コンテントヘッダー

『交叉法』DVDシリーズについて

 交叉法DVDシリーズについて少し解説してみようと思います。

 まず、『交叉法1』ですが、これは武術の戦闘理論としての基本的やり方を解説しています。これが有ると無いとで戦闘の効率がまったく変わります。

 剣道で「先を取る」と言われる戦闘法も、「では具体的にどうやればできるのか?」という稽古法も実戦用法も有りません。

 できる先生も、自分の自然に発達した感覚に頼っているだけなので、教えたくても教えられないのです。

「30年やっていれば自然にできるようになるものだ」と答えた先生もいるそうなのですが、これまたアバウト過ぎて信じられません。

 何しろ、世の中に30年以上武道を続けている人は結構いるからですが、その中の何人が会得しているでしょうか? 恐らく、皆無に近いと思います。

 感覚の自然成長に頼ると、こういう具合になってしまいます。

 体系的に教えられるようにシステム化されていないのです。

 これをシステム化したのが“交叉法”なのだと認識してもらえばいいでしょう。

 つまり、学べば誰でも体得できるようにしたのです。

 その基本的やり方を解説したのが『交叉法1』です。

交叉法2』では、実際の実戦用法にも踏み込んでいます。

 歩法と察気術です。

 これは厳密に言えば交叉法ではないのですが、併せて用いることで交叉法の弱点を補ってくれるのです。

交叉法3』は、“読み”に特化しています。

 目付けと聴勁。

 この二つを磨けば、読みの技能は勝手に進化していきます。

 そして、読みと交叉法を合わせることで、武術は競い合いの次元を超えて、一方的に勝つ次元へとジャンプすることができます!

 つまり、強いとか弱いとかが関係なくなる戦略的勝負論の世界に入るのです。

 普通に武道、格闘技を熱心に修行している人ほど、「そんな簡単なものじゃない!」と激怒するかもしれません。

 しかし、それは思い込みなのです。

 相手と力と技を駆使して戦って雌雄を決するものなのだという思い込み・・・。

 それが戦うということなのだ!と・・・。

「その証拠に、オリンピックの柔道やレスリングを見てみろ! 必死に闘って勝つか負けるかは判らないではないか?」と・・・。

 おっしゃることはもっともですが、こういう考えは武術とは違うものです。

 武術は本来、競い合うものではありません。試合や組手、乱取りは、練習法の一つに過ぎなかったのです。

 手段と目的を混同してはなりません!

 武術の目的は戦闘に勝つことです。だから、確実に勝つために有効なやり方を選ぶ。それが武術の戦闘理論なのです。

 先の先とは何か?

 敵国がミサイルを発射する前に先にミサイルを撃ち込むやり方が先の先です。

 対の先は迎撃ミサイル。後の先は、敵国に先に攻撃させておいて大義名分を立てて完膚無きまでに報復して叩き潰すやり方です。

「戦争に譬えてどうするんだ?」と言う人もいます。

 武術は兵法から発達したものです。戦争のやり方がベースなのです。それを個人の自己防衛術に還元したものなのです。

 なので、交叉法は“受け技”ではありません。防御しながら攻撃することが眼目です。

交叉法3』で解説している推手は、一見、受け技に見えます。が、実は受けてはいません。触れた箇所から相手を崩していき、自分が一方的に安全に打ち勝つ状態を作り出すための技術なのです。

 また、私が交叉法が凄いな!と思ったのは、決して自分から攻撃する訳ではなく、飽くまでも相手が攻撃しようとしてきた場合にのみ、一瞬で迎撃する戦闘理論であることなのです!

「自動反射迎撃システム」と私は呼んでいますが、これを心身に備えれば、もうあれこれ考えること無しに、危害を加えられた瞬間に身体が勝手に反応して迎撃してくれるようになります。

 一刀流の奥義、夢想剣みたいなものです。

 自分で言うのも何ですが、私もだんだん、そうなってきました。勝手に技をかけて自分でどうやったのか覚えていない・・・。

 こういうレベルにならないと武術は使えないんじゃないか?とすら思います。

 そういう意味でも“超感覚を養成するのが交叉法の訓練”であると私は考えています。

 話は変わりますが、結局はSMAPも解散することになりましたね?

 第一に30、40も超えてアイドルを続けることへの不自然さもあったと思います。

 キムタクばかり悪者みたいに言われるのも可哀想です。恐らく、彼は「筋を通さねばならない」とする武士道的な価値観が強いのでしょう。

 しかし、人間は成長と共に考え方も変わります。独立して自分の生き方をしたいと思うのは当然のことで、先に森君がやめたのも同じような理由があったのでしょう。

 ずう~っと、トップアイドルの地位を維持し続けなければならないプレッシャーも相当なものでしょう。永遠にトップに居続けることはできません。

「もう解放してくれ!」という悲痛な叫びのようなものを感じると、無責任に「やめないで! 続けて!」と言うファンの態度はどうなのかな~?と思いますね。

****** 事務連絡 *****

● 交叉法DVD割引セール 延長 ●

以下教材DVDを9月一杯まで割引延長しました。(ブログ記事参照

交叉法3  一本  20,000円 -> 15,000円
交叉法シリーズ( 『交叉法』,『交叉法2』,『交叉法3』 )のうち 二本セット 40,000円 -> 30,000円
交叉法シリーズ( 『交叉法』,『交叉法2』,『交叉法3』 )のうち 三本セット 60,000円 -> 40,000円

2016/09/30 23:59:59まで

***********************
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索