コンテントヘッダー

11月健身法セミナー感想

 今月セミナーは常連さん、会員の欠席が集中し、異様に参加者が少なくて、10人足らず。ちとガッカリしてしまいました。

「游心流に期待されてるのは殺法だってことなんでしょうかね~?」と、もはや苦笑いするしかありません・・・。

 しかし、こういう回に限って、物凄~く内容の濃いものになる・・・というのがジンクスとしてありまして、事実、今回参加した人は世界観が変わったのではないか?と思います。

 今回、健身法部門の研究を任せている体道塾の仁平師範が急遽、参加可能になったので、終盤は最近、発見した療術の原理を実演解説してもらったんですね。

 もっとも、予告していたので、7割方は私の学んだスワイショウ(横と縦)、三元試力、歩法(丹田歩法・意拳の摩擦歩)、武道医学(背活と脳活)やディバーシファイド(基本)カイロプラクティック操法、意拳站椿功(形意拳との関連で説明)、内功盤根(形意拳の宋世栄が八卦掌を参考に作ったもの)、真極流柔術の錬体法(肩甲骨操法)、気体調整法(武道医学の経絡調整体操)、後ろ手合掌(ハズいから言いたくないけど甲野氏に学んだ。元は野口整体か?と思います。CSヨガの故岡島瑞徳氏の本でも紹介されてました)、馬弓捶(台湾武壇の基礎錬体・柔身六法の一つ)をやりました。

 いつもは我流でやると問題が起こるとマズイと思って解説しなかった意念の基本的なやり方も少し解説しました。

 一応、私が学んで研究したのは、一般常識の枠内で説明可能な整体と健康法です。

 いつもは基礎練体は小塚師範に、歩法は北島師範に指導させて私は見ているだけなんですが、今回は、仁平師範が実践研究している療術との差異を明確にするために、お蔵出しするために全て私が説明しながらやりました。

 つまり、比較的一般的なやり方と、霊能的?とでも言うしかないやり方の違いを見てもらうためです。

 余談ながら、最近、休んでいた会員のIさんは、先月のほびっと村講座で栗原師範の蹴りを受けて左脚を痛めてしまっていたそうでしたが、治療した仁平師範曰く、大腿骨が折れる寸前だったそうです。軽く蹴ってるつもりでもこうなるのですから、マジ蹴りしたら本当に折れてしまったのではないか?と思います。

 いや・・・力入れないで軽く蹴ってるから、こうなったのか? 空手道場ではバシバシ蹴ってるみたいで、それで相手が大丈夫だということは、そうとしか考えられません。

 小塚師範も空手道場で一度使ったら相手が非常に痛がって、怒ってメチャクチャに攻撃してきた?とか言っていたような・・・?

 で、Iさんもやはり、私と同じように蹴られた箇所とは別のところに後日、痣が浮かんできたとのことで、軽く蹴ってるつもりでも、游心流幹部の蹴りは浸透勁になってしまっているので、本当にこれは冗談抜きにヤバイな~と思いました。

 こうなってしまうとコントロールが非常に難しくなってしまうので、当てて練習するのは禁止するしかないな~と思いました。

 この蹴りは道場破り対策用にしておこう・・・と思います。

 余談、終わりっ!


 参加者で、体幹部の筋肉を鍛え過ぎて堅くなっているという人と、突き指とか足指の捻挫?とかしている人がいたので、そちらの治療をしてもらうことで仁平師範が新しく発見したという治療術の概要を見せてもらおうと思いました。

・・・と言うのも、彼のやり方は原理的に普通の整体療法の枠を飛び超えてしまっていて、非常に説明が怪しい? 解説すればするほどチンプンカンプンになってしまって常人には理解不能になっているのではないか?という懸念があったからなのです。

 それと、お金高過ぎっ! 価値があるのは認めるし“整体業界的”にはOKなのも解るけど、そんな事情を一切知らない世間一般の人達から見れば非常識に思われても致し方無し!

 正直、このままでは世間的には“インチキ詐欺師”か、“発狂した人”かのどちらかに決めつけられて社会的に潰されてしまうのではないか?という不安を感じさせたのです。

 普通の心理メカニズムとして、異質な人を排斥しようとするのは人間の本能みたいなものだからです。それが“差別はいけない”と言ってみたところで、本能的に人間は差別したがるものなんですよ・・・。

 まあね。

 武道武術の世界だったら、「腕は凄いけど人格はハチャメチャ! 一般常識は完全に欠落している!」という人は腐る程いるので、私個人は別に違和感はありません。

 作家としては、そんな人物の方がキャラが立っていて面白いからOK!

 そういう裏事情を知らない人達は有名な武道家や武術家を聖人君子みたいに崇め奉ったりしてますが、「アイドルはウンコをしない!」式の願望の投影でしかない訳です。

 現実(リアル)というのは、美しいものではありません。人間、表向きの顔と裏の顔があって当たり前なのです。

 そこを弁えて、敢えて触れない・・・というのが“大人の嗜み”として日本人は特に尊重している美徳なので、私みたいに「ウソじゃ~ん!」と言ってしまう人間は既知外扱いされてしまう訳ですね?

 かく言う私も、武術界に於けるトランプみたいに思われている様子ですけどね?

 日本人は社会的にも見て見ぬフリをするのが体質的でしたが、隠れて噂話をするのが大好き。それがインターネットによって匿名で広まるようになって、寄ってたかって潰しにかかる言葉の暴力が拡散するようになったように思われますけどね。


 さてさて、そんなこんなで、今回は仁平師範のお手並み拝見した訳ですが・・・う~む、これってもう物理的な説明がつかない領域に突入してしまっているよな~?

 具体的な施術としては経絡の流れ、神経と筋肉の繋がりを利用しているんですが、問題箇所を探るのに「瞬間的に変性意識状態にするんです」とのニューサイエンス的な解説が出てきたり、「アカシックレコードに繋ぐんです」とのルドルフ・シュタイナー的なオカルト表現が出てきたり・・・こういう方面の知識が無い人だと強烈に拒絶反応示すだろうな~?と思いました。

 これで治ったのか治らなかったのか判然としないんだったら、単なる危ない人になりかねないんですが、摩訶不思議な具合にチョチョイッと治してしまう・・・。

「言ってることはわからんが、やってることは神業だ!」と言うしかないんですよ。

「これは今までの三元療術の原理では説明がつかないので、火と水でヒミズと名付けようか?と思ったんです・・・」と言うんですけど、「それって、陰陽五行説とかの説明からしていかないといけないしな~。霊能的な説明にしか聞こえないから、もっと考えてからにしてみたら?」と苦しいアドバイスをするしかできませんでしたね。

 確かに彼の言わんとするところは解ったんですけど、それはもう、“言語化不能”とされる極めて宗教哲学的な領域での世界観でしかなく、一般常識的な世界観を持つ普通の人にとっては、理解不能で「信じる信じない」でしか認識できないんですよ。

 例えば、ラボアジェやニュートンは今日では近代の科学者として世間的にも認定されていますが、当時は錬金術師的な見方をされていたそうです。

 逆に錬金術師としてしか認識されていないパラケルスス(賢者の石を作った人として有名)が、ちゃんと“実在している科学者”として歴史に名前を刻んでいたりします。

 私は、てっきり架空の人物だと思ってましたもん。ファウスト博士もモデルになった人物がいたそうだし・・・。

 心理学の世界で知らぬ者のないユングも、シンクロニシティーの理論を提唱した当時はいかがわしいオカルティスト扱いされていたのは有名な話です。

 宗教哲学と哲学は科学に先んじてきました。

 つまり、思想は証明する必要がありません。提唱したら、しっぱなしでいいのです。

 ところが、科学は証明して正しいか間違いかを実証していかなくてはなりません。医療大麻推進論者も、科学的実証を徹底的にやらないのがいけないのです!

 今日の世界共通の言語は“科学”であると言えるでしょう。

 しかし、元来、科学というのも唯物論によって形成された思想であることには変わりがありません。物理学や数学、化学によって体系付けられてきたものです。

 その前提である唯物論を疑うことは、御法度であるというのが暗黙の了解となっています。

 が、その構造もまた信仰であることはほとんどの人が認識していません。

 かと言っても、唯物論の埒外にある領域。霊的であったり神的であったりする見えない世界を知覚する人が少なからず居て、その知覚そのものを科学的に解釈しようとする心理学者や脳機能学者が、一定の仮説を提出してきて、説明がつく事例も増えました。

 一方で、科学者がいきなり神秘の世界を信奉する発言をすることも珍しくはありませんね。科学者は絶対的な真理を求めるので、どうにも解釈不能になったら、いきなり宗教家に変心してしまうのかもしれません。

 が、他愛ないトリックを見抜けずに盲信してしまう科学者も歴史上、ざらにいて、詐欺師が暗躍して歴史に名前を残した例も多いでしょう。

 霊能者や超能力者の大半がインチキ詐欺師であることは事実と私も思っていますが、すべてがそうだと断定する程、私は唯物論を信じていませんし、常識外の能力を示す人に何人も会っていますからね。

 信じる信じないではなく、私は事実のみを尊重します。

 けれども、仁平師範が今後霊能者?扱いされて周囲に信奉者が集まってくる事態は、宜しくない!ということは明白です。世の中に大きく貢献できる才能を潰されてしまうのは、何としても防ぎたいと思っています。

 今回、彼は私や小塚師範が厳しい内容のメールを書いていたので、「破門されちゃうんじゃないか?」という不安を抱えて道場に来たのだそうでした。

 もちろん、そんなことはあり得ません!

 彼が今のような仕事をしようと決めたのは、私と出会ってからのことらしく、ということは私にも大いに責任がある訳です。

 もちろん、マジで発狂していたりしたら止めるのは私の責任です。過去におかしくなった連中(恥ずかしながら何人かいるんですよ)を止めなかった自戒も込めて、世の中に害悪を及ぼすような人間になったら殺してでも止めるのが定めだと思っています。

 武医同術というのは、そういう面も含んでいると思います。

 昔、八卦掌の遣い手で馬維稘という人が、腕自慢の武術家を叩きのめしたりして正義漢を気取っていたそうですが、乱暴が過ぎるので八卦門内で問題視された。ある時、夜道で呼び止められ、振り向いた瞬間に強烈な一撃を食らって吹っ飛び、以後、下半身付随になってしまったのだとか? 犯人は判らなかったそうですが、開祖の董海川がやったのではないか?と噂されました。似たような話は日本にもあります。

 異常に料金設定を高くしたのも、どうやらクチコミで、憑霊されているタイプ(これは精神疾患者かもしれません)が集まってくるようになり、ヤバイと思っての処置だったみたい。

 料金が高ければ、“ちょっと覗いてみよう”程度の考えの人間は来ませんからね。

 実は、うちの会の内部でも、「あの料金はやり過ぎなんじゃない?」「舞い上がって現実感覚を失ってるんじゃない?」といった意見が出てきていたんで、心配していたんですが、直に話してみて、まったくそういうことは無かったので、安心しました。

 むしろ、よくぞ、ここまで・・・と感動しましたね。彼が今学んでいる先生(敢えて名前は出しませんが)に感謝したいです!

・・・にしても、ネーミング・センスがちょっとな~? 中二病的だな~?

 まあ、怪獣大好きの小三病?の私が言えた義理じゃないんですけどね?

 それと、最近、ブームの4スタンス理論。これも、ある先生に学んだ理論を提唱者が先生の許可無く広めたのだそうで、実にけしからん話だな~?と思いました。きっと罰が当たりますよ!

 しかも、最後まで学んでいないので中途半端なため、最近は綻びが出てきているのでは?ということでした。

 そういえば、SOT(仙骨後頭骨療法)を学んだ某氏がソフトカイロプラクティックと名前を変えて広めたとか、この手の話は非常に多いんですよね~?

「出所をきちんと言ってるのって長野さんくらいじゃないの?」と言われたことありますが、そんなことは無いでしょう?

 小用先生や時津先生も、ちゃ~んとプロフィール欄に書いていますし、松田隆智先生も几帳面に記録されていましたね~。

 こういうのは教えを受けた先生に対する礼儀として、事実は事実としてきちんと言うのが当たり前なんですよ。

 もちろん、「俺の名前を利用しようとしているんじゃないか?」と勘ぐられた経験もあります。そういう方はその後は名前出さないようにしています。

 でも、私は他人を利用して自分の名声を得ようなんて考えはまったくありません。カッコ悪いでしょ? 小判鮫みたいで・・・。

 自分の実力だけで成り上がってやるっ!と思ってますからね。“鶏口となるも牛後となるなかれ”って言うでしょ?

 無論、勉強させてもらった先生方のお陰であるという気持ちは忘れていませんよ。

 誰に習ったのか言えないって、何か怪しいですよね? 師匠の名前を知らないとか、一回習っただけなら私も経験有るけど・・・いくら何でも、それはおかしいでしょう?

 ショーンKみたいな人、多いからな~・・・。


PS;来年の月例セミナ一括予約申し込み受付中です! 受講日が都合に合わない人は個人指導に振替もできますよ(実はその方が密に指導できる)。その場合、通常の個人指導より割安になります。毎年、最新の武術理論を提供していますから、御期待ください!

PS2;DVD付き実用書の企画で、ダイエット本!を書くことになりました。私の体型では説得力無さ過ぎなんで、「痩せなさい!」と言われてしまいました~。年末は断食してEMSでも遣うかな~?

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索