コンテントヘッダー

今月号の『秘伝』は買いだよ

 今月号の『秘伝』は、日本刀特集が面白かったですね~。
20161021_007.jpg

 まず、刀禅の小用茂夫先生が出てらして、非常に示唆に富んだ内容で、読んでいるだけで「あっ、なるほど、そういうことか・・・」と目からウロコが落ちる想いでした。

 昔は、頑なにメディアに出ることを拒んで、ヤダヤダ・・・と、はにかみながら避けておられたのを微笑ましく思い出しますね。

 自分から出たがるナルチシスト武道家が大多数の業界で、小用先生を引っ張り挙げた人達は立派ですよ。

 本当に実力があって深い見識を持って、尚且つ、人柄の良い先生方を取材していって欲しいですよね。

 それから、松葉先生の記事も良かったですね~。

 私も青木先生から頂戴した松葉先生の鍛えた刀を所持しておりますが、武用刀にするのがもったいない美しい刀なので、いずれは研ぎに出して綺麗にしたいと思っています。

 斬鉄剣を作る小林康弘刀匠の記事も面白い!

 そして、青木宏之先生のインタビュー記事も面白かったですね。

 ちなみに青木先生自身は、もう武術だの武道だのの業界にはまるで関心が無くなっているんですが、親しい人から頼まれたら気さくに受けてくださるので、有り難い限りです。

 そういえば、常心門空手道の池田奉秀先生が亡くなられていたのですね?

 池田先生は天才的な空手家でしたね。瞬間の交差入身のやり方は、恐らく御自身で研究されたものなのでしょう。

 真半身で斬り割るように入身するやり方は、切り落としや合撃のような日本剣術の理合であり、沖縄空手とは違って見えましたが、個人的には、こちらのやり方が好きです。

 一度だけ、その当時親交があった武術ライターの方の紹介でお会いしたことがありますが、丁度、来客中だったので、ほとんどお話することはできませんでした。

 不思議なもので、些細なことで縁が繋がったり繋がらなかったりするものなんです。

 私はそういう展開が多いので、すっかり運命論者ですよ。

 でも、本や映像で無数の先輩方に学んでこれたという認識です。

 そういう意味でも、『秘伝』は日本唯一の武術専門誌として頑張って継続していってもらいたいと願わずにはいられません。

 武術の世界はクセ者揃いですが、それがまた麻薬的な魅力だったりもするので、中毒になってしまったりするんですよね~?

 正直、私は宗教的な悟りのこととか全然わかんないし、興味もないし、有り体に言ってしまえば“阿呆臭い”としか思わないんですよ。

「悟って、どうすんの?」って感じ。結局、「俺は悟ってる!」って舞い上がって、大衆を見下して権威主義に浸るだけでしょう? それが馬鹿馬鹿しいっちゅうんですよ。

 二度目の大学は「東洋哲学でも勉強しよっかな?」と思って、仏教系のところに行きましたが、坊さんの偉そうな態度に嫌気がさしてほとんど通わず、武術の練習ばっかりやってましたよ。

 所詮、人間は悟ろうがそうでなかろうが、本質は変わらないと思いますよ。

 どんな格好いいこと言っても、人間は、金に汚かったり、女に目がなかったり、名誉欲が肥大してたり、ブランドマニアだったりする。

 私が青木宏之先生が好きなのは、そういう俗物のところを隠さないところですよ。

「長野さんね~。無の世界、空の世界のその先があって、そのまた、先があったんですよ~」って教えてくれるんですけど、こっちは興味ない(わかんね~もん)から、「はは~、左様でござりまするか~?」って聞いてるんですけど、そのチャイルディッシュなまでの純粋さを80の爺さんが持ち続けているところが、アバンギャルドでしょ?

 大概、隠すでしょ? 聖人君子とか苦行僧みたいな、しかめっ顔して見せるじゃないですか?

 で、そういう人達は私みたいに権威を屁みたいに馬鹿にする人間って一番怖いから遠ざけたい訳ですよ。

 でも、私は別にそういうことしたい人達は勝手におやりくださいって思ってますよ。付き合わないから、関係ない・・・。

 むしろ、そういう俗物なところも残してくれていた方が人間的に魅力的に思えるから、それでいいんじゃないですか?

 私は、そういう欺瞞的な人間をネタにしておちょくり倒すのが大好きなんで、どんどんやってくださると嬉しいです!


 ただ、研究家として警鐘を鳴らさないとマズイと思ってるのは、他人を崇め奉って阿呆ヅラ晒すような連中なんですよ。

 私は尊敬する人はいっぱいいますけど、絶対に崇め奉ったりはしません!

 安易に他人を崇め奉る人って、実は自分がそうされたいという願望を内に秘めているんですよ。邪念ですよ、邪念!

 だから、最後は、「こんな人だと思わなかった! 裏切られた!」って捨て台詞残して後ろ脚で砂かけて去っていくんですよ。

 そんでもって、聖人君子のフリして人を騙すような真似をやって、注意されると逆ギレして逃げるんですよ!

 私のところにも奉りたがるヤツとか来ることがあるんですけど、「帰れ! バカヤロー。お前のような偽善者に誰が教えるか?」って門前払いします。

 ヌルいこと真顔でほざくような、“人生で苦労したことない人間”は、武術なんかやっちゃダメです!

 むしろ、邪念を隠さない青木先生のような人が真の意味で正直者ですよ!

 そうそう、川保さんから頂戴した『居酒屋竜ちゃん』という本を読んで、まだまだま~だ、俺はヌルいっ!と、痛感させられましたよ。
20161021_003.jpg 20161021_004.jpg

 何て言っていいのか、わかりません! 取り敢えず、参りましたっ!
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索