コンテントヘッダー

7月セミナー“目付け”

 7月の月例セミナーのテーマは“目付け”です!

 これも、例年やっているんですが、毎年同じ内容では芸がありません。

 今年は、基本的な目付けのやり方に加えて、人相・体形や体癖から読み解く性格や癖といった事柄についても解説しようと思います。

「何で、人相とかが武術と関係あるんだ?」と思われた方は受講は御遠慮ください! 無駄な説明をしたくないので・・・。

 関係大アリなんですよ!

 武術の理想としては、「戦わずして勝つこと」です。

 つまり、実際に戦う以前に、一瞥しただけで相手の敵意の有無や攻撃の兆し、身体構造上の弱点、動き(戦い方)の癖・・・といった情報をどれだけサーチできるかによって勝敗の行方を分析するのが武術に於ける“読み”の役割だからです。

 これは意識的に養成するように眼力・眼識を鍛えていかないと、そうそう育ってきません。

 もちろん、場数をこなしている人は自然成長するものですが、それではイレギュラー過ぎます。

 例えば、試合経験が豊富な人でもストリートファイトに対応できなかったという例があります。これは、理由は簡単で、ルールのある試合と特別のルールがない当事者の倫理観や目的意識によって内容が変わるストリートファイトは構造的に別物だからです。

 また、戦場であったり自然の中だったり都市の中だったりという環境によっても戦闘の状況はガラリと変わります。

 そして、最も肝要なのは、戦闘する者の意識です。

「ちょっと、ビビらせてやろう」「ぶっ殺してやる!」「手足の一本も折ってやる」「殺してから死骸はどう始末しよう?」・・・といった具合に目的意識によって戦闘状況はガラリと変わってしまうのです。

 なので、相手に対した時に、相手に敵意が有るかどうか? 敵意が有れば、どのような行動を起こすつもりなのか? 殺意が有るのか? 殺意が有るとすれば、どのような手段を取るつもりなのか?・・・とまあ、こういう具合に細分化して対処法を適切に選んでいかなくてはなりません。

 そのために読みの基本段階としての“目付け”が重要なのであり、それは“読心術”とも言うべき内容にまで発展していかざるを得ない訳です。

 これが試合であれば、さほど重視されません。

 何故なら、試合は競技能力の比較が目的であって、生死がかかった戦闘をする訳ではないからです。

 防具やルールで最低限の身体的安全は守られた上で試合するので、不必要に相手を傷つける行為は禁止されています。その枠内で真剣に闘うのが正しい在り方でしょう。

 一方で、武術が想定しているのは生死がかかった戦闘状況に置かれた場合の危機脱出であり、基本は「殺意を持つ敵の排除」です。

 だからこそ、武術の技は殺傷性が極めて高く考案されている訳で、秘伝伝授システムは悪用誤用を阻止するための処置だった訳です。

 ちなみに、秘伝伝授システムというのは、要するに、「縁無き衆生には伝えない」という選別制度だということです。

 現代武道や格闘技では理解に苦しむ制度でしょうが、伝統的武術流儀の多くが、今でもこの制度を厳守しています。

 私はどうか?というと、やはり、あまりに危険な技は一般公開するのは憚られますね。

 武術を学ぶ人は、理性と知性を磨いて反社会的な人間にならないよう自戒しなければ、学んだばっかりに自滅してしまうことになりかねませんから・・・。

 江戸時代には、腕前は優れていても狂気に陥った門人を師匠が密かに抹殺したという話もあります。

 教える以上は、そういう責任も有ると思いますね~?

 私が教えた人が社会的に活躍してくれれば嬉しいですが、人様に迷惑をかけて逃げた?とかいったことを聞くと、本当に哀しくなります。

 そんな哀しい人間も数人はいたので、私は本当に指導方針は変えてきましたよ。

 独善的な人間には教えない!

 自由に楽しくやれれば一番いいと思うんですが、武術である以上、根本的な危うさを自覚していないとキチガイに刃物持たせるのと同じになりかねませんから・・・。

 26日は、島根在住で小説家をやっている吉田恭教さんが久しぶりに稽古に参加しました。デビュー以来、もう7冊も単行本出しているそうで、デビューした途端、消えていく新人作家が大半の御時世で、大したものだな~?と感心しました。

 吉田さんはミステリー物を書いていますが、今後、飛躍していくんじゃないか?と思います。

 また、27日には俳優をやっている千葉文博さんと会いました。

 彼は今夏、岩槻で映画監督に初挑戦していますので、私も応援したいと思っています。

 元々、俳優だけでなく演出も志していた様子なので、撮影スナップを見せてもらいましたが、『セーラー服忍者』にも主演してくれた鶴巻星奈さんが素晴らしく綺麗に映されていました。

 その写真一つで、千葉さんの監督としての適性がうかがえて感心させられましたね。

「千葉さんは、ひょっとすると俳優より監督が向いているかもしれないよ」と、前回、会った時に言っていたんですが、直感的に当たっているような気がしましたね。

 素質や才能、あるいは適性というものは、いろいろやってみないと判明しないものなんですね?

 私も、実は文才が有るとは高校時代くらいまでは一瞬たりとも思ったことがありませんでした。

 二浪して入った大学時代に友人の栗原君から、「長野~、お前、文才有るな~」と言われて初めて、「えっ? そうなの?」と思って自覚してからですよ。

 本読むのは好きだったけど、書くことにはあまり興味がなかったですから。

 文筆業やるようになったのが30前後で、小説家目指すようになったのは40半ばですからね~?

 でもね~・・・。

 今は、作家として売れっ子になる自信もありますよ。名作は書けないだろうけれど、エンタメ小説や漫画原作はいくらでも書く自信があります!

 千葉さんと馬鹿話している最中にもアイデアがばんばん出てきます。ストーリー設定とかではあまり悩まずに考えつきますね。

 小説仲間からも驚かれましたが、やっぱり映画とかTVドラマとか大量に観てるのが役立ってるんだろうと思いますね。

 オタク気質も作家としてはプラスですよ。

 人間、適材適所ですね? 私は長くかかったけれど、自分のポジション見つけられたんだろうと思います。

 まだ、見つけてない人は、いろいろチャレンジしてみてくださいね?


PS;DVD割引セールは六月いっぱいです! いつも、期間が過ぎてから割引してくださいって泣きつく人がいるので、欲しい方はお早くどうぞっ!

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索