コンテントヘッダー

日本会議って何?

 安倍首相や桜井よしこさんが入っている日本会議って、生長の家の谷口雅春の思想を継承しているんだそうですが、何か、変だな~?と思います。

 安倍独裁政権の母体(後ろ盾)になっている?という向きもありますが、本当に谷口雅春が考えていたのはコレなのか?という疑問も拭えません。

 やっている内容が、アメリカというかイルミナティ系の“ニューワールドオーダー”のマンマに見えるからです。

 TPP、マイナンバー、原発維持・・・実に怪しい。

 おまけに批判的なジャーナリストを締め出させたり、「電波停止もありえる」と発言した高市さんなんて、国家による言論統制の正当性を主張するなんて発狂しているとしか言えませんよ。

 マスコミというのは権力の独走を監視するのが役目なのに、それを牽制して脅そうとするなんて、暴力団みたいなやり口ですよ。

 やたらに外交しまくる安倍首相は一体、何をやりたいのか?

・・・と言うより、何のための政治外交なのか?と思ってしまうのですよ。

 アメリカの大統領選挙の前はヒラリーに挨拶に行っておきながら、トランプが勝ったら我先に・・・とトランプに挨拶に行って、「信頼関係を築く・・・」って、普通、そういうことしたら「こいつは二枚舌の信用ならないヤツだ」って思わせるだけでしょう?

“恥”という概念が無いのかね?

 慰安婦問題を金で解決したのだって、やり方が厭らしい。パククネさんが失墜したら約束を反故にされるのでは?と心配する連中も恥ずかしい。

 イメージ回復なんぞ考える方が無駄なんですよ。戦争中に日本軍が外国でやらかした愚行が0でない限りは、ただひたすら反省して罵詈雑言を受け続ける度量が必要ですよ。

「日本だけが悪いんじゃない。どうして日本だけが責められ続けねばならないんだ?」って、叱られたガキの言い分ですよ。

 大人だったら、自らの犯した罪は認めて言い訳しない!

 そして、ひたすら行動で示して諸外国の信頼を得られるようにする。それしか無いでしょう?

 臭いものに蓋をする方式で、金をばら撒いて黙らせようとするのはゲスな権力者のやり方です。

 原発推進にしろ辺野古移設にしろ、金ばら撒けばいいと思ってる、その根性がいかん!

 そんなことだから、土人発言が出てくる訳ですよ。上から見下ろしているんだから。

 そして、のうのうと「差別発言だとは思いません」と言い張る糞タワケ大臣が居直るのも、安倍首相の周辺の人達にそういう体質があるということですよ。

 私なんかも差別発言、暴言を連発していますが、「それはおかしい!」と言ってくれれば、「あ~、これは失礼しました。ごめんなさい」って言いますよ。

 私は24時間、365日、いつでも謝る覚悟で、わざと暴言かましてますから!

 その代わり、中途半端に文句言うヤツは徹底的にやっつけますけどね?

 とにかく、偽善はいかんですよ。見抜かれますよ。

 右翼の方の中には、「安倍は怪しい」と言ってる人もいるみたいですが、そりゃあ、普通、そう思うでしょう?

 改憲論者でありながら、何でアメリカの言いなりなんだ?と・・・。

 それでも、「いや~、安倍さんはノラリクラリとアメリカの要求を上手く受け流しているよ」と言う人もいますが、「あんた、バカですか?」と言いたくなりますね。

「かつて、これほどまでにアメリカに媚びへつらった首相がおりましたか?」と聞きたいです。

 桜井さんが“もんじゅ”を続けなくてはいけないという意見広告記事を新聞に出していたのを読んだ時も、「あ~、この人も本当におかしいな~?」と、もはや恐怖!

 何故なら、そこには科学的知見というものが一切無かったからです!

 原発の中でも高速増殖炉一基が暴走しただけで延々と放射能を撒き散らし続けてしまうのですよ?

 しかも、これは水で冷却できません。ナトリウムで冷却するので水をかけたら化学反応で大火災大爆発を起こしてしまう・・・だから、技術的に実用化できずにきてしまっていたのですね。

 要するに、“もんじゅ”を続けて、もし福島原発のような事故、あるいはテロの標的にされたら、日本列島が死の島になってしまっても終わらない地獄の未来が待っているのですよ!

 日本という国そのものを滅ぼしかねない代物を「存続させなくてはならない」と説く論拠は何なのか?

 桜井さんはジャーナリストとして、何故、そこを考えようとしないのか? もはや、狂気の沙汰と言わざるを得ません!

 右とか左とか、保守だ革新だという主義思想の問題ではありません!

 本当に日本のことを考え、国民のことを考えるのなら、何をどうすべきか?という道は自ずと見えてくるものです。

 主義思想の奴隷になって何も見えなくなっている人があまりにも多くないですか?

 自衛隊の駆けつけ警護ってのも、マジで勘弁して欲しいですよ。「危ないと思ったら、躊躇せず撤退させる」って、そんな中途半端な警護は逆に危険を増すだけ!

 やるのなら、徹底的に戦闘訓練を受けた精鋭特殊戦略群を送るべきで、そうでないなら、やらない!

「自衛隊は優秀だしちゃんと訓練を受けているから・・・」なんて言いますけど、一度も実戦経験が無いのに戦場に送り出すのは殺されて来いって言うようなもんですよ。

 作家の勉強をしていて判ったのは、殴り合いの経験も無い人は、柔道や空手の黒帯なら素人が束になってかかっても楽勝で勝てるし、ナイフや木刀持ってる相手でも簡単に勝てる・・・とマジで思い込んでいるってことでした。

 私は長年、武術やってきてますが、武道の黒帯と言っても本当に実戦で戦えるような人間は稀れで、初段なんて素人と大差が無いですよ。

 ヤンキーとか暴走族とかのケンカ慣れしているヤツを初段程度のケンカ未体験の者が片付けるのは難しいでしょうね~?

 無論、武道や格闘技の技術が役に立たないということではありません。実戦経験の無い人間はいざ実戦となると竦みあがって何もできなくなる可能性が高いということです。

 つまり、殺し合いの戦闘経験のある連中と戦闘になった時に、その差がはっきり出るのではないか?と私は思う訳ですよ。

 実を申しますと、私が剣術に拘っている理由も、ここに有るんです。

 真剣で試し斬りさせたりするのも、一撃で殺せる武器を扱うことで生きるか死ぬかの戦闘の怖さの一端でも感じ取って欲しいと思うからです。

 素手で練習していても、この生き死にの怖さは絶対に感じ取れませんよ。いや、むしろ鈍感になる一方でしょうね?

 初めて真剣で組み太刀の練習をした時、北島師範は真っ青な顔で汗びっしょりになっていました。

 こういう恐怖心を味わうことが大切なんですよ。

 今は危険なことはさせない、やらせない・・・という教育方針しかないでしょう?

 そういう環境で育てば、恐怖心も無いから平気で他人を傷つけたり危ないことをやったりする。怖さを知らないことが本当に怖いことなんですよ。

 私は、安倍首相や桜井よしこさんは自分自身が戦場に立って、地雷源の中を歩く恐怖でも味わったらいいと思いますよ。

 権力の中枢にいたら解らなくなることが世の中の常の姿であることをお忘れなく!

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

リンク
FC2カウンター
最新記事
カテゴリー
長野峻也ブログ
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索