コンテントヘッダー

中達也先生は凄い!

 私は、この先生を見たいだけで『ハイキックガール』を何回見たことか?

 中達也先生は間違いなく現在の空手道の理論的オピニオンリーダーと言えるでしょう。

 それは、「空手は型にはじまり型に終わる」と言われていた沖縄古伝の空手“術”の原理を解明しつつあるという点に於いて、本土に伝わって以降の伝統空手道に欠けている“術理”を独自の探究で洗い出している姿勢に共感するからです。

「空手道がオリンピック種目になった!」とはしゃいでいる場合じゃないのです。

 このまま進めば、空手道は日本のお家芸ではなくなっていく運命が待っている。

 それはスポーツ競技の枠組みの中に押し込められて、身体文化としての“空手”の存在意義がないがしろにされる傾向が強まりこそすれ、その逆は望めないからです。

 どうしてか?

 オリンピックは莫大な金が動くからです。

 空手の探究という地道な日々の研鑽よりも金が儲かるほうを選ぶのが人情ですからね。

 スポーツビジネスに邁進する空手道場が増えるだけでしょうね?


 そういう御時世でもありますから、もう、空手の形の意味を研究しようなんて師範は消滅してしまう可能性が高く、そうすると形もどんどん見栄えの良いアクロバチックな動作に改変されていく可能性が高いでしょう。

 そもそも論として、空手の形の意味を理解して演武している空手家が何人いるのでしょうか?

 恐らく、片手の指で足りるんじゃないか?と思います。

 私も研究家として多少の空手の本や映像教材を見ているんですが、形の解釈に関しては不合理極まりない代物が大半です。

 もちろん、正解は有って無きがごとし・・・で、実際に戦っている中で通用するのなら間違いとは言えない訳です。

 しかし、武術としての空手を考えるならば、一つの動作に一つしか用法が無い・・・なんてことは有り得ないんですよ!

 一つの動作で、最低でも10、あるいは20くらいの応用変化技が繰り出せないと武術の動きとは言えないのです!

 空手の動作の解釈で、最もトンチキなのが、“受け”!

 上段受け、下段受け、手刀受け、内受け、外受け、掛け手受け、十字受け・・・。

 これらの動作は実際には技としては使えない・・・と解く師範もいます。

 正しく、しかり!

 空手のスピーディーな突き蹴りに、“受け止める技”は通用しません!

 つまり、これらの動作は“受け”じゃないのです。

“接触しながら攻撃する技”なんですよ。

 どうして、このような根本的間違いが蔓延したのか?

 それは、空手は離隔して突き蹴りを繰り出し合うもの・・・と規定してしまったからなのです。

 本来の空手“術”は、突き、蹴り、打ち、払い、掴み、当て、逆手取り、絞め、固め、投げ等の総合格闘術なのです。

 その多彩な技の応用変化を知らないまま競技化を図ったから誤解が定着してしまったと考えられます。

「中国武術を知れば空手は簡単に理解できる」という言葉があります。

 私が半世紀近く前に習った道場で言われていた言葉だそうです。

 これは、賢友流の友寄隆一郎先生と親しくさせて戴いてから確信に変わりました。

 もちろん、中国武術は普通に学んでも用法は教えてもらえません。これは沖縄空手以上に秘密主義だからです。

 しかし、戦闘理論が理解できれば技の応用変化は自ずと解明されていきます。

 奇妙キテレツな中国武術の動作が、実は驚天動地の実戦性を求めた結果である事実が判明すれば、シンプルな空手の動作の意味は割合簡単に解析することができます。

 ですから、私は「空手の形を解釈するなら自分が専門の空手家よりもできるだろう」という自負心を持っていました。

 ところが、中先生の実演解説を動画で拝見して、もう、惚れ惚れするくらいでしたよ!

 恐らく、空手以外の様々な流儀も研究されているでしょうね?

 でなければ、できる道理がありません!

 どうしてか?というと、“間合が違う”からです。

 これ、極意ですよ!

 私もこれについては公開したくないんですが、志しある空手修行者に知って欲しいから、敢えて書きますよ?

 いろんな流儀の戦闘理論は、その流儀が取っている“間合”によって決定されていくのです。

 これは遠・中・近と大まかに考えているだけでは解けません!

 実に微妙な差で変化していくんです。

 拳の幅の半分くらいの違いで技が通用したりしなくなったりするのですよ。

 例えば、用事ができたので、久しぶりに東京支部の稽古会に行ったんですが、せっかくなんで少し教えたんですね?

 その時に、技を掛けようとして上手くいったりいかなかったりする違いがどこにあるか?という点で、「この間合で相手の技が掛からなくなる。ということは逆に考えれば、この間合を少しでも離れれば、相手の技を潰すことができますよ」と実演してみせました。

 こういうのって、ただ技を掛け合うだけでは延々と気づかないものなんです。

 何しろ、受けてる感触だけでは、ちょっとした違和感でしかないからです。

 やってる先生も感覚的に自得しているだけだから、言葉で説明することができない。

 で、弟子はいつまでもできないものだから、「やっぱり先生は特別なんだ!」と崇拝することで自分のできなさを合理化して納得してしまう訳です。

 言葉で説明して相手に伝えるというのは理論化するということなんです。

 感覚的に伝えているだけでは理論は生まれません。

 私が中先生を高く評価するのは、この難しい作業をかなり的確に成立させられているからなんですね?

 無論、世の中には独自の理論を提唱する人は掃いて捨てるほどいますよ?

 でも、俺ジナル過ぎて意味不明な理論ばっかりですよね?

 人に伝えられない理論は価値がありません!

 それなら、理論なんかとなえないで感覚的に伝えて行くほうがマシなんですよ。

 昔の芸事の習い方って、大概、そんなもんだったんですからね~?

 ある程度、日本人ならそれでも有りかな~?と・・・。

 あっ、訂正します。

“昔の日本人なら”でしょうね?

 今の現代日本人は理論的に教えないと伝わらないでしょう・・・。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

リンク
FC2カウンター
最新記事
カテゴリー
長野峻也ブログ
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索