コンテントヘッダー

松方弘樹さん逝去

 また、昭和の名優が亡くなりましたね~。

 松方さんは脳リンパ種を患ってから、約一年・・・早過ぎますよ。

 70歳を過ぎてもお元気で、殺陣の腕前もいささかも衰えるところがなく、凄い俳優さんだな~?と感銘を受けていたので、本当に残念です。

 松方さんのお父さんは戦前派の殺陣の名手として有名な近衛十四郎さんで、映画では柳生十兵衛役を当たり役にされていて、TV時代劇では『素浪人花山大吉』などが知られていました。

 松方さんは父親である近衛さんの十兵衛シリーズに出演していましたが、『伊賀の影丸』や『怪竜大決戦』での忍者役や、市川雷蔵さんの後を受けて眠狂四郎をやったり、遠山の金さんや大江戸捜査網の主演もつとめたり、『徳川三国史』で松平伊豆守信綱をやったり、時代劇スペシャル『雲霧仁左衛門』で仁左衛門も、そのライバル安倍式部も演じていました。

 もちろん、有名な『仁義なき戦い』以降はVシネ系ヤクザ映画にも多数出演されていましたが、私はやっぱり時代劇のヒーローを演じる役者さんというイメージの方が強い。

 お父さんの当たり役、柳生十兵衛を演じた一連の時代劇スペシャルや、晩年の主演作になってしまった『柳生十兵衛世直し旅』や、リメイク版『十三人の刺客』では時代劇役者としての格の違いを見せつけていました。

 また、榎木孝明さんが主演した『密命・寒月霞み斬り』ではライバル役を鬼気迫る熱演で表現していました。

 映画版の『柳生一族の陰謀』では顔に痣のある吃音症の徳川家光を演じて千葉ちゃんの十兵衛に首チョンパされていましたが、TV時代劇スペシャル版では柳生但馬守宗矩を演じられていました。

 時代劇スペシャルといえば、テレ東の新春長編時代劇『柳生武芸帳』では、疋田陰流の山田浮月斎を怪演して、高橋英樹さん演じる柳生但馬守宗矩との対決シーンもあり、『ドラゴンキングダム』に於けるジャッキー・チェンVSジェット・リーを彷彿させました。

 Vシネの『影の軍団』や『闇の軍団』では猿飛佐助役でしたが、千葉ちゃんとの友情出演に近かったのでしょう。

 千葉ちゃん主演の『ドーベルマン刑事』では元ヤクザの芸能プロデューサーを演じていましたが、ほれ込んだ歌手のために手段を選ばない屈折した男の純情は泣けます。

 そういえば、ワイドショーで代表作を『柳生一族の陰謀』と紹介されていたんですけど、前述したように主演作ではなく、むしろ『真田幸村の謀略』だよな~?と思いましたね。

 殺陣はお父さんに習った訳ではないそうでしたが、お父さんそっくりで、斬った後に、くいっと手首を捩って刀を立てるところは明らかに真似されたんだろうと思います。

 実際、弟の目黒裕樹さんもそっくりだし・・・。

 まだまだ、長生きして欲しかったですね~。本当に残念無念です・・・。

 合掌!


追伸;黒木メイサ主演の『花嵐の剣士』だったか?をBSプレミアムで見ました。黒木メイサは目茶目茶、カッコイイ! ちとワイヤー使い過ぎか?とは思いましたが、殺陣も非常に工夫されていて面白かったです。法神流って伝承しているんですね~? 幕末の実在した女剣士の話・・・連続ドラマで見たいものです・・・。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索