに発展することが世の中にはざらにあります。

 よく、「長野先生はツイッターやらないんですか?」と聞かれるんですが、私は素人の無責任な発言と同列という訳にはいきませんし、ついうっかり軽い気持ちで書いて大問題に発展する危険性のあるツイッターはやる気がありません。

 そうでなくとも鵜の目鷹の目で私を引きずり落とそうと狙ってる連中もいるので、安易な気持ちで隙を見せられません。

 DVDだって、他流で秘伝扱いされている内容をバンバン、ネタばらししているので、もし5000円くらいの相場の価格で売っていたら、既得権益守りたい人達から暗殺されても不思議じゃありません。

 最新作の『交叉法2』も察気術について紹介したのは、いろんな意味でマズイかもしれませんね? 真似して売り出そうとする山師が出るかもしれませんし・・・。

 大袈裟だと思うかもしれませんが、武術の世界はカルト宗教やヤクザ社会と酷似していますからね。現に嫌がらせは日常的にありますからね~(苦笑)。

 私が普通の人並みの神経だったら自殺するか鬱病になってるでしょう・・・。

 実際、武術の世界では鬱病の人が多いですよ?

 あ~、でも芸能界よりマシかもしれないな~?

 アイドルが襲撃されたりするストーカー事件は昔からありましたが、今は地下アイドルの世界で暴発したファンの事件が増えていますよね?

 ボディガード雇うくらいしか対策は無いでしょうが、四六時中護ってもらうことも不可能ですし、やっぱり護身術が大切な時代になったのかもしれませんね~?

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

リンク
FC2カウンター
最新記事
カテゴリー
長野峻也ブログ
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索