コンテントヘッダー

クマ出没の理由

 何やら、野生のクマが出没して事件になっている様子で、私の住む相模原市にも出没している(ラーメン屋のガラスドアにクマの足形が・・・)のだとか?

 この分だと市街地に出てくるのも時間の問題か?と思います。

 本州に住むのはツキノワグマで、北海道のヒグマと比べると全然、おとなしくて人も襲わないとされてきました。

 しかし、今回のクマ騒動では人を襲って食べた形跡があったのだとか?

 要するに、人間もエサだと思ったのでしょうが、以前は、「人間を怖がるから大声で威嚇すれば逃げる」と言われていました。

 何故、人間を怖がらなくなったのでしょうか?

 私が推測するに、狩猟人口が激減したからではないか?と思います。

 日本は銃規制が特別厳しく、狩猟期間も制限されています。

 その中から大型の獣を撃つにはスラッグ弾(散弾銃用の一発弾)を使うか大口径のライフル銃を使わねばなりません。

 鳥や小形の獣を撃つのに使う小粒の散弾銃や空気銃(ポンプ式・サイドレバー式・CO2ガス式)、あるいは標的射撃用の22口径のスモールボアライフルでは仕留められません。

 しかし、大口径ライフル銃の所持(日本でもスナイパーライフルの定番である338ラプアマグナム弾を撃てるライフルが所持可能)は散弾銃所持歴10年を越えないとダメという規制があるので、ベテランしか持てません。

 そんな理由もあるのでしょうが、近年、狩猟人口が激減していると言われているそうです。

 やる人が少なければ経験値も高まりません。

 狩猟は銃を持っていればできるというものではなく、猟犬も必要だし、獲物をさばくハンティングナイフの使い方も知らねばなりません。

 猟場は基本的に山ですから、車も必要です。

 もちろん、狩猟と銃に関する法令も知らねばなりません。

 個人で勉強して揃えるのは困難なので、都道府県の猟友会に入るのが必須でしょう。


 日本では事件が起こると武器の規制が必要だという論調になりますが、もっと多角的に検討して実効性のある対策を考えていかなくてはならないでしょう。

 どうにも、勘違いしているな~?と思うのは、武器さえ持っていれば大丈夫だと思っている人が多い点です。

 武器は道具ですから、使いこなせなければ役に立ちません。

 私、ガラケーからスマホに変えて一カ月経過しますが、基本操作に慣れるのに四苦八苦して北島師範に教えてもらいましたよ。パソコンはまだ満足に使えません。

 カナダなんかでは巨大なグリズリーベア(灰色熊)に対して、大口径ライフルとは別にマグナム弾を使う拳銃を携帯するのが常識だそうです。ライフルが壊れたり、咄嗟に至近距離に迫って来られた時には取り回し易い拳銃が必要だからです。

 ところが、かの有名な44マグナム(一発で象も倒せるとか、車のエンジンを撃ち抜くとか誤解されていた)であっても、実は一発で灰色熊を仕留めることはできないそうで、「五連射して、それでも倒せなかったら最後の一発で自殺しなさい」という冗談みたいな教訓があるそうです。

 でも、実際に六発全弾使って、ようやく熊を仕留めて助かった人もいたそうです。

 これが狩猟の現実なので、ワイルドキャット・カートリッジと呼ばれる自作の弾丸で44マグナム以上の強力な弾丸が作られたりしていたそうですね?

 454カスール(44マグナムの二倍)とか500マグナム(同じく三倍)なんかも元々はワイルドキャット・カートリッジから量産化されたのだとか?

 こういう狩猟用の強力な弾丸からすると、日本の警察官の使うニューナンブやSIGの弾丸では麻薬中毒のマッスル外国人を制圧するのは難しいのではないか?と思われますし、そもそも、訓練しなさ過ぎなので、TVドラマのようにはいかないでしょう。

 警察官の自殺事件がよくニュースになりますが、ろくな備えも無いのに凶悪犯に向かったりしなきゃいけない仕事なんだから、本当に同情しますよ。

「クマが出たから何とかしてくれ」って通報で駐在さんが向かって、拳銃使ったものの、クマが凶暴化して大怪我してしまった・・・なんて事件がそのうち起こるんじゃないかな~?と、心配ですね。

 そういえば、暴れている犬に何発も発砲したといって問題視しているようなニュース番組がありましたよね? 警察官の身になってみろ!って思いましたよ。

 犬や猫だって本気で向かってきたら野獣と変わらないんですから・・・。

 ショッピングセンターで包丁で客を刺したりするような甘えん坊バカなんか、アメリカだったら警備員に射殺されてますよね?

 死にたきゃ~、一人で勝手に死ねばいいんです!

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索