コンテントヘッダー

『化勁の極意』完成

 今年最初の最新作DVD『化勁の極意』が完成しました。
20170330_001.jpg

 これは、前作『0インチ打撃戦闘法』とは対になる作品で、前作が究極の打撃技を目指したのに対して、今回はそれを無効化する防御技を示したものです。

 実際、零勁(0インチ打撃)を体得してしまうと、軽く打っても致命的な内傷を起こす危険性があり、危な過ぎて練習を完全に寸止めにせざるを得なくなっていました。

 例えば、仁平師範が他流の打撃耐性のある方に形のみ打ってみたところ、通常の打撃技ではビクともしなかったその方が大きく体勢を崩されてしまって、非常にショックを受けてしまったのだそうでした。

 これが筋力と重心力の差なんです。

 筋力をほとんど使わないので、重心力で打つのはあまり実感がありません。見た目も自分の感覚でも“力を出している”という実感が乏しいのです。

 ところが、重心力で打たれると何メートルもドバーンと吹っ飛ばされたり、ポーンと跳ね上げられたりするのです。

 効くとか効かないではなく、何の抵抗もできません。

 打たれればイチコロで吹っ飛ばされるか、あるいは電気ショックを受けたような衝撃でバタンキューとなってしまうかです。

 本式に打たれれば人体は耐えられないと思います。

 いやはや、人間の身体のメカニズムを熟知した人が工夫した技なんだろうな~?と思うしかありません。

 だから、教えれば誰でも会得できます!

 故に、教える人を選んで秘伝にしたんでしょうね?

 ただし、私は研究家として「嘘だ!」と言われると、証明してやりたくなるんですよ。

 実証して見せれば信じる信じないの論は無用になります。

 私が実演するだけではインチキかもしれませんが、疑っている本人が会得すれば疑う余地は無くなるでしょう?

 もっとも、練習しづらくなってしまったので、困ったな~と思っていたんですが、唯一、安全に練習する方法がある!

 それが、化勁なんですよ。

 0インチ打撃は接触したところから打てる技ですから、これを受け止めるとヤバイ。

 じゃあ、「受け止めなきゃ~いいじゃん?」という発想で化勁を応用してみた訳です。

 本当は、これは秘密にしておいて、自分だけ知ってる技にしておきたかったんですが、護身術としての実用性は非常に高いし、0インチ打撃は殺人テクニックなんですが、化勁は身を護るためだけに使えます。

 つまり、普及しても何の問題もない訳です。

 で、今までほとんど誰にも教えないで自分で工夫していた技も実演解説してみました。

 重要なのは、「脱力して相手の攻撃の力を受け止めない」ということだけ!

 技は後からいくらでもできてきます。

 恐らく、内家拳というのは、本来、こういうものだったんじゃないかな~?と思いますし、形じゃなくて原理を理解することが大切なんです。

 そういう意味での“極意”なんです。

 前作も面白かったという感想を頂戴していましたが、今回はもっと面白いと思います。


 あっ、そうそう。この前のブログ原稿で、「半世紀前」って書いていたんですが、これでは50年前ってことになりますよね? 書き間違いでした。「四半世紀前」です!



+++事務連絡+++

DVD『化勁の極意』コンテンツ
 ・化勁の基礎(骨盤の横回転・縦回転)
 ・閉気栽脈法(相手の力の伝導を分断する)
 ・推手(片手のやり方・両手のやり方・差し手を利用した応用法)
 ・ワカメ体操(新体道養気体訓練の応用法・対多人数)
 ・剣術(続飯付けの応用法)
 ・ナイフ取り(受け流しながらしっかり取る)
 ・ピストル取り(銃口を避けて取る)
 ・関節技からの逆転(小手返しからの逆転・肘取りからの逆転)
 ・蹴りへの対応(ミドルキックの威力を柔らかく吸収しながらキャッチしての蹴り脚固め・ローキックの威力に逆らわず回転して流す)

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索